火曜日, 9月 21, 2021
ホーム スポーツ 旧筑波東中にBMXコース整備へ 自転車チーム「弱虫ペダル」提案

旧筑波東中にBMXコース整備へ 自転車チーム「弱虫ペダル」提案

つくば市は25日、同市北条、旧筑波東中学校グラウンドに新たに、自転車競技の一つ、BMX(バイシクルモトクロス)コースを整備すると発表した。

市内に活動拠点があるプロの自転車チーム「弱虫ペダルサイクリングチーム」(5月18日付)から昨年、市に提案があったのを受けて、市が来年度、約7500万円でコースを造成する方針だ。2023年に完成予定で、完成後は弱虫ペダルチームがコースを管理運営する予定だという。

BMXは、いくつもの小高い大小のこぶや、曲がり角がつくられた土のコースを、専用の自転車で300~400メートル走り抜けてタイムを競う競技。同中のグラウンド約1.17ヘクタールに全日本大会なども開催可能な最大約380メートルのコースと、子供用コースなどをつくる。さらに300台以上収容できる駐車場も整備する。

同中は秀峰筑波義務教育学校の開校に伴い2018年3月に廃校となった。跡地活用として校舎の一部を、筑波山地域ジオパークの中核拠点施設とサイクリング拠点として整備するため、今年度それぞれ約2200万円と約290万円で設計が実施されている。サイクリング拠点としては1~2階の教室の一部を改修し、自転車修理スペースやシャワー室などを整備する計画だ。

同中は、自転車道「つくば霞ケ浦りんりんロード」の沿線にある。市は、シャワー室などを備えているだけでは短時間の利用が多くなってしまうが、BMXは滞在時間が長く、食事や宿泊など地域への波及効果が期待できると強調する。

弱虫ペダルチームはロードレースなどの選手が多く、BMXの選手は現在、在籍していない。一方、BMXは子供たちが遊び感覚で楽しむことができるため、BMXをきっかけに将来、自転車競技の道に進む選手が出ることが期待されるという。

市は弱虫ペダルチームと近く連携協定を締結し、BMXコースの運営のほか、同中に整備するサイクリング拠点の運営、自転車安全教室の開催協力などを実施してもらう方針だ。

弱虫ペダルチームは人気漫画「弱虫ペダル」の作者、渡辺航さんが立ち上げたチームであることから、市は、同チームと連携することを通して、人気漫画のキャラクターなどを利用し、サイクリング拠点としての集客力向上を図りたい狙いがある。(鈴木宏子)

44 コメント

44 Comments
フィードバック
すべてのコメントを見る
名無しの市民
2 months ago

こんなの誰も求めてない。

ホント目立ちたがり屋だなぁ、市長さんは。

僻地の陸上競技場

センター広場エスカレーター

男は黒、女は赤という前時代的決めつけ箸&スプーン

有名漫画で目立ちたいだけBMX施設

どんどん不要な事に税金捨てられていく。
2期目になって明らかにその傾向に、加速してるな。

5年前
返信する  名無しの市民
2 months ago

BMXの漫画を描くためには、必要かも?

その漫画に人気が出たら、将来、筑波山にBMXの長距離コースが出来る!
そうなったら、BMXのオリンピック選手がつくば市から出る!
そして、金メダルをとる!夢はどんどん大きくなる!

市長は、「弱虫ペダル」さんに”夢を賭けた!”ということでしょうか?
予算も7500万円、市民一人あたり300円、市民が選んだ市長の裁量の範囲内か?

成功を祈る!

名無しの市民
返信する  5年前
2 months ago

人の夢に勝手に乗っかるのはきらいです。卑怯です。

例えば、筑波大学大学院の梶原悠未さんはオムニアムの世界チャンピオンです。順当に東京オリンピックの代表です。彼女にとっては金メダルは夢でもなんでもなく、現実的な目標。金メダルが取れたとして、それは彼女の才能や努力の賜物で、それだけのことです。りんりんロードでの練習は役には立っていますが、それだけのことです。

税金を使うことで、政治家がその夢に勝手に乗っかるのは絶対に違うと思う。金メダルを取ることを夢とし、政策目標にするかのようなやり方には反対です。勝手に乗っかっているからこそ森喜朗氏の「あの子は肝心なときにいつも転ぶ」みたいな暴言が出てくるわけです。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2 months ago

肝心なときにいつもbogenで転ぶ森喜朗氏は何度も起き上がった。

5年前
返信する  5年前
2 months ago

”夢”を賭けた、のではありませんね。
「弱虫ペダル」さんの(?)”夢に賭けた!”に訂正します。

名無しの市民
返信する  5年前
2 months ago

中央公園のBQ場などの整備は1500万円、市民1人あたり60円。2年でおしまいになった失敗例だけど60円だから許容の範囲か?

今年はやらないの?道具とか鉄柵とかいっぱい買い込んだのに勿体ない。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2 months ago

7500万円 プラス ALPHA

2期目になってお付き合いが強くなったんでしょうね。
明らかにmayoinakuお金を使ってます。
どんどん加速するのは自然です。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2 months ago

敬老の敬意のハシスプーンは7600万円

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2 months ago

使い道のない上郷高校跡地を陸上競技場にするにあたり周辺の農地を駐車場用地として市が購入しましたが農地が売れれば嬉しいひとはいるだろう。

5年前
返信する  名無しの市民
2 months ago

え!!!
陸上競技場を上郷高校跡地に作ることは、まだ決定していないと思っていましたが、駐車場用地をもう購入したんですか?

名無しの市民
2 months ago

「弱虫ペダルチーム」は作者(渡辺航)がオーナーであると同時に、実力も本物です。メンバーの入部正太朗は 2019年の日本チャンピオンです。あの新城幸也に競り勝って優勝した。渡辺航さんは、DAZNのジロの中継のゲストに呼ばれるほどの自転車オタクでもあります。この人なら BMX施設をきちんと運営するだろうし、実際に大人気施設にもなると思う。将来的には民営でもいけるかも?

そもそも、りんりんロード沿いの自転車施設は人気があります。休日はサイクリストでいっぱいです。例えば出島の「かすみキッチン」(かすみがうら水族館の隣)は、休日は混雑していて予約なしでは食事が出来ません。昔のこと(小学校の遠足で水族館に行ったでしょ?)を知っている人にとっては、まさに様変わりです。

立地も申し分ない。筑波東中はりんりんロードからすぐのところだし、その先は「つくば古道」の入り口です。僕も自転車で筑波山方面に行くときは、ここを良く通ります。トイレがあれば使わせてもらうかも。近くの北条大池から不動峠のヒルクライムの拠点としてもイイ。実際に、彩食工房ひるくらいむというバイクラックのあるカフェがあるぐらい。

総合運動公園とかセンター広場のエスカレータとか箸とスプーンセットは誰も欲しがりませんが、これは違います。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2 months ago

それは自転車乗りの考え。
「自転車乗りが欲しがるんだから誰も欲しがらないには該当しない」
というなら、総合運動公園だって陸上競技場だってエスカレーターだって箸スプーンだって
それぞれそれが欲しい利権者はいる。

つまり、このBMXなんていう超絶マイナーカテゴリーだって欲しがる人はいるだろうけど、上記箸スプーンよりも市内には欲しいと思う人は少ないだろうね。

もう一度言う。BMXなんて、箸・スプーンが欲しいというわずかな市民よりもさらに欲しがる人が市内には少ないと思うぞ。

リンリンロード沿いって、つくば市内のロード沿いにどれだけ施設あるんだよ。

不動峠なんて、つくば警察署の人間(交通課ね)と話したときも
「ほんと自転車に対する地元民の苦情が多くて困ってる」
だよ。捏造とか現実を受け入れられないかもしれないけど事実。

内側の人間どうしで賞賛してても外からどう見られてるか?よく考えた方がいいと思うよ。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2 months ago

宝鏡山登っていたら上からBMXがドドーと下りて来た。7、8人のグループ。怖かった。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2 months ago

それはマナー悪すぎ。というか、やっていいの?なんかの規則に違反してないの?

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2 months ago

表筑波スカイラインの不動峠を東城寺側に少し行った場所に車が2台くらい停まれるスペースがあってそこから作業用の山道が宝鏡山に続いている。徒歩15分で山頂に行ける。ひとと自転車は門の隙間から簡単に入れる。BMXは楽々と山頂に辿り着いてあとは狭い道を猪のように下るらしい。BMX版のスケボーですね。若いひとが羨ましい。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2 months ago

それは違う。経済効果がちゃんとあります。

箸とスプーンセットが欲しい人なんて、本当にいない。0です。センター広場のエスカレータも、欲しい人はいないでしょう。反対する人は大勢いるけど。

よく読んで欲しいけど、BMXだけの運営じゃなく、サイクリストの拠点の運営でもあるのです。シャワー室とか、トイレとか、駐車場とか。市内にもサイクリストはたくさんいるし、市外からもたくさん来ます。

りんりんロードを走ってみれば、すぐに分かることです。

人気施設であれば、食事とか宿泊とかで地元に落とすお金も増えます。これは、例えば陸上競技場にはほとんど期待できない効果です。人気があれば地元民からの苦情もあることでしょう。マナーの悪い人はどこにでもいるからね。でも、それはお金を落とすのと表裏一体です。

総合運動公園の用地は66億円で買ったし、陸上競技場にも100億円ぐらいは使う計画でした。

筑波東中の跡地は、ほとんどタダみたいなものです。売ったところでいくらにもならないでしょう。建物もちょっと修理すれば、シャワー室やトイレには十分です。BMXに 7500万円は、ちょっとだけ金額が大きいとは思います。ここは民営で入る料金収入から市に還元してもらう必要があります。駐車場代は取ってもいいかと思うなぁ。

5年前
返信する  名無しの市民
2 months ago

たまに見学に行きたいので、
駐車場代は、最初は無料にして欲しい。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2 months ago

そういうのを内輪の都合論っていうんだよ。

箸スプーン希望者0?どこ調べだよ。

箸スプーンやエスカレーターだって市議会で複数議員が欲しいって言ってんじゃん。どれも要らんけど。

BMX施設もサイクルベースも要らん。マイナーカテゴリーに一億近くの税金使われることに反対だね。

とりあえず筑波山周辺に居る無謀な運転してる集団がいなくなったら提案してくださいな。あんなゴミどもに税金使われると思うと腹が立つ。

名前があるけど市民
返信する  名無しの市民
2 months ago

ケーズ電気のトナリエ店が開店準備中ですね。あのスペースに市の税金で自転車屋を開くことが五十嵐さんの2年前の夢でした。

名無しの市民
返信する  名前があるけど市民
2 months ago

1期目の選挙の時の五十嵐さんのアピールにはいま見返すと笑いを誘います。

キッザニアのようなものを作って全国のこどもたちをつくばに呼び寄せます。こどもが
テーマパークで遊んでいるうちに、親が周辺の施設で買い物や食事、筑波山観光などを
楽しめるパッケージを用意することで市内全域の経済活性化へ

5年前
返信する  名無しの市民
2 months ago

衣食足りて礼節を知る

立派で綺麗なサイクルベース を用意して、
美味しい北条のコメで作った塩おにぎり を提供すれば、

今はゴミと思われる人でも成長してマナー良き人になるでしょう。

北条の美味しい米には、そんな力があるような気がします。

名無しの市民
返信する  5年前
2 months ago

北条のコメってそんなにいいですか?

5年前
返信する  名無しの市民
2 months ago

北条の農家にお邪魔したとき、
「北条の米って美味しんですよね」と、年配のお母さんに言ったら、お米を炊いておにぎりを作ってくれました!!!

非常にすっきりした味でした。

北条の米は東京のお寿司屋さんで使われている、と聞いたことがあります。納得の味でした。

名無しの市民
返信する  5年前
2 months ago

北条米は筑波山の水、小田米は霞ヶ浦の水が使われている聞いています。どちらが美味しんですか?

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2 months ago

>北条の美味しい米には、そんな力があるような気がします。

もう宗教だな。

何処の世の中に「米喰ってゴミクズのような人間が改心する」なんてこと言ってる奴いるんだよ。

そんなこと言ってるからご都合主義だって思われるんだよ。

まずは、自分達自転車乗り同志で「お前のようなゴミが居るから我々も同一視されるんだ!」と自浄努力をして結果を見せてから再度提案してくれ。

いや、ほんと地元住民として自転車乗りが居なくても困ることはないが居ることで迷惑被ってんだよね。事実として。

5年前
返信する  名無しの市民
2 months ago

相当迷惑しているようですね。

具体的な事例を、たくさん集めて、相談センターに持ち込んだらどうでしょうか。

忙しくてそんなことしている暇はない、というのであれば、
まずは地域の区長さんに相談してみてはどうでしょうか。

区長経験者より

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2 months ago

今は無きつくば北警察署になんどか通報したんだけど、その都度
「自転車は速度超過で取り締まれないし、通行区分(中央線)が無い林道なんかは、道幅に複数並んで走っても車線内なら道交法内。警察も法律的には違法とは言えないから苦情は沢山あるけど手が出せなくて困ってるんです」
と言われてしまう始末。

大半の自転車乗りだってそこに行くまでは車に乗せてくる人も沢山いるし普段車乗る人も多数いるでしょう。なのに、いざ自転車に乗ると「俺らだって通行する権利あるんだ」と譲り合いどころか弱者を逆に利用してくる始末。

本当に迷惑してるし区長に言ったところで警察が取り締まらない以上どうしようもない。

5年前
返信する  名無しの市民
2 months ago

警察はなかなか取り締まりはできないだろうな、と思ったので、警察に相談したらとは言わなかったんです。

「区長に言ったところで」とありました。
ということは、区長に相談しなかったんですね。

ここで諦めずに、事故が起きる前に、
相談センター又は区長に相談してみて下さい。

区長経験者より

名無しの市民
返信する  5年前
2 months ago

じゃあ区長経験者さんよ、相談したらその先どうなるのですか?
区長さんがどこに話を持って行ってどういう解決の可能性があるか、ぜひ一例で良いから具体的に提示してください。

「相談すればわかる」はお断りします。

英語学習ひろば 管理人
2 months ago

突然の問い合わせ失礼いたします。
英語学習ひろばというサイトの管理人を行っている、ケントというものです。今回、こちらのページを拝見し、とても良い記事だと思い、問い合わせをさせていただきました。

弊社は英語特化のサイトを運営しているのですが、サイト内の”調査記事”カテゴリでは英語に限らず様々なジャンルの調査結果を公開しており、今回こちらのページ( https://hitononayami.com/children-sports-survey/ )では弊社独自に行った、子供のスポーツに関する調査結果を掲載しております。
主に、人気な子供の習い事や親が子供に習わせたいと考えているスポーツランキングなどの調査結果を掲載しており、このようなデータを取り入れて掲載することで、御社のページの信頼度も向上するかと思い、問い合わせさせていただきました。
引用のリンクを張っていただければ、こちらの調査結果を使用していただいて問題ありませんので、是非ご検討ください。
また、弊社では普段から英語の記事をメインで作成しており、子供のスポーツに関する情報をあまり掲載していない事から、今回の弊社調査記事をリンクし紹介してくださった方の中から最も良いサイトを、今回の調査記事下部で、紹介させていただきたいと考えております。
まだまだ成長中のサイトですが、ドメインパワーはAhrefsで現在45あり、月間PVは3万以上ありますので、ご迷惑かけることはないかと思います。
ご希望の方は今回の調査記事をリンクし紹介したページURLと一緒にメッセージにてお返事いただけると助かります。
こちらは、6月30日で締め切り、最も良いサイトを今回の記事下部で紹介させていただきますので、ご検討のほどよろしくお願いします。

5年前
返信する  英語学習ひろば 管理人
2 months ago

これは、読者に失礼だ!ルール違反だろう。

名無しの市民
返信する  英語学習ひろば 管理人
2 months ago

じぶんだけ良いところ持っていくスタイル草

5年前
2 months ago

記事の冒頭に「つくば市は…を整備すると発表した。」とあります。

これは突然の発表だったのでしょうか?
議会に相談もしなかったのでしょうか?
地域の皆さんとも相談しなかったのでしょうか?

名無しの市民
返信する  5年前
2 months ago

地域住民は自転車乗りのマナーの悪さに危険な思いをしてるというのに、市長が自転車乗りだからか、有名作品の、看板背負ったチームに忖度してろに市民に説明無くしれっと既成事実化。

市民と対話するんじゃなかったの?

市民とではなく有名漫画作品とともに創る。ってか?

5年前
返信する  名無しの市民
2 months ago

BMXのコース、つまりスポーツのための施設を作る事は、悪いことではない。
BMXを楽しんでいる人が沢山いて、その人たちが市に要望し、多くの人も賛成したので、作ることになった、のであれば問題はない。

しかしながら、誰かが提案して、市長がそれは良いアイデアと思い、あまり相談する事もなく、作ると発表する!のは、いかがなものか?

このようなやり方は、王様のやり方そのもの。
市長は大きな勘違いをしている、自分は王様だ!と。

一市民
返信する  5年前
2 months ago

いつも発表の順番が組織的でなく、個人的ですよね。市民説明会は来週です。市が作ったものを、公募もなく、お友達感のある相手に管理運営させる。ボランティアではなく、利用料とらないと管理できませんよね。つくばセンタービルのまちづくり会社と同じパターンに見えます。

名無しの市民
返信する  一市民
2 months ago

五十嵐さんの2期目のスタイルです。1期目とは違います。経験ですよ、知恵ですよ。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2 months ago

お友達と、ともに作る。
お友達を、誰一人取り残さない。

五十嵐がうまいと思うのは、今の時代のSNS発信世代に信者を作っていること。それにより、見栄えの良いパフォーマンスに対してSNSでほめたたえ、あたかも少数派の意見をつくば市民全体の意見とすり替え、反対意見に対しては本人はSNSでブロックし、支援するSNSユーザーにかき消させる。

声がでかいパフォーマンス政治はもう十分だな。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2 months ago

五十嵐さんは「起承転結」を考えている。二期目は承、三期目は転、
最後の結まで考えている。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2 months ago

2期目は礁かな?1期目であれこれきれいごと起こしたけど、座礁して進むも戻るもできない状態だよね、今って。

転は県知事選かな?参院選かな?

結は・・・・結局結果出せない結末ってところかな。

名無しの市民
2 months ago

何故つくば市が整備するのだ?
整備するのはその団体だろう?
つくば市は土地を売るなり貸すなりして金を取る立場じゃないのか?

名前があるけど市民
返信する  名無しの市民
2 months ago

センチュリー方式との整合性についてつくば市はどう説明するか?竹園西広場公園も旧筑波東中学校グラウンドも市民の財産であることは同じ。

5年前
2 months ago

いきなり7500万円は、有り得ないね。
”小さく始めて、大きく育てる”という発想は、皆無のようだ。

彼は、失敗するかも?という心配を全くしていない、のだろう。
そして、これは良いアイデアだという確信に溢れている、のだろう。

でも、もしかしたら、
このアイデアを出した人たちは、大き過ぎるプランに戸惑っているかもしれない、
「これは大変なことになってしまった!」と。
この人たちが、途中で逃げないことを祈る。

弱虫ペダルチームと協定締結 旧筑波東中の自転車拠点整備で連携 つくば市
2 months ago

[…] を実施している。さらに弱虫ペダルチームの提案を受けて同中のグラウンドに新たに、自転車競技の一つ、BMX(バイシクルモトクロス)コースを整備する計画を立てている(6月25日付)。 […]

市内の陽性確認者数

直近30日の感染者数推移

このグラフは土浦市・つくば市の過去30日の陽性確認者数を表しています。

これまでの推移(つくば市)

このグラフは初の陽性確認者が出た日から取得した最新日までの推移を表しています

これまでの推移(土浦市)

このグラフは初の陽性確認者が出た日から取得した最新日までの推移を表しています

コンピュータプログラムによる自動取得です。正確性を保証するものではありません

スポンサー

注目の記事

最近のコメント

最新記事

「合理的配慮」義務づけに民間向け助成 障害者差別解消法改正でつくば市など

今年5月に改正された障害者差別解消法の学習会が18日、市民団体「茨城に障害のある人の権利条例をつくる会」(事務局・水戸市)主催でオンライン開催された。障害者への「合理的配慮」を民間事業者にも義務づけたことを受け、参加者からは「民間事業者が合理的配慮を提供することを支援する制度がつくば市にもある。うまく活用してもらえれば」という意見が聞かれた。 市民団体がオンライン学習会 学習会には県内の障害者や支援者、県議会議員、つくば市議会議員など、約50人が参加した。内閣府障害者政策委員会の委員長である石川准さんが、障害者差別解消法の改正点や残された課題について解説した。 今回の改正では、民間事業者も「合理的配慮」を提供することが義務化された。合理的配慮とは、障害者が他の者と同等の生活を営むために必要な環境の調整である。例えば、車いすでも店に入れるように、入り口にスロープを付けたり、聴覚障害者に筆談で対応すること。2016年施行の障害者差別解消法で、行政機関等は、過重な負担でない限り、合理的配慮を提供することが義務化されたが、民間事業者は努力義務とされていた。 改正法が実際に適用されるのは「3年以内」という。自治体や事業者の準備期間が必要との理由だが、民間事業者は配慮の必要な範囲を見定め、計画的に進める対応が求められる。 合理的配慮を提供するには、スロープや筆談ボードの購入などの設備投資が必要だ。「―つくる会」では2018年に、当時から民間事業者等の合理的配慮提供にかかる費用を助成する独自制度があった兵庫県明石市の職員を呼び、内部向け学習会を行った。その後、加盟する障害者団体が各市町村に呼びかけた結果、2018年につくば市で民間事業者等への合理的配慮助成制度がつくられたのを皮切りに、現在は県内5市で同様の助成制度が実施されている。

また中止された土浦の花火を考える 《吾妻カガミ》116

【コラム・坂本栄】11月第1土曜日に予定されていた土浦全国花火競技大会が中止になりました。コロナ禍の収束が読めない今、2カ月先の催事にGOは出せないとの判断です。昨年もコロナ禍を受けて中止。2年前と3年前は事故で途中取り止め。花火好きの私にとって、中止はもちろん事故も残念です。大音量スピーカーで来観者に挨拶できない土浦市長もさぞ残念でしょう。 桟敷で観るのが正しい作法 中止に至った経緯については「無念の中止決定 土浦の花火 第90回記念大会」(9月6日掲載)をご覧ください。土浦の花火は、地域住人の秋の娯楽であるとともに、全国の花火ファンに楽しんでもらう観光事業であり、煙火会社の意匠と技術を競うコンテストでもあります。競技花火は、伊勢神宮の花火(三重県伊勢市、8月上旬)、大曲の花火(秋田県大仙市、8月下旬)もありますが、土浦大会に参加する会社が最も多く、競技花火の締め役を担っています。 大相撲や歌舞伎と同じように、私は土浦の花火を家族や知人と桟敷席で観るようにしています。日本酒とウイスキーを持ち込み、重箱に詰めた肴(さかな)をつまみながら、大音をお腹に感じ、大声で讃(さん)を送る。これが正しい作法です。 湖面にも映る霞ケ浦打ち上げ

企業経営で意識しておきたい3つの流れ 《地方創生を考える》20

【コラム・中尾隆友】これからの企業経営では、3つの大きな流れを抑えておくことが欠かせない。 1つめは、「人口減少」だ。日本のマーケットは縮小に向かうわけだから、そのことを想定してビジネスを展開しなければならない。たとえば、国や地方自治体が将来の人口推計を公表しているので、自社のビジネスにいつごろ、どのような影響が及ぶ可能性があるかをイメージしてほしい。 2つめは、「デジタル化」だ。AIによる自動化と言い換えてもいいかもしれない。図らずもコロナ禍で注目されて加速することになったが、たとえパンデミックがなかったとしても、国や企業の基本方針として着実に進展していくはずだ。 3つめは、「地球温暖化」だ。世界が脱炭素実現へギアを上げる中、企業も環境保全をはじめとする持続可能性を強く意識した経営が求められる。2030年や2050年の具体的な成果に向けて、国内外のルールや法制度も段階的に刷新されていくだろう。 危機は新ビジネスのチャンス 実は、この内容は過去数年、全国の企業経営者の前で話し続けていることだ。コロナ前でもコロナ後でも、企業経営にとって変わらない本質的な話だ。(今年は茨城県経営者協会でも講演させていただいた)

黄色のリュック型も選択可能に 土浦市 新1年生にランドセル贈呈

土浦市では、市立小学校や義務教育学校に入学する子どもたちのために、1976年から毎年、入学祝品としてランドセルを贈呈している。来年度から、従来の赤と黒のランドセルに、黄色のリュックサックタイプが加わり、3種類の中から選べるようになった。 従来の赤と黒のランドセルは人工皮革で、重さ約1キロであるのに対し、黄色のリュックサックタイプは850グラム。軽量化のニーズに応え、選択肢を増やした。 同市教育委員会学務課の担当者は「実際に背負い比べた子どもたちは軽いと言う。子どもにとって150グラムの差は大きいのではないか」と話す。 ファスナーを開いた状態のリュックサック=同 黄色のリュックサックタイプは、ポリエステル製。出し入れしやすいようにファスナーが大きく開き、教科書やノート類は、中のベルトで固定できる。 背中は汗をかいてもべたつきにくいメッシュ仕様。背負いひもにはランドセルと同様にフック(ナスカン)があり、防犯ブザーを付けることができる。