月曜日, 10月 18, 2021
ホーム つくば 付属中併設は泣きっ面にハチ 【つくば市に県立高校新設を】㊦

付属中併設は泣きっ面にハチ 【つくば市に県立高校新設を】㊦

今春、土浦一高に付属中学が併設され、高校入試の募集人数が削減された。つくば市近隣の竜ケ崎一高(2020年度から)、水海道一高、下妻一高(いずれも22年度から)などでも次々と付属中が併設され、高校入試の募集人数が削減される。

つくば市内に全日制の県立高校新設を求めて市議会に請願している市民団体「つくば市の小中学生の高校進学を考える会」代表の片岡英明さんは「県立高校の付属中設置による募集枠減少は、もともとあったつくば市の県立高校問題を新たな事態に押し上げ、つくばの子どもたちや保護者にとっては泣きっ面にハチの状況になる」と憂慮する。

土浦一高の付属中併設が発表された19年、つくば市議会は「つくば市の児童生徒数の急増に対して、土浦一高の門戸を狭くすることは、一部生徒のみならず、つくば市全体の生徒に影響を及ぼす」などとして、高校の募集規模を当面維持するよう求める意見書を知事らに提出した。意見書では「近年、つくば市から県外の私立中学への進学者も1割を超え、県外への生徒流出に拍車をかける」と懸念を表明したが、知事の耳には届かなかった。

私立に定員増

県全体の子どもの数が減少し県立高校の再編が進む中、急増するつくば市の生徒の高校進学を支えてきたのは、私立高校だ。片岡さんによると、県は以前は私立高校の定員厳守を求めていたが、これを緩め、19年からは私立の定員増を認めるようになった。19年度から20年度に増えた県内の私立高校の増加定員の合計は575人。そのうちつくば市近隣では常総学院が105人増、土浦日大が100人増、霞ケ浦が50人増、秀英とつくば国際が40人増、江戸川学園が35人増、茗渓が10人増えたという。

片岡さんは「私学の教育に魅力を感じて入学する判断は大事にしたい」としつつ、「県は、つくば市の小中学生の急増を、私学の定員増と、生徒・保護者の負担増でしのいでおり、公教育の役割とは何かを改めて考える必要がある」と指摘する。

既存校の定員増、通学の利便性増、市内に新設を

こうした状況の中、県は県内を12のエリアに分け、つくば市を含むエリア10(つくば、牛久、常総、守谷、つくばみらい)では2学級増が必要だとして、23年度からつくば工科高校を2学級(科学技術1学科、1学級標準40人)増やす。

これに対し片岡さんは、県平均の中学3年生の生徒数に対する全日制県立高校の募集定員は76.3%であることと比べると、つくば市だけで868人、エリア10全体に広げても626人不足しており、まだまだ不十分だとして、具体策を提案している。

つくば市内の県立高校は▷竹園高校の定員を2学級増やす▷23年度から2学級増となるつくば工科にさらに普通科を2学級増やす▷全日制が廃止された茎崎高校に全日制の普通科を4学級を復活させるーなどだ。

市外の近隣の県立高校に対しても▷土浦一高の募集定員を減らさず6学級のまま維持する▷伊奈高校の定員を2学級増やす▷牛久栄進高校の定員を2学級増やす、など提案する。

通学の利便性向上も提案している。▷スクールバスの運行やコミュニティバス「つくバス」の路線見直しなどにより筑波高校、守谷高校の通学利便性を高める、などだ。そして、つくば市内のつくばエクスプレス(TX)沿線に県立高校を新設することを求める。

つくば市の子どもたちや保護者が直面している県立高校問題の解決に向け、まず「市民が課題を共有し、声を上げることが大切ではないか」と片岡さんはいう。(鈴木宏子)

第1部 終わり

58 コメント

58 Comments
フィードバック
すべてのコメントを見る
名無しの市民
18 days ago

>つくばの子どもたちや保護者にとっては泣きっ面にハチの状況になる

つくばの子供たち・保護者「はぁ?勝手に代弁しないでくれる?」

名無しの市民
返信する  名無しの市民
14 days ago

中高一貫校化は義務教育学校との折り合いが謎で、国、県、市が教育をバラバラに運営してるのかなと思いました。しわ寄せは子供と親の財布に来てるので泣きっ面にハチであってるかと。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
14 days ago

いまこそ土浦日大、常総学院、つくば秀英、ですね。入学金・授業料半分減免の特待生200人制度を各校で確立してつくば市内の優秀な生徒を引きずり込んでほしい。

名無しの市民
18 days ago

つくば市議会の意見書では「近年、つくば市から県外の私立中学への進学者も1割を超え、県外への生徒流出に拍車をかける」と懸念を表明したが、知事の耳には届かなかった。

このどこが懸念なんですか?知事には届かなかったんどと勝手に判断しないで下さい、片岡先生。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
9 days ago

「県外への生徒流出を懸念する」と市議会が言っているのですか?

名無しの市民
18 days ago

県立高校を減らしまくってる県が動いてくれるとは考えにくいんですよね。
県に頼らずに市立高校っていう考えはナシなんでしょうか???
大学とか研究所とかとバンバン連携して理数特化した市立高校あったら面白いのに〜。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
17 days ago

理数特化した谷田部の高校がつくば工科じゃないの。
つくば市自体が大学とか研究所とかとバンバン連携していないのに市立高校つくってもバンバン連携とはいきませんよ。

むしろ入試定員割れの県立筑波高校にもっと手を差し伸べれば良い。吾妻中や竹園東中なら筑波高校までバス1本で行けんるんだから市が動けば一挙に生徒数が増えると思う。

目玉を何にするか。吹奏楽と野球がよいだろう。筑波東中学跡地を筑波高校専用の野球場にするアイデアはどうだ。数千万円かけてサイクル施設を造ろうとする市長のセンスには呆れ果てている。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
16 days ago

令3年5月18日一般競争入札

筑波東中学校リノベーション「設計業務」委託
予定価格 13.640.000円
落札価格 12.548.800円
落札業者 (株)のあ設計事務所
履行期間 令4年2月10日まで

名無しの市民
返信する  名無しの市民
9 days ago

市立高校を作っても生徒が集まるかが問題
千葉や埼玉の市立高校は進学校とはとてもいえない現状
戦後土浦が作った市立高校はすぐに県立に移管している

名無しの市民
返信する  名無しの市民
9 days ago

高校は進学校じゃないとダメなんですか。

名無しの市民
17 days ago

結局、2回に分けてメチャクチャな記事を書いただけでしたとさ…記者さん疲れてるのかな…

名無しの市民
返信する  名無しの市民
17 days ago

大学の授業で先生のお話を凄いスピードでノートする学生がいますがそういう子はあまり質問をしません。質問しないと良い記事は書けません。

名無しの市民
17 days ago

坂本さんは適当なこと言ってるだけでよくて楽ですね

名無しの市民
17 days ago

竹園高校の定員を増やしてレベルが下がることを嫌がる人もいるかもしれない。
1990年度入学くらいに1クラス分定員を増やした年があり、レベルのことがとやかく言われていた。

茎崎やつくば工科は入学希望者が少ないので、定員を増やしても定員割れの可能性大。

そもそも、偏差値順で入学者が輪切りになる県立高校自体が時代遅れなのかもしれない。

同じ学校の中に複数のコースがあり、入学方法も一律ではなく、偏差値も様々で、高校名で偏差値レベルを決めつけられない私立の方が時代に合っている。

県立の先生たちも、希望しない高校に配属されて辞めてしまうことも多いと聞く。そんな非効率的な県立高校自体、減らして方がいいのかもしれない。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
17 days ago

ところがつくば市議会はこの請願を全会一致で採択し県に意見書を出すこと決めた。時代に逆行するかのように。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
17 days ago

希望しない高校に配属されたくらいで辞職するなら、その程度の教師ということでしょう。 県立高校は、公務員なので絶対に数年おきに異動します。民間企業でも、希望と異なる異動くらいで辞めたりはしないでしょう。おかれた場所で咲く努力を怠っている。これをもって、非効率な県立高校だから減らしていい、とは言えないのでは。

 むしろ、県立高校を適正に配置して質を高め、価値を高めていく努力に目を向けた方が良いと思います。県立高校は、親の経済状況に関係なく公費で学ぶ機会を得られるので、大切だと思います。子どもの教育は先行投資です。学ぶ意欲がある子には、広く教育を受ける機会を与え、日本の停滞した産業が息を吹き返す契機を作るべきです。
 ただ、あまり学業の振るわない子供(半分より下くらい)は、県立でカバーする必要はないと考えます。そういう子供は、勉学するべき時期に勉学に励まなかったわけだから、そのような学びたくない者、努力しない者に公費を費やす必要はない。高校に行きたければ偏差値が低くても入れるような私立に行けばいいと思います。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
16 days ago

教育困難校に配属された新任教やベテラン教員が辞める話はよく聞きます。辞めずに病欠になる先生も多いです。進学校で病む先生の話もよく聞きます。適性を考えずに配置されているからです。
公務員だから移動は当たり前といっても、教員は生徒を育てる存在なので、生徒への被害を極力なくす努力も必要です。

それから、学力が振るわないから努力していないという考えは昭和時代の偏見で、新しい知識を身につける努力をしていない証です。
人一倍努力しても5教科が不得意な生徒は多く、努力しなくても五教科が得意な生徒もたくさんあいます。どんなに努力しても短距離が遅い子、歌や絵が下手な子、友達関係が下手な子がいるのと同じです。
なかにはLDもいますし、家庭に問題があって勉強できない子だっています。
ここ数年は、私立が生徒を選別し、定員割れの県立が学力の足りない生徒を拾うようになっています。教育無関心の家庭の子も県立に流れています。

県立高校のあり方の見直しも必要ではないでしょうか。人間のの序列化を推し進めるような同偏差値層の生徒を集める高校、というのは差別と偏見を生み出しています。みな、下の高校へ入るのを恐れてしまうのです。

それよりも、高専のような技術を身につける高校を増やす方が長い目で見れば絶対にプラスです。今でもスポーツ、音楽、英語に関しては特化した高校に進学することも可能ですが、他にも選択肢を増やして専門を分野で輝く人を育てる高校を増やすべきです。
少子化の時代にベビーブーム時代と同じ教育体制ではもったいないです。

5年前
返信する  名無しの市民
16 days ago

う〜〜ん、考えさせられる。
〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜
今の子供は、体も大きいので、勉強で結果が出なかった子は、中学卒業したら一旦就職した方がいい。
その後、必要だと思ったら、通信制の高校に行けばいいでしょう。幸い、つくば市には、それがある!

名無しの市民
返信する  5年前
16 days ago

稀勢の里が荒磯部屋を新設。現在はつくば市に部屋を構え隣接する筑波大学を仮の稽古場として利用している。2022年5月を目途に阿見町荒川本郷139-1に部屋を建設中。

身体が大きく勉強も出来る子、荒磯部屋に集まれ。高校・大学は行かなくてもよい。稀勢の里だって中卒だけど早稲田の大学院を修了している。勉強はどこでもできる。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
14 days ago

民間企業でも希望と異なる異動くらいで辞めたりはしないと思うのは間違いです。一流大学卒の3割は3年以内に転職しています。転職できるのは能力があるからです。転勤を嫌って市立の教師になる選択は決して悪いことでは無い。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
14 days ago

市立⇒私立です。間違いました。
東京の有名私立中学高校は勤続20年から30年のベテランが支えています。転勤無用です。

名無しの市民
17 days ago

現市長は市内に高校をつくるって言ってましたよね。
あれって通信制高校誘致の事だったのでしょうか?

名無しの市民
返信する  名無しの市民
17 days ago

現市長の言っていることは一市長として言っていることですのであまり深く受け止めない方がよろしいかと思います。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
16 days ago

一市民として言ったんです、と言い出しそうで少し心配している。

普通の市民
返信する  名無しの市民
14 days ago

N高が来そうだから言ってただけ。
誘致できたのは主に知事の人脈のお陰。

名無しの市民
返信する  普通の市民
14 days ago

都合の良いことは「俺の力」。都合の悪いことはスルーがデフォ。

名無しの市民
17 days ago

都内に2つ残してきた筑波大の附属高校をつくばに移転してもらうのが筋では?

名無しの市民
17 days ago

>近年、つくば市から県外の私立中学への進学者も1割を超え、

これ本当ですか???
県外ってことは、茗溪〜江戸取への進学者は含まないんですよね?

名無しの市民
17 days ago

中学での成績が竹園より少し下くらいの中間層が通える高校がない、という不安。これが問題です。
当方、つくば市内人口密集ゾーンで小学生の子を持つ親です。一般にイメージされる典型的なつくば家庭だと思います。このような一般家庭の感覚からして、泣きっ面にハチは、まさにそのとおりだと思います。
 つくば市内の通いやすい場所には、竹園高校しかありません。そのうえ、土浦一高の募集削減→竹園高校への集中の懸念で、親たちは焦って、少しでも可能性を広げようと並木中等の受検を迫られる状況。
 周囲を見ても、同じ考えの人が多数。高校が少ないせいで、本来子どもがのびのびと過ごすべき時期に、塾通いばかり。つくばの親たちは、受験で勝ってきた層なので、今から机に縛り付けなくても、大学受験で十分勝てると知っています。勝ち方を知っています。でも、焦ってこの状況です。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
17 days ago

つくばの親たちは、受験で勝ってきた層なので、大学受験で十分勝てると知っています。勝ち方を知っています。

でも、自分のこどもは竹園より少し下くらいの中間層なので
つくば市内の通いやすい場所にある竹園高校に入れないかもしれません。少しでも可能性を広げようと並木中等の受験を迫られる状況です。

竹園より少し下くらいの中間層が入れる高校を新設して下さい。早く造って下さい。焦っています。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
14 days ago

竹園より少し下くらいの中間層は塾に通って合格ラインに達するように努力して竹高に入ればよいのではないですか。

名無しの市民
17 days ago

中高一貫を除いてつくば市に進学校が竹園しかないのが、中学生を不安にさせてる一つの理由な気がするな。竹園に届かないまでも、優秀なつくばの中学生が市外に行かなきゃならないのは少し不憫な気がします。(バス代高いし、TXで土浦駅はいけないし)

名無しの市民
返信する  名無しの市民
17 days ago

まさにそうです!
問題の核はそれ。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
17 days ago

バス代高いけど土浦一高の半分はつくば市出身だそうです。バス路線がある土浦の高校に行くのは決して不憫ではありません。高校出たら二度とつくばに戻らないのですから旅立ちの練習にバスに乗って土浦に通うことは悪くはありません

名無しの市民
返信する  名無しの市民
17 days ago

つくばから土一は、遠いです。バスで40分くらいだったような…

名無しの市民
返信する  名無しの市民
14 days ago

バスを待つより自転車が一番。雨の日も自転車で3年間。高校に入ってこんなレベルの高い奴がいると実感するのも土一ならではのこと。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
10 days ago

ノーベル賞効果(つくば市政展望-149)
2021-10-03 06:33:33

10月はノーベル賞の発表がある。つくば市域からも筑波大教授であった白川先生が受賞したことがある。その続きが出ない事が残念だと思っていたら、横田彭哉氏によるとこれから期待できるという。

筑波研究学園都市に新設された中学校に学び、筑波研究学園都市から自転車で土浦一高へ進み、いま東大教授に就いている方がノーベル賞候補に挙がっている、そうである。

横田彭哉氏の期待は、その後の展開である。筑波研究学園都市へ光が当たることを願うからであろう。現状のつくば市はくすんでいるように見えるからだろう。

ttps://ameblo.jp/abe-nangyu/entry-12701544100.html

名無しの市民
返信する  名無しの市民
17 days ago

素直に都内の進学校行きなさい!

名無しの市民
返信する  名無しの市民
10 days ago

東大入学者の出身高校(2018年)

中高一貫私立   53.8%
国立         7.7%
公立中等教育学校  11.7%
その他の公立    23.6%

経済的格差の再生産システムとしての東大が完成しました。その結果、東大は霞が関を目指す人材がいなくなりました。明治以来、東大は官僚をつくることが目的でしたがその役目は終了です。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
7 days ago

現在の開成高校は定員400人の4割前後が東大に進学する。圧倒的に東大志向の強い進学校だが、野水校長は、開成中学に今年入学した男子生徒がある進学塾に載せた合格体験記を読んで驚いた。

「小学校4年生の時、ハーバード大学などの米有名大を見学したが、開成から世界に広がる道があると感じた」。男子生徒はそう志望動機を書き込んでいた。

両親は外国籍。「この数年、生徒の親御さんが中国や韓国をはじめ外国籍の保護者が増えた。しかも海外子女も多くなっている。彼らの一部の志望先は東大よりハーバード大など、世界のトップ大学を目指すようになっている」という。

名無しの市民
17 days ago

市長肝いりで偏差値55~60くらいの市立高校を研究学園とか竹園、梅園あたりの人口密集地域に2校ほど作れば問題解決と思うんだけど。スーパーサイエンスハイスクールとはいかなくても何かしら筑波大などとの連携を確約しておけば、つくばのホワイトカラー族は子供を送り込みたがると思うが。大学も出張授業程度の貢献はするだろ。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
16 days ago

学校設立と維持にかかる費用を知らない人が多過ぎて、作れ作れと簡単に言う人が多くて残念。

子どもが減って廃校になった施設が放置されているのを学校をあちこちで見ていながら、今の子どもことだけ考えて学校を作ることは難しい。

TX沿線に若い世代が急増してこれから高校生が増えてくる事態に備えるには、交通機関や定期代の見直しが先。

高校生にもなると通学に1時間費やすことは珍しいことてはない。バスの乗り継ぎなどがなくて済むような交通網を生み出すことが重要。

茨城では高校通学については常磐線沿いに住むことが1番選択肢が多いことは昔から知られていたこと。
研究学園とひたち野うしくのマンションかで迷って、通学のためにひたち野うしくを選んだ家庭も結構いる。

もし過去の知事や市長に先見の明があり、教育に深い理解があったなら、TX開通が決まって土地の値段が急騰する前に、万博記念公園駅の徒歩圏内に高等学校用地を確保していたでしょう。残念ながら、そういう人材はいなかった。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
16 days ago

土地の値段は土地の需要で決まります。土地開発のプロのURでさえ買ったものの使い道のない土地を大量に抱え最後はつくば市に髙い値段で買ってもらいました。
国立社会保障・人口問題研究所推測によると,2040年のつくば市の人口は235,590人でした。
これも大外れ。2021年で246.000にんですよ。
https://www.city.tsukuba.ibaraki.jp/dbps_data/_material_/_files/000/000/018/320/220jinkoudoukou.pdf

土地のプロも人口予測のプロも大外れですよ。
知事や市長の先見を問題とするのは恥ずかしい。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
16 days ago

48年前 筑波研究学園都市、総合起工式
46年前 学園都市用地買収99.9%達成
45年前 県議塚本育造に県が学園都市代替農地を売却し問題化/筑波大学、起工式
44年前 土浦市長箱根宏、国民宿舎水郷建設工事に絡む収賄容疑で逮捕
41年前 県つくば新都市建設事務所係員、用地買収に絡む収賄容疑で逮捕
39年前 筑波大生を多数買収した疑いで県議藤沢順一取り調べ
37年前 センタービル着工/洞峰公園プール竣工/ホテルサンルート開業/
36年前 常磐自動車道、柏ー谷田部間開通
35年前 谷田部ー千代田石岡間開通
33年前 筑波鉄道、筑波線の廃止を通告
32年前 筑波メディカル完成/土浦高架完成/科学万博開催/CREO西武・ジャスコ、ダイエー開業
31年前 谷田部町長沼尻民平収賄容疑で逮捕、町長義弟宅銃撃事件
30年前 つくば市制
29年前 県つくば事務所開設/ つくば市議会建設委員会、国内視察を名目に韓国旅行
28年前 つくば市長倉田弘宅で市長後援会長が反市長派市議を殴り逮捕
26年前 つくば市長木村操宅の門に火炎瓶、納屋全焼
25年前 知事竹内藤男、収賄容疑で逮捕

先見の明を求める方がおかしい。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
16 days ago

URが坪千円で農民から買収した土地を、前市長に5万円で売りつけた土地、運動公園建設予定地は江戸時代そのままの姿で残置され、つくば市は借金の金利に追われている。

専門病院(つくば市政展望-75)
ttps://ameblo.jp/abe-nangyu/entry-12644206602.html
前の」市長の無知に付け込んで、千円の土地を5万円で売りつけられ、その処理に当たって五十嵐立青市長は為す術もない。また、五十嵐立青市長に処理の期待をする方が間違っている。どうしてよいかわからないのだ。

先見の明も大切だが、もっと大切なことは今、目の前で起きていることを迅速に解決することです。夢を語るのはその後です。

5年前
返信する  名無しの市民
16 days ago

>>目の前で起きていることを迅速に解決すること
>>交通機関や定期代の見直しが先。
アイデアを一つ
高校を作るのには時間がかかるので、
当面は、県外に通学している高校生の交通費をつくば市が補助する。
センタービルの改修を止めれば、費用は出てくるでしょう。
これが出来れば、次の選挙で再選確実ですよ!市長頑張って下さい。

名無しの市民
返信する  5年前
16 days ago

公共交通機関に働きかけて学割をもっと安くすることは市長一人の力でできるが高校生の交通費をつくば市が補助する案は議会の判断が必要なので簡単ではない。

五十嵐さんは次の選挙に出るとは言っていない。

名無しの市民
返信する  5年前
16 days ago

令2年11月19日入札
秀峰筑波義務教育学校スクールバス運行業務委託 

植松自動車 中型8大型1台
3億6370万円
つくば交通  中型4台  
1億7282万円
常南交通   大型3台  
1億6065万円
大栄観光   中型4台      
1億6062万円

本当にお金がかかります。
6年間で総額8億7779万円
1年平均1億4630万円です。

5年前
返信する  名無しの市民
16 days ago

>>1年平均1億4630万円
併合で必要がなくなった、小中学校の校長先生と教頭先生の給料の合計ぐらいかも???

名無しの市民
返信する  名無しの市民
14 days ago

つくば市は広い。
茎崎から筑波山まで35Km。車で何分でかかる?ちなみに山手線一周は34.5Km。

つくば市の面積= 霞ヶ浦の面積 + 山手線内側の面積
283平方㌔ = 220平方㌔ + 63平方㌔

筑波町は広い、77平方㌔。山手線内側より広い。そこに住むお子達がひとつの学校に通う。学区が大きすぎる。つくば市に合併した時の大人たちはこうなることを予想しただろうか。

名無しの市民
14 days ago

つくばに来て10年、偏差値50〜55くらいの子が行く高校ないなってずっと思ってました。私立が定員増やして受け皿になってるのを改めてこの記事で確認しました。高校の新設をという声もありますが時期やコストが果たして現実的なのか。その中で今ある公立高校の編成を大きく変えるのは確かに実現しやすいですね。進学カリキュラムや教員の育成に力を入れ、今ある学校が魅力的になり選ばれるように変化することが大切だと思います

名無しの市民
返信する  名無しの市民
13 days ago

偏差値50の子なんてテキトーにほっぽっといて良いでしょ

名無しの市民
返信する  名無しの市民
13 days ago

今ある学校が魅力的になり選ばれるように変化することが大切だと思います。公立高校、公立小中学校を安易に廃校にしてはいけません。

名無しの市民
13 days ago

本当に記事の通りだと思います。
TX沿線に県立高校新設、並木中等や既存県立高校へスクールバスの充実を願います。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
13 days ago

TX沿線に県立高校新設するよりTX駅から茎崎高校や筑波高校へのバス路線確保の方が現実的です。朝2本、夕方4本お願いします。並木はバス路線豊富だし自転車でも行けるので何も手を差し伸べる必要なし。

名無しの市民
13 days ago

つくば市内をまわる並木中等のスクールバスがほしい。遠くても安心して、受検できる。

名無しの市民
12 days ago

つくば市に筑波大学附属高校の設置を求める動きもありますよ!頑張ってほしいです。

名無しの市民
10 days ago

つくば市はなまじ優秀な中学生が多いんですよね…だから平均点も非常に高く(500点中400点をこえることすら稀ですがあります)、平均だけで見たらつくば市は自らの教育政策が成功しているかの如く考えているのかもしれません。土浦一高への進学者数はつくば市がダントツですし…今年なんか1番多い学校は26人も土浦一高に進学してますから…

スポンサー

注目の記事

最近のコメント

最新記事

つくば学園都市は公立高過疎地 《吾妻カガミ》118

【コラム・坂本栄】困った数字がこのサイトで紹介されています。教育環境が自慢の学園都市には県立の全日制高校が少なく、つくばは公立高の過疎市だというのです。平均的な学力の中学生を私立よりも学費が安い公立に入れたいと思っている親にとって、つくば市は「住みにくいまち」のようです。 詳しくは「つくば市に県立高校新設を 市民団体が市議会に請願」(9月29日掲載)と「付属中併設は泣きっ面にハチ」(9月30日掲載)をご覧ください。 ▼市内の県立高に進んだ中学生は18%に過ぎず、46%が市外の県立高に、36%が市内外の私立高に行った、▼以前は6つあった全日制高が、近隣市の県立高への併合、定時制への移行、中高一貫への衣替えによって半減した、▼この20年間に減った全日制学級数は、水戸が2%、日立が21%、土浦が20%だったのに、つくばは61%も減った―などがポイントです。 つくば市は県全体の流れとは逆に住民が増えているのに、県は少子化に伴う学校・学級の整理整頓という方針の下、実におかしな対応をしています。大井川知事の経歴(経産省キャリア→IT企業役員)も影響しているのか、県はエリート教育には熱心ですが、平均的な学生を抱えた平均的な家庭の事情に鈍感ではないでしょうか。 優秀な学生を育てることには賛成です。私は、今春に中高一貫を併設した県立土浦一高の評議員を10数年やっています。その議論の中で、中高一貫を導入するよう歴代の校長に進言、現知事の1期目にやっと実現しました。競争環境を整え、突出した学生を鍛えることが日本はもちろん世界に必要と思うからです。

子どものころ 土浦の遊び ① 《夢実行人》1

【コラム・秋元昭臣】下高津小学校への通学は、「あきおみちゃん、学校へイーきましょ」の声で始まりました。今のように親が出ることもなく、田んぼや畑の中を仲間同士で登下校するのは楽しいものでした。菜の花を摘んだり、チョウチョを追いかけたり。麦の穂を友だちの袖に奥に入れてしまうイタズラはしましたが、イジメではなく遊びでした。 このころ、大人はハーモニカを吹いてましたが、子供は麦笛を吹いていました。花見は親に連れられて桜川に行き、土手に座ってたくさんの貸しボートを眺め、お弁当を食べました。これがボートとの出会いです。 エビガニの穴を掘ったり、農作業する牛を見たり、散った桜の花びらで首飾りを作ったり。毒があると知らず、学校裏のお寺に青梅を盗みに行き見つかり、廊下に立たされたり。しかし、花祭りにはお寺さんに甘茶を振る舞ってもらい、秋はイチョウの大木から落ちた実を土に埋め、冬にたき火で焼いて食べました。 夏になると、田んぼにはホタルが飛び交い、捕まえて蚊帳の中に入れて楽しみました。大人と一緒に夜の田んぼに行き、カーバイトランプを灯した「ドジョウぶち」では、眠っているドジョウを串刺にし、カーバイトの匂いと、くねるドジョウに興奮しました。エビガニ、ドジョウ、釣った魚、食用ガエルが、たんぱく源として食された時代です。 泳ぎと言ってもプールなどなく、ガキ大将に連れられ、ため池「高津池」に行き、親にばれないようにパンツを脱いで水遊びをしました。雑木林の「ターザンごっこ」では、木から木へ渡り歩き、ロープにぶら下がって遊びました。転落やケガもありましたが、今と違い、「落ちたほうがドジ」の一言。問題にはならない時代でした。

ロボッツ、ホーム初戦も B1開幕5連敗

男子プロバスケットボールBリーグ1部(B1)に昇格した茨城ロボッツは16日、今季のホーム初戦として、水戸市緑町のアダストリアみとアリーナに宇都宮ブレックスを迎えた。茨城は66-88で宇都宮に敗れ、いまだ白星なしの5連敗。 2021-22 B1リーグ戦(10月16日、アダストリアみとアリーナ)茨城ロボッツ 66-88 宇都宮ブレックス茨 城|11|15|17|23|=66宇都宮|21|22|28|17|=88 昨季準優勝の宇都宮は、B1リーグではトップ中のトップといえる強豪チーム。初昇格の茨城が挑むことで、上位とのレベル差を測る良い機会になると見られていた。結果としては大差での敗戦で、リチャード・クレスマンヘッドコーチは「自分たちの道のりはまだまだ長いと感じた。これまでの4試合もタフなゲームだったが、宇都宮は個々のプレーや、ハイレベルな守備、次々に交替できる選手層の厚さなど素晴らしいチーム。こういう相手に対し日々成長しながら前向きに戦っていきたい」と振り返った。 試合開始直後は茨城のアップテンポな攻撃が機能、平尾充庸やエリック・ジェイコブセンが3点シュートを決め、宇都宮と互角の戦いを進めていく。だが第1クオーター半ば、11-10のスコアから茨城の得点がぴたりと止まり、宇都宮に点差を広げられる展開になる。 今季新加入のエリック・ジェイコブセン(右)。この日は17得点のほか、ディフェンスリバウンドなどでも活躍した=同

「資金調達 現在進めている」改修工事費用でまちづくり会社 つくばセンタービル

つくば市が出資するまちづくり会社「つくばまちなかデザイン」(同市吾妻、内山博文社長)が18日から工事を実施すると告知しているつくばセンタービル1階アイアイモールの解体と改修工事のうち、貸しオフィスなどにするための改修工事資金について、同社が現在も、資金調達を進めている最中であることが15日分かった。 同日開催された市議会全員協議会で、まちなかデザインの小林遼平専務が「資金調達を現在進めている」と答弁した。改修工事費がいくらになるかや資金調達の見通しなどについて複数の議員から質問が出たが、小林専務は「この場ではお答えを控えさせていただきたい。細かいデータがないのでお答えできない」「金融機関と守秘義務契約を結んでいる」などと繰り返した。 同社の工事スケジュールによると、アイアイモールの解体工事を18日から12月半ばまで実施し、貸しオフィスなどに改修する工事を12月初めから来年3月末まで続けて実施するとしている。解体工事の費用については「(元の借り主の)筑波都市整備からいただく」という。 小林専務は「(18日から)解体工事に着手する。新設(改修)工事は着手してない」とし、改修工事は「資金調達ができない限り着手しない」「資金調達が決定したらつくば市と協議しながら報告したい」などと答弁した。 同社の現在の資本金は当初の想定より2900万円少ない1億2100円。一方、市は昨年12月と今年3月に市議会に示した資料で、初期投資として改修費などに約2億7300円かかるとする見通しを示している。同じ資料の事業収支見通しでは、資本金を2億万円とし7000万円を借り入れる収支計画を示している。新たな収支見通しに対する質問も出たが、小林専務の答弁はなかった。 議会や市民に説明なしに工事を拙速に進めないよう求める決議を臨時議会に提案する山中真弓市議(壇上)=同