火曜日, 12月 7, 2021
ホーム コラム つくば学園都市は公立高過疎地 《吾妻カガミ》118

つくば学園都市は公立高過疎地 《吾妻カガミ》118

【コラム・坂本栄】困った数字がこのサイトで紹介されています。教育環境が自慢の学園都市には県立の全日制高校が少なく、つくばは公立高の過疎市だというのです。平均的な学力の中学生を私立よりも学費が安い公立に入れたいと思っている親にとって、つくば市は「住みにくいまち」のようです。

詳しくは「つくば市に県立高校新設を 市民団体が市議会に請願」(9月29日掲載)と「付属中併設は泣きっ面にハチ」(9月30日掲載)をご覧ください。

▼市内の県立高に進んだ中学生は18%に過ぎず、46%が市外の県立高に、36%が市内外の私立高に行った、▼以前は6つあった全日制高が、近隣市の県立高への併合、定時制への移行、中高一貫への衣替えによって半減した、▼この20年間に減った全日制学級数は、水戸が2%、日立が21%、土浦が20%だったのに、つくばは61%も減った―などがポイントです。

つくば市は県全体の流れとは逆に住民が増えているのに、県は少子化に伴う学校・学級の整理整頓という方針の下、実におかしな対応をしています。大井川知事の経歴(経産省キャリア→IT企業役員)も影響しているのか、県はエリート教育には熱心ですが、平均的な学生を抱えた平均的な家庭の事情に鈍感ではないでしょうか。

優秀な学生を育てることには賛成です。私は、今春に中高一貫を併設した県立土浦一高の評議員を10数年やっています。その議論の中で、中高一貫を導入するよう歴代の校長に進言、現知事の1期目にやっと実現しました。競争環境を整え、突出した学生を鍛えることが日本はもちろん世界に必要と思うからです。

「市設・県営」高校はどうか?

しかし、経済政策の尖(とが)った成長志向が格差を生み、その見直しが必要になっているように、教育分野でも平均層に目配りをしなければなりません。

岸田さんは成長に傾いたアベノミクスに「分配」を加味するそうです。「共同富裕」を掲げて超金持ちに寄付を強要する習さんも同じ発想です。「米国ファースト」を連呼したトランプさんの政策も中間層を意識したものでした。世界の政治リーダーは平均層の乱を敏感に察知、尖った政策は内外で修正されつつあります。

話が大げさになりました。元に戻します。リンクを張った先の記事によると、つくば市の要望にもかかわらず、県はおカネがかかる全日制の新設には腰が引けているようです。でも、学園都市の教育環境の劣化を無視はできませんから、既存校の学級増を言ってくるかも知れません。

ここまで書いてきて、昨秋の市長選挙に立った富島純一さんの公約を思い出しました。彼は、平均的な市民の声を聞いていたのか、県の冷たい態度を知っていたのか、主要公約に「市立高校設置」を掲げていました。この案を少しいじり、「市設・県営」はどうでしょう。ハード(校舎)は市が造り、ソフト(授業)は県が動かすという折衷案です。おカネの面では県立or市立よりも両者の負担が軽く、教育効果は県立と同じになります。

世の流れに敏感な政治家の皆さん―市議さん、市長さん、県議さん、知事さん、この案を検討してみてください。平均的な市民の怒りを買ったら終わりですよ。(経済ジャーナリスト)

43 コメント

43 Comments
フィードバック
すべてのコメントを見る
名無しの市民
2021年10月18日 7:45 AM

現在、つくば市には県立高校が3つもある。いずれも定員割れ。この市内県立3校にそれぞれ3学級を増設し、定員満杯にすれば、わざわざ「市設・県営」を新設する必要はない。

廃校と跡地はつくば市政の得意技。「市設・県営」を新設すれば既存3校のいずれは廃校になり、跡地問題でつくば市議会は再度10数年お仕事にありつける。

富島純一さんの「市立高校設置」が響かなかったのは、どんな学校を創りたいのかという一番重要な思想が欠損していたからだ。

「競争環境を整え突出した学生を鍛えるために」中高一貫を導入するよう進言してきた坂本栄さんは、土浦で成功体験を得た。次なるターゲットはつくば。今度は「平均層に目配りをした高校教育」を目指している。どんな学校を創りたいのか、その論が楽しみだ。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2021年10月18日 10:18 AM

平均的な、という点が重要です。竹園は偏差値70、茎崎(定時制)や筑波は40未満です。学力で2極化していて、偏差値50や60では入れる公立がないという現状です。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2021年10月18日 10:56 AM

私学は偏差値40未満から60まで幅広い層を受け入れることで経営を維持しています。経営者の知恵の問題ですね。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2021年10月18日 8:03 PM

>偏差値50や60では入れる公立がないという現状です。

パッとしない人を無理矢理厚遇する必要は無い

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2021年10月19日 8:17 AM

偏差値50って一番人が多いってことなんですけど?

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2021年10月19日 11:44 AM

つくばの中間層は偏差値60くらいですよ。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2021年12月3日 3:15 PM

そうでしたね。で、その一番人数が多い60くらいの人が入れる高校がないって話ですね。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2021年10月19日 8:44 AM

筑波大体育の学生は偏差値の高くない高校出身者が結構多いようですがつくばでの4年間の生活で見違えるように成長します。
学習塾で偏差値でアップしますが運動能力や音楽の才能はそうはいきません。

茎崎高校や北条高校にスポーツや音楽コースを2クラスほど増やしたらどうですか。偏差値50の生徒も、目標筑波大学入学なら頑張るで。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2021年10月19日 10:10 AM

茎崎高校はマンモス校時代の名残で教室も沢山あるんだから、定時制と併せて平均層の普通科として復活させてもらえばいいんじゃない?

あ~これじゃ、中心部や意識高い系から「つくば市」と認知されてないから「遠い」と拒絶されちゃうね。

結局文句言ってる奴らって中心部・TX沿線の一部のわがままそうなんだよ。TXあるんだしセンタービルからバスもあるんだから周辺に行けばいいんだよ。

他所の市町村からは「あいつらわがまま」って冗談抜きで言われてることにも気が付かないようじゃ、一生誘致なんかできないよ。まずはそういうよそ様の声を聴いてみるといいよ。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2021年10月19日 10:50 AM

茎崎高校は近くに市の野球場がある。土一から筑波大で野球やってた優秀な人材がいるんだから監督やらせて甲子園を目指す学校にしてほしい。
茎崎なら石岡、阿見、牛久、龍ヶ崎ぐらいの広範囲から生徒が集まる。野球高校をつくり吹奏楽もつくる。そんな声をあげてみた。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2021年11月7日 5:48 PM

つくば以外の周辺市町から生徒が集まるようになれば一挙に学校のレベルが上がるよ。

平均的な市民
返信する  名無しの市民
2021年10月19日 5:23 PM

既存3校(竹園、つくば工科、筑波)クラス増設は、コラム氏も言っているように、県が内々考えている対策でしょう。問題は、竹園=進学高、工科=工業系、筑波=市の外辺と、それぞれ偏りがあることです。TX沿線に、平均的レベルの学費が安い公立高があれば、つくばの魅力はアップします。この問題は、まちづくりの視点で市長がまとめるべき案件と思います。市立・県営は、県を引っ張り込むためのエサになります。市外のどこかの県立高を潰し、その枠を移させるぐらいの知恵を出さないと、市長失格です。

つくばの1市民
返信する  平均的な市民
2021年10月19日 7:38 PM

五十嵐さんに「やってくれ」と言っても無理では? センタービルリフォームのゴタゴタで手一杯では? 高校問題は知恵と政治力が必要では? 県議が動くしかないのでは?

5年前
2021年10月18日 7:54 AM

別案
イーアスの北に広い土地がある、多分県の土地。
あの土地に、私立の高校を誘致する。
自転車で通えるので、授業料が少し高くても大丈夫かも?

名無しの市民
返信する  5年前
2021年10月18日 9:53 AM

筑波学院大学付属の中高一貫校なら、
大学までエスカレーター。

つくばはエスカレーターがよく似合う。

名無しの市民
返信する  5年前
2021年10月18日 9:36 PM

つくば秀英高校が近くにあるのに、さらに私立高校?つくばの人たちはどれだけ選民意識が高いのか。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2021年10月18日 9:38 PM

ていうかアンタみたいな「自称平均的」な中身お察しな方々が、どれだけ乞食意識が高いのか…

名無しの市民
返信する  5年前
2021年10月18日 11:01 PM

『イーアスの北に広い土地がある』

サイバーダインが 66億円で買ったところですか?

https://www.nikoukei.co.jp/kijidetail/00302014

5年前
返信する  名無しの市民
2021年10月19日 7:16 AM

知らなかった!
サイバーダインが、こんなに大きな投資ができるようになったんですね。
株価も下がってきた。株を買おう!情報ありがとう!

5年前
返信する  5年前
2021年10月19日 7:28 AM

でも2015年のニュース、しかも、仮契約!その後、どうなったんでしょうか?

名無しの市民
2021年10月18日 7:14 PM

県立高校が定員割れをしている時代。
あの湖北高校が二次募集という驚きの状況。

土浦一高は上位層は東大に行くけれど、下は運が良ければ400点未満で受かる年もあるくらい、上下の開きが大きい。

運良く土浦一高に受かって、授業がわからず落ちこぼれを味わいながらプライドだけ高くなるよりも、私立の少人数制の上位クラスに入って手厚く育てて貰う方が成長できると考える家庭も増えている。

平均的な偏差値の県立高校で似たような学力層が集まる県立よりも、様々な生徒がいて刺激を受けられる私立の方が伸びると考える家庭も増えた。

今は私立高校の学費負担が昔ほど重くない。昔のイメージで「私立は高いから無理」と思っていると、実は補助が多くて思っていたより安いと知る親も多い。

面白みのない県立高校よりも、特色のある私立高校が創られる方が街は活気づくでしょう。偏差値50前後で大学進学を考えていない生徒向けに、高専並みに専門技術や知識がついて、就職に有利な学校ができれば絶対に人気が出る。

偏差値50前後の県立高校は中途半端な進学指導で教員の楽園として存在するだけ。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2021年10月18日 9:28 PM

つくば秀英高校は中間層をターゲットに開校されたはずなのですが、20年以上経った現在はどうなのですか?

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2021年10月18日 11:16 PM

きっちりと中間層です。竹高のすべり止め。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2021年10月19日 11:42 AM

いや、5教科200点未満からいます。トップのクラスでも360点で入れる。中間層ではないですね。秀英の中間層は220点くらい。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2021年10月20日 8:33 AM

それはいいね。偏差値50の県立高を目指すお子達のすべり止めにぴったんこ。安心です。

名無しの市民
2021年10月18日 8:01 PM

「公立校」が優れてるのは田舎。

都内を見ろ。公立校なんて向上心の無いバカの掃き溜め。私立進学校行かないと、真っ当な環境で真っ当な教育なんて受けられない。

つくば市は着実に都会化できてるんですよ。

5年前
2021年10月19日 5:42 PM

中学卒業したら、皆んな高校へ。
この風習(?)が、今の子供たちに合っているのだろうか?
中学卒業したら、少しだけ社会に出てみる。
例えば、週3日は仕事して、残りの2、3日は学校へ行く。
こういうのもあって良いのでは?

名無しの市民
返信する  5年前
2021年11月8日 5:46 PM

一部の県立高校(工業)で実際にやっています。「茨城 高校 デュアルシステム」で検索してみてください。週1日は企業で仕事(実習)をして、残りの4日は学校で授業を受けています。仕事に行った分は6単位が卒業単位にカウントされています。

5年前
返信する  名無しの市民
2021年11月8日 7:02 PM

返信どうもありがとう。
仕事して単位がもらえる!ドイツ生まれの制度なんですね。
普通高校でもやれば良いのに!
つくば市に沢山ある研究所が生徒を受け入れてくれれば、進学校でも出来そう!

名無しの市民
返信する  5年前
2021年11月9日 11:10 PM

進学校はカリキュラムが詰まっているので、週1回の実習でも無理でしょうね。その代わりに実施されているのが「スーパーサイエンスハイスクール事業(SSH)」です。土曜日に研究者や大学教授を高校に招いて科学に関するレクチャーを受ける事業です。竹園、並木、茗渓で実施しています。

5年前
返信する  名無しの市民
2021年11月10日 8:42 AM

返信どうもありがとう。
今の高校いろいろやっているんですね、羨ましい。
〜^〜
もし、私が高校生だったら、学校でレクチャー受けるより、研究の現場に行ってみたいです。

名無しの市民
返信する  5年前
2021年11月10日 8:46 AM

研究のじゃまになるのでお断りします。

名無しの市民
2021年10月20日 5:37 PM

つくば市境まで数10メートル(?)の牛久栄進は無かったことになっているのですか?
実質つくば市内、バス1本で行けるのに。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2021年10月20日 8:10 PM

栄進の生徒の自転車死亡事故を思い出すなあ。真っ暗な道でスピードが出る場所だった。亡くなった男性もつくばのひとだったかは知らない。常磐線からの距離でいえば茎崎高校と同程度なのに偏差値は高い。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2021年10月20日 11:36 PM

並木中等ができる前は、栄進が並木よりも人気で、偏差値でも上になった。
土浦二高が共学化されたことで、並木は更に不人気となっていった。
中高一貫校化は、一つの高校を県内トップクラスに押し上げる画期的なイベント。
そう考えると、なぜ土浦一高を中高一貫化する必要があったのか。
筑波高校を一貫校にして、土浦一高の教員を移動させれば、間違いなく人気が出たのに。

茨城県教育委員会、行政トップ、教育関係者などは、土浦一高と水戸一高の卒業生がほとんどだから、母校の地位を保ちたくて東大合格者数を確保するために両校を一貫校にしたという声もある。
並木や江戸取に地位を奪われることに不安だからとか。
エリートを育てたいのは理解できる。それならば並木方式にすればよかったのに。
わざわざ土浦一高の定員を減らして一貫校を併設したことが、つくばの子育て世帯の不安を煽ったのではないか。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2021年10月21日 8:53 AM

何を言いたいのかさっぱりわからん文章だが、一つ分かったことがある。つくば市内の高等学校は上郷高校だけでなく、谷田部高校も茎崎高校も筑波高校も、そして並木高校でさえも不人気だったということだ。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2021年10月21日 1:46 PM

結局ね、今騒いでる輩って「うちの子が歩いて行けるところにうちの子のレベルの高校が無いと通学費が負担になるだろ!」と文句言ってるだけ。

県立なら、他の市町村の子供達はもっと大変な時間と費用をかけて通学してるから、そうした市町村の親からすれば「つくばの輩がわがまま言ってら(笑)」レベルで相手にされない。

そんなに欲しいなら、市長に頼んで「次の選挙も投票するから市立高校作って!」とお願いすればいい。県立は絶対無理だよ。つくば市のための茨城県じゃないんだから。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2021年10月21日 2:17 PM

前段、中段は大賛成。でも、後段はやめといてや、市長に頼んでお願いしたらあかん。最悪だよ。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2021年12月3日 3:21 PM

つくば市の中学3年生の人口あたりの公立高校定員数は水戸市の3分の1ですよ。他の市町村も同じように大変だったら(水戸市だけが優遇されているのなら)、もっと県に訴えるべきです。教育環境を平等にしてほしいと訴えることはわがままだとは思えませんが。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2021年10月21日 6:00 PM

並木方式⇒一つの高校を丸ごと新しい中等学校にする。高校からの募集はしない。メリットは、不人気高も人気校として生まれ変わる。

土浦一高方式⇒高校の定員を減らして、一部を付属中学として使う。一部の生徒が中高一貫教育を受ける。メリットは、その高校の名称も伝統も残せること。

筑波高校が中高一貫の中等学校になり、エリート教育を始めれば、小学校の上位層は中等学校に行くのが当たり前になり、公立中には上位層以外が残るようになる。そうすることで、竹園高校の入試レベルが下がり、土浦二高や牛久栄進などに進学する層が竹園に合格し、土浦三高や牛久高校に進む層が二高や栄進に進むことが可能になる。

つくば市民にとって、通学する高校のロケーションとしては竹園高校がベストであるわけだから、竹園高校が中間層に近づけば喜ぶ人々がいる。

土浦一高もいい学校だけれど、実際は浪人率が非常に高い。
つくばからは西日暮里駅前の開成中、開成高が通いやすいし、私立だけれど学費は意外と安いからおすすめ。

新しい県立高校を作るよりは、既存の学校を変えるか、都内の学校への進学を推奨する方がいい。

通りすがり
2021年10月23日 12:08 AM

医者や科学者の子女だけでなく、音楽や美術の才能に長けた子女も、多かろう。県立の音楽科や、美術科の高校を作ってはどうか。

名無しの市民
返信する  通りすがり
2021年10月23日 7:38 AM

勉強よりも音楽、美術、スポーツが好きな子女も多かろう。そんな子のために音楽科、美術科、スポーツ科のクラスを新設してはどうか。ひとクラス30人のうち推薦で筑波大の体育や芸術に2人が入学できる特典を設ければ市外からも受験生が集まりレベルも維持できる。高校を新設する必要は全くない。既設の筑波高校と茎崎高校を利用すれば良い。

市外から受験生が集まることが一義的。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2021年12月3日 3:29 PM

県南地区にこういった県立高校はなかった気がするので、つくば市だけでなく周辺市町村の方にもよい案だと思います。
つくば市の人口から考えた高校の定員数不足にはそれでも足りないとは思いますが。

スポンサー

注目の記事

最近のコメント

最新記事

グローバリゼーションに新ルール 《雑記録》30

【コラム・瀧田薫】ダニ・ロドリック氏が「グローバリゼーション・バラドクス(The Globalization Paradox)」(2011年)を出版してから、今年でちょうど10年になります。この間、「グローバリゼーション」に関する論文・著作が数多く発表・発行される中で、この本の存在感はまだ失われていません。 この書物が発行された当時、著者は世界経済の「政治的トリレンマ」(民主主義、国家主権、グローバリゼーション)を同時にバランスよく追求することは不可能で、旗色の悪くなった国家主権と民主主義を守るために、グローバリゼーションをある程度制限することもやむを得ないと主張しました。 この主張を経済学の観点から見れば、いわゆる新自由主義的論理が市場と政府は対立関係にあると考えるのに対して、金融、労働、社会保障など、国家がコントロールする諸制度が補完しない限り、あるいは政府による再分配やマクロ経済管理が機能しない限り、市場はうまく回らず、秩序あるいは社会的安定も確保できないとする考え方と言えるでしょう。 政治学においても、国家の統治能力の向上なしに持続的な経済発展は望めないとの見方が有力ですし、ロドリック氏の考えは正鵠(せいこく)を射たものと思われます。 主権国家が新たな規制枠を用意

商品はカタログや自動車雑誌【クルマのある風景】1

サーキットのモータースポーツでもオフロードのクロスカントリーでもなく、日常にある自動車と向き合う人々は数多く存在する。ニッチ(すきま市場)とも、趣味の世界ともいえる、つくば、土浦のクルマのある風景をたずねた。 ノスタルヂ屋 松浦正弘さん つくば市花畑に所在する「ノスタルヂ屋」は、一見すると昔ながらのレコード店のように見える店内だが、ここで取り扱われているのは音盤ではない。ジャンル別、メーカー別、車種別に分類された、1950年代くらいから現代に至る、内外各自動車メーカーが販売した自動車、オートバイのカタログや自動車雑誌が商品、まさしく趣味の世界だ。 そんな品物に商品価値があるのかと言えば、興味のない人には古本以下だが、かつて乗ったことのあるクルマ、昔からほしかったクルマを手に入れた、そのような人々には至高の宝物がカタログなのだ。 店主の松浦正弘さん(69)は、20代の頃に東京・中野区で「ブックガレージ」という名の店を起こし、40年を超えてこの商売を続けている。自動車雑誌がオールドカーの特集を組み、特定車種のヒストリー記事をまとめる際、自動車会社にさえ現存しないカタログなら編集者は松浦さんのもとを訪ねる。

市民グループがつくば市長を追撃 《吾妻カガミ》121

【コラム・坂本栄】今年5月に市民グループから「センタービル再生事業」の進め方がおかしいと指摘された五十嵐つくば市長。今度は「1期目退職金22円」はおかしいとその政治スタンスが追及されています。センタービル問題(監査請求→住民訴訟)に続く退職金問題(監査請求)。五十嵐さんの周辺がまた騒々しくなってきました。 22円市長は624万円を賠償せよ! 市に対する新たな監査請求は、五十嵐さんが2016年の市長選挙で掲げた公約「市長特権の退職金廃止」をめぐるものです。実際は、退職金ゼロは制度上無理と分かり、議会で特例条例を通してもらい(2020年9月18日)、最少額の22円を受け取りました。市民グループ(代表=酒井泉さん)は「自分を犠牲にして市民のために尽くす市長」像を市民の間に広げることを狙った選挙戦術と批判。公職選挙法上も問題があると主張しています。 退職金問題の監査を求めて、市に出された文書(11月16日付)のポイントはいくつかあります。その内容を紹介する前に、議論になっている数字を押さえておきます。退職金受け取りに備えて市が自治体職員退職金プール組合に払い込んだ金額=624万円、規定による1期分の市長退職金=2040万円―です。 ポイント1は、市長は22円しか受け取らず、市が払い込んだ624万円はムダになったのだから、市は市長に624万円の損害賠償を求めよ―。その2は、退職金制度では2040万円もらえることになっていたのに、受け取らなかったのだから、市は退職金プール組合に払い込んだ624万円を返してもらえ―。その3は、そもそも22円条例が問題なのだから、市は同条例が違法であることを認めよ―。いずれも面白い視点です。 順番が逆になりましたが、ポイント3の違法性は、公職の候補者は寄付行為をしてはいけないとしている公選法199条3に照らして、22円退職金は市に対する寄付(金額は624万円マイナス22円)に当たるから違法だ、という主張です。監査結果はどうなるでしょう? センタービル問題の方は、コラム113「五十嵐つくば市長...

つくばの市街地にイノシシ出没

つくば市の市街地にイノシシが出没している。11月初旬から12月初めに天久保4丁目、学園の森、天王台付近で相次いで目撃された。農村部ではイノシシによる農作物被害が大きな問題になっているが、街中でイノシシが目撃されるのは同市で初めてだ。市や警察は連日パトロールを実施している。現時点で被害の報告はない。 市鳥獣対策・森林保全室によると、11月4日、松塚と古来で目撃された。その後、7日に筑波大学近くの天久保4丁目の住宅地で目撃され、20日と21日には学園の森の商業施設周辺で目撃された。11月25日から12月4日には天王台で目撃された。 大きさなどは不明だ。これまで市内各所で目撃されたイノシシが同じ個体なのか、別の個体なのかなども分かっていない。 目撃場所付近では、市と警察などが巡回を続けているほか、学園の森付近では目撃場所近くにわなを設置している。3日までにまだ捕獲されていない。 「初期段階の対策重要」