3年間使用料徴収せず 給食センター設置の自販機 つくば市

つくば市役所

【鈴木宏子】つくば市は7日、市桜学校給食センター(同市天王台)内に民間業者が設置した自動販売機1台について、2016年1月から3年間、使用料(設置料)などの納付がされないままだったとして、業者から3年分の使用料と電気代計約7万1000円の支払いを受けたと発表した。報告案件として18日開会の同市議会3月議会に報告する。

市教育局健康教育課によると、自販機を市の施設に設置する場合、担当課に設置申請書を提出することが必要で、毎年、手続きをしなければならない。

当時、同課の窓口で対応した職員と民間業者とのやりとりの中で、両者は申請書を提出しなくても設置できると誤認し、16年1月19日、業者は同給食センターに飲料用の自販機を設置したという。一方、同センターは、市役所内の担当課に申請手続きがなされた上で設置されたと思い込んでいた。

同センターには別の業者が設置している自販機がもう1台ある。昨年12月、所定の手続きをして設置した別の業者と市職員とが来年度の準備のため話をしたところ、もう1台設置されている旨の話が出て、3年間、無許可で設置され使用料の支払いも受けてなかったことが判明したという。