花いっぱいの新川に つくば国際大高生が菜の花の種まき

丁寧に菜の花の種をまくつくば国際大高の生徒たち=土浦市真鍋1丁目の新川堤

【谷島英里子】土浦市の新川堤を菜の花で彩る、つくば国際大学高校(土浦市真鍋1丁目)による「つく国新川堤と菜の花満開プロジェクト」の活動が11日、新川橋から城北橋までの左岸約400㍍で行われ、菜の花の種まきをした。

新川は両岸に約200本のソメイヨシノが植えられていることから、歴史ある桜がより一層映えればと企画された。8月には生徒や教職員、市民有志らが除草作業を行い、雑草の根や小石を取り除いた。種は保護者などからの寄付で約50㌔集まった。

種まきには生徒会や部活動に所属する生徒60人が参加。花が均一に咲くように縦に溝を作り、丁寧に種をまいた。初めての取り組みのため、花が咲いたときにまばらにならないよう、一度に全ての種はまかず、来週、再来週も行うという。

ラグビー部の3年黒木美里さん(17)は「きれいに咲いて学校や地域のいい思い出になれば」と来春の景色に期待を込めた。

同プロジェクトは県土浦土木事務所や市などの理解や協力を得て実施されている。同校は来春、桜と菜の花の開花に合わせてイベントを開催するという。