「OCPを通じて見えたこと」筑波学院大の学生インタビュー、スタート


筑波学院大学の学生にOCP(オフ・キャンパス・プログラム)活動についてインタビューし、NEWSつくばのHPに掲載していく取り組みが始まった。

OCPは、つくば市を中心に県内外の活性化を目指す同大の活動で、学生が自治体、企業、NPO団体のプロジェクトに参加して、実行力やコミニケーション能力を養う取り組み。インタビューでは、学生がどのようにプロジェクトに関わり、学外の人たちとの触れ合いから何を学んだか等を自身の言葉で話してもらう。

8日、NEWSつくば事務所で行われた第1回インタビューの相手は、同学経営情報学部経営情報学科3年の津田朱音さん。NPO法人のダンスサークルの活動に参加して感じたこと、その経験が後の自分の活動にどう生きたかなどについて、橋立多美記者の質問にしっかりした口調で思いを語った。

※12月中に掲載予定。お楽しみに!

橋立記者の質問に答える津田さん(右)