土曜日, 1月 23, 2021
ホーム つくば 1階の旧飲食店街はオフィスに つくばセンタービル改修計画 屋根は取り止め

1階の旧飲食店街はオフィスに つくばセンタービル改修計画 屋根は取り止め

【鈴木宏子】議会からも市民からも十分な説明がないと批判がある、つくばセンタービル(同市吾妻)のリニューアル計画について、4日、市議会全員協議会が開かれ、五十嵐立青市長はリニューアル計画概要を説明した。旧レストラン街の1階アイアイモールを働く場を支援するオフィスとし、現在のつくばイノベーションプラザ1~3階は新たな市民活動拠点とする配置イメージが示された。

4日議会に説明があったつくばセンタービル1階配置イメージ図

一方、センター広場にドーム型屋根をとりつける計画は取り止めになった。屋根は、市が6月にホームページで「リニューアルの方向性案」を示した時点では、雨天時にもイベントが開催できるように計画されていた、市学園地区市街地振興室によると、屋根の計画に対してはさまざまな意見が市に寄せられたことなどから「デザインに配慮し取り止めた」という。同センタービルは、2019年に建築界のノーベル賞といわれるプリツカー賞を受賞した建築家、磯崎新氏の代表作の一つで、ポストモダン建築の代表作。

取り止めになったセンター広場のドーム型屋根のイメージ図

リニューアル計画によると、もともとはレストラン街だったが現在はすべての飲食店が撤退した1階アイアイモール約2500平方メートルは、働く人を支援する場とし、コワーキングスペース、テレビ会議ブース、シェアオフィスなどを整備する。子連れ出勤のサポートなど多様な働き方を支える場とし、来年3月に市と民間企業が出資して設立する予定のエリアマネジメント会社(まちづくり会社)が運営する。

新たな市民活動拠点となる、つくばイノベーションプラザ部分の1~3階約2800平方メートルには、吾妻交流センター、市民活動センター、国際交流センター、消費生活センターを集めるほか、市役所の駅前市民窓口をつくる。各センターの事務スペースのほか、現在、吾妻交流センターにある会議室、音楽室、調理室などを整備する。さらに300平方メートルを超えるフリースペースをつくり図書コーナーを設置したり、現在1階にあるノバホールの小ホールを2階に移してさまざまな利用ができるホールに改修する。

ほかに、センター広場の周囲に、2階ペデストリアンデッキから1階の広場に行けるエスカレーターを2基つけたり、センター広場の破損箇所を改修したり、イベントが開催しやすいよう電源盤を増設などする。

事業費は市が直接工事をする部分として、新たな市民活動拠点の整備が約3億3000万円、エスカレーターの設置やセンター広場の破損箇所改修などが5億7000万円の計約9億円。設計費用約1億3300万円を合わせると計約10億3800万円になる。

市は今年6月時点で整備費を約9億9000万円としていた。屋根の取り付けがなくなったのに事業費がほぼ変わらない理由について同室は、老朽化しているセンター広場の破損箇所などを改修するためとしている。一方、オフィスとする予定のアイアイモールの改修は、新たに設置されるエリアマネジメント会社が行うという。

今後のスケジュールは、来年3月までに基本計画と基本設計を策定、2021年度に実施設計をし、22~23年に改修工事を実施する。リニューアルオープンは23年度中の予定。工事は段階的に実施するため、吾妻交流センターや市民活動センターが閉鎖されることはないという。

現在4階にある吾妻交流センターを移設した跡地の活用についてはまだ決まっておらず、区分所有権を交換するか、働く場を支援する場として活用するかなどを検討している。

一方、だれがどのように運営するかや収支計画などがいまだに公表されていないエリアマネジメント会社の概要については、今月25日までの12月議会会期中に再度、全員協議会を開いて、議会に説明するとした。

「屋根取り止め さすがだが、進め方に不安」

つくばセンタービルをテーマにドラマを制作したことがあるつくば市在住の脚本家、冠木新市さんは「屋根の計画が取り止めになったと聞いて、さすがつくば市には良心があると感じた。これで世界に対して恥ずかしくない。ただ気になるのはこれまでの進め方だが、改修について情報がきちんと出されていない。これからもこんな進め方なのか不安が残っていたが、市長は広報に力を入れると言っているので、今後はそういうことがないと期待したい」と話す。

◆リニューアル計画は、新型コロナの外出自粛要請終了後から28日まで、つくば駅前のBiviつくばイベントスペースでオープンハウスを開いて市職員が説明し市民の意見を求める。現時点で市民説明会を開催する予定はない。

➡つくばセンタービルの過去記事はこちら

➡つくば市中心市街地の過去記事はこちら

6 コメント

6 Comments
フィードバック
すべてのコメントを見る
名無しの市民
1 month ago

屋根の件は貴社の功績ですね。予算額が変わらないなら土建屋も大きな文句はないですから。落ち着くところに落ち着いた感じを受けます。

fuku
1 month ago

センタービルなんて使いづらくてまず行かないと思うんだけど。。。
税金を投入して採算取れるの?
運動公園と同じむりくり勧めて無駄な箱物作ろうとしてるようにしか見えない

やまか
1 month ago

オフィス需要ありとした根拠は何なのでしょうね。コンサル会社のレポートに乗せられてるのかなんなのか分かりませんが、クレオも4-6Fオフィスとなるようで…。三井ビル等を見てもそれほど需要があると思えず、役割分担的に賑わいを創出したかったのであれば、飲食系を呼び戻すような形の方が良かったのではないでしょうか。

名無しの市民
1 month ago

オフィス需要なんかある?

名無しの市民
1 month ago

商業施設の需要の方がないので、オフィスの方がまだ需要があるでしょう。
Q’t、MOG、BiViを埋めるだけでやっとなのに、出入りしづらく駐車場が使いづらいセンタービルでは商売は厳しいですね。
オフィスや会議室であればホテルとの連携が期待できますし、ノバホールや市民活動センターとリンクした利用も期待できます。
商業施設は民間に任せて、業務・文化施設として活用するのが住み分けとしても適切だと思います。

名無しの市民
1 month ago

駅前に民間も作ってる中これ以上オフィスを公的資金導入の意味がわからない。ましてや、スタートアップ支援は外周の、単価安いところで良いだろうし、それで利用がないのは利便性もあるけどそもそも経営モデルに難有りなんでしょ。なんで一等地におんぶにだっこの場所作るのに税金かけんのかね?

スポンサー
6
0
コメントお待ちしてますx
()
x