【高校野球茨城’18】湖北、科技日立に延長サヨナラ 秋のリベンジ果たす

サヨナラのホームインを果たし雄叫びを上げる小野佳祐

【池田充雄】第100回全国高校野球選手権茨城大会の6日目となる13日、土浦湖北はひたちなか市民球場(同市新光町)で、科学技術学園日立との初戦に臨んだ。秋季大会で敗れた相手に対し、10-9で延長サヨナラ勝ちを収め、3回戦へ駒を進めた。

土浦湖北は守備で迎えた1回表、先発の川下颯真投手のコントロールが乱れ、1アウト満塁から3連続押し出しで早くも降板。3点のハンデを負った状態で反撃に入ることになった。こうした厳しい展開に「誰も諦めず、1点ずつ返していこうと話し合った」と大崎凌輔主将。だが相手投手の変化球を捉えきることができず、取っては取られての繰り返しで、なかなか道のりは遠い。

5回裏に3安打と相手のエラーなどで勝ち越した後も、突き放すことはできず、8回表に追い付かれ、9回表には1死一・二塁のピンチも迎える。

5回裏1死一・二塁、上野の中前適時打で同点

このときの投手は4人目の天野宮拓夢。「自分の後にはもう投げられるピッチャーはいない、自分が最後まで投げきるしかない」という思いで臨み、チームメイトにも「一人じゃない。全員で守るから」と励まされながらマウンドを守った。実は科技日立は秋の県大会の初戦で敗れた相手で、天野宮はそのときの敗戦投手でもあった。そのリベンジの気持ちも強かったという。

8回頭から登板した4人目の投手・天野宮

9回表のピンチを三塁ゴロからのダブルプレーで切り抜けると、10回裏についにチャンス到来。2死から相手の守備エラーと四球でスコアリングポジションに走者を進めると、打者はここまで2安打の八番・上野歩馬。「監督の指示通り、来た球に逆らわず、力を抜いてインパクトだけで合わせた」と、真ん中に入った初球を右中間へ運んだ。

次に迎えるのは16日の水戸葵陵戦。「また楽な試合にはならないと思う。一球一球全力で戦っていきたい」と大崎主将は意気込む。

10回裏2死一・二塁、上野が決勝の適時二塁打を放つ

第100回全国高校野球選手権茨城大会 2回戦(7月13日、ひたちなか市民球場)

科技日立 3 1 0 2 0 0 1 2 0 0 9
土浦湖北 0 1 2 1 3 0 2 0 0 1X 10

※延長10回

バッテリー
科技日立:佐藤隼、松本、佐藤大-川端
土浦湖北:川下、坪井、郡司、天野宮-上野

長打
二塁打:齊藤、上野(土浦湖北)、高橋(科技日立)