火曜日, 9月 21, 2021
ホーム つくば エスカレーターは必要か 27日に緊急討論会 つくばセンタービル改修で市民団体

エスカレーターは必要か 27日に緊急討論会 つくばセンタービル改修で市民団体

つくば市が進める、つくばセンタービル(同市吾妻)のリニューアル計画に対し、文化財としての価値を知った上で改修の是非を改めて考えてほしいと、市民団体「つくばセンター研究会」(共同代表・冠木新市さんなど)が27日、同センタービル内で「緊急討論 つくばセンター広場にエスカレーターは必要か」と題した講演とシンポジウムを開く。

筑波大学の鵜沢隆名誉教授が、プリツカー賞を受賞した磯崎新さん設計のつくばセンタービルの価値について、なぜポストモダンの代表作だと世界的に評価されているのかなどを建築の観点から講演する。さらに活性化についても提案する。

続いて筑波大芸術系の加藤研助教、神奈川大学建築学科の六角美瑠教授らが加わってシンポジウムを開き、参加者と意見交換しながら、エスカレーター設置など市のリニューアル計画について討論する。

研究会は今月1日「市が進めようとしているつくばセンタービルのリニューアル計画は、文化財としての価値を失わせることになる」などとして、五十嵐立青市長と小久保貴史市議会議長宛てにそれぞれ、センター広場へのエスカレーター2基の設置計画を見直すよう求める要望書を出した(6月1日付)。

27日の緊急討論会は要望書提出に続く取り組みとなる。

共同代表の冠木さん(69)は「つくば市は中心市街地を活性化するためにつくばセンタービルをリニューアルすると言っているが、活性化してないのは、センタービルの建物や設備のせいではなく、ソフトの問題だ。市のリニューアル計画に反対の人も、賛成の人も、センタービルの文化財としての価値を知ってほしい。それでもエスカレーターを付けるのか、市やまちづくり会社の関係者にも討論に参加していただきたい」と話す。

同じく共同代表の三浦一憲さん(68)は「つくばセンタービルで音楽活動をやってきた。最初は屋根を掛けることや改造に賛成だったが、文化財としての価値を知って、これだけの建築物をそんなに簡単にいじってはいけない、文化財として大切にしていかなくてはいけないと立ち位置が変わった。立ち止まることも大切。いろいろな人に講演を聞いてほしい」と参加を呼び掛ける。

つくばセンター広場にエスカレーターを設置したり、1階を改修して市民活動拠点をつくるなどのリニューアル計画について、市は7月にも実施設計を発注する予定だ。一方、1階アイアイモールを貸しオフィスに改修する計画は、市が出資する第3セクターのまちづくり会社「つくばまちなかデザイン」などが、9月にも改修工事に着手する計画だ。

◆講演&シンポジウム「緊急討論 つくばセンター広場にエスカレーターは必要か」は27日午後1時30分から、つくばセンタービル内のつくばイノベーションプラザ大会議室で開催される。入場無料。コロナ禍のため定員50人。参加希望者は事前申し込みが必要。メール(tsukuba.center.studygroup@gmail.com)または電話(090-5579-5726=冠木さん)で申し込む。詳しくは同会ホームページ

41 コメント

41 Comments
フィードバック
すべてのコメントを見る
あるけど1号
3 months ago

時間があったら、

黒と赤の箸とスプーンは必要か?

についても意見交換して頂きたい。

以上です。

名無しの市民
3 months ago

ここで「必要ない」という議論をしたところで何か市役所に影響力を発揮できるんでしょうか?せめて市議会議員の1人か市役所幹部でも呼べれば少しは期待も持てるのですが。

市長、市議会議員に招待状を出しましょう
返信する  名無しの市民
3 months ago

市長、市議会議員の全員にシンポジウムへの招待状を出しましょう。

名前があるけど市民

五十嵐さんはヤメましょうや。芸術がわかるひとやない。例えば、

URのつくば支社の建物をつくばの顔だと発言している。
https://www.city.tsukuba.lg.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/002/664/No242.pdf

名無しの市民
返信する  名前があるけど市民
2 months ago

五十嵐さんより前の市長さんたち、芸術が分かる人なんていましたかねえ…
若くてコミュニケーションに積極的な五十嵐さんが今まででいちばん良いと思う!

名前があるけど市民

都市の概成から37年が経過し,貴機構と市,市民などが協力し,景観を維持発展させてきたことから,研究学園地区の景観はつくば市の代表的な景観を創出するとともに,つくば市民の財産となっております。つくば市としましては,それらの財産を次の世代に守り伝えていくことが必要であると考えております。

あるけど1号
返信する  名前があるけど市民
3 months ago

この文章は、つくば市長からの要請文の一部だと思います。

立派な文章のように最初感じました。
しかしながら、
よく読んでみると、日本語として違和感がたくさんある文章だと思います。

例を一つあげます。
最後の部分にある「それらの財産」は、つくば市の財産を指すようですが、
つくば市がつくば市自身の財産を”それらの財産”と言うでしょうか?
普通、”これらの財産”と言いませんか?

以上です。

名無しの市民
返信する  あるけど1号
3 months ago

それら、と表現することで自分の財産じゃない感じになっちゃってますね。景観なんか大事にしているわけじゃないという本心が漏れ出ちゃっているのでしょう。

以下のように書き直してみた。「研究学園地区」を「センター広場」に置き換えて、特大のブーメランを五十嵐市長に投げ返したい。

1980年につくば市がほぼ完成してから37年が経過しました。この歴史の中で研究学園地区はつくば市を代表する都心の美しい景観を形成しています。この景観は市民の方々の理解と協力のもとURとつくば市が協力して維持発展させてきたもので、つくば市民の貴重な財産となっています。つくば市としてはこの景観を次の世代に守り伝えていくことが必要と考えます。

あるけど1号
返信する  名無しの市民
3 months ago

素晴らしい日本語だ!

名前があるけど市民
返信する  あるけど1号
3 months ago

五十嵐さんの文章に特徴があり。
(つくば中心市街地まちづくりヴィジョンの冊子より抜粋)

必ずしも一つの正解が存在しない中で、こうした課題や今後待ち受ける予測しがたい変化にも柔軟に順応できる持続可能なまちを創っていくためには、何よりも先ず、”こんなまちにしたい”という未来志向のイメージを市民の皆さんと一緒に描き、共有していくことが大切であると強く感じています。

名無しの市民
返信する  名前があるけど市民
3 months ago

こんな長ったらしい文章では政治家失格。誰もついてこない。政治家なら短い文章だ。まとめれば「ともにつくろう」だろ。

名無しの市民
返信する  名前があるけど市民
2 months ago

”コピー&ペースト文章”

名前があるけど市民
返信する  あるけど1号
3 months ago

お住まいの皆さんはもとより、通勤・通学されている皆さん、企業・団体の皆さんなど中心市街地に関わるすべての方々がまちづくりの主役です。このヴィジョンを契機に、まちづくりの方向性や大切にしていく価値観を深く共有しながら、中心市街地のまちづくりに連携・協働して取り組んでいただけることを心から願っています。

 市では現在、このヴィジョンを実現していくための具体的な戦略づくりを進めています。多様な主体とのパートナーシップのもとで、世界に課題解決の道筋を示せるような「世界のあしたが見えるまち」の実現に全力で取り組んでいきます。つくばの次のステージをつくるまちづくりを皆さんと一緒にできることを楽し
みにしています。

平成30年7月 
つくば市長 五十嵐立青

あるけど1号
返信する  名前があるけど市民
3 months ago

これも素晴らしい日本語だ!

只、残念なことに、
具体的な内容が何もない!

「未来志向のイメージを市民の皆さんと一緒に描き、」
「つくばの次のステージをつくるまちづくりを皆さんと一緒にできる」

具体的にどうやるの?
案件ごとに、住民説明会でもするの?
エスカレーターの件については、住民説明会しないの?

名無しの市民
返信する  あるけど1号
2 months ago

重箱の隅をつつくとはこのこと。じゃあどう言えばいいかいってごらん。同じようにしょうもない文句つけてあげるから。

名無しの市民
返信する  名前があるけど市民
3 months ago

こんな無理な要請をしてまで都市景観を大事にする市長が、エスカレータを作るわけだ。矛盾もいいとこ。この場合の景観維持は、何か裏の目的を隠すためのこじつけなんでしょうね。

建築物は,原則既存建築物 (現 UR庁舎)を 活用 してください。
  ⇒ UR庁舎は2階建てだったよね?土地利用の効率から既存活用は無理筋なことは、誰の目にも明らか。センタービルのような象徴的な建物でもない。

既存建築物を除去 し、新たに建築する場合は、次の誘導事項を遵守 してください。商業・業務系の利用を原則 としてください。
  ⇒ 商業・業務系の利用を原則という条件は、景観と関係ない。なぜ、この条件があるのか。

実際にはUR庁舎の跡地は19階建てのマンション(レーベンつくばコアリス)です。要するにこの計画に反対するために、景観維持とかいう口実を持ち出しただけなんだよね?五十嵐市長が高層マンションが嫌いなのは、地元の業者の利権誘導のためなの?

あるけど1号
返信する  名無しの市民
3 months ago

市長のこの要請文は、日本語として、おかしい。
譲渡条件なのに、「遵守してください」などと”してください”となっている。
条件ならば、「遵守すること」でしょう。
以上です。

ニャースつくば

さすがに出すでしょう。

あるけど1号
返信する  ニャースつくば
3 months ago

私だったら、出さない!

ニャースつくば
返信する  名無しの市民
3 months ago

というか、このシンポジウムには市議会議員が数人噛んでいると思いますよ。つまり、0基派の市議のどなたか、ということですが。

名無しの市民
返信する  ニャースつくば
3 months ago

自民党政清クラブ 公明党 共産党 新社会党 の誰かってことですね?

ニャースつくば
返信する  名無しの市民
3 months ago

まーそうです。

ニャースつくば
返信する  名無しの市民
3 months ago

山本市議は4月18日に下記のツイートをしてました。今回のシンポジウムに噛んでてもおかしくないな。

「つくばセンター研究会」の意見交換会に参加。センタービルリニューアルのことや、市民活動センターや、中心市街地のプレイヤーの話など、 伺うことができました。
#つくばセンター
https://twitter.com/miwatsukuba/status/1383435144162254851

名無しの市民
返信する  ニャースつくば
3 months ago

公明党と自民党政清クラブは、総合運動公園用地の買収の議決にホイホイと賛成した会派ですから、複雑な気持ちがします。あんな割高な価格であの土地を買う人なんているわけないんだから、慌てる必要なんてさらさらなかったのに。その時点で、パブコメも終わってなかったんですよ。いったん立ち止まって考えるとか、どの口が言うかという感じ。

名前があるけど市民
3 months ago

「つくばセンタービルで音楽活動をやってきた。最初は屋根を掛けることや改造に賛成だった」かたが共同代表の集会には参加する気が起きません。センター広場を酒場にしてきたセンスは許せません。そもそもセンタービルを文化財として取り上げることにも賛同しかねます。ただ、長い間馴染んて来た景色をいたずらに変えないで欲しいとお願いするだけです。

名無しの市民
返信する  名前があるけど市民
3 months ago

『長い間馴染んて来た景色をいたずらに変えないで欲しい』

『時代や地域の特色を表している建物や二度とつくることのできない建物などについては、文化財として守りながら地域の資産として活かしていく』(有形登録文化財、古民家とかが対象)

この2つの間には明確な違いはないのじゃないかしら?敢えて言えば、文化財と言うと時間のスケールが 150年ぐらいのものを言っている?そんなに明確な対立はないと思います。

その一方、センター広場でクラフトビアフェスタをやるのは、そんなに嫌うことでもないのじゃないかなぁ(あくまでも、僕個人の考えですよ)そうやって「使い倒す」ことでセンター広場の価値を広く知ってもらうのも大事なことじゃないか、ぐらいに思ってます。ちなみに僕自身はお酒は一切飲みません(笑)

使い倒すのは大事なことだけど、使いやすくするために魔改造しちゃ元も子もないでしょ。センター広場に関しては、そんな風に思ってます。

名前があるけど市民
返信する  名前があるけど市民
2 months ago

広場と階段とエスカレーターcomment image

ニャースつくば
返信する  名前があるけど市民
2 months ago

こんな秀逸なコメントがあったのを見落としてました。広場の中央に仮設のモニュメントを立てるってのはどうでしょうか?それは市民で管理して、つくば市にはうるさいことを言われないようにしたいものです。

名前があるけど市民
返信する  名前があるけど市民
2 months ago

この写真が示すのはモニュメントがある広場が皆さんの目的地。そのためエスカレーターは4台とも”のぼり”専用。つくばセンター広場は穴に降りるための”くだり”専用1台。”のぼり”は吾妻交流センター入口のエレベーターが便利かな。

小林専務、こちら側のエレベーターの存在を周知してくださいよ。現存する2台のエレベーターで広場への往復は十分だと解ってしまったらマズイですか。

5年前
返信する  名前があるけど市民
2 months ago

吾妻交流センターの看板(?)小さくて”視認性”悪いね!
こんなところに、交流センターあったんだ!知らなかった!
でも、残念、車なので、もう行かないね。

イーアスに交流センターあれば、行くかも。

名無しの市民
返信する  名前があるけど市民
2 months ago

今回のコロナ禍で、自分たちのせいではないのに商売をするなと言われ、収入が途絶えても協力してきた人たち。外でお酒を飲むこともままならない人たち。その人達が駅周辺を盛り上げる手助けになればと企画したことを「センター広場を酒場にしてきたセンスは許せません」と斬って捨てるのはちょっと行きすぎと思う…

名前があるけど市民
返信する  名無しの市民
2 months ago

手助けになったんですか。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2 months ago

センスがいい悪い、許せる許せないは主観だからねぇ。一生懸命やってれば結果が伴わなくても許せる人もいれば許せない人もいる。

許せない人に対して「その基準はおかしい」と言うのも自由だけど、許せないとか不要だとか言う人の気持ちもある。

結局皆が賛同できるものなんてこの世の中にないし、過去の長い人間の歴史においても一度もない。

それを差し置いて「誰一人取り残さない」と言うからおかしなことになる。

誰一人取り残さない→裏を返せば価値観の共有という名の押し売り

名無しの市民
3 months ago

なんかツイッターに流れてました。サイト。

つくばセンター研究会ーエスカレーター設置計画の見直しを求めます
http://study298.wp.xdomain.jp/

名無しの市民
2 months ago

明日の討論会のチラシを手にしています。冠木さんがお持ちの写真に小林さん自慢のアンブレラスカイがきれいに映っています。とてもいいアングルです。冠木さんと小林さんとの協働の傑作写真が撮れましたね。台風5号の影響を避け明日の討論会の前にいったん撤去するかなと思いましたが雨も風も穏やかという予報ですから「吊るし傘」はむしろ討論会の格好の興業幟になりました。

三浦さんがお持ちのチラシの裏面の写真は私が一番好む場所です。ライトオンとビビと間から差し込む夕日がアップなどの部屋の窓に反射して噴水の周りにひかりを落とします。そのひかりがタイル地の模様とシンクロして優雅です。散歩の途中、上から覗きこみます。お日さまが動くと影も動いて「万華鏡」みたいです。

名前があるけど市民
返信する  名無しの市民
2 months ago

表現が不十分なので補足します。つくばの太陽の動きで有名なことは冬至のころに太陽が学園線のまっつぐ正面に沈むことですね。道路の設計者が遊び心でこの方向に道路を引いたという都市伝説もありました。さて、冬至のころの昼過ぎ3時にセンター広場に立つと太陽はどこにあるでしょうか。ライトオンビルの屋上ギリギリからセンター広場の丸い穴に光を注いでいます。アイアイモールの各部屋は円形に並んでいるので外窓の長方形の大きなガラスは円形に建てつけられています。太陽は少しづつ角度の違う窓ガラスに反射して凹型の広場に明るい光りを描きます。凹型の広場の中心は小さな噴水ですがそこから12本の三角形が放射状にタイル地の模様となって描かれています。ガラス窓の反射光とタイル地の放射状の模様が重なります。アートです。屋根をつけたら見れんようになります。

名無しの市民
2 months ago

ここでいくら建設的な意見を書き込んでも消されて終わりなんですね。気に入らない意見は排除する形だけのコメント欄。

ニャースつくば
返信する  名無しの市民
2 months ago

消されるんですか?

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2 months ago

市長もSNSで都合の悪い意見はブロックすると公言してるくらいだし、それがつくばスタイルなんじゃない?

賛成意見ばかりの市長SNSと、その市長を批判するばかりのローカルメディア

どっちもどっち。

ニャースつくば
返信する  名無しの市民
2 months ago

ニュースつくばの皆さんへ

ニャースつくばから忠告ですが、コメント欄は消さない方が良いですよ!

5年前
返信する  名無しの市民
2 months ago

>「批判するばかりのローカルメディア」
言いたかったのは、
”批判がほとんどのローカルメディアのコメント欄”
ではないでしょうか?

確かに、批判のコメントがほとんどで、批判に対する反論のコメントは少ない。
以前は、市長が言っている事そのままのコメントも見かけました。
彼を支持している人達には、もっと頑張っていただきたい。

市内の陽性確認者数

直近30日の感染者数推移

このグラフは土浦市・つくば市の過去30日の陽性確認者数を表しています。

これまでの推移(つくば市)

このグラフは初の陽性確認者が出た日から取得した最新日までの推移を表しています

これまでの推移(土浦市)

このグラフは初の陽性確認者が出た日から取得した最新日までの推移を表しています

コンピュータプログラムによる自動取得です。正確性を保証するものではありません

スポンサー

注目の記事

最近のコメント

最新記事

「合理的配慮」義務づけに民間向け助成 障害者差別解消法改正でつくば市など

今年5月に改正された障害者差別解消法の学習会が18日、市民団体「茨城に障害のある人の権利条例をつくる会」(事務局・水戸市)主催でオンライン開催された。障害者への「合理的配慮」を民間事業者にも義務づけたことを受け、参加者からは「民間事業者が合理的配慮を提供することを支援する制度がつくば市にもある。うまく活用してもらえれば」という意見が聞かれた。 市民団体がオンライン学習会 学習会には県内の障害者や支援者、県議会議員、つくば市議会議員など、約50人が参加した。内閣府障害者政策委員会の委員長である石川准さんが、障害者差別解消法の改正点や残された課題について解説した。 今回の改正では、民間事業者も「合理的配慮」を提供することが義務化された。合理的配慮とは、障害者が他の者と同等の生活を営むために必要な環境の調整である。例えば、車いすでも店に入れるように、入り口にスロープを付けたり、聴覚障害者に筆談で対応すること。2016年施行の障害者差別解消法で、行政機関等は、過重な負担でない限り、合理的配慮を提供することが義務化されたが、民間事業者は努力義務とされていた。 改正法が実際に適用されるのは「3年以内」という。自治体や事業者の準備期間が必要との理由だが、民間事業者は配慮の必要な範囲を見定め、計画的に進める対応が求められる。 合理的配慮を提供するには、スロープや筆談ボードの購入などの設備投資が必要だ。「―つくる会」では2018年に、当時から民間事業者等の合理的配慮提供にかかる費用を助成する独自制度があった兵庫県明石市の職員を呼び、内部向け学習会を行った。その後、加盟する障害者団体が各市町村に呼びかけた結果、2018年につくば市で民間事業者等への合理的配慮助成制度がつくられたのを皮切りに、現在は県内5市で同様の助成制度が実施されている。

また中止された土浦の花火を考える 《吾妻カガミ》116

【コラム・坂本栄】11月第1土曜日に予定されていた土浦全国花火競技大会が中止になりました。コロナ禍の収束が読めない今、2カ月先の催事にGOは出せないとの判断です。昨年もコロナ禍を受けて中止。2年前と3年前は事故で途中取り止め。花火好きの私にとって、中止はもちろん事故も残念です。大音量スピーカーで来観者に挨拶できない土浦市長もさぞ残念でしょう。 桟敷で観るのが正しい作法 中止に至った経緯については「無念の中止決定 土浦の花火 第90回記念大会」(9月6日掲載)をご覧ください。土浦の花火は、地域住人の秋の娯楽であるとともに、全国の花火ファンに楽しんでもらう観光事業であり、煙火会社の意匠と技術を競うコンテストでもあります。競技花火は、伊勢神宮の花火(三重県伊勢市、8月上旬)、大曲の花火(秋田県大仙市、8月下旬)もありますが、土浦大会に参加する会社が最も多く、競技花火の締め役を担っています。 大相撲や歌舞伎と同じように、私は土浦の花火を家族や知人と桟敷席で観るようにしています。日本酒とウイスキーを持ち込み、重箱に詰めた肴(さかな)をつまみながら、大音をお腹に感じ、大声で讃(さん)を送る。これが正しい作法です。 湖面にも映る霞ケ浦打ち上げ

企業経営で意識しておきたい3つの流れ 《地方創生を考える》20

【コラム・中尾隆友】これからの企業経営では、3つの大きな流れを抑えておくことが欠かせない。 1つめは、「人口減少」だ。日本のマーケットは縮小に向かうわけだから、そのことを想定してビジネスを展開しなければならない。たとえば、国や地方自治体が将来の人口推計を公表しているので、自社のビジネスにいつごろ、どのような影響が及ぶ可能性があるかをイメージしてほしい。 2つめは、「デジタル化」だ。AIによる自動化と言い換えてもいいかもしれない。図らずもコロナ禍で注目されて加速することになったが、たとえパンデミックがなかったとしても、国や企業の基本方針として着実に進展していくはずだ。 3つめは、「地球温暖化」だ。世界が脱炭素実現へギアを上げる中、企業も環境保全をはじめとする持続可能性を強く意識した経営が求められる。2030年や2050年の具体的な成果に向けて、国内外のルールや法制度も段階的に刷新されていくだろう。 危機は新ビジネスのチャンス 実は、この内容は過去数年、全国の企業経営者の前で話し続けていることだ。コロナ前でもコロナ後でも、企業経営にとって変わらない本質的な話だ。(今年は茨城県経営者協会でも講演させていただいた)

黄色のリュック型も選択可能に 土浦市 新1年生にランドセル贈呈

土浦市では、市立小学校や義務教育学校に入学する子どもたちのために、1976年から毎年、入学祝品としてランドセルを贈呈している。来年度から、従来の赤と黒のランドセルに、黄色のリュックサックタイプが加わり、3種類の中から選べるようになった。 従来の赤と黒のランドセルは人工皮革で、重さ約1キロであるのに対し、黄色のリュックサックタイプは850グラム。軽量化のニーズに応え、選択肢を増やした。 同市教育委員会学務課の担当者は「実際に背負い比べた子どもたちは軽いと言う。子どもにとって150グラムの差は大きいのではないか」と話す。 ファスナーを開いた状態のリュックサック=同 黄色のリュックサックタイプは、ポリエステル製。出し入れしやすいようにファスナーが大きく開き、教科書やノート類は、中のベルトで固定できる。 背中は汗をかいてもべたつきにくいメッシュ仕様。背負いひもにはランドセルと同様にフック(ナスカン)があり、防犯ブザーを付けることができる。