火曜日, 9月 21, 2021
ホーム つくば 大規模事業評価スタート つくば市 陸上競技場計画で

大規模事業評価スタート つくば市 陸上競技場計画で

つくば市の第1回大規模事業評価委員会が8日市役所で開かれ、10億円以上の大規模事業について必要性や効果などを客観的に評価する大規模事業評価が、陸上競技場の整備計画を対象に始まった。

委員は、東京大学大学院・横張真教授、筑波技術大学・生田目美紀教授、高橋博之公認会計士、筑波大学・藤井さやか准教授、堀賢介弁護士、国立環境研究所・松橋啓介室長の6人。横張教授が委員長、生田目教授が副委員長を務める。任期は今年8月から来年3月末まで。

上郷高校跡地に建設予定の陸上競技場について、必要性、妥当性、優先性、有効性、経済性・効率性、地域への対応の6項目を評価する。

現地視察なども含めて計4回委員会を開催し、11月上旬から中旬に答申をまとめる。答申に基づいて、市は事業を計画通り実施するか、見直すか、撤退するか検討する。

第1回委員会では、市側が事業の必要性など6項目について、委員に説明した。

必要性については、小中学生の公式記録がとれる陸上競技場が市内になく、市PTA連絡協やスポーツ団体から長年にわたる意向がある。妥当性については、未利用地の利活用に資する。優先性については、陸上競技場整備は市民要望の高い長年の課題であるにも関わらず、実現に至ってないため、これ以上先延ばしにすることなく早急に事業に着手することが適切だなどとした。

有効性については、スポーツ推進計画など政策目標が達成され、施設運営や植栽管理など雇用創出が見込まれる。集客に加え、利用者による地域の農産物、特産品の購入や飲食店、公共交通機関の利用が見込まれる、合宿の誘致により宿泊施設の利用が見込まれるなど経済波及効果があるとした。

経済性や効率性については、維持管理費は年間8000万円程度で、民間活力を導入するなどコスト低減を図る。地域への対応については、道路沿いのほとんどが農地であるため渋滞による周辺生活環境への悪影響は少ない、民家が点在するため騒音や光害などに配慮するーなどと説明した。

需要予測は年6回、維持管理費は年8000万円

委員の一人から「需要予想が年6回だとすると他の施設を借りても問題ないことになる。もう少し需要予測が立っていた方がいい」などの意見が出た。

需要予想については、小中学校の記録会や市陸上競技選手権大会の年6回と、そのほか、トラックの内側のインフィールドで、部活動、サッカー、グランドゴルフ、敷地内の園路や多目的広場でジョギングや日常の憩いの空間として活用されると説明された。維持管理費が年8000万円程度で、年6回の開催需要の場合、1回当たりの開催経費は維持管理費分だけで1333万円になってしまう。

陸上競技場の計画概要は、400メートルトラック8レーン、インフィールドは天然芝で投てき競技に対応できるようにし、メーンスタンドは1500席、芝生スタンドは2500席、日本陸上競技連盟の4種公認(整備内容は3種相当)とする。敷地内には多目的広場やジョギングコースなどを整備する、駐車場は400~500台でバス33台分に転用可能。付帯施設としてセミナーハウスを整備する。災害時は避難場所として活用する。

事業費は22億2200万円か22億3600万円。ただしセミナーハウスの整備費、校舎や体育館の解体費、周辺道路の拡張費などは明らかにされなかった。

整備スケジュールは2022年度に基本計画、23年度に基本設計と実施設計を策定し、24~25年度に建設工事、26年度から利用開始となる。

大規模事業評価は、住民投票で白紙撤回になった市総合運動公園事業を教訓に、五十嵐立青市長が2018年9月に要綱を定めた。

一方大規模事業評価をめぐっては、つくばセンタービルのリニューアル事業は10億円を超えるのに、大規模事業評価を行わないのは違法だとして、住民訴訟が起こされている。(鈴木宏子)

58 コメント

58 Comments
フィードバック
すべてのコメントを見る
5年前
13 days ago

>>上郷高校跡地に建設予定の陸上競技場について、

議会は承認したの?

名無しの市民
13 days ago

2018年。五十嵐立青市長が何をやってもダメな年でした。

普通の市民
返信する  名無しの市民
13 days ago

翌年以降は良かったの?

名無しの市民
12 days ago

上郷高校跡も市原市政の忘れ物。
五十嵐さんはこういった後始末が下手だなあ。
病気の診断ができないので治療方針が立たない藪医者かな。

名無しの市民
12 days ago

いま小中学校の陸上記録会も縮小されている。年6回の需要すらあやしい。ましてや集客や合宿の誘致なんて、絵に描いた餅以外の何物でもない。

5年前
12 days ago

駐車場と競技場の間に、一般道路がある!
こんなの、他にあるの!

名無しの市民
返信する  5年前
12 days ago

使い道のない土地を利用するために周辺の土地を後から買い上げる。つくば市役所の昔からのパターン。土地は商品。売れれば地域が潤う。

名無しの市民
返信する  5年前
12 days ago

(1)平成23年6月22日 「上郷高校跡地問題に関する請願書」
上郷高等学校跡地問題促進協議会会長ほか3,641名の署名 請願内容・・・「文化施設又は教育機関の誘致」

(2)同年 つくば市土地利用構想策定ワーキングチームによる検討    文教施設等の情報収集・誘致活動を開始

(3)平成24年10月 つくば市が茨城県から土地・建物購入
「文教的環境を担保するとともに防災空間の確保を図る為」

(参考)用地取得費 : 約2億3千7百万円

名無しの市民
返信する  名無しの市民
12 days ago

問題は、
東日本大震災の影響で給配水設備が利用不可能。
その修理に8千万円が必要。
体育館も壊れたままで、耐震調査・耐震化費用に1億6千万円、天井・照明器具に4千万円必要。

ただでさえ交通不便な場所であることや使用目的のあてもなく購入した土地ということで、未だに未利用のままである。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
11 days ago

ただしセミナーハウスの整備費、校舎や体育館の解体費、周辺道路の拡張費などは明らかにされなかった。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
11 days ago

整備スケジュールは2022年度に基本計画、23年度に基本設計と実施設計を策定し、24~25年度に建設工事、26年度から利用開始となる。

上郷地区の請願が市原さんと五十嵐さんのお力で16年後についに実を結ぶことになりました。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
1 day ago

11年前

5年前
返信する  5年前
10 days ago

中央部を東西に横切る市道は、廃止するの?

名無しの市民
12 days ago

『小中学生の公式記録がとれる陸上競技場が市内になく』

まったくの間違いです。

筑波大学の陸上競技場で公認記録が取れます。第三種公認です。小学生、中学生も参加してます。

筑波大学では「筑波大学陸上競技会」(公認記録会)を年に6回ぐらいのペースで開いています。小学生、中学生も参加できます。会場の筑波大学の第3種公認陸上競技場は、TXつくば駅から北に 3km 弱。安全なペデ沿いにあります。そのため多くの中学生が自転車で参加できます。

筑波大学の陸上競技場は、つくばマラソンや、つくば陸上競技選手権大会で現に使われていますし、過去にもつくば健康マラソン大会などが筑波大学陸上競技場で開催されてきました。

https://tsukubathletics.com/games/

名無しの市民
返信する  名無しの市民
12 days ago

つくば市の文書だと「『市営の』陸上競技場がなく」と書いてあるみたいですね。『市営の』は絶対に省略しては駄目です。巧妙だ。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
19 hours ago

公式記録と公認記録はどう違うんですか?

名無しの市民
12 days ago

市内に公認の陸上競技場を、もう一つ作る意義は薄いと思います。公認記録大会は、公認記録の審判員を集めるなど開催の手間も馬鹿にならない。公認陸上競技場が2つあることで、それぞれの質が落ちるのなら、それはとても馬鹿馬鹿しいことです。

つくば市に必要なのは、陸上競技の練習場です。特に、つくば市は、つくばマラソン、つくば陸上競技選手権の開催で、長いこと筑波大学にお世話になっているわけですから、その代わりとして筑波大学の陸上競技選手のサポートを考えるべきではないでしょうか。

筑波大学にはオリンピック選手もいます。彼らと小中学生が同じ場所で練習する機会を作る方が、単に公認記録を取ることより、はるかに有意義なことです。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
12 days ago

つくば市は筑波大学にお世話になっているけど筑波大学はその10倍ぐらいつくば市のお世話になっています。よって、筑波大学の陸上競技選手のサポートをつくば市が考えることはありません。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
9 days ago

平成22年11月25日                          
春日プラザ(旧つくば市春日庁舎)の利用開始について
https://www.tsukuba.ac.jp/public/press/101125press_3.pdf

このたび筑波大学では、つくば市の旧春日庁舎を本学の活動の情報発信、社会貢献活動、外国人研究者、留学生及びその家族等に対する各種サービス提供の拠点として活用することとし、供用開始しましたのでお知らせいたします。

1 経緯
つくば市から新庁舎建設による施設の移転集約に伴い、平成22 年5 月から空き庁舎となる春日庁舎を駐車場等の付属施設とともに一括して本学に対し、「低料金で長期に貸付したいとの要請」を受け、その有効活用方策について検討を行ってまいりました。

つくば駅、つくばセンター地区に近い利便性を最大限活用し、本学の活動の情報発信、社会貢献活動、外国人研究者、留学生及びその家族等に対する各種サービス提供の拠点とするため、実施設計・改修工事を進めるとともに、名称を「春日プラザ」と改め、このたびの利用開始となりました。

3 具体的活用計画
4階 教育研究スペース支援、つくば連携、社会貢献活動対応機能(公開講座等)
3階 分散している大学院組織の集約
2階 病院職員用保育室機能
1階 外国人研究者・留学生支援、教育研究情報発信、大学基金拡充機能

名無しの市民
返信する  名無しの市民
8 days ago

筑波大学「春日プラザ」の空調工事

つくば市平成30年4月19日開札分
30春日庁舎空調設備改良工事
空調設備更新
・室外機 14台
・室内機 92台
工事期間平成31年3月15日まで

落札業者 富士協和工業(株)
落 札 額\88,590,000-
請負額(落札額の税込) \95,677,200-

名無しの市民
返信する  名無しの市民
8 days ago

筑波大学によるつくば市消防本部跡地利用計画事業
事業者別対話の実施結果
令和3年8月24日
http://www.hosp.tsukuba.ac.jp/pfi/shoubou/20210824_taiwa.pdf

名無しの市民
12 days ago

『小中学校の記録会や市陸上競技選手権大会の年6回』

名無しの市民
12 days ago

『小中学校の記録会や市陸上競技選手権大会の年6回』

このうちの2回は水増しです。小学生の北部大会、南部大会に公認記録は不要です。

小学生つくば市陸上記録会の1回で十分です。公認記録を取るチャンスは、市大会の他にも、県大会、ジュニアオリンピックなどの上位大会もあります。筑波大学の公認記録会もあります。

https://www.city.tsukuba.lg.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/008/218/Jikohyoka_rikujyo.pdf

【需要予測】

◇小学校の記録会
・つくば市北部陸上記録会(年1回)
・つくば市南部陸上記録会(年1回)
・つくば市陸上記録会(年1回)
◇中学校の記録会
・つくば市中学校総合体育大会(年1回)
・つくば市中学校新人戦(年1回)
◇市の記録会
・つくば市陸上競技選手権大会(年1回)

名無しの市民
12 days ago

https://zenchu.jaaf-ibaraki.com/wp/wp-content/uploads/2021/06/1-%E5%A4%A7%E4%BC%9A%E8%A6%81%E9%A0%85.pdf
令和3年度全国中学校体育大会 第48回全日本中学校陸上競技選手権大会要項

参加資格
(5)
① 都道府県で行われる第67回全日本中学校通信陸上競技大会において, … 標準記録に到達した者。
② 都道府県で行われる中学校総合体育大会(各都道府県中学校陸上競技大会)において標準記録に到達した者。

つくば市で公認記録を取っても、それを全中の参加資格として使うことは出来ません。そのため中学校の市の大会で公認記録を取る意味はありません。なぜ「つくば市の中学生だけが」公認記録が必要なのか、そこは理由が必要です。

名無しの市民
12 days ago

年6回しか開催見積を市内施設に維持費だけで年間8000万。

一日何人乗るか分からないセンター広場にいくらの維持費かけるんだろうね?

費用対効果以前にほぼ全ての市民が利用しないような施設に毎年税金が垂れ流される。高エネ脇の土地に「毎年利子が垂れ流される」と批判してる現市政執行部と支援者は、この2つの無駄な税金垂れ流しをどう言い訳するんだかね。

名無しの市民
12 days ago

https://jaaf-ibaraki.com/%e7%ab%b6%e6%8a%80%e4%bc%9a%e6%83%85%e5%a0%b1/2021-2/

県中学記録会を誘致するのなら、まだ話は分かります。茨城県中学校体育連盟 陸上競技専門部と、ちゃんと連携しているのでしょうか?

名無しの市民
返信する  名無しの市民
12 days ago

本来なら、県営の陸上競技場を県に作ってもらって、県南地区の中学記録会を開催するのが筋です。取手、守谷、つくばみらい、阿見、柏、土浦などが参加することになると思う。

1. 土浦駅前の川口運動公園陸上競技場(J:COMフィールド土浦、4種)や
2. 龍ヶ崎市陸上競技場たつのこフィールド(流通経済大学龍ケ崎フィールド、3種)

などのライバルもいます。川口運動公園は土浦駅から歩けますから、交通至便です。上郷よりも土浦駅前の方が便利なつくば市内の中学生も多い。

上郷に中学生用の陸上競技場って、需要はかなり少ない。

ある市民
返信する  名無しの市民
9 days ago

県には、別途、県南広域の運動施設を要望しています。なぜ、県、周辺市、感心ある民間などと、場所、規模、仕様を調整して、ともに作る、負担し合う発想にならないの。総合運動公園に派手に反対した経緯から、運動公園見直し案みたいなのが、政治の争点に復活するのを恐れてるの?

名無しの市民
12 days ago

『集客に加え、利用者による地域の農産物、特産品の購入や飲食店、公共交通機関の利用が見込まれる』

市内の中学生さえ滅多に利用しない陸上競技場で「集客」ですってww ちなみに参加者だけでも2万人弱のつくばマラソンは、筑波大学の陸上競技場を利用します。

『需要予想が年6回だとすると他の施設を借りても問題ないことになる』

その6回の中にも、小学生南部大会、小学生北部大会の2回の水増しが行われています。

名無しの市民
12 days ago

必要性については、まったくない。小中学生の公式記録がとれる陸上競技場が市内に既にある(筑波大学陸上競技場)
妥当性については、まったくない。未利用地の利活用に資しても妥当とはならない。
優先性については、まったくない。当面は筑波大学から借りれば済む。
有効性については、まったくない。集客は見込めない。
経済性や効率性については、論外。小中学生の大会を年に2-3回開くために維持管理費は年間8000万円程度と膨大である。

名無しの市民
12 days ago

市長のお小遣い稼ぎ

5年前
12 days ago

反対意見がたくさん出て来ました。
委員の皆さんにも読んで頂きたい。
ところで、委員の中で、スポーツを専門としている委員は、どなたなんでしょうか?

一市民
12 days ago

パブコメ、説明会でも反対意見はたくさん出ていました。成果をお急ぎなのか、センタービル同様、意見を聞く気はあまりない様子。説明会は、そもそも上郷周辺住民中心で、上郷活性化の好機と歓迎するローカルな声目立つ。

名無しの市民
返信する  一市民
12 days ago

『上郷活性化の好機』
陸上競技場を作って地域が活性化した例なんて、日本中探してもない。つくばセンター広場のエスカレータと同じ。どうして、こうなっちゃうのかなぁ。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
11 days ago

市長のせいというより市役所の体質でしょう。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
11 days ago

組織の体質はトップの責任。散々組織刷新を自慢してたんだから、問題あるなら組織のトップの問題。

名無しの市民
返信する  一市民
11 days ago

https://www.city.tsukuba.lg.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/008/218/Jikohyoka_rikujyo.pdf

「(仮称)つくば市陸上競技場整備基本構想」に関する市民説明会(4回)
つくば市における陸上競技場の目指すべき方向性、基本的な考え方をまとめた「(仮称)つくば市陸上競技場整備基本構想」について説明した。

(参加者数)
・1回目 18人
・2回目 9人
・3回目 14人
・4回目 10人
・合 計 51人

名無しの市民
返信する  名無しの市民
11 days ago

こんなに少ないと上郷活性化はできないよ。

10年前の 「上郷高校跡地問題に関する請願書」には
3,641名の署名があったのに。。。

名無しの市民
11 days ago

『小中学生の公式記録が取れるとともに、つくば市陸上競技選手権大会が開催できる陸上競技場を整備する』

公式記録って、書き間違い? 日本陸上競技連盟の言う公認記録のこと?

〇公式記録
×公認記録

(ご参考) 公認競技会
https://www.jaaf.or.jp/athlete/rule/handbook_pdf/02.pdf

名無しの市民
返信する  名無しの市民
11 days ago

〇つくば陸上競技選手権大会
×つくば市陸上競技選手権大会

〇公認記録
×公式記録

この一文を見ても、評価委員会や事務局が陸上競技には全く興味がない様子が漏れてくる。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
11 days ago

近隣の市町村だって中学総体を公認陸上競技場で開きたい。利活用を進めたいのであれば、近隣の市町村との連携が必須。当然、建設費や維持費についても相応の負担を考えるべき。

そのような努力の跡がまったく見えない。需要なんか知ったことじゃない、作ったらおしまい、閑古鳥がないても知りませーん、という無責任体質が駄々洩れしている。センター広場のエスカレータと同じ。需要予測すら立てずに突っ込む体質。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
11 days ago

上郷なら下妻市、石毛町、常総市、つくばみらい市は隣り合わせ。当然、話は持ち掛けるべき。土浦市、阿見町、守谷市や牛久市や筑西市にも可能性あり。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
11 days ago

土浦市は、なぜ石岡の陸上競技場を使うのだろう?川口運動公園の陸上競技場を整備するべきだと思う。

その場合は、つくば市がこの計画に相乗りするという方法もある。TXつくば駅周辺ならば、上郷より川口運動公園の方が近い。つくば駅 土浦駅のバスは通勤、通学に広く使われていて不陸えんしーも十分。つまり交通至便でもある。

そういうトータルな自治体連携の可能性を探ったうえでの陸上競技場建設ならば、まだ話を聞く余地はある。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
11 days ago

sekainoasitagamierumachiと上が言っても下が動かない。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
11 days ago

つくばみらい市・守谷市・牛久市→龍ヶ崎のたつのこフィールド(3種)の方が近い。

土浦市・阿見町→川口運動公園(4種)が既存

名無しの市民
返信する  名無しの市民
11 days ago

代替案:

つくばマラソン、つくば陸上競技選手権大会 -> 筑波大学陸上競技場 TXつくば駅 2700m

つくば市中学校陸上競技大会 -> 川口運動公園陸上競技場(J:com フィールド) JR土浦駅 800m

小学生の大会 -> 上郷でやっても良いけど簡素な陸上練習施設で。投擲競技対応はもちろん、第4種公認も不要。

わざわざ新しい第4種陸上競技場を上郷という不便な場所に作るのは、あまりにも不合理。必要性、妥当性、優先性、有効性、経済性・効率性、すべての面でダメ。

ニャース
11 days ago

まぁまぁ作ってもいいですよ!頑張って!

名無しの市民
11 days ago

公認記録を出す前提として公認陸上競技場で参加者を登録し、公認審判員を用意した上で公認競技会を開かなくてはならない。公認競技会の参加者は日本陸連に登録する必要がある。中学生以上なら学校を通じて登録する仕組みがあるが、小学生にはそういう制度がない。

小学生に公認記録を取らせることは例外的なことなのだ。

https://www.jaaf.or.jp/about/entry/

日本陸連としては、小学生登録は実施していません
現在(2020年度)、日本陸連としての小学生登録の区分はありません。
上記の個人・団体登録として、大人と同様に登録している場合があります。
また、各都道府県陸協で個別に設定している場合があります。(注:茨城県は設定していない)

名無しの市民
返信する  名無しの市民
11 days ago

言い方を換えれば、公認陸上競技場を作ることは公認記録を取るために必要条件であって十分条件ではない。つくば市の陸上競技場建設の目的は、せめて以下のように書き換えなくてはならない。

そこで、”目的” の添削案としては、以下のようになる。

×『小中学生の公式記録が取れるとともに、つくば市陸上競技選手権大会が開催できる陸上競技場を整備する』
〇『小中学生のための公認競技会と、つくば陸上競技選手権大会(公認競技会)が開催できる公認陸上競技場を整備する』

名無しの市民
返信する  名無しの市民
11 days ago

実際問題として、以下の大会を公認競技会にするのは、けっこうな手間です。つくば市は本当にやる気があるのだろうか?かなり疑問。公認競技場があれば公認記録は簡単に取れるとでも誤解しているのではないだろうか。つくば市の文章を見ても、陸上競技のことを知っているとは到底思えない誤記がある。

◇小学校の記録会
・つくば市北部陸上記録会(年1回)
・つくば市南部陸上記録会(年1回)
・つくば市陸上記録会(年1回)
◇中学校の記録会
・つくば市中学校総合体育大会(年1回)
・つくば市中学校新人戦(年1回)

名無しの市民
返信する  名無しの市民
11 days ago

実態としても、公認記録会は基本的には県大会レベルでしか開かれていません。小学生ならば、全国小学生交流茨城県予選会と県小学生大会。

https://ibariku.com/event/2021.html

公認競技会を「つくば市の」レベルで開くとすると、これはとても例外的なことなのです。その例外的なことを「目的」とするのは、実情を知らない人の作文としか思えない。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
11 days ago

つくば市のレベルで小中学生のための公認競技会は開く必要がない。

つくば陸上競技選手権大会(公認競技会)は、筑波大学陸上競技場を借りれば良い。投擲競技もあるので新設するのはコスパが悪すぎる。

5年前
11 days ago

小中学生の公式記録とは?

”大規模事業自己評価調書”(作成年月日令和3年7月21日)
事業名:(仮称)つくば市陸上競技場整備事業
https://www.city.tsukuba.lg.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/008/218/Jikohyoka_rikujyo.pdf
の目的欄に、次のようにある。
「小中学生の公式記録が取れるとともに、つくば市陸上競技選手権大会が 開催できる陸上競技場を整備する」ことを目的とする。

目的欄に「を目的とする。」が必要か?については、脇に置いといて、
「小中学生の公式記録」の定義については、何の説明もない!
従って、この「公式記録」が何を指すかは不明!

小中学校の先生に聞いた方が良いだろう。

名無しの市民
返信する  5年前
11 days ago

中央公園の噴水が完成したときの映像をみると燥いでいるのは五十嵐さんと吾妻中学の生徒だけでなかった。吾妻中学の校長や部活の教師も混じっていた。教師ならあの噴水に疑問を感じても良いのにと思った。

小中学校の先生に聞いても知らないことは知らない。

名無しの市民
9 days ago

つくば陸上競技選手権大会は、従来通り、筑波大学で。

小中学生のための陸上競技場は、アクセスも大事。つくば駅、研究学園駅、万博記念公園駅、みどりの駅からの徒歩圏内に作るのであれば賛成できる。常総市、つくばみらい市とは利用協定を結び共同出資に持ち込む。近隣市でのこれ以上の無駄な陸上競技場の増殖を防ぐ工夫は必要。

駅からの徒歩圏内であれば、つくばFC(サッカー関東一部リーグ)の利用も見込めるだろう。

ニャース
9 days ago

反日ですね

5年前
9 days ago

お金が掛からないアイデアを一つ

旧総合運動公園用地(つくば市大穂、約45ヘクタール)を県に寄付して、
県の施設として、陸上競技場を含む運動公園を、県に作ってもらう。

これはいいアイデアだ!お金が掛からない!自画自賛!

名無しの市民
8 days ago

有効性については、スポーツ推進計画など政策目標が達成され、施設運営や植栽管理など雇用創出が見込まれる。集客に加え、利用者による地域の農産物、特産品の購入や飲食店、公共交通機関の利用が見込まれる、合宿の誘致により宿泊施設の利用が見込まれるなど経済波及効果があるとした。

整備スケジュールは2022年度に基本計画、23年度に基本設計と実施設計を策定し、24~25年度に建設工事、26年度から利用開始となる。

事業費は22億2200万円か22億3600万円。ただしセミナーハウスの整備費、校舎や体育館の解体費、周辺道路の拡張費などは明らかにされなかった。

現地視察なども含めて計4回委員会を開催し、11月上旬から中旬に答申をまとめる。答申に基づいて、市は事業を計画通り実施するか、見直すか、撤退するか検討する。

市内の陽性確認者数

直近30日の感染者数推移

このグラフは土浦市・つくば市の過去30日の陽性確認者数を表しています。

これまでの推移(つくば市)

このグラフは初の陽性確認者が出た日から取得した最新日までの推移を表しています

これまでの推移(土浦市)

このグラフは初の陽性確認者が出た日から取得した最新日までの推移を表しています

コンピュータプログラムによる自動取得です。正確性を保証するものではありません

スポンサー

注目の記事

最近のコメント

最新記事

「合理的配慮」義務づけに民間向け助成 障害者差別解消法改正でつくば市など

今年5月に改正された障害者差別解消法の学習会が18日、市民団体「茨城に障害のある人の権利条例をつくる会」(事務局・水戸市)主催でオンライン開催された。障害者への「合理的配慮」を民間事業者にも義務づけたことを受け、参加者からは「民間事業者が合理的配慮を提供することを支援する制度がつくば市にもある。うまく活用してもらえれば」という意見が聞かれた。 市民団体がオンライン学習会 学習会には県内の障害者や支援者、県議会議員、つくば市議会議員など、約50人が参加した。内閣府障害者政策委員会の委員長である石川准さんが、障害者差別解消法の改正点や残された課題について解説した。 今回の改正では、民間事業者も「合理的配慮」を提供することが義務化された。合理的配慮とは、障害者が他の者と同等の生活を営むために必要な環境の調整である。例えば、車いすでも店に入れるように、入り口にスロープを付けたり、聴覚障害者に筆談で対応すること。2016年施行の障害者差別解消法で、行政機関等は、過重な負担でない限り、合理的配慮を提供することが義務化されたが、民間事業者は努力義務とされていた。 改正法が実際に適用されるのは「3年以内」という。自治体や事業者の準備期間が必要との理由だが、民間事業者は配慮の必要な範囲を見定め、計画的に進める対応が求められる。 合理的配慮を提供するには、スロープや筆談ボードの購入などの設備投資が必要だ。「―つくる会」では2018年に、当時から民間事業者等の合理的配慮提供にかかる費用を助成する独自制度があった兵庫県明石市の職員を呼び、内部向け学習会を行った。その後、加盟する障害者団体が各市町村に呼びかけた結果、2018年につくば市で民間事業者等への合理的配慮助成制度がつくられたのを皮切りに、現在は県内5市で同様の助成制度が実施されている。

また中止された土浦の花火を考える 《吾妻カガミ》116

【コラム・坂本栄】11月第1土曜日に予定されていた土浦全国花火競技大会が中止になりました。コロナ禍の収束が読めない今、2カ月先の催事にGOは出せないとの判断です。昨年もコロナ禍を受けて中止。2年前と3年前は事故で途中取り止め。花火好きの私にとって、中止はもちろん事故も残念です。大音量スピーカーで来観者に挨拶できない土浦市長もさぞ残念でしょう。 桟敷で観るのが正しい作法 中止に至った経緯については「無念の中止決定 土浦の花火 第90回記念大会」(9月6日掲載)をご覧ください。土浦の花火は、地域住人の秋の娯楽であるとともに、全国の花火ファンに楽しんでもらう観光事業であり、煙火会社の意匠と技術を競うコンテストでもあります。競技花火は、伊勢神宮の花火(三重県伊勢市、8月上旬)、大曲の花火(秋田県大仙市、8月下旬)もありますが、土浦大会に参加する会社が最も多く、競技花火の締め役を担っています。 大相撲や歌舞伎と同じように、私は土浦の花火を家族や知人と桟敷席で観るようにしています。日本酒とウイスキーを持ち込み、重箱に詰めた肴(さかな)をつまみながら、大音をお腹に感じ、大声で讃(さん)を送る。これが正しい作法です。 湖面にも映る霞ケ浦打ち上げ

企業経営で意識しておきたい3つの流れ 《地方創生を考える》20

【コラム・中尾隆友】これからの企業経営では、3つの大きな流れを抑えておくことが欠かせない。 1つめは、「人口減少」だ。日本のマーケットは縮小に向かうわけだから、そのことを想定してビジネスを展開しなければならない。たとえば、国や地方自治体が将来の人口推計を公表しているので、自社のビジネスにいつごろ、どのような影響が及ぶ可能性があるかをイメージしてほしい。 2つめは、「デジタル化」だ。AIによる自動化と言い換えてもいいかもしれない。図らずもコロナ禍で注目されて加速することになったが、たとえパンデミックがなかったとしても、国や企業の基本方針として着実に進展していくはずだ。 3つめは、「地球温暖化」だ。世界が脱炭素実現へギアを上げる中、企業も環境保全をはじめとする持続可能性を強く意識した経営が求められる。2030年や2050年の具体的な成果に向けて、国内外のルールや法制度も段階的に刷新されていくだろう。 危機は新ビジネスのチャンス 実は、この内容は過去数年、全国の企業経営者の前で話し続けていることだ。コロナ前でもコロナ後でも、企業経営にとって変わらない本質的な話だ。(今年は茨城県経営者協会でも講演させていただいた)

黄色のリュック型も選択可能に 土浦市 新1年生にランドセル贈呈

土浦市では、市立小学校や義務教育学校に入学する子どもたちのために、1976年から毎年、入学祝品としてランドセルを贈呈している。来年度から、従来の赤と黒のランドセルに、黄色のリュックサックタイプが加わり、3種類の中から選べるようになった。 従来の赤と黒のランドセルは人工皮革で、重さ約1キロであるのに対し、黄色のリュックサックタイプは850グラム。軽量化のニーズに応え、選択肢を増やした。 同市教育委員会学務課の担当者は「実際に背負い比べた子どもたちは軽いと言う。子どもにとって150グラムの差は大きいのではないか」と話す。 ファスナーを開いた状態のリュックサック=同 黄色のリュックサックタイプは、ポリエステル製。出し入れしやすいようにファスナーが大きく開き、教科書やノート類は、中のベルトで固定できる。 背中は汗をかいてもべたつきにくいメッシュ仕様。背負いひもにはランドセルと同様にフック(ナスカン)があり、防犯ブザーを付けることができる。