《学生インタビュー》14 宍塚大池で外来魚駆除 未来予測技術で環境変化伝えたい

筑波学院大学(つくば市吾妻)は、学生が教室から地域に出て、NPOや企業などと社会貢献活動をするオフ・キャンパス・プログラム(OCP)に取り組んでいる。経営情報学部ビジネスデザイン学科2年の塚原太一さん(20)は昨年夏、O […]

Read More


宍塚小跡地活用決まる 土浦市新年度当初予算案

【鈴木宏子】土浦市の中川清市長は22日、新年度当初予算案を発表した。一般会計は前年度比3.8%増の約530億2000万円となる。2014年3月に廃校となった宍塚小学校跡地の活用方法が決まり、校舎を耐震改修し、現在、真鍋に […]




《宍塚の里山》33 ハンノキ林のある谷津の景観

【コラム・及川ひろみ】今ごろ、宍塚大池の堤防下の谷津を歩くと、遠目にもハンノキの枝の先端が紫に色づき、花が咲いていることが分かります。この花は風媒花(めしべまで花粉を運ぶために風を利用する花)です。昆虫を呼び寄せる必要が […]







《くずかごの唄》32 生ゴミの楽しい使い方

【コラム・奥井登美子】私は台所の生ゴミを、まだ捨てたことがない。全部自家処理している。東日本大震災のときに、倒れてしまった隣家の跡地に家庭菜園をつくり、そこに大きなコンポストが鎮座ましましている。 家庭菜園は私のささやか […]


「矢口新聞」中心に異業種交流 土浦で始まる

【谷島英里子】土浦市中央1丁目のギャラリー「がばんクリエイティブルーム」で18日、市内在住のイラストレーター、矢口祥子さん(46)と仲間たちによる異業種交流催事が始まった。3月3日まで。 矢口さんは「かえるかわる子」名義 […]


稀勢の里、郷土のファンに感謝 牛久

【崎山勝功】大相撲を引退した荒磯親方=元横綱・稀勢の里=(32)は18日、出身地の牛久市牛久町、エスカード牛久で開かれた「稀勢の里関郷土後援会 感謝のつどい」(同後援会主催)に引退後初めて出席し、後援会員ら約420人のフ […]