台風24号 つくば、土浦で2人軽傷 倒木、建物損壊など各地に爪痕

霞ケ浦総合公園の倒壊したポプラの大木=土浦市大岩田

9月30日から10月1日にかけて本州を縦断した台風24号により、つくば、土浦市では女性2人が軽傷を負ったほか、倒木や建物の一部損壊など、両市内各地で強風による被害が相次いだ。

つくば市では1日午前1時52分、最大瞬間風速32.7㍍、土浦市では同2時37分、28.8㍍を観測した。つくば市の最大瞬間風速は1950年からの観測史上5位、土浦市は2008年からの観測史上1位の記録となった。

つくば市では午前1時30分ごろ、同市梅園のコンビニ店で、入り口のガラス扉が強風で急に閉まり、仕事中の女性従業員(52)が胸部打撲の軽傷を負った。土浦市では午前7時15分ごろ、停電により90代女性が自宅で転倒し軽傷を負った。

土浦で建物被害41件

建物の被害は、土浦市で住宅の屋根の一部が壊れたり、倉庫や物置、カーポートの屋根が飛ばされるなどの被害が41件発生した。

倒木は、つくば市で65件、土浦市で27件発生し、つくば市高野台、国道408号では倒木により午前4時20分から6時まで片側通行止めとなった。

各地で停電が発生、つくば市では約1万5000件、土浦市では1619件が停電となった。

暴風警報や大雨土砂災害警報が発令されたのを受けて、つくば市は9月30日夕方、同市沼田に避難所を開設したが避難者は無かった。土浦市は3カ所に開設し、このうち同市新治、新治公民館に70代女性1人が避難した。

強風が大木と屋根を直撃

屋根が壊れ撤去中に電線に接触した現場=土浦市真鍋

土浦市大岩田、霞ケ浦総合公園のポプラの大木が根こそぎ倒壊した。歩道フェンスを破って隣に設置されている太陽光発電のパネルを一撃した。同公園管理事務所の大川さんによると、周辺でほかにも2本大木が倒されたとのことだ。

土浦市真鍋5丁目の2階建てビルは強風で屋根が壊れ、撤去作業中に屋根が電線に触れて一部が燃えだし、土浦市消防が出動した。この騒ぎで道路が一時通行止めとなり、近くの住民は心配そうに見つめていた。

洞峰公園内、片付け作業に追われる

つくば市二の宮、洞峰公園では、園内あちこちに折れた枝が散乱した。根元から倒れた樹木もあり、作業員が片付け作業に追われた。作業員の男性は「今回の台風は風が強くて、枝折れの被害が大きかった」と話し「ここは粘土質で根が深く張らず横に張るため、根元から倒れた木が30本ぐらいあった。枝が途中で折れる枝折れがたくさん発生し、子どもたちがよく遊ぶ場所から優先して落ちた枝を片付けている。地面に落ちないで途中で引っ掛かっている枝もあり危険なので、高所作業をして引っ掛かった取り除かなければならない。片付けるのに1週間以上掛かるのではないか」と話していた。

折れて散乱した枝を子供たちがよく遊ぶ場所から優先して片付ける作業員=つくば市二の宮、洞峰公園