土曜日, 5月 15, 2021
ホーム コラム つくば市長の名誉毀損提訴 近く裁判開始《吾妻カガミ》105

つくば市長の名誉毀損提訴 近く裁判開始《吾妻カガミ》105

【コラム・坂本栄】つくば市長の五十嵐さんがミニ新聞の記事に名誉を毀損(きそん)されたと裁判に持ち込んだ件については、本欄でも2度ほど取り上げました。その審理が5月半ばから水戸地裁土浦支部で始まるそうです。今回は、訴状で名誉を傷付けられたと主張している22箇所のうち、「総合運動公園用地返還交渉の回数」と「市職員増=人件費増の読み方」について検証します。

原告・市長の主張は「言い訳」

先のコラム「名誉毀損提訴を笑う」(3月1日掲載)と「名誉毀損提訴を検証する」(4月5日掲載)では、記事と訴状を読み込んで、▼総合運動公園用地返還「公約」は、返還の実現(記事)VS単なる返還交渉(訴状)、▼谷田部給食センター建設「補助金なし」は、当初からの計画(記事)VS県との交渉不調の結果(訴状)―と整理しました。その詳細と私の「判定」については、青字でリンクを張った上記コラムをご覧ください。

ざっくり言うと、いずれも、五十嵐さん側の論述は「言い訳」に終始しているということです。ミニ紙の市政批判記事を「フェイク(虚偽)」と主張するこの提訴、五十嵐市政にプラスではなく、マイナスに作用するかもしれません。

「返還交渉」は「アリバイ作り」?

▼検証「運動公園用地返還交渉の回数」:ミニ紙が「(公約では都市再生機構=URと用地を返還する交渉をすると大見えを切ったのに)わずか1度交渉しただけで(返還を)断念した」と書いたのに対し、訴状で「複数回の交渉を行っている」と反論している箇所です。原告の主張は、複数回交渉しているのだから、交渉は1度だけという記事は間違いであり、市長としての名誉を毀損された―という組み立てになっています。

複数回とは何回なのか? 市が議会に提出した資料(今年2月19日付)によると、たった2回だったそうです。市長がUR首都圏ニュータウン本部を訪ね、「市の意向を伝えた」のが1回目、「文書による回答を求めた」のが2回目。市長選挙時の熱い返還キャンペーンを思い起こすと、やる気に欠ける「アリバイ作り」のような交渉でした。それに、1回も2回も「わずか」ですから、裁判でその回数を争うのは「喜劇」ではないでしょうか。

市人件費の著増は「ファクト」

▼検証「市職員増=人件費増の読み方」:ミニ紙が「(五十嵐市政3年目の人件費は前市長時代の人件費に比べて年間)7億6500万円も増えており、(前市長時代の)努力が水泡と消えてしまいます」と、行革の後戻りを批判。これに対し訴状で「あたかも原告の施策により市の税金を無駄に使っているかのように誘導するもの」と論述している箇所です。

この記事は「市総務部人事課資料」を使って書かれており、4年前に比べ、正規職員が195人、非正規職員が326人増え、その結果、人件費が年7億数千万円増えたことを示すデータも掲載されています。問題はこの数字をどう読むかですが、五十嵐市政の行革の「緩さ」は否定しようがありません。ミニ紙の筆が走ったとしても、記事の数字は「ファクト(事実)」であり、フェイクではありません。(経済ジャーナリスト)

会員募集中

NEWSつくばでは、私たちの理念に賛同し、一緒に活動していただける正会員、活動会員、ボランティア会員、および資金面で活動を支援していただける賛助会員(クレジットカード払い可)を募集しています。私たちと一緒に新しいメディアをつくりませんか。

13 コメント

13 Comments
フィードバック
すべてのコメントを見る
名前はあるけど市民
12 days ago

市長は、”名誉毀損”を勘違いしている。

それとも、本当の目的は、裁判に勝つことではなく、別にあるのかもしれません。

裁判を使って、その本当の目的を達成しようとしているとしたら、
それは、大きな誤りだと思います。

裁判長は、それを見過ごすのでしょうか?

情報通の市民
返信する  名前はあるけど市民
12 days ago

名前はあるけど市民さんの指摘は的を得ているかも知れません。五十嵐氏の本当の目的はメディア(このサイトも)の市政批判を抑え込むことでしょう。市民新聞を訴えておけば他のメディアも臆するだろうと。今日は憲法記念日。憲法に言論の自由があったかどうか忘れましたが、凝視批判の自由は民主主義の肝です。学園都市から言論の自由が崩れつつあると思うと5月3日の祝日も祝えません。

名無しの市民
返信する  情報通の市民
12 days ago

選挙の度に怪文書が飛び交うつくば市の現状が、言論の自由が保証された健全な状態、とも思えません。

名前はあるけど市民
返信する  名無しの市民
12 days ago

「健全な状態」とは何か?

「言論の自由が保証された健全な状態、とも思えません。」の意味は?
言論の自由が保障されていないから、健全な状態ではないと言いたいのか?

怪文書が飛び交うのは、言論の自由が保証されている証。
しかしながら、健全な状態ではないことは明らか。
故に、言論の自由が保証されていても、健全な状態とは言えない。

重要なのは、健全な言論に自由があること。
怪文書などの不健全な言論には、健全な言論で立ち向かう。
これが言論の自由がある健全な状態と、私は考えます。
 
五十嵐氏は、”言論の自由”を勘違いしているのでは?

少し勉強した市民
返信する  情報通の市民
12 days ago

言論の自由は憲法第21条で保障されています。集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する、と。

情報に疎い市民
12 days ago

このコラムは役に立ちます。というのは、市民の声新聞はもう手元にありませんし、市長の訴状も見たことがないからです。これまでのコラムで、運動公園用地返還公約は返還そのものでなく、交渉に過ぎなかったことを知りました。その交渉も儀式のような2回だけだったことも知りました。給食センターでは県の補助金をもらえず、市が全額負担したことも知りました。行革に逆行し、人件費が7億も増えたことも知りました。ウソの記事と言われている箇所が22もあるそうですから、残り18も解りやすく取り上げてください。名誉毀損で訴追される覚悟で!

名無しの市民
12 days ago

訴状で名誉を傷付けられたと主張している22箇所のうち、たった二ヵ所だけ切り取って検証ですか。それも既出の話を繰り返すだけ。
是非、残り20箇所も検証してください。
「コラムだから主観的に書いて良い」と、市民新聞側に都合の悪い点は『報じない自由』を絶賛行使中なのかも知れませんが。

コラムニスト
返信する  名無しの市民
12 days ago

情報に疎い市民さんのコメントにあるように、今回のコラムを含めこれまでの3回のコラムで、2箇所だけでなく4箇所について点検しました。コラムは1200字以内という制限がありますので、残り18箇所を点検するには少し時間がかかります。中にはあまり重要でない施策もありますのが、できるだけ残り18についても取り上げていきたいと思います。

名無しの市民
返信する  コラムニスト
9 days ago

1記事あたりの字数制限は何の理由にもならないのでは。

早々に連番でどんどん反論記事を上げるべきです。明確に反論できるなら。

「いつかそのうち取り上げます。10年後くらいに!笑」とならないことを切に祈ります。

名無しの市民
12 days ago

素人がいくら「ファクト」「フェイク」と決めつけても、法的な判断を下すのは裁判所です。ミニ新聞の名誉毀損を認める判決となるかもしれません。次はWebミニ新聞の番かもしれません。

コラムニスト
返信する  名無しの市民
12 days ago

このコラムの点検シリーズは「裁判の結果予想」ではありません。五十嵐氏がフェイクだと指摘するミニ紙の記事を読み直し、市政の諸施策を点検する試みです。五十嵐氏はその機会を提供してくれたわけで、コラムニストとして感謝しております。つまり、施策点検と裁判結果はまったく別のものです。

名前はあるけど市民
返信する  名無しの市民
12 days ago

「次はWebミニ新聞の番かもしれません。」
これはどういう意味でしょう?

次はWebミニ新聞を名誉毀損で訴えるかもしれません、という意味でしょうか?

あなたが訴えるんですか?

言論の自由人
10 days ago

コラムニストさんは全箇所について検証すると張り切っていますが、この提訴は市政への批判記事への反論が中心のようですから、一つ一つ検証する必要はないと思います。首長の個人的なスキャンダル記事なら訴訟もありですが、首相・知事・市長の政策を批判できることは民主主義の基本だからです。首相が朝日、読売、産経の批判記事を訴えていたら、中国かロシアのようになってしまいます。

スポンサー

注目の記事

最新記事

導水運用し霞ケ浦、利根川下流の水資源を有効活用 東京2020渇水対策で国交省

国交省関東地方整備局は、東京2020オリンピック・パラリンピックに備えた4月の渇水対策協議会で、渇水対応行動計画を改定した。 前回、東京オリンピック直前の1964年(昭和39)夏に、最大給水制限率50%で昼間の断水等、厳しい制限を余儀なくされたことから、これを教訓にダム群の貯水量の温存に努め、水の安定的供給に万全を期す。 渇水対応行動計画の主な改定内容は、利根川・荒川水系等で3対策(武蔵水路等の新たな運用、既存施設の徹底活用など)を新たに追加したほか▽洪水期のダムの弾力的管理は「八ッ場ダム」(2020年3月末完成、4月以降は本格的な運用開始)、「渡良瀬遊水地」を追加し計11ダムで実施する▽継続的な確保対策上、水不足の段階になった場合には外国人観光客等に対し、外国語で節水を呼び掛ける―ことなども行い、対策を拡充、強化し、渇水に備えたいとしている。 前回の1964年夏とは異なり、現在は東京都の水源として多摩川に加え、利根川、荒川の2水系が加わり、2020年3月末には八ッ場ダムも完成した。 このため首都圏のダム総利水容量は、八ッ場ダムを含め洪水期で当時の約4.5倍の12億4500万立方メートル、非洪水期で5.1倍の16億9100万立方メートルとなっているが、近年の猛暑などから首都圏の主要な水源である利根川・荒川水系では、取水制限を伴う渇水が発生している。 オリンピック・パラリンピック開催の今年も大きな懸念材料になっている。

サヨナラ勝ち アストロプラネッツ、東地区2位に浮上

プロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグの茨城アストロプラネッツは14日、土浦市川口のJ:COMスタジアム土浦で神奈川フューチャードリームスと対戦し、4-3でサヨナラ勝ちを収めた。これで茨城は7勝7敗1分、栃木ゴールデンブレーブスをかわし東地区2位に浮上。期待の新外国人ラモン・カブレラも初ヒットを記録した。 神奈川 000002001 3茨城  000003001x 4 茨城はこの試合、土浦出身の野木和馬投手が加入後初となる先発出場。5回までを2安打2四球の好投で試合を作り、「少ない球数で抑え、攻撃につなげるピッチングを心掛けた。1、2回とも先頭打者を出してしまったが後続を断ち、野球はリカバリーができるスポーツであることを体現できた」と胸を張った。ジョニー・セリス監督も「いま一番安定している投手。コントロールがいいし気持ちも強い」と評価、今後も先発で使う意向だ。 先発で5回を好投した野木(同) 野木は初の先発とあって5回でマウンドを降りたが、6回表、2人目の久能雄汰が神奈川に先制を許した。先頭を四球で出し、三塁打と犠牲フライで2失点。しかし茨城はその裏すかさず逆転に成功。先頭の妹尾克哉の中前打で口火を切り、2四死球で無死満塁とすると、安田寿明の中前打でまずは1点。そして山中堯之の中越え二塁打で2点を加えた。これで山中は初のMVP受賞。試合後のお立ち台では「勝ちたい一心でバットを振った。これからさらに勝ち続けるので応援よろしくお願いします」とファンにアピールした。

「コップ半分の水」の捉え方 《続・気軽にSOS》85

【コラム・浅井和幸】ここにコップがあります。そのコップには水が半分入っています。このコップを見て、「コップに水が半分しか入っていない」とネガティブに考えることはいけないことで、「コップに水が半分も入っている」とポジティブに考えることがよいことだと教えられる場面があります。 世間では、ポジティブが良いことで、ネガティブが悪いことだと教わります。さて、コップに水が半分「も」入っていると考えるのがよいのか、半分「しか」入っていないと考えるのがよいのか。それぞれが勝手に好きなように考えればよいと思いますよ。 ですが、浅井はどのように考えるのか?と聞かれたら、「コップに水が半分入っているのだなと考える」と答えます。いやいや、それをネガティブに考えるのか、ポジティブに考えるのか?という質問に答えなければいけないとなると、どんな大きさのどのようなコップに、どれぐらいの水が入っていようが、ポジティブでもなければ、ネガティブでもないよと捉えます。 大切なのは、このコップと水のある背景、シチュエーションです。コップに水が入っていることが良いことか、悪いことか? そして、「も」と捉えることと「しか」と捉えることのどちらがよいことかは、別の条件がなければ判断できません。 ポジティブ思考とネガティブ思考 例えば、コップ半分の水で、十分にのどの渇きが潤せるのであれば、それは「コップに水が半分も入っている」というポジティブな意味にとらえられます。

描いて木の魅力を引き出す 上渕翔さん展覧会「木に描く」

つくば市在住の画家、上渕翔さんの展覧会「木に描く」が水戸市備前町の常陽史料館で開催中だ。板や丸太などさまざまな木に、ウッドバーニングやアクリル絵の具、金箔などで描いた58点の作品を展示しており、白いキャンバスを離れて自由なアプローチを目指した、この10年間の集大成と言える内容になっている。 上渕さんは熊本県出身。筑波大学で油絵を学び、卒業後ウッドバーニングを始めた。電熱ペンを使って木を焦がし描く技法で、木と絵の一体感が強く出るという。「木自体の色や存在感が好きで、それを見て何を描くか考えるのが面白い。例えば木目が風のそよぎにも、降り注ぐ雨にも、水の流れにもなる。木の力を借りて作品が生まれていて、同じものは2つとない」 制作中の上渕さん。電熱ペンから細い煙が立ち上る 生活に入り込めるアートを作りたいという思いもあった。絵を買って部屋に飾るのは、特に若い人にはハードルが高い。より手にしやすいよう小さな升や桐箱などに絵付けした作品を発表し、そこから桐下駄、羽子板、曲げわっぱなど日本の伝統的な木製品にも目が向いていった。 製材所で見付けた古材や、骨董市で出合った建具などからも「描けそう」とインスピレーションを得て、その素材ならではの雰囲気や存在感が生かせる画題や手法を選んでいる。
13
0
コメントお待ちしてますx
()
x