火曜日, 1月 26, 2021
ホーム つくば 「福来梅」に願を掛け 16日から筑波山梅まつり

「福来梅」に願を掛け 16日から筑波山梅まつり

【相澤冬樹】第46回筑波山梅まつりが16日、つくば市沼田の筑波山梅林で幕を開ける。つくば市とつくば観光コンベンション協会による同まつり実行委員会(委員長・五十嵐立青市長)主催で、会期は3月21日まで。16日は午前11時からの開園祭・開園式はじめ、「福来(ふくれ)梅の木」祈願祭などオープニングイベントが催される。

梅林は筑波山の男体山西側、標高約250メートル付近の斜面地に広がる。涸(か)れ沢沿いの約4.5ヘクタールに筑波石とよばれる班れい岩の巨石が散在し、縫うように約1000本の白梅・紅梅が植えられている。早咲きの紅梅は馥郁(ふくいく)たる花をつけ、例年並みの開花状況。下旬には白梅も咲きそろってくる。斜面地の最上部にある茅ふき屋根のあずまやからは、晴れた日には富士山まで見渡せるといい、人気の展望スポットになっている。

紅く色づき梅まつり開幕を待つ筑波山梅林(つくば市沼田)

昨年はまつり期間中に約17万人を集めた。今シーズンは16日のオープニングイベントをはじめ、期間中の土・日曜日にはつくば観光大使のお出迎えがあり、ガマの油売り口上の実演、観光ボランティアによるガイドなどが予定されている。

今回は特に、筑波山名物の「福来みかん」にちなむイベントが各種用意された。園内1000本の梅から1本を「福来梅の木」として選び、筑波山神社の祈祷により縁結びパワースポットとして期間限定で開設する。来場者が梅の木に縁結び絵馬(300円)を結って願掛けたり、開運招福のお札「福来の枝」(500円)の授与が土日限定で行われる。

筑波山周辺の各店でも、福来みかんを使ったソフトクリームやおでん、ベーコンバーガーなどオリジナルメニューを用意して観光客を迎える。3月3日には筑波山水系の酒蔵5店が参加しての特別企画「観梅!乾杯!梅宴!新酒de筑波山地酒フェス」、昨年の好評を受けて2回目の開催で、イープラスでチケットの前売り販売を開始している。

▼問い合わせ つくば観光コンベンション協会 電話029-869-8333

スポンサー