火曜日, 9月 21, 2021
ホーム つくば 弱虫ペダルチームと協定締結 旧筑波東中の自転車拠点整備で連携 つくば市

弱虫ペダルチームと協定締結 旧筑波東中の自転車拠点整備で連携 つくば市

つくば市は6日、市内に本拠地がある自転車チーム「弱虫ペダルサイクリングチーム」と、自転車利用の推進を目指した連携協力協定を締結した。

具体的な連携事業はこれから詰めるが、今後、同チームの選手が、小中学生向けの自転車交通安全教室に講師として参加したり、市が筑波東中学校跡地に計画している自転車拠点整備について同チームからアドバイスを受けるなどするという。

人気漫画「弱虫ペダル」の作者で、同チームの渡辺航監督(50)と佐藤成彦ゼネラルマネージャー(51)が市役所を訪れ、協定書に調印した。

渡辺監督は「国内のロードレースを盛り上げようとチームを立ち上げた。弱虫ペダルを読んで自転車競技の世界に入った若者たちが、世界に羽ばたく道筋の一つになればいいと思っていた。そのときにつくば市から(連携協定の)話があった。筑波東中にサイクリング拠点ができる。子供たちが自転車に触れ、自転車っていいな、楽しいなと感じ、選手たちがもっている自転車の気づきをフィードバックしながら、どんどん活用できる方向にいければ」などと話した。

佐藤GMは「チームが発足して6年間、つくば市を拠点に活動してきた。つくば市の素晴らしい環境があって活動ができる。少しでも恩返しできれば。筑波東中を拠点にした活用は、私どもも協力できたら」とした。

五十嵐立青市長は「今年つくば市にサイクルコミュニティ推進室が発足した。自転車利活用を本格的に加速させていくタイミングにある。(自転車を)知ってもらい、盛り上げていく上でこれ以上心強いパートナーはいない」などと述べた。

市は現在、廃校となった旧筑波東中の校舎の一部にサイクリング拠点を整備するための設計を実施している。さらに弱虫ペダルチームの提案を受けて同中のグラウンドに新たに、自転車競技の一つ、BMX(バイシクルモトクロス)コースを整備する計画を立てている(6月25日付)。

28 コメント

28 Comments
フィードバック
すべてのコメントを見る
5年前
2 months ago

>>「つくば市から(連携協定の)話があった。」

ということは、サイクリング拠点の話を最初に持って行ったのは、つくば市!
その後、弱虫ペダルチームからBMXコースの提案が出た、ということですね。

そして、「筑波東中を拠点にした活用は、私どもも協力できたら」ということは、
サイクリング拠点やBMXコースの運営は市が主体となって行い、弱虫ペダルチームは協力するだけ!
ということですね。

つくば市に運営する意欲と能力を持った人材いるの?
もしかして、意欲があるのは市長だけ?
不安が大きくなった!
筑波山神社にお参りして、成功を祈ろう!

名無しの市民
2 months ago

小中学生の自転車教室もいいですが、小中学生のためには通学路の安全環境整備を図っていただきたい。7500万もあれば、結構な延長で白線の引き直しや、交差点への自発光鋲の設置、見通しの悪いところへのカーブミラーの設置等々、子どもたちのために色々なことができると思います。

そして小中学生への教育より、日常で自転車に乗る大学生や大人の自転車マナー向上、マナーの悪いロードバイクの指導などの方に力点を置いていただきたい。
大人が範を見せなければ、いくら教室でそれらしい講釈たれても、子どもたちに見透かされます。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2 months ago

つくば市の都市計画について語り合いましょう
12801 評判気になるさん 2020/10/03 08:08:44

広報つくば10月号は記念すべき600号です。その1面トップ記事は、市長公約ロードマップ2016-2020最終版です。4年間に達成した「主な成果」を、つくば市役所企画経営課が表示してくれました。

「イノシシ退治に力を入れた」、「秀峰筑波学校開校直後に通学路のりんりんロードに生徒を狙う痴漢が出没したので防犯灯を100基設置した」、「中央図書館の土日開館時間を2時間延長した」、等の具体的な取り組みがその主な成果です。

五十嵐さんが真っ暗闇の通学路を市議の案内で視察していたことを思い出しました。開校直後に痴漢の話とともに印象に残っています。ぶっそうな地域です。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
1 month ago

りんりんロードの痴漢は退治できたの?

名無しの市民
2 months ago

説明はしたの?勝手に決めた?笑
「市は現在、廃校となった旧筑波東中の校舎の一部にサイクリング拠点を整備するための設計を実施している。」

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2 months ago

サイクルコミュニティ推進室

名無しの市民
返信する  名無しの市民
1 month ago

ワークライフバランス推進室、スタートアップ推進室、オリンピック・パラリンピック推進室、組織開発推進室、公共施設マネジメント推進室、公有地利活用推進室

名無しの市民
2 months ago

つくばあるある
なんでも市民には言わずに事後報告

・屋根掛ける
・エスカレータつける
・サイクリング拠点←NEW

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2 months ago

タウンミーティングも事後報告のほうがいいかもしれない。採点が付けやすい。

普通の市民
返信する  名無しの市民
2 months ago

屋根は市議会特別委員会が提言したけど
当面は設置予定なし、ではなかったっけ?

名無しの市民
返信する  普通の市民
2 months ago

事後報告というか根回し無し報告だね。
だから高エネ脇んお使い方や屋根掛ける、エスカレーターにしろ議会に後だしで通達して反発喰らう。

4年で何も学ばなかったどころか、2期目に入ってなんか加速してるように感じる。反省するどころか開き直って独断専行するとはひどいもんだ。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2 months ago

一部の自民や生活者ネットの市議、9万票の市民の支持に支えられているんだから独断とは言えないでしょう。むしろ4年間の経験から学んで開き直ったと言うべきでしょう。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2 months ago

9万票って盛すぎ。それ投票総数だから。

そんなに市長みたいに盛ってると、誇大広告でJAROに警告されちゃうよ。

5年前
2 months ago

つくば市 スペースプロジェクト ??? 何じゃこりゃ!

5年前
返信する  5年前
2 months ago

「スペースプロジェクト」 は 会社名のようですね。
正式には ”有限会社スペースプロジェクト”

名無しの市民
返信する  5年前
2 months ago

写真では”有限会社スペースプロジェクト”とつくば市が連携協定を締結したように見えますが。

どうも五十嵐さんのやることは理解できないなあ。

名無しの市民
返信する  5年前
2 months ago

結局、”有限会社スペースプロジェクト”という会社は何ですか。まちづくり会社の出資金100万円のライト社もわからんかったけど、スペース社は五十嵐さんの知り合いですか。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2 months ago

いくら有名作品だからって、ちょっと「BMXコース欲しい!」って言ったらいつの間にやらココまで決まってるって不思議だよね?

決定プロセス不透明は駄目だと散々前市長を批判してたのに2期目はとにかくこんな感じが、オンパレードだね。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2 months ago

市議会の力量不足かな。前市長のときは市民ネットも共産もアクティブだった。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2 months ago

「トルビズオン」(本社・福岡市、増本衛社長)との付き合いも一回きり(?)
https://newstsukuba.jp/21885/20/02/

5年前
返信する  名無しの市民
2 months ago

世界のあしたが見えるまち!を創るためには、

他でやっていないことを、やることが、必要不可欠だ!

下僕の皆さんは大変だ!適切に頑張ってください。

名無しの市民
2 months ago

シェアサイクルもやります。
https://newstsukuba.jp/28072/03/12/

名無しの市民
2 months ago

中心市街地プレイスメイキング事業もやりました。
https://newstsukuba.jp/7827/03/08/

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2 months ago

「ナムチェバザール」も2年間のお付き合いでした。今年、駅前のお店をたたみました。

名無しの市民
2 months ago

スイスオリンピック協会と基本合意書を締結するため永田恭介学長や大井川和彦知事とともに五十嵐立青市長はスイスを訪問しました。3年前の4月です。スイスの事前キャンプを筑波大学で行うことが決まりました。
https://newstsukuba.jp/4706/22/03/

今年度のこれに関する市の予算額は4千万円です。
盛り上がりませんですね。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2 months ago

筑波大学のスイス事前キャンプ予算はどのくらいですか?400万円ですか?

名無しの市民
2 months ago

中心市街地の活性化と池の水質浄化を目的に、中央公園の噴水の再整備に取り組みました。整備費は約3760万円。
https://newstsukuba.jp/25952/25/08/

1年経って池の色は緑。噴水もよーく見ると緑色。曇りの日や朝晩の太陽のひかりが強くない時間に見ると噴水のトップの部分は緑の塊です。風下に立つとアオコの飛沫が襲いますのでご注意を。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2 months ago

この2週間、中央公園の池に大量の雨水が流れ込んで池の水質は大幅に浄化されたはずなのに噴水はアオコ色。梅雨明けで雨は降らない、気温は上昇となったら、池の水は何色になるのでしょうか?吾妻中学は池の水質調査やってますか?

市内の陽性確認者数

直近30日の感染者数推移

このグラフは土浦市・つくば市の過去30日の陽性確認者数を表しています。

これまでの推移(つくば市)

このグラフは初の陽性確認者が出た日から取得した最新日までの推移を表しています

これまでの推移(土浦市)

このグラフは初の陽性確認者が出た日から取得した最新日までの推移を表しています

コンピュータプログラムによる自動取得です。正確性を保証するものではありません

スポンサー

注目の記事

最近のコメント

最新記事

「合理的配慮」義務づけに民間向け助成 障害者差別解消法改正でつくば市など

今年5月に改正された障害者差別解消法の学習会が18日、市民団体「茨城に障害のある人の権利条例をつくる会」(事務局・水戸市)主催でオンライン開催された。障害者への「合理的配慮」を民間事業者にも義務づけたことを受け、参加者からは「民間事業者が合理的配慮を提供することを支援する制度がつくば市にもある。うまく活用してもらえれば」という意見が聞かれた。 市民団体がオンライン学習会 学習会には県内の障害者や支援者、県議会議員、つくば市議会議員など、約50人が参加した。内閣府障害者政策委員会の委員長である石川准さんが、障害者差別解消法の改正点や残された課題について解説した。 今回の改正では、民間事業者も「合理的配慮」を提供することが義務化された。合理的配慮とは、障害者が他の者と同等の生活を営むために必要な環境の調整である。例えば、車いすでも店に入れるように、入り口にスロープを付けたり、聴覚障害者に筆談で対応すること。2016年施行の障害者差別解消法で、行政機関等は、過重な負担でない限り、合理的配慮を提供することが義務化されたが、民間事業者は努力義務とされていた。 改正法が実際に適用されるのは「3年以内」という。自治体や事業者の準備期間が必要との理由だが、民間事業者は配慮の必要な範囲を見定め、計画的に進める対応が求められる。 合理的配慮を提供するには、スロープや筆談ボードの購入などの設備投資が必要だ。「―つくる会」では2018年に、当時から民間事業者等の合理的配慮提供にかかる費用を助成する独自制度があった兵庫県明石市の職員を呼び、内部向け学習会を行った。その後、加盟する障害者団体が各市町村に呼びかけた結果、2018年につくば市で民間事業者等への合理的配慮助成制度がつくられたのを皮切りに、現在は県内5市で同様の助成制度が実施されている。

また中止された土浦の花火を考える 《吾妻カガミ》116

【コラム・坂本栄】11月第1土曜日に予定されていた土浦全国花火競技大会が中止になりました。コロナ禍の収束が読めない今、2カ月先の催事にGOは出せないとの判断です。昨年もコロナ禍を受けて中止。2年前と3年前は事故で途中取り止め。花火好きの私にとって、中止はもちろん事故も残念です。大音量スピーカーで来観者に挨拶できない土浦市長もさぞ残念でしょう。 桟敷で観るのが正しい作法 中止に至った経緯については「無念の中止決定 土浦の花火 第90回記念大会」(9月6日掲載)をご覧ください。土浦の花火は、地域住人の秋の娯楽であるとともに、全国の花火ファンに楽しんでもらう観光事業であり、煙火会社の意匠と技術を競うコンテストでもあります。競技花火は、伊勢神宮の花火(三重県伊勢市、8月上旬)、大曲の花火(秋田県大仙市、8月下旬)もありますが、土浦大会に参加する会社が最も多く、競技花火の締め役を担っています。 大相撲や歌舞伎と同じように、私は土浦の花火を家族や知人と桟敷席で観るようにしています。日本酒とウイスキーを持ち込み、重箱に詰めた肴(さかな)をつまみながら、大音をお腹に感じ、大声で讃(さん)を送る。これが正しい作法です。 湖面にも映る霞ケ浦打ち上げ

企業経営で意識しておきたい3つの流れ 《地方創生を考える》20

【コラム・中尾隆友】これからの企業経営では、3つの大きな流れを抑えておくことが欠かせない。 1つめは、「人口減少」だ。日本のマーケットは縮小に向かうわけだから、そのことを想定してビジネスを展開しなければならない。たとえば、国や地方自治体が将来の人口推計を公表しているので、自社のビジネスにいつごろ、どのような影響が及ぶ可能性があるかをイメージしてほしい。 2つめは、「デジタル化」だ。AIによる自動化と言い換えてもいいかもしれない。図らずもコロナ禍で注目されて加速することになったが、たとえパンデミックがなかったとしても、国や企業の基本方針として着実に進展していくはずだ。 3つめは、「地球温暖化」だ。世界が脱炭素実現へギアを上げる中、企業も環境保全をはじめとする持続可能性を強く意識した経営が求められる。2030年や2050年の具体的な成果に向けて、国内外のルールや法制度も段階的に刷新されていくだろう。 危機は新ビジネスのチャンス 実は、この内容は過去数年、全国の企業経営者の前で話し続けていることだ。コロナ前でもコロナ後でも、企業経営にとって変わらない本質的な話だ。(今年は茨城県経営者協会でも講演させていただいた)

黄色のリュック型も選択可能に 土浦市 新1年生にランドセル贈呈

土浦市では、市立小学校や義務教育学校に入学する子どもたちのために、1976年から毎年、入学祝品としてランドセルを贈呈している。来年度から、従来の赤と黒のランドセルに、黄色のリュックサックタイプが加わり、3種類の中から選べるようになった。 従来の赤と黒のランドセルは人工皮革で、重さ約1キロであるのに対し、黄色のリュックサックタイプは850グラム。軽量化のニーズに応え、選択肢を増やした。 同市教育委員会学務課の担当者は「実際に背負い比べた子どもたちは軽いと言う。子どもにとって150グラムの差は大きいのではないか」と話す。 ファスナーを開いた状態のリュックサック=同 黄色のリュックサックタイプは、ポリエステル製。出し入れしやすいようにファスナーが大きく開き、教科書やノート類は、中のベルトで固定できる。 背中は汗をかいてもべたつきにくいメッシュ仕様。背負いひもにはランドセルと同様にフック(ナスカン)があり、防犯ブザーを付けることができる。