万博公園で事務所荒らし 現金など盗難 つくば


つくば市は7日、同市御幸が丘、科学万博記念公園管理事務所で盗難事件があり、現金計1万6560万円などが盗まれたと発表した。

市によると、発生したのは事務所管理人が帰宅した6日午後5時15分から、翌朝7日早朝までの間とみられ、事務所入り口のドアガラスが壊されていた。盗まれた現金は施設使用料収入や釣り銭で、金庫内に保管してあったが、事務所内にあった鍵を使用し金庫の鍵が開けられていた。ほかに携行缶やポリ缶、備品、個人所有物が盗まれていた。市民の個人情報が記載されているものは盗まれてないという。

公園は市の委託業者が管理していた。夜間は警備会社に警備業務を委託してなかったことから、市は再発防止策として、夜間の警備保障の導入を検討するほか、金庫はダイヤル式を導入するとしている。