人生の「旅の途中」切り取る オダギ秀さん写真展 つくばで3日まで

見る人が思わず心象風景を重ねたくなるモチーフが並ぶオダギ秀さんの写真展

土浦市の写真家、オダギ秀さんの写真展「旅の途中」が、つくば市高野台のCafe&Galleryロダンで始まった。オダギさんが「人生という旅の途中で、目に触れたり、心に残ったりしたことをスケッチするように撮影した」という17点を展示している。

小さな頃からカメラに触れ、撮影歴は50年以上になるというオダギさん。2010年から開いている同展は13回目。日常の中で心に残ったことをスケッチするように切り取り、自身のホームページで公開してきた作品の中から、この半年内に撮影したものを中心に選んでいる。

こぢんまりとしたギャラリースペースに合わせて35×35㌢の額に統一して展示。水滴がついた網の上のクモ、いたずらっ子のような笑顔のお地蔵さま、枯れた曼珠沙華に横たわるアゲハチョウ‥見る人が心象風景を重ね、思わず語りかけたくなるモチーフが並ぶ。オダギさんが撮影した時の思いを綴った文章も添えられている。

訪れた人は、写真を先に見て回ってから文章をじっくり読んだり、写真と文章を交互に眺めたり、思い思いに鑑賞を楽しんでいた。昔からオダギさんのファンという、つくば市小田の飯塚睦子さん(78)は「写真からも文章からも、ほっとする優しい気持ちが感じられるのが素敵です」と話していた。

同展は11月3日まで。入場無料。(大志万容子)