Articles by 宏子鈴木

《くずかごの唄》32 生ゴミの楽しい使い方

【コラム・奥井登美子】私は台所の生ゴミを、まだ捨てたことがない。全部自家処理している。東日本大震災のときに、倒れてしまった隣家の跡地に家庭菜園をつくり、そこに大きなコンポストが鎮座ましましている。 家庭菜園は私のささやか […]


「矢口新聞」中心に異業種交流 土浦で始まる

【谷島英里子】土浦市中央1丁目のギャラリー「がばんクリエイティブルーム」で18日、市内在住のイラストレーター、矢口祥子さん(46)と仲間たちによる異業種交流催事が始まった。3月3日まで。 矢口さんは「かえるかわる子」名義 […]


稀勢の里、郷土のファンに感謝 牛久

【崎山勝功】大相撲を引退した荒磯親方=元横綱・稀勢の里=(32)は18日、出身地の牛久市牛久町、エスカード牛久で開かれた「稀勢の里関郷土後援会 感謝のつどい」(同後援会主催)に引退後初めて出席し、後援会員ら約420人のフ […]







【人が想い 街を育てる】2 美味しいカレーを土浦に足運ぶきっかけにしたい レストラン中台 中台義浩シェフ

【戸田さつき】土浦に移住を提案するイベント「意外と近い!?つちうら―土浦市移住フェア」が10日、東京都千代田区有楽町の東京交通会館で開催される。土浦カレーフェスティバルで6年連続優勝を果たし殿堂入りしたことで知られる「レ […]


DV被害者の証明書を加害者の住所に誤送付 つくば市

【鈴木宏子】つくば市は7日、夫から暴力を受け市内に引っ越してきたDV被害女性の資格証明書を昨年4月、誤って加害者の夫が住む住所に送付してしまったと発表した。女性は身の安全を図るため直後の5月に転居し、引っ越し費用約27万 […]





高安が豪快に豆まき 土浦の宝積寺に500人

【谷島英里子】土浦市木田余の宝積寺(飯山孝之住職)で4日、恒例の節分会があり、地元出身の大相撲 大関高安=田子ノ浦部屋=、十両の荒鷲=峰崎部屋=と田子ノ浦親方が豪快に豆まきした。境内には福を求める参拝客や相撲ファン約50 […]


土浦の雛まつり開幕 商店120軒にずらり 城下町彩る

【谷島英里子】立春の4日、「第15回土浦の雛(ひな)まつり」が土浦市中央1丁目の土浦まちかど蔵を中心に商店約120軒で始まった。明治時代から受け継がれている雛人形のほか創作雛、つるし雛が城下町を華やかに彩っている。 メー […]