月曜日, 10月 26, 2020
ホーム コラム 《茨城鉄道物語》6 「常磐新宿ライン」の可能性

《茨城鉄道物語》6 「常磐新宿ライン」の可能性

【コラム・塚本一也】つくばエクスプレス(TX)が開通して、北千住駅での乗り換えが非常に便利になった。橋上のコンコースで、常磐線や東武線と乗り換えが可能となり、地下へ移動すれば、千代田線とも乗り換えができる。これで東京の都心や繁華街をほぼ網羅することになるが、唯一アクセスが改善されなかったのが新宿方面である。

アプリを使って検索すると、幾つかのルートが候補となるが、乗り換えや所要時間を考えると、いずれも決め手に欠けるように思う。

私は拙著の中で、常磐線を、墨田操車場から田端操車場経由で山手貨物の線路を使い、池袋から新宿・渋谷方面へ走らせる「常磐新宿ライン」を提案したことがある。私の提案以前に、常磐線の輸送力増強のために、ある研究機関がその実現可能性を調査したことがある。

当時とは事情がだいぶ変わっており、埼京線や湘南新宿ライン、果ては相鉄線までもが山手貨物を利用して新宿・池袋方面へ直接乗り入れするようになった。現在では、山手貨物のダイヤがきつくなっており、また常磐線も利用者が減少していることから、その必要性を唱える者は私ぐらいであろう。

東京駅の後は新宿へのアクセス

しかし、本来であれば、上野東京ラインで東京駅へ乗り入れを果たした後は、東葛地区や茨城県が構想すべき鉄道網の整備は、新宿へのアクセス改善である。TXが臨海方面へ延伸する計画が取りざたされており、秋葉原から中央線と並行して新宿へ進む可能性はほぼ断たれている。

だが、歴史的に見て、千葉県や埼玉県が東京へのアクセスを計画した時に、どのような施策をとってきたかを考えれば、新宿へのアクセスがいかに重要であったかがわかる。

総武本線は快速が東京駅に乗り入れて横須賀線と直通運転をしている一方、緩行線はお茶の水から中央線へ乗り入れして新宿へ向かっている。京浜東北線が大宮から東京へ向かえば、埼京線は新宿へ向かっている。このように首都圏の鉄道網は、東京への乗り入れを果たした後は、新宿への乗り入れを実行してきたのである。

茨城県は東京への鉄道アクセスに関しては後発である。その間、東京の開発も変化をしてきた。都庁が新宿へ移転した後に、次の開発地域として湾岸地区から臨海地区が注目されている。茨城県には、将来を見据えた戦略的な鉄道の計画が求められている。(一級建築士)

5 コメント

  1. JR各社は、減便、終電繰り上げなど、ダウンサイジングへの道をひた走りつつあります。マイカー依存は様々な弊害があるところ、鉄道でもっと夢を語るためには、なんでも民間でやるのがよし、負担が大きくなる言い出しっぺは避ける、この習慣を改める必要があるように思います。河川法、道路法、港湾法、空港法・・・、鉄道だけが、鉄道事業法で、事業者任せというか、国としての主体性が感じられない。

    5
    6
  2. 山手貨物線からの新宿乗り入れはかなり厳しいです。田端操車場に新宿方面から乗り入れる線路はないので新設することになりますが、地下も高架もかなり難しいです(新幹線・用地の問題)。
    既存施設を活用するならば、新金線用いて
    金町信号場→新金線→新小岩操車場→総武快速線→錦糸町駅→総武緩行線
    というルートも考えられます。こちらは既存施設を活用し、錦糸町・秋葉原・御茶ノ水へのアクセスが良くなるというメリットがありますが、新金線複線化と錦糸町で快速線から緩行線へ転線する際の平面交差という問題があります。

    6
    5
  3. 千代田線直通の更なる充実化が常磐線の新宿へのアクセス改善に繋がると思います。これは上原で1回乗り換える必要があるほか、迂回しなければいけませんし、小田急の運賃も必要になりますが、新宿へのアクセスはよくなるはずです。つまり、E531系やE657系の千代田線直通仕様、小田急60000系や新4000系、もちろん営団車にも交流直流両用を大量増備、常磐緩行線でも通過運転するということです。現に、小田急の千代田線直通は複々線が完成した時に千代田線直通通勤準急と準急が原則緩行線を走らせるので、それを見習うべきです。常磐線は線路側のため、緩急乗り継ぎが難しいので尚更、緩行線を走る通過運転が絶対必要です。実現したら、緩行線しかホームがない綾瀬や馬橋に停車し、快速線停車駅は我孫子と取手以外通過するのがいいと思います。あとは取手の岩沼寄りに緩急渡り線設置と信号設備切り替え装置の設置が絶対必要です。また、千代田線は、地下鉄初が多いと思いますので今度は地下鉄初の交流直流両用車が実現することを願いたいです。

    1
    6
  4. なぜ新宿方面にこだわるのか?千代田線があるのに解りません。つくばエクスプレスは 晴海の構想はあるけど別のルートは 東京(丸の内) 霞ヶ関 品川など 東海道線に沿わないルートで建設したらどうかな?霞ヶ関から品川 逆に品川からつくば方面までのアクセスは格段によくなると思います

    2
    1

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

スポンサー

LATEST

サーバーダウンのお詫び

つくば市長選と市議選の開票が行われた25日夜、NEWSつくばにアクセスが集中し、午後9時30分ごろから10時30分ごろまで一時、閲覧できない状態となりました。午後10時30分過ぎには復旧致しました。大変ご迷惑をお掛け致しました。

【つくばの選挙2020】当選28人決まる 市議選

任期満了に伴うつくば市議選は25日即日開票が行われ、28人が決まった。定数を13人オーバーの激戦が展開された。28人の内訳は現職が21人、新人が6人、元職が1人。政党別は自民8人、市民ネット4人、公明3人、共産2人、新社会1人、無所属10人。当日有権者数は18万7565人。投票率は51.6%。 ◆つくば市議選開票結果(選管確定、敬称略、案分票は小数点以下切り捨て) 当5216 ヘイズ ジョン 57 会社経営 無現④

【つくばの選挙2020】市長選は現職の五十嵐氏再選

任期満了に伴うつくば市長選は25日即日開票され、現職で2期目を目指した五十嵐立青氏(42)=無所属=が、自動車販売会社経営の富島純一氏(37)=同=、元研究者の酒井泉氏(71)=同=の新人2氏を破り、再選を果たした。当日有権者数は18万7565人。投票率は51.6%。 ◆つくば市長選開票結果(選管確定) 当 67,933 五十嵐立青 42 無現  13,439 酒井  泉 71 無新  10,918 富島 純一 37 無新 五十嵐立青氏

つくばの選挙を開票速報します

NEWSつくばは、つくば市長選と市議選の開票状況を、きょう25日午後9時30分から開票速報します。 任期満了に伴う同市長選と市議選はきょう25日午前7時から午後7時まで、市内75カ所で投票が行われ、同日午後8時15分から、同市流星台、桜総合体育館で即日開票されます。 当日有権者数は18万7565人。市長選、市議選とも投票率は51.6%でした。 市長選は午後10時過ぎ、市議選は翌26日午前0時ごろ、大勢が判明する見通しです。 ツイッターでも、#つくば選挙2020というタグを付けてツイートします。