障害者スポーツ普及させたい 茨城国体契機に つくば市

つくばフェスティバル2018でハンドアーチェリーを体験する子ども=つくば市竹園の大清水公園

【佐藤信之】来年秋に開催される「いきいき茨城ゆめ国体」の会場となるつくば市は、同国体後に開催される「全国障害者スポーツ大会」に向け、ハンドアーチェリーや車いすバスケットボールなどの体験会を開催し、障害者スポーツの普及に努めている。

茨城国体で初めてオープン競技に加わるハンドアーチェリーは、的に針のついていないピンをあて得点を競うスポーツ。右手で5回、左手で5回の計10回投げ、合計得点が高い人が勝ちとなる。競技者の体の状況によって投げる距離や姿勢、的の高さなどを自由に設定することができ、子どもも高齢者も障害者も誰でも楽しめる。

同市国体推進課の吉井祐二さんによると、昨年度から今まで20回以上、市内各地で体験会を開いてきたという。吉井さんは「昨年まで障害福祉課に勤務していたこともあり、茨城国体を契機として国体が終わった後も地域に障害者スポーツを普及させていきたい」と語る。

5月12、13日に催された「つくばフェスティバル2018」では、会場の大清水公園(同市竹園)に設けられた国体PRブースで、市民にハンドアーチェリーを体験してもらった。参加した子どもたちは、競技で使用されるのと同じピンを使い、3mほど離れた的に向かって一生懸命ピンを投げていた。

7月15日午後1時から同市金田の桜総合体育館でハンドアーチェリー、車いすバスケットボールのほか、バレーボールのルールを取り入れて卓球台で競う卓球バレー、「地上のカーリング」とも呼ばれているボッチャの4種目の体験会が行われる。市内在住、在勤、在学の人なら誰でも参加できる。車いすバスケのみ小学生以上が対象で事前申込制(定員50人、参加費100円)。申し込みは6月1日から市のHPまたは国体推進課窓口で受け付ける。

また、9月にも市内で車いすバスケの体験教室が予定されている(中学生以上が対象)。