自由な表現に見応え つくば美術館で「茨城現展」

鳥獣戯画のカエルを触りながら鑑賞する来場者ら=つくば市吾妻、県つくば美術館

【鈴木萬里子】日本を代表する公募団体の一つ、現代美術家協会の県支部会員による「第34回茨城現展」(同支部主催)が、つくば市吾妻の県つくば美術館で開かれている。30人の作家による絵画、写真、工芸、立体、デザインなど、幅広い分野の作品が一堂に展示されている。

会場中央には、稲敷市在住の正野豪勇さん(75)が、上野憲示監修「鳥獣戯画の謎―国宝に隠された6つのミステリー」(別冊宝島)から起こしたカエルが11体展示されている。カエルは工具のやすりを加工して作られ、腹の中に鉄のかけらを入れてある。揺らすと音がして、カエルの声が聞こえるよう作られている。正野さんは日本中央競馬会美浦トレーニングセンターで馬に蹄鉄を打つ装蹄師(そうていし)として働いた経験から、蹄鉄や鉄製の仕事道具を使った作品を数多く発表している。独学で学んできたという正野さんは「企画展示に選ばれて今回多数の作品を出品できた。ここにある作品はどれも、手で触って鉄の感触を感じてほしい」と話した。

水彩画の佐々木量代、工芸と絵画の正野豪勇、デザインと絵画の三木ひろみ3氏による企画展示コーナーもある。佐々木さんの水彩画に見入っていた土浦市の60代の女性は「淡く、やさしい色彩だけれど、力強い迫力を感じる」と話していた。

土浦から来た70代の夫妻は「毎回見に来ている。絵だけでなく工芸品などもあって楽しめる。どれもレベルの高い作品が多い」と話した。

茨城支部は全国17ある支部の1つ。会長の佐野幸子さんは「今回の出品者は30人、出品数は150を超え見応えのある現展になった。公募展なのでたくさんの人に、自由な表現で参加してほしい」と話した。

◆会期は15日(日)まで。開館時間は午前9時30分~午後5時(最終日は午後3時まで)。問い合わせは04・7188・8621(佐野さん)

作品に見入る来場者ら=同