重陽の節句、土浦彩る 90店に菊被綿とかれんびな

手前は菊の花に赤、白、黄色の真綿をかぶせた菊被綿(きくのきせわた)、奥はハスの花托でつくった霞蓮雛(かれんびな)=土浦市中央の市観光協会

【谷島英里子】土浦駅前の商店や銀行など約90店の店頭に9日から、菊の花の上に赤、白、黄色の綿をかぶせた「菊被綿(きくのきせわた)」と、土浦特産のハスの花托(かたく)で作った「霞蓮雛(かれんびな)」が飾られ、市中心市街地を彩っている。

健康長寿を願う五節句の一つ「重陽の節句」(9月9日)にちなんだまちおこしの取り組みで、市内の商店や事業主の女性12人で構成する同好会「菊被綿文化を守る会」(木村恵子会長)が作り、各店が飾り付けた。5年前から毎年秋に催している。

五節句は季節の変わり目を表す中国の暦。中国では奇数は「陽」、偶数は「陰」とされ、奇数の中で最も大きい数字の「9」が重なる9月9日は、めでたい日とされた。日本に伝わると、平安時代に宮中行事となり、8日の夜に菊の花を赤、白、黄色の真綿で覆い、翌朝の9日、菊の露と香りが移った綿で体を拭い、長寿を願ったとされる。

これを再現し、各店の店頭に、色を染めた真綿を菊の花にかぶせた手作りの菊被綿を飾った。会長の木村さん(74)によると「重陽の節句を知らない人が多いので、店で菊被綿を展示してもらうことにより、お客様とのコミュニケーションにつなげてほしい」との思いで始めた。

重陽の節句には、3月3日のひな祭りに飽き足らず、9月9日に再びひな人形を飾る「後(のち)の雛」という江戸時代の風習もある。守る会では「土浦ならでは」を考え、霞蓮雛も手作り。ハスの花托でひな人形をつくり、衣裳は折り紙でていねいに作り上げた。

木村さんは「5回目になり展示場所がつくばにも広がった。千年昔の伝統を身近に感じていただけたら」と話している。

展示は10月7日まで。展示場所など詳しくは菊被綿文化を守る会(電話029-821-1607=すがた美容室 )まで。