どんど焼き、今年から廃止 土浦 「プラスチックすべて分別できない」

昨年、土浦市の桜川河川敷で行われた「どんど焼き」の様子を伝える2017年1月14日付け常陽新聞

【谷島英里子】毎年、1月上旬に土浦市の桜川河川敷、学園大橋下で行われてきた正月飾りを燃やす伝統行事「どんど焼き」が今年から廃止される。土浦市立博物館は、正月飾りにプラスチックなど屋外で燃やせない素材が多く使われるようになり、すべてを分別して燃やすことが困難になってきたためとしている。

小正月に正月飾りを燃やし、餅を焼いて食べ、1年の無病息災を祈る行事。「とりおい」「ワーホイ」などとも呼ばれ、かつては農村部を中心に市内各地で行われた。高度経済成長期に都市化の進展とともに徐々に消えていったが、1980年に市郷土資料館(現・市立博物館)が中心となって復活させた。

昨年は1月14日に催され、500~600人の市民が訪れた。先着200人に紅白餅が配られ、正月飾りを燃やした火で餅を焼いて食べ無病息災を祈った。伝統行事とあって写真愛好家も毎年撮影に訪れる風物詩でもあった。

同館によると、正月飾りはプラスチック素材を多用した製品が多く、ダイオキシンなどの有害物質が発生する危険性が避けられないという。市民が持ち寄った正月飾りを受け付る際、職員がペンチやハサミを使ってプラスチックを分別してきたが、接着剤で固定されていたり、塗料が塗ってある飾りも多く分別が困難な状況だったという。

どんど焼きは近隣では、取手市の利根川河川敷で13日、つくば市小田で14日に催される。今年で48回目となる「どんどまつり」を開催する取手市産業振興課は「市民に呼び掛けてプラスチックを分別してもらっている」としている。

土浦市のどんど焼き廃止はすでに、市広報紙や市のホームページ(HP)などで市民に周知しているという。正月飾りの処分について同館は、市の分別方法を確認して、各自で対応してほしいとし、「神様の依り代(よりしろ)となったので塩を振り清めてから紙などにくるんで大きなものは小さく切るなどして出しましょう」と呼び掛ける神社本庁のHPの一部なども紹介している。