【土浦市長選】「市民の声を聞き、形にする」 初当選の安藤真理子氏が抱負

初当選を受け抱負を語る安藤真理子氏=10日、土浦市下高津の選挙事務所

【鈴木宏子】『変わらなきゃね』という声がすごくあった。私より上の年代の女性が駆け寄ってきてくれて『よく(出馬を)決断したね』と言ってくれた。組織対市民一人ひとりの闘いだった――。現職で5期目を目指した中川清氏を破って初当選した前県議の安藤真理子氏は、10日投開票が行われた土浦市長選をこう振り返った。

ふたを開けてみると中川氏に4000票以上の差を付けた。「『(中川氏の)5期は長いよね』という声がすごく多かった。『安藤さんがいい』というのでなくて『中川さんは長い』という声が多くて、告示前には勝てると思っていた。会った人全員が投票に行っていたらもっと差が付いたと思う」と打ち明け、多選批判が勝因だったと分析する。

就任後、一番にやることは「まずは財政問題に取り組み(税収を増やすため)企業誘致に動きたい」と強調する。用途地域の見直しなども視野に入れているという。

現在、予定されている市立幼稚園の廃止や保育所の民営化計画に対しては「すべてを残すということではなく、一つ、二つ残したい。障害のある子(の配慮)は、決められた(職員の)人員配置だけでは難しい」と述べる。コミュニティーバス「キララちゃん」の運行を中心市街地だけでなく市全域に拡大してほしいという市民の声に対しても「(関係当事者と)話をしているので(運行拡大は)出来る」と断言する。

市政をどう変えていくのか。「市に何度要望しても、言うことを聞いてくれないから諦めたという声を何度も聞いた。まちを歩くと、こういうことをやってよという声をたくさんいただいた。そんなにお金が掛からず、今すぐ取り掛かれることはたくさんある。市民の声を形にしていきたい。市役所職員もアイデアをもっている。上からではなく(職員の)皆さんはどう思うの?と、アイデアを引き出していきたい」

➡土浦市長選の結果はこちら