《土着通信部》9 宝飾店の看板娘が2度目の嫁入り

少女像と大谷満子さん(㊧は中央2丁目時代)

【コラム・相沢冬樹】土浦旧市内で住居表示が行われたのは1973年から74年にかけてだから、1935年に始まる祇園町の歴史は随分と短命だった。今の中央二丁目・桜橋交差点に楔(くさび)の先端を打ち込んだような街区があり、川口1丁目までの約200m区間に商店街を形成していた。「土浦銀座」とも「目抜き通り」とも称された土浦駅前通りきっての商店街だったが、まさに「祗園精舎の鐘の声…盛者必衰の理(ことわり)をあらわす」の栄枯盛衰を地で行く町名となってしまった。

その旧祇園町では、14年度から土浦市による「亀城モール整備事業」が進められている。16店舗ほどが軒を並べた楔形の街区はほぼシャッター通りと化していたが、市は約1900㎡を買収、一旦更地に戻した上、遊歩道などに再整備する。18年度中に、祇園町は名実ともに消えることになる。

計画を聞いて僕は、街角にたたずむ少女を思い出し、行き先が気になるとブログに書いた。時計・宝飾品の専門店「東京堂」の店頭を飾っていた少女のブロンズ像である。昨年末、突然姿を消したため、伝手(つて)をたどって探し出し、先般再会を果たしてみると、彼女が土浦にやってきたのは1970年代の末だと知った。すでに祇園町の時代ではなかったのだ。

2011年に亡くなった水戸市の彫刻家、小鹿尚久さんの作品で、1978年ごろの二科展に出品された。これを気にいったのが東京堂の経営者、故・桜井幸一さんと娘の満子さん(現姓・大谷)。「上野の展覧会で見て一目ぼれ。私は子供時分からの倹約家で、貯めたお金がソコソコあったので、それを元手に購入を即決した」(満子さん)という。

つくば市側から来た高架道路が土浦駅方向に大きく右カーブを切る交差点付近に、店舗があった。まだ高架道路のない時代、トラックが直進して店に突っ込みかけたことがある。

「日中、お客様が2人ほどおられてね、大きな音にびっくりした。ところがトラックはブロンズ像の右肩をかすめて止まった。それ以来、店の守り神になった」

東京堂の銘を刻む特注の御影石を台座に使っていて、その重さで進入を止めた。以来膝の上にキャベツが置かれたり、さい銭が供えられたりもした。やがて満子さんは嫁ぎ、父親は亡くなり、店は畳まれた。しかし右肩にかすかな傷あとを残す少女は、ずっと店頭で商店街の衰退する様を見届けたのである。

満子さんは今も東京堂の代表取締役を務めるが、会社の所在地は土浦・荒川沖駅近くになっている。訪ねると「つけ汁家安曇野」ののれんがかかるそば店で、少女像は店舗脇に置かれていた。満子さんの嫁ぎ先である。

「以前は300万円で売ってくれって話もあったけど今じゃ不景気で100万円の値もつかない。動かすにも重くてね、台座込みで1tもあるからクレーン車でやっと運びだした。そば屋には似合わない看板娘だけど、私がモデルだったということにしている」(ブロガー)