蓮姿で新曲披露 れんこん大使オニツカサリーさん

新曲「Renkon」を初披露するオニツカサリーさん(中央)=土浦市城北町のホテルマロウド筑波

【谷島英里子】かすみがうら市出身でJA土浦の「れんこん大使」を務めるシンガーソングライターのオニツカサリーさんが24日、土浦市内のホテルで、JA関係者らを前に新曲「Renkon」を初めて披露した。

オニツカさんは「レンコンを作った農家の気持ちを大事に、レンコンの気持ちになって『育ててくれてありがとう』という思いを込めた。私たちも育てていただいてここにいるので、どこか共通するものがあれば」と思いを語った。

ステージには、土浦市のデザイナー高橋成典さんが蓮の花をイメージしてデザインした衣装で登場。バッグダンサーには振り付けをしたダンサーの中島真理さん、優希さんが主宰するMari Jazzdance Companyから13人が参加した。作詞作曲は、オニツカさんと作曲家の鎌田雅人さん。

オニツカさんは「レンコンを広めるテーマソングとして世界に発信したい。曲名もアルファベットにした」と話すと「Renkon」を熱唱。指をレンコンの「レ」の形にしたり、レンコンの穴を覗くポーズをするなど歌とダンスでレンコンの魅力をPRし、会場は歓声と拍手に包まれた。

オニツカサリーさん(中央)とMari Jazzdance Companyのダンサーら