ホーム スポーツ 【高校野球茨城’18】決勝は常総学院と土浦日大 強打対決が見どころ

【高校野球茨城’18】決勝は常総学院と土浦日大 強打対決が見どころ

【池田充雄】第100回全国高校野球選手権茨城大会は12日目の24日、ノーブルホームスタジアム水戸(水戸市見川町)で準決勝2試合が行われた。第1試合は常総学院が水戸商を5-1で破り、第2試合は土浦日大が8-5で霞ケ浦を下した。両者による決勝戦は25日午前10時から、ノーブルホームスタジアム水戸で行われる。

常総、4回裏に一気呵成の攻め

【常総学院-水戸商】2回裏無死一塁、斉藤が先制の左前打を放つ

常総学院は水戸商のエース川澄裕音から12安打。2回裏に2安打で1点を先制し、4回表に1点を返されるが、その裏に7安打で4点を追加して試合を決めた。

ビッグイニングの口火を切ったのは2死三塁、六番・吽野圭祐の中前打。ここからの5連打で川澄を火だるまにした。「川澄はイニング前の投球練習でボールに力がなく、この回が狙い目だと思っていた。甘いスライダーを逆方向へ運ぶプランだったが、2死三塁なのでゴロヒットがほしい。ボールの上っつらをつぶす感じで転がすことができた」と吽野。

常総学院のマウンドを守ったのは塙雄裕。2回戦と4回戦でリリーフ登板はしたが、先発投手はこの夏初めて。四死球や失策でほぼ毎回ランナーを背負うが、許したヒットは散発の4本だけ。低めのスライダーをひっかけさせて3つのダブルプレーを成功させた。「塙はこの夏一番勢いあるボールを放れるピッチャー。相手の強力打線に対して最後まで逃げず、自分のボールを信じて投げきってくれた」と、佐々木力監督は満点の評価を与えた。

 

土浦日大と霞ケ浦、継投で明暗

【土浦日大-霞ケ浦】4回表無死二・三塁、鶴見の二塁打で小澤㊧と大賀の2者生還

土浦日大-霞ケ浦の試合、先取点を奪ったのは霞ケ浦。3回裏1死一塁から二番・森田智貴が内野ゴロで一塁に走り込むと、一塁手・小菅康太と交錯し送球がそれる。この間に二走・天野海斗がホームを陥れた。さらに2死三塁から四番・菅野日向磨の左前打で森田が帰り1点追加。

)【土浦日大-霞ケ浦】3回裏1死一塁、エラーの間に二走天野が本塁を陥れ霞ケ浦が先制

ここで土浦日大は早くも投手交代に動く。先発の荒井勇人を下げて富田卓を投入。「大きく離されるといけないので早めに替えた。もともと2失点で替える予定だった」と小菅勲監督。「ミスから先に失点したが、引きずらずに切り替えて集中し、その後をしっかり防いだことが逆転につながった」と捕手の小澤礼嗣。

反撃は4回表。五番・小澤が右翼線へのヒットで出塁すると、六番・大賀玲介、七番・鶴見恵大、九番・石渡耀の二塁打3本で3点。さらに7回には一番・鈴木健太のソロ本塁打などで霞ケ浦の先発・福浦太陽を退かせる。救援でマウンドに登った鈴木寛人にも襲いかかり、8回を終えて8-2の大差をつける。

【土浦日大-霞ケ浦】7回表1死一・二塁、替わったばかりの相手投手・鈴木寛を打ち込む。打者大賀

しかし霞ケ浦もこのままでは終われないと、9回裏に最後の意地を見せる。安打4本をつないで3点を挙げるが追撃もここまで。土浦日大が決勝進出を決めた。

決勝戦、異なる打力の持ち味

決勝戦で相まみえることになった常総学院と土浦日大、共に強打を売りにするチームだが持ち味は異なる。日大は自分たちが積み上げてきた打力を信じ、ファーストストライクから積極的に狙っていく。常総は今年の特徴である長打力に伝統の機動力をハイブリッドさせ、新たなスタイルを完成させつつある。打線のどこからでも点が取れる強みは共通だ。

さらに両者とも、先頭でチームに勢いを与える一番打者の存在が光る。常総は水野勢十郎、日大は鈴木健太。ある意味四番打者より恐いこの2人の対決も、決勝戦の大きな見どころとなる。

 

第100回全国高校野球選手権茨城大会 準決勝(7月24日、ノーブルホームスタジアム水戸)

バッテリー
水戸商:川澄-小林嵩
常総学院:塙-菊地壮

長打なし

バッテリー
土浦日大:荒井、富田-小澤
霞ケ浦:福浦、鈴木寛-鈴木和

長打
本塁打:鈴木2(土浦日大)
二塁打:鈴木、大賀、鶴見、石渡、富田、小菅(土浦日大)、小儀(霞ケ浦)

スポンサー

LATEST

県障害者権利条例5周年 差別根絶に向けて関係団体がパレード

【川端舞】県障害者権利条例の施行5周年を記念し、「茨城に障害のある人の権利条例をつくる会」(事務局・水戸市)が1日、つくば市内をパレードした。参加した障害者らは、障害者差別のほか、新型コロナウイルス感染者や医療従事者に向けた差別など、全ての差別を根絶しようと訴えた。 障害者の生きづらさを訴える パレードには、「―をつくる会」のメンバーである障害者や支援者、つくば市議会議員など約40人が参加した。例年は4月に権利条例を周知するためにパレードを開催していたが、今年は新型コロナの影響で延期になっていた。 参加者は、つくばメディカルセンター病院(同市天久保)前からつくばカピオ(同市竹園)までの歩道を、1時間ほどかけて行進した。 参加者が持つプラカードには、「子供扱いされました」「バリアフリーの物件ない」など障害者の生きづらさを訴える言葉や、「仕事をしたくても制度利用中、仕事できません」のような社会制度の改善を求める言葉が書かれていた。さらに今年は、新型コロナ感染拡大のなか介助を続けてくれる介助者への感謝の言葉や、患者や医療従事者への差別にも反対する「NO差別 一切の差別にNO!」という言葉が書かれたプラカードもあった。参加者は、お互いに距離を保ち、プラカードの言葉をコールしながら行進した。

市議選は16人超の44人出席 つくば市立候補予定者説明会

【鈴木宏子】任期満了に伴って18日告示、25日投開票で行われる、つくば市長選と市議選同日選挙の立候補予定者説明会が1日、同市役所で開かれた。市長選は3陣営、市議選(定数28)は16人超の44陣営関係者が出席した。有権者数は18万6896人(9月1日現在)で、4年前の前回より約1万2000人増えている。 市長選はいずれもすでに立候補を表明している、現職の五十嵐立青氏(42)と、新人の富島純一氏(37)の陣営関係者が出席した。市選管によると、もう1人の出席者は本人の希望で氏名非公表という。 市議選は出席した44陣営のうち42人が氏名を公表した。42人の内訳は現職23人、新人18人、元職1人。現職5人が引退する見通しだ。氏名非公表の2陣営は本人の希望。 4年前の市議選は定数28に対し10人超の38人が立候補した。今回は前回をさらに上回る激戦になりそうだ。 市議選の立候補予定者説明会出席者42人は以下の通り(敬称略、受付順) 新 伊藤 栄元 飯岡 宏之現 久保谷 孝夫現 山本 美和現 木村 修寿現 小野 泰弘新 鶴田 真子美現 五頭 泰誠現 神谷 大蔵新 木村 芳美現 滝口 隆一新 藤岡 輝子現 小久保 貴史現 鈴木 富士雄現 木村 清隆現 浜中 勝美現 小森谷 さやか新 中村 重雄現 橋本 佳子新 川久保 みなみ新 浅野 英公子新 中山 道世新 野友 翔太新 川村 直子新 宮本 たつや現 須藤 光明新 加藤 純子現 塩田 尚現 金子 和雄新 佐藤 大輔現 長塚 俊宏現 黒田 けんすけ新 三島 裕子新 下神納木 かえ新 小村 政文現 高野 文男現 山中 まゆみ新 福田 恵現 皆川 ゆきえ新 仲村 健現 塚本 洋二現 ヘイズ ジョン

1日から県伝統工芸品展 イーアスつくば

【山崎実】匠の技が集結する「茨城県伝統工芸品展」(同展実行委員会主催)が10月1日から4日まで、つくば市研究学園のイーアスつくばで開かれる。 茨城の風土と暮らしの中で育まれ、受け継がれてきた伝統工芸品を一堂に集め、製造者の意欲高揚と、工芸品に対する県民の認識を深めることを目的にしたもので、今年で39回目を数える。 知事指定の特に優れた伝統工芸品は現在40品目(4月現在)あり、2017年には時代への継承を目指し、高度な技術を保有する製造者を「茨城県伝統工芸士」として知事が認定するなど、社会的声価を高める施策を推進している。 今回出展される伝統工芸品は笠間焼、結城地方の桐下駄など16品目。イーアスコートでは伝統工芸体験ワークショップとして、桐小物入れづくり、総桐小たんすづくり、桐のリースづくりの3種類が行われる。また製作実演として、ミニ下駄ストラップづくり、ひな人形づくり、杉線香づくりが披露される。 会期中、会場でのアンケート協力者に先着で笠間焼のレンコン箸置きがプレゼントされる。 会場はイーアスつくばのメインコート・イーアスコート。問い合わせは県産業政策課地域産業振興室・同実行委員会事務局(電話029-301-3585)

茨城県の最低賃金851円に 2円引き上げ

【山崎実】茨城県の最低賃金が10月1日から時間額851円に引き上げられる。既に官報に公示され、県内の事業所で働く常用、臨時、パート、アルバイトなど、すべての労働者に適用される。 新型コロナ禍の影響で厳しい経済情勢の下、大井川和彦知事は7月、茨城地方最低賃金審議会(田中泉会長)に経済にかかわる諸指標を数値化した総合指数は全国11位なのに対し、最低賃金は16位で近隣県と比較しても低く、栃木県との4月の差は過去6年間変動しておらず、このままでは本県の労働力確保はさらに困難になるーと引き上げを要請した経緯がある。 審議会は8月、現行の時間給849円を2円引き上げて(引き上げ率0.24%)851円に改正することが適当と答申し決定した。 近県の状況は、栃木県が現行の853円から1円引き上げて854円、群馬県が835円から2円引き上げて837円に、東京都は1013円のまま据え置かれた。 一方、働き方改革の推進に伴い、中小企業は2021年4月からパートタイム・有期雇用労働法等により、同一労働同一賃金が適用される。このため働き方改革推進支援センター(フリーダイヤル0120-971-728)は周知徹底を図るべく、「同一労働同一賃金・テレワークセミナー」を実施している。
おすすめ