音楽通しチャレンジの場に 土浦にライブハウス誕生

10日オープンのライブハウス「V-BOX」でこけら落としライブをしたオニツカサリーさん=土浦市川口1丁目のモール505

【谷島英里子】土浦市川口のモール505に10日、インターネット放送番組「Vチャンネルいばらき」を運営するVSCがライブハウス「V-BOX」をオープンした。音楽を通して地域活性化を目指すアーティストやイベントを盛り上げたい人などへ、チャレンジの場として利用を呼びかける。

V-BOXはVチャンネルいばらきスタジオの2階真上。フロア面積は約30平方メートルで、いすは25席、スタンディングでは最大50人が収容可能。ステージには、照明やプロジェクターが設置され、音楽ライブや発表会のほか、会議室や試写会など多目的スペースとして活用することもできる。

店長の秋葉憲一さんは「V-BOXから大きい会場へと進化できる出発点として活用していただき、夢を叶えてほしいですね」と話している。

オープン初日はこけら落としライブとしてシンガー・ソングライター、オニツカサリーさんが登場し、ライブを開いた。

利用は要予約。時間は午前11時から午後5時と午後5時から午後11時の2回に分かれている。料金は機材、操作スタッフ込みで6時間1万円から。大学生、未成年は半額となる。オプションの映像収録・編集、レコーディングは別料金となる。問い合わせはVチャンネルいばらき(電話029-875-7255)まで。

オールスタンディングで最大50人収容。花柄の演出照明もできる