土曜日, 1月 23, 2021
ホーム つくば 「きれいになって待ってるよ」 18日、1カ月ぶり再開 つくばわんわんランド

「きれいになって待ってるよ」 18日、1カ月ぶり再開 つくばわんわんランド

【鈴木宏子】テーマパークなどに対する県の休業要請が18日から解除されるのを前に、筑波山の麓にある日本最大級の犬のテーマパーク「つくばわんわんランド」(つくば市沼田、東郷治久代表)では17日、翌日の再開に向けて、スタッフが犬をシャンプーするなど、来園者を迎える準備に追われた。

新型コロナウイルスの感染拡大による休業要請を受けて4月22日から休業しており、ほぼ1か月ぶりの再開となる。例年ならゴールデンウイーク期間中、約2万人の来園者があるが、約300匹の犬たちは今年、園内で静かに過ごした。

寺崎修司支配人によると、休業期間中は36人のスタッフのうち3分の1の約10人ずつが交代で出勤し、犬に食事を与えたり、犬舎の掃除をしたり、日中は屋外施設に移動させて遊ばせたりした。

犬は普段なら、日中は来園者と触れ合って体をなでてもらったりするが、今年は約1カ月間、かまってくれる人が少なかったため、人にかまってほしがっている様子だという。

休業中スタッフは、犬たちの動画や写真をホームぺージやSNSなどで積極的に発信してきた。開園を心待ちにしているリピーターからは、励ましの電話や、再開を望む声が数多く寄せられたという。

18日の再開に向けて、スタッフは16日から全員が出勤し、シャンプーをして犬をきれいにしたり、感染防止対策のため売店やチケット売り場にビニールシートを張ったり、テーブルや座席の間隔を広げたり、園内200カ所に手洗い消毒スプレーを設置するなどの作業に追われた。

ベンチとベンチの間隔を広げた、犬と触れ合うことができる「わんわんパーク」コーナー

感染防止対策としてはほかに、来園者に入園時のマスク着用や体温測定のほか、手洗いをひんぱんにするよう案内する。混雑した場合は入園を制限する場合もあるという。唯一の屋内施設である「ねこハウス」は引き続き入館できないが、屋外から猫たちの様子を見ることはできる。

園内200カ所に設置した消毒スプレーや手洗い場について説明する寺崎修司支配人

同園の酒井真希人さんは「犬たちもお客様と触れ合うのを楽しみにしている。動物と触れ合うと幸せを感じるホルモンが分泌されストレスを軽減するといわれているので、動物たちに癒されていただければ」としている。

0 Comments
フィードバック
すべてのコメントを見る
スポンサー
0
コメントお待ちしてますx
()
x