イノシシランド開設へ 東筑波ユートピア

イノシシの世話をする小川高広さん

【斉藤茂】石岡市吉生の動物園「東筑波ユートピア」が来年のえと亥(い)=イノシシ=にあやかり、イノシシ専用の放牧場の整備に乗り出している。来春オープンを目指している。

東筑波ユートピアは旧八郷地区の小高い山の中腹にあり、13㌶の園内にはニホンザルやクマ、ポニー、クジャクなど約30種類の動物が飼育されている。目玉のお猿の演芸ショーをはじめ、近年はウサギやドックラン、猫カフェなど小動物との触れ合いコーナーに人気が集まっている。

イノシシランドが設置されるのは動物園の頂上部の傾斜地で、かつてニホンザルを飼育していたエリア。しかし管理小屋や周囲のフェンスが老朽化したため、閉鎖状態が続いていた。今回はこの施設を大幅にリフォームし、現在40頭ほど飼育しているイノシシを公開する一方、子供のウリボウとの触れ合いなども楽しんでもらう方針。

具体的には1㌶の外周を囲う古いフェンスを新調し、入園者の周遊路や監視小屋、休憩所、ふれあい広場などを整備する。一帯は国定公園に指定されているため施設の配色や音、構造などに配慮。神経質なイノシシの生態も考慮し、自然に近い飼育環境を整えていく。

工費約5000万円は全額が寄付金。今年に入って数回、テレビの動物番組で同園が紹介され、これをきっかけにクラウドファンディングを立ち上げたところ、全国から寄付の申し出が殺到した。

オーナーの小川高広さん(80)は「これまで毎年赤字続きだったが、来年こそは入園者を増やし、経営を安定させたい。3月にはイノシシの元気な姿をお披露目させたい」と語り、農家にとっては厄介者の存在に大きな期待を寄せている。

◆入園料は大人1200円、子供720円。年中無休。

工事が行われているイノシシランド予定地