24万球の光で別世界へ 霞ケ浦総合公園でイルミネーション

約24万球のLEDライトで彩られたイルミネーション=土浦市大岩田の霞ケ浦総合公園

【谷島英里子】土浦市大岩田の霞ケ浦総合公園で17日、光がつくる”Art”水郷桜イルミネーションが点灯した。来年2月中旬まで毎夜ともされる。

約24万球のLEDライトで公園のシンボルとなる高さ25㍍、羽直径20㍍の「オランダ型風車」を中心に、土浦の地域資源である桜、霞ケ浦、花火、ハス田、帆引き船、筑波山、桜川をモチーフに演出された。恒例の手作り「竹あかり」のほか、会場入り口に霞ケ浦に浮かぶ虹をイメージした「水と虹のアーチ」が設置された。

帆引き船や花ハスも演出された霞ケ浦湖岸=同

午後5時から点灯式があり、中川清市長や子どもたちがカウントダウン。電飾が浮かび上がると、花火が打ち上がり、大勢の市民らが幻想的な雰囲気を楽しんだ。

主催は市民・企業有志で組織される水郷イルミネーション推進委員会。今年で7回を迎えた。代表の広瀬英敏さんは「回る風車や光る羽などを楽しんでほしいです」と話していた。

期間は2019年2月17日まで、点灯時間は午後5時から9時。入場無料。問い合わせは市産業文化事業団(電話029・823・4811)まで。

▽イルミネーション点灯のようす