《吾妻カガミ》31 働くことをケース・スタディ

【コラム・坂本栄】5月連休明けの7日、新年度の大学講義も5回目になりました。1講座は半期15回ですから3分の1を消化したことになります。新入生もキャンパスに大分慣れて来たのではないでしょうか。 以前にも触れましたが、私は […]


《続・気軽にSOS》12 期待はした方がよいよ

【コラム・浅井和幸】空気が「読める」と「読めない」の2つしか選択肢がないのであれば、空気を読めた方がよいと私は断言できます。もちろん、先入観を持って場を見てしまうというデメリットはありますが、メリットの方が断然多いからで […]




《吾妻カガミ》30 財務省の不祥事 傲慢な最強官庁

【コラム・坂本栄】事務次官のセクハラ発言や国有地の不正処分で財務省が袋だたきに遭っている最中、「大蔵省(財務省の前身)のドン」と呼ばれた長岡実氏が逝去した(4月2日、93歳)。訃報の主な経歴は、事務次官、東京証券取引所理 […]




《宍塚の里山》13 本当は怖い 美しい藤の花

【コラム・及川ひろみ】今年は藤の開花も例年より随分早まりました。花の時期は逸しましたが、今回取り上げるのは「藤のすさまじい生命力」についてです。美しい花を咲かせる藤ですが、実は林の木々の立ち枯れの原因となる「恐ろしい絞め […]



《邑から日本を見る》14 この国がメルトダウン

【コラム・先﨑千尋】日本国がメルトダウン、安倍さんは裸の王様、三流国、泥舟内閣。このような言葉が次から次に浮かんでくる毎日だ。国が危機に陥っているというのに、最大、最高の当事者である安倍さんは自浄能力を全く欠き、昭恵夫人 […]


《食う寝る宇宙》12 宇宙と介護のせめぎ合い

【コラム・玉置晋】新年度がはじまり、職場や大学でフレッシュな人たちを見掛けます。新しいに環境に大きな希望と多少の不安を抱えていることでしょう。でも、僕は元気を頂いています。僕は今、ここ何年か挑戦している資格試験の願書を作 […]


《続・気軽にSOS》11 道具は使いよう

【コラム・浅井和幸】以前、知っていることと理解していることは違うと、このコラムでお伝えしました。カウンセリングの知識や技法を、どの様に使うかが大切であるかと。 辛さや不安を緩和してくれるものだと思っている心理学やカウンセ […]