金曜日, 10月 23, 2020
ホーム 土浦 雨の堂宇を照らすハスの花 土浦で「観音さまの花あかり」

雨の堂宇を照らすハスの花 土浦で「観音さまの花あかり」

【相澤冬樹】土浦市中央、千手院(せんじゅいん)で17日夕、和紙に包まれた明かりをともす「観音さまの花あかり」が催された。和紙灯籠の制作者、星崎雪之さん(つくば市)があらかじめ、同市内で制作していた10数点の明かりは、完成を待ってお堂に持ち込まれ、午後4時過ぎに点灯、雨の境内を照らし出した。

ねぶたの技法を生かした和紙灯籠を手掛けてきた星崎さんは今回、土浦にちなみ、ハスの花をモチーフに選んだ。針金で作った骨組みに和紙をまとわせていく手仕事の「ライブ」を公開することじたいが作品だとして、公開先の工房入りした8月以降、霞ケ浦周辺のハス田に足を延ばして観察を繰り返し、制作に取り組んだ。

工房にほど近い千手院は、室町時代の作と伝わる木造千手観音菩薩立像(市指定文化財)をまつる。普段は無住のお堂だが、毎月17日には中央2丁目町内会(高橋勤区長)により縁日がもたれ、千手観音像がご開帳となる。月例の縁日は「戦前からあるのは確かだがいつから始まったのかは分からない、それほど古い」(市村勇治さん)そうで、コロナ禍の中でも休止することなく続いた。

折からお堂の照明工事に入った業者が星崎さんに話をつないだところ、「仏様とハスの花というのも因縁と感じた。千手の中の一手はハスを握っている」(星崎さん)と完成披露の舞台に選らんた。ふだんの縁日は午後2時ごろには散会となるが、町内会は開催を午後4時まで遅らせて催事を歓迎した。

冷たい雨にも関わらず普段の縁日に倍する人出となった千手院

朝からあいにくの雨模様となったが、点灯の前後から三三五五人が集まりだした。地元からの参加者以外にも、工房に日参して制作を見守った人や常総市から来たという母子連れの姿などがあり、千手観音との初対面を果たした。

LED照明は白色光ばかりでなく淡いブルーや薄いイエローに発色し、和紙が光彩を和らげた。埴科ききさん(つくば市)のハープ演奏が流れ、参加者の談笑が続くなか、飛び入り参加の真言宗豊山派の尼僧による読経が行われる展開もあり、静かな盛り上がりをみせた。

星崎さんは「千手院での花あかり開催は1回限りだが、これがきっかけに新たな縁が生まれてくれたらうれしい」と語り、高橋区長は「毎月の縁日は地域住民限定ということではないので機会があれば覗いてほしい」と地域活動の灯をたやさぬ思いを新たにした。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

スポンサー

LATEST

HP制作通し課題解決へ つくばの中学で授業公開

【鈴木宏子】ホームページ(HP)の制作を通して、生徒たちが身近な課題に目を向け、解決方法を考えるプログラミング教育の授業がつくば市で今年度から始まった。22日、同市下河原崎、市立高山中学校(若山隆男校長、生徒数264人)で授業が公開され、2年生29人がそれぞれパン屋の社長になったつもりで、売り上げをもっと増やすにはどうしたらいいかを考えながらHP制作に挑戦した。 教育産業が開発したIT教材を積極的に学校に導入し、学校の学び方改革を進めようという経産省のエドテック導入実証事業の一環として取り組む。高山中のほか、春日義務教育学校、東小、吾妻小の市内4校で今年度実施される。 IT企業「ライフイズテック」(東京都港区)が開発した教育教材を用いて、実際のホームぺージ制作で使われている、コードと呼ばれる命令文を入力しながらホームぺージをデザインする。 学校のプログラミング教育は現在、小学校でブロックなどのまとまりを動かしてプログラミング的思考を学ぶ。一方、実際のプログラミングは、テキストコーディングと呼ばれる命令文を入力する方法が主力なことから、実際に使われている技術を学ぶ入り口になる教材だという。 22日は2年の技術家庭科の授業で取り組んだ。まず、パン屋の売り上げをもっと増やすためにHPにどういう機能があったらいいかをグループごとに考え、意見を出し合った。「お客さんが感想や意見を書き込めるようにしたらいい」「手話や音声が付いた動画を載せたら体の不自由な人でも利用できる」などの意見が出た。 続いて1人1台のパソコンを使ってホームぺージに機能を加える作業を進めた。作業画面にはネコのキャラクターが先生役となって登場し、一人ひとりの進捗(しんちょく)に応じて個別にアドバイスしたり、生徒がクイズに答えたりして作業が進んだ。

永田学長を再任 筑波大 選考プロセスの正当性問う声噴出

筑波大学(つくば市天王台)の次期学長選考会議が20日行われ、同大は21日、同選考会議委員による投票の結果、永田恭介現学長(67)を再任したと発表した。 学長選をめぐっては、学長の任期の上限が撤廃されたこと、教職員の意見聴取で永田学長が584票、対立候補で生命環境系長の松本宏教授が951票だったことなどから、同大の教員有志らでつくる「筑波大学の学長選考を考える会」から、選考プロセスの正当性を問う声が出ている。 同大によると、20日の学長選考会議は、委員24人の無記名投票の結果、永田氏が3分の2以上の得票を得て松本氏を破り、再任が決まった。 永田氏は2013年4月から学長を務める。本来の任期は最長で6年だったが、再任回数の上限が撤廃された。新たな任期は来年4月から3年間。 同選考会議の河田悌一議長は21日の記者会見で、永田氏再任の理由について「(永田氏は)ビジョンを出して一つひとつ実行し、科学研究費補助金の取得や企業など外の組織と結び実績を上げた」ことなどが評価されたとした。 一方、考える会が指摘している任期の上限撤廃については「任期の期限を除外している(国立の)大学は12、13大学ある」とし「一つひとつきちんとした手続きを踏んでやった」と強調した。

3氏の横顔紹介 つくば市長選

【鈴木宏子】任期満了に伴うつくば市長選と市議選は25日投開票される。市長選に立候補した新人の富島純一氏(37)=無所属=、現職の五十嵐立青(42)氏=同=、新人の酒井泉(71)=同=3氏の横顔を紹介する。 事業成長の秘訣は「素直に聞き、信じて任せる」 富島純一氏 【富島純一氏】22歳のときつくばで起業し、現在、自動車販売、障害福祉、保育・学童、農業など幅広い事業を展開する。経営に携わるグループ企業は14社。140人以上の社員を抱える。 コロナ禍の今年、苦境にあるつくばの飲食店に呼び掛け、県内で初めて、ドライブスルー型弁当販売イベントを仕掛け成功させた。

市議候補8人に誤った番号のビラ証紙渡す つくば市選管 掲示板1カ所未設置も

18日告示されたつくば市長選と市議選で、同市選挙管理委員会は19日、立候補届を18日に受け付けた際、市議選立候補者8人に、誤った番号のビラ証紙を渡してしまったと発表した。さらに、立候補者ポスターを貼る掲示板1カ所が未設置だったと発表した。 ビラ証紙は、選挙運動用ビラに貼る、切手よりもひと回り小さいシールで、立候補届の受付番号と同じ番号のものが手渡される。市議選の場合、市選管が立候補者にそれぞれ4000枚を交付し、証紙が貼られてないビラは配布できない。ビラの上限枚数を制限し、財力などによって選挙結果がゆがめられる可能性を防ぐ役割がある。 市選管によると、18日に立候補届を受け付けた際、「ビラ証紙はいらない」という候補者がいたため、次の立候補届け出者に、前の人に交付すべき証紙をそのまま渡してしまったという。すぐに気づかず、計8人に、番号がずれた証紙が交付された。 届け出の受付番号と異なる番号の証紙でも有効に使用することが可能であることから、市選管は、間違った番号を渡してしまった8人のビラ証紙を有効にした。 一方、4000枚が公正に使用されることを担保するため、立候補者8人に、ビラ証紙の番号を訂正する手続きを行ってもらうという。 市選管は「訂正手続きにより候補者ごとの証紙の番号を明確化することで、公正に使用されることを確保していきます」としている。