木曜日, 1月 28, 2021
ホーム つくば 舌を巻くグルーミングで育つ牛 つくば・農研機構のアニマルウェルフェア

舌を巻くグルーミングで育つ牛 つくば・農研機構のアニマルウェルフェア

【相澤冬樹】耳に「084」という黄色いタグをつけた子牛は、20年11月17日に生まれたホルスタインのメス、近づくと人懐こい仕草で寄ってくる。体重はすでに100キロを超えているが、まだ乳離れの最中だ。牧草を発酵させたサイレージ飼料に徐々に切り替えられている。

乳牛は通常、母乳では育てられない。母牛は搾乳のため子が生まれるとすぐに引き離され、子牛は母親のケアを受けない。肉牛となる黒毛和種でも早期の母子分離、哺乳ロボットの利用が増えつつある。この母子分離のストレスは、畜産業者にとって大きな経済的損失になると指摘するのは、農研機構畜産研究部門(つくば市池の台)の矢用健一飼育環境ユニット長(55)だ。

日本の畜産業では、乳牛に黒毛和種の子を産ませる受精卵移植が広く行われている。ホルスタイン種の子は40~50キロの体重で産まれてくるが、黒毛和種の子は30キロ前後しかなく、その分抵抗力に欠ける。しかもホルスタインの母乳は濃度が薄く、下痢や腸炎にかかりやすいため、引き離しの時期もさらに早められるという。

出生直後の母子分離は、近年のアニマルウェルフェア(Animal Welfare)の考え方からも問題視されている。家畜の誕生から死を迎えるまでの間、ストレスをできる限り少なく、健康的な生活ができる飼育方法をめざす、欧州発の考え方。日本では「動物福祉」や「家畜福祉」と訳される。

母親の舌触りに近づける

矢用さんは、黒毛和種で母親が舌で舐めるグルーミングを受けた子牛ほど、下痢が少なく、より早く体重が増加するという研究報告(2012年)に目を留めて、疑似グルーミング装置を開発、実証実験に取り組んできた。

疑似グルーミング装置に頭部を押し付けている子牛=同

子牛が母親から受ける物理的刺激を代用する器具で、母親の舌触りに近づける工夫をした。プラスチック製の硬めのブラシを密植し、直径10センチ×長さ50センチほどの円筒状に巻いている。子牛が体をこすりつけると電動で回転し、ブラシの先端がザラザラと刺激する。実際の牛の舌(タン)も50センチほどの長さあり、ザラザラ感があるそうだ。

装置を飼育舎に吊るし、圧力や回転速度などを変えて子牛に継続使用させた。グルーミング装置を与えない対照群も同時に飼育し、効果を比べた。子牛は早々に装置を気に入り、毎日断続的に20分ほど、体をこすりつける行動を見せた。

これを離乳期まで続けると、目に見えて体重増加が大きく、病気にもなりにくかった。新しいものや出来事に怖がらなくなったともいう。

飼われている成牛に懐かれる矢用健一飼育環境ユニット長=同

農研機構畜産研究部門には20年4月1日現在、乳牛100頭、肉牛48頭が飼われている。屋外の放牧地に行くと、サイレージを食んでいた乳牛の1頭が群れから離れ、矢用さんに近寄り鼻先を押し付けてきた。矢用さんは「こんなに人懐こいのは、グルーミング装置で育てられた牛に違いない」と笑顔で応じた。

実験は三重県や長野県の畜産農家への導入段階に進み、ライセンス契約による装置の生産も始まった。アニマルウェルフェア向上の一環として、畜産業界にどのように提案、普及していくか、丑年の課題となる。

1コメント

1 Comment
フィードバック
すべてのコメントを見る
小林 美保
24 days ago

インドには、沢山の野良犬、野良猫、そして野良牛がいます。どうして野良牛? 
ご存知の通り、インドの宗教上の問題から牛を殺してはならないからです。ミルクが出なくなった牛を放し飼いにするからです。この話をすると、「インド人ってひどいね。飼っていた牛のミルクが出ないからって、捨てちゃうの。」と言われます。日本では、飼っていた牛のミルクが出なくなると、食肉用として殺処分されるんですよね。どっちがひどいんだろうかと思いました。
ひょんなことから野良猫を9年間飼っていました。毎晩一緒に寝ていました。思ったことは、猫にも心があること。そして、この猫が私にしてくれる最大のプレゼントは私を舐める事でした。牛さんにだって当然心があるんですよね。
Why not eat insects? というTEDのプレゼンテーションを聞いたことがあります。私たちが、もっとたくさんの昆虫を食べたら、鳥インフレだからといって、口蹄疫だからといって、あんなに沢山の家畜を殺処分しなくても済むのにって思います。
今さら、ベジタリアンにはなれないけれど、私達も食習慣を変える必要があると、貴方のブログを見て、新年早々思いました。
明けましておめでとうございます。

スポンサー
1
0
コメントお待ちしてますx
()
x