中国語学び友情深めよう 留学生が講師に つくば日中協会

講座で中国語を学ぶ受講生ら(不破さん提供)

【大志万容子】中国語を学びながら中国文化の理解を深め、日中の市民間の友情を深めようと、つくば日中協会(不破正宏会長)は、中国語講座を開いている。講師は筑波大学の中国人留学生5人。生きた中国事情を若い学生の目で教えてもらえるのも特徴だ。

同講座は1997年から始まり、今年で22回目。これまで延べ約1000人近くが受講してきた。学習経験に合わせ、入門、基礎、初級、中級、文化の5コースがあり、初心者から上級者までレベルと興味にあわせて学ぶことができる。

不破正宏会長は「中国語を学びながら、日本文化の故郷でもある中国文化と発展する中国への理解を深めましょう」と呼び掛ける。

つくば日中協会は、筑波研究学園都市を中心に、日中交流に興味を持つ人たちが連携し、日中の相互理解を深めることなどを目的に93年に設立。中国語講座のほか月例懇談会や料理教室を定期的に開いている。95年には「日中友好文化交流団」を結成、中国の北京市と成都市を訪問し、同年度の県国際交流奨励賞を受賞した。

受講生募集

2018年度の中国語講座の受講生を募集している。期間は4月15日~19年3月15日(全40回)。会場は、つくば市竹園交流センター(入門、基礎、中級)▽同市並木交流センター(初級)▽同市小野川交流センター(文化)。受講料は3万8000円(同協会会員は3万3000円+年会費3000円)ほか教材費などが必要。募集定員は各コース20人(7人未満のコースは開講見送り)。

申込み・問い合わせは、つくば日中協会事務局:電話・FAX:029・877・3870(不破さん)、029・853・1426(杜さん)、携帯090・3069・1086(不破さん)、090・1706・8966(杜さん)、メール:tsukuba_nittyu_staff@freeml.com