「にぎわい取り戻したい」合言葉 谷田部市街地でフェア 商店主や区長ら

そぞろ歩きで宝物を探す来場者たち=つくば市谷田部

手作りの豚汁や焼きそばなどが販売されて行列ができた

秋晴れに恵まれた「文化の日」の3日、「谷田部市街地のオータムフェア」がつくば市谷田部の千歳通りとふれあい広場で開催され、500人を超す市民でにぎわった。「谷田部市街地のにぎわいを取り戻したい」を合言葉に、商店主によって組織された谷田部タウンネット、区長会谷田部支部、つくばくらしの会が主催した。

石畳が敷かれた千歳通りで小学生の金管バンドやダンス、ソーラン踊り、中学生の吹奏楽演奏が繰り広げられた。地元グルメの模擬店や老舗和菓子店も出店。買い求める人の行列ができた。

谷田部総合体育館隣のふれあい広場では古物商約50店による骨董(こっとう)市が開かれた。アンティークな皿や絵画、仏像、古銭、工具などが並べられ、宝探しを楽しんだり、古物商と値段を交渉したりする人の姿が見られた。

谷田部市街地はかつて商業の拠点で1987年、つくば市誕生時には本庁舎が置かれた。だが大型商業施設がセンター地区にできたことで、同地区の商業機能は急速に低下した。2010年、新庁舎が研究学園(旧谷田部町)へ移転して市街地は活気を失い、シャッター通りとなっている。

区長会谷田部支部の宮崎栄二さんは「往年のにぎわいを取り戻したい」と熱を込める。09年に発足した谷田部タウンネットは、現状を打破して活性化を目指そうとクリスマスイルミネーションなどの活動を展開している。(橋立多美)