取手がつくば中央にコールド勝利 中学野球シニア春季東関東大会3回戦

3番手に登板したエースの成井颯(取手)

【伊達康】全国選抜大会を目指す中学野球のリトルシニア東関東支部春季大会3回戦が3日、取手市野々井の取手リトルシニアグラウンドで行われた。昨年の同秋季大会で優勝し第1シードの取手リトルシニア(本拠地・取手市)が、9―0の5回コールドでつくば中央リトルシニア(つくば市)に快勝した。

6点目のホームを踏む原俊介(取手)

取手は1回裏に1番・秋葉皓介のセンターオーバーと犠牲フライで先制すると、3回裏には4番・富岡大阿の2点タイムリーヒットなど集中打で一挙に4点を奪った。さらに4回裏にはスクイズと7番・海老沼来飛の左中間タイムリースリーベースで3点を追加して試合を決めた。投げては左腕の塚越伊織、右腕の糠谷翔大、成井颯の三投手の継投で相手打線を封じた。

つくば中央は3回表に先頭の塚本陸斗が左中間ツーベースを放ってチャンスをつくったが、後続が連続三振に倒れて反撃できなかった。

先発した薬師寺信吾(つくば中央)

取手の石崎学監督は「大会初先発の塚越伊織がほぼ完璧の内容だったことと、大会初出場の斉賀壱成が落ち着いてプレーできたことが今日の収穫」と選手をたたえながらも「ワンヒットでホームを狙うべき場面で2度とも消極的になったり、変化球を狙い打つケースでストレートを待つ打者がいたのは早急に修正したい」と課題を挙げた。

さらに「秋春連覇にはこだわっていない。チームの仕上がり状態は例年とは程遠い。けがで戦列を離れている選手がおり2月は天候の影響でオープン戦が消化できず実戦経験が不足している。春の期間は投手と野手の両方で一人でも多くの選手の出場機会を増やすことを意識している。特に打撃を強化していきたい」と選手の起用方針を語った。

勝利した取手は16日に行われる4回戦に、敗れたつくば中央は21日から行われる敗者復活戦にそれぞれ臨む。

1 2 3 4 5 6 7 8 9
つくば中央 0 0 0 0 0 0
取手 1 1 4 3 × 9

➡伊達康記者の過去記事はこちら