《留学生インタビュー》4 将来の夢は観光ガイド おもてなしの心生かしたい

筑波学院大学(つくば市吾妻)のベトナム人留学生で、経営情報学部3年のグェン・ドゥク・ヴィェトさん(26)は、観光ガイドを目指している。今ベトナム人に一番人気のある国は日本だという。将来の夢は、日本で旅行会社をつくり、来日 […]

Read More

小学生たちが鳥笛製作 筑波学院大・高嶋教授が指導

【崎山勝功】県つくば美術館主催のワークショップ「バードコールをつくって鳥と遊ぼう!」が17日、つくば市吾妻の同館講座室で開かれた。バードコール(鳥笛)は鳥の鳴き声のような音を出す木製玩具。筑波学院大学の高嶋啓教授が講師を […]


中国向け発送拠点で水を得る つくばで就職の筑波学院大留学生

【橋立多美】県内物流大手、沼尻産業㈱のECささげ物流越境センター(つくば市榎戸)で働くキンカイ(金海)さん(32)は、中国内モンゴル自治区出身。昨年春、筑波学院大学経営情報学部(同市吾妻)を卒業して同社の正社員となった。 […]








「漬けもの」の歴史と未来 筑波学院大・古家教授 『日本の食文化』第5巻に執筆

【橋立多美】日本人は何をどのように食べてきたのか――。食材、調理法、食事の作法や歳事・儀礼など多彩な視点から日本の食を考える『日本の食文化』(吉川弘文館、全6巻)が刊行中だ。最新刊の第5巻『酒と調味料、保存食』(石垣悟編 […]


《学生インタビュー》17 ボードゲームで子どもの居場所作り

学生が地域で活動し社会貢献する筑波学院大学(つくば市吾妻)の社会参加型教育プログラム「オフ・キャンパス・プログラム(OCP)」で、同大経営情報学部ビジネスデザイン学科3年の加瀬晃大さんと鈴木優介さんらは昨年度、ボードゲー […]





《留学生インタビュー》2 子どもたち100人が100キロを歩く旅 日本語学びつつ支援

学生が学外で活動して社会貢献する社会参加型教育プログラム(オフ・キャンパス・プログラム)で、中国遼寧省瀋陽市出身の張婧博(チョウセイハク)さんは「つくば路100キロ徒歩の旅」に運営スタッフとして参加。県内の小学4~6年生 […]