水曜日, 1月 20, 2021
ホーム 教育 常陸牛に続きヒラメも 給食に県産メニュー

常陸牛に続きヒラメも 給食に県産メニュー

【山崎実】4日開会の県議会第3回定例会には、コロナ禍の影響で需要が落ち込んでいる茨城県産水産物の消費拡大を目的とする学校給食提供緊急対策事業の予算が提案される。

常陸牛に続いて、県内の全小中学校の学校給食に、ヒラメ、イワシ、シラス、サバ類など、茨城を代表する水産物のメニューを月1回程度、提供する試みだ。

補助率は児童生徒1人1回当たり1000円で、漁業者や養殖業者、水産加工業者などの経営安定に寄与する狙いもある。予算額は1億1000万円。

従来は、魚種をタイやブリなど養殖魚に限って国の補助事業で行われてきた。その後、国の補助がヒラメ、イワシ等へも緩和されたことで、全県規模で学校給食に提供する。

需要や出荷の低迷が続く霞ケ浦の養殖ゴイも給食の対象魚種に加えており、現在、各小中学校に、希望魚種の調査を実施している。

県漁政課は「各学校に食材を提供することで、児童生徒の県産品に対する理解が深まれば」と話している。11月ごろを目途にスタートさせたい意向だ。

2 コメント

2 Comments
フィードバック
すべてのコメントを見る
名無しの市民
4 months ago

なんか、色味が

名無しの市民
4 months ago
返信する  名無しの市民

美味しく見せようっていう盛り付けじゃないですね^_^

スポンサー
2
0
コメントお待ちしてますx
()
x