《沃野一望》12 藤田小四郎の2 大子集結

【ノベル・広田文世】 灯火(ともしび)のもとに夜な夜な来たれ鬼 我(わが)ひめ歌の限りきかせむ とて 元治元年(1864)、筑波山大御堂(おおみどう)で挙兵した藤田小四郎たち水戸藩改革派激派天狗勢は、日光東照宮を目指し進 […]














《ことばのおはなし》17 私のおはなし⑥

【コラム・山口絹記】気を抜くと重たい眠気にまぶたを閉じそうになる。意識が飛びかけるたび、ピアノのかすかな音色が聞こえた気がした。 「脳内の血管異常、感染症の可能性もあります」。医師の発言内容を深く吟味する余裕がない。脳内 […]