土浦協同など5病院が充足 来春の研修医マッチング

土浦協同病院

【山崎実】土浦協同病院など県内の5医療機関が、来春からの臨床研修医マッチングで、充足率(募集定員に対する確保人数)を満たしたことが厚生労働省のまとめで分かった。茨城県は人口10万人当たりの医師数が全国ワースト2位(2016年)と医療後進県。脱却をめざす県にとって、研修医確保枠の達成は必須条件の一つだ。

医師臨床研修マッチングは2004年度、医師の臨床研修が義務化されたことに伴い導入された。日本医師会、全国医学部長病院長会議など臨床研修を行う病院等の団体で構成する「医師臨床研修マッチング協議会」(東京都港区)が、医学生と病院のプログラムを相互の希望を踏まえ、一定の規則(アルゴリズム)に従ってコンピューターにより組み合わせを探り、確定するシステムとなっている。

調査結果によると、県内の研修指定参加20病院の募集定員は228人。これに対し、マッチングによる確保人数は169人で、充足率は74.1%(前年度は74.3%)だった。臨床研修医の県内受け入れは、13年度の126人から17年度は162人と確実に増え続けており、今回も過去最多を記録した。

受け入れ先を病院別に見てみると、筑波大学附属病院が前年度比6人増の73人で県内最多。ほかに水戸済生会総合病院(2人増)、水戸医療センター(4人増)、土浦協同病院(6人増)、霞ケ浦医療センター(1人増)、JAとりで総合医療センター(5人増)、茨城西南医療センター病院(2人増)の計7病院は前年度に比べ増加した。

さらに水戸医療(9人)、土浦協同(14人)、筑波メディカルセンター病院(10人)、JAとりで(5人)、茨城西南(6人)の5病院は募集定員枠を満たし注目される。一方、受け入れ内定がゼロだったのは、水戸赤十字病院、つくばセントラル病院、友愛記念病院の3病院だった。

県医療人材課は「病院間の人的交流も活発に行われており(枠確保未達成の病院があることが)不安材料とは考えていない。むしろ、県内へのマッチング者数の増加傾向を、さらに伸ばしていくことが重要」と話している。

     2019年春採用の臨床研修医マッチング結果
募集定員 マッチング 前年度比マッチング増減
1 水戸赤十字病院(水戸市) 4 0 ▼4
2 水戸協同病院(水戸市) 10 7 ▼3
3 水戸済生会総合病院(水戸市) 10 8 2
4 水戸医療センター(茨城町) 9 9 4
5 茨城県立中央病院(笠間市) 9 4 ▼3
6 日立製作所日立総合病院(日立市) 12 9 ▼2
7 日立製作所ひたちなか総合病院(ひたちなか市) 8 7 0
8 土浦協同病院(土浦市) 14 14 6
9 霞ケ浦医療センター(土浦市) 3 1 1
10 筑波記念病院(つくば市) 8 6 ▼2
11 筑波大学附属病院(つくば市) 90 73 6
12 筑波メディカルセンター病院(つくば市) 10 10 0
13 筑波学園病院(つくば市) 5 1 ▼1
14 東京医科大学茨城医療センター(阿見町) 10 4 ▼4
15 牛久愛和総合病院(牛久市) 5 4 0
16 つくばセントラル病院(牛久市) 3 0 0
17 JAとりで総合医療センター(取手市) 5 5 5
18 総合守谷第一病院(守谷市) 3 1 0
19 友愛記念病院(古河市) 4 0 0
20 茨城西南医療センター病院(境町) 6 6 2
合計 228 169 7
※20医療機関は県内の臨床研修医マッチング参加病院
※定員に空席がある病院は今後2次募集を実施する