意見募集!高齢ドライバーの「運転免許返納」


【NEWSつくばからお知らせ】全国で高齢ドライバーによる交通事故が後を絶たず、免許返納が話題になっています。茨城県は人口1人当たりの乗用車台数が0.68台で群馬県(0.70台)に次いで国内で2番目に多く、日々の生活における車利用の多さがうかがえます。

皆さんや、周りでは自動車の運転とどのように向き合っていますか? NEWSつくば編集部は、つくば・土浦にお住まいの皆さんに免許返納へのご意見を募集します。

あなたがしている工夫や返納の決断、失敗談などお聞かせください。(例:1人暮らしの親に免許返納を勧めたら、車を手放したら出費が多くなるからと生活費の援助を持ち出されてギクシャク。または、免許を返納して徒歩とバスで出かけるようになり、健康診断の結果が良くなったなど)。

投稿の際には、①氏名②性別③年齢④お住まいの市町村名⑤電話番号またはメールアドレス⑥投稿者の免許の有無⑦免許返納について賛成か反対か⑧自分ではどう考えるか、の8つについて記載ください。

投稿いただいた意見は、NEWSつくば、もしくはNEWSつくばツイッターで紹介させていただきます。また、免許返納に対する意識の集計を敬老の日(9月16日)に、併せてつくば・土浦エリアの高齢ドライバーの実情を取材して報告する予定です。

◆締め切りは8月31日。投稿は、NEWSつくばのメール(info@newstsukuba.jp)、もしくはNEWSつくばツイッター(@NEWS_Tsukuba)へ。