月曜日, 10月 18, 2021
ホーム つくば シェアサイクル「つくチャリ」実証実験 つくばで10月1日開始

シェアサイクル「つくチャリ」実証実験 つくばで10月1日開始

シェアサイクル事業「つくチャリ」がつくば市のつくば駅と研究学園駅周辺で10月1日から始まる。50台の自転車を20カ所に配置し、利用者は20カ所の間を24時間、自由に行き来できる。公共交通を補完する新しい移動手段として、つくば市が3年間、実証実験する。

利用方法はスマートフォンに専用アプリをインストールし、メールアドレスやクレジットカード情報を入力して会員登録する。乗る際は、自転車に付いているQRコードをスマートフォンで読み込み、カギを開ける。

利用料金は15分77円(税込み)、8時間上限1500円(同)、支払いはクレジット決済のみ。

自転車は、昨年秋発売された「ルートワン」という新機種を1台約7万5000円で購入した。ペダルを踏み込む力でギアに内蔵されたシリコンを圧縮し、反発する力で楽にこぐことができる。電動自転車と比べ、充電する必要がない。

シェアサイクル事業を各地で実施しているエコバイク(東京都千代田区、結城耕造社長)が、市から委託を受けてシステムを運営する。事業費は自転車購入費を含め3年間で約2200万円。

市外からつくば市を訪れ、駅を降りて利用したり、市民が日常の足として使うことを想定している。初年度の21年度の利用想定人数は1日平均20人、22年度は27人、23年度は37人、24年度は50人。

同市では2000年から全国に先駆けてシェアサイクル「のりのり自転車」を実施したが、自転車が盗まれたり、放置されるなどしたため事業を取り止めた経験がある。今回は自転車をGPSで追跡できるなど、当時と比べ進化したIT技術を活用する。

30日、市役所で出発式と試乗会が催され、五十嵐立青市長、小久保貴史市議会議長のほか、自転車のまちつくば推進委員会委員長の渡和由筑波大准教授、エコバイクの結城社長、サイクルポート4カ所を提供するカスミの山本慎一郎社長、つくば駅周辺でシェアサイクルと連携したまちづくりを行うつくばまちなかデザインの内山博文社長らが参加した。

五十嵐市長は「つくば駅周辺では中心市街地の活性化や人流をつくり、研究学園駅周辺では公共交通を補完する。やりながら課題を検証したい」などと話した。

県内では、土浦、筑西、笠間市などですでにシェアサイクル事業が展開されているという。(鈴木宏子)

36 コメント

36 Comments
フィードバック
すべてのコメントを見る
5年前
17 days ago

いろいろやってますねー!
市役所の皆さん、お疲れ様です。
市のホームページの、メンタルヘルスチェックシステム「こころの体温計」で、
心の健康をチェックしながら、お仕事頑張って下さい。

名無しの市民
返信する  5年前
13 days ago

令和3年8月30日執行  入札結果

つくば市職員ストレスチェック事業業務委託

予定価格(税込) ¥657.800
落札価格(税込) ¥366.520
落札率          55.72

名無しの市民
返信する  名無しの市民
12 days ago

いろいろやってますねー!
市役所の皆さん、お疲れ様です。

名無しの市民
17 days ago

『市民が日常の足として使うことを想定』
現実的じゃない。市内に「20カ所」のポート(駐輪場)までは、自宅から歩く必要があるわけでしょ?例えば、TXつくば駅周辺の人は、つくば駅前交番まで歩いて行かないと自転車が借りだせない。ポートはそこにしかない。

逆にTXでつくば駅に到着した人なら、例えば筑波大学に行ったりするのには使えそう。あとは値段ですね。タクシーでもバスでもなく、8時間 1500円の自転車を使う人が何人いるか…

https://interstreet.jp/tsuku-chari/port/

名無しの市民
返信する  名無しの市民
17 days ago

自転車のまちつくば推進委員会って何?

委員長の渡和由筑波大准教授って誰?
つくばまちなかデザインの内山博文社長って何者?

名無しの市民
17 days ago

良いニュースだし良い記事だ

名無しの市民
17 days ago

サイクルポートの場所、どういう想定で設置しているんだろう?
市外からの来訪者に公共交通の補完で使ってもらうならば、高速バスやつくバスのバス停に隣接して併せて周知しなくては。
市内の人?ららぽーとで自転車で借りてどこに行く?
新しい技術やサービスを導入するのは熱心だけど、使う人のことを考えないのが現市政の悲しいところ。
サイクルポートを頼みやすいところだけ設置して、やっている感を出すのに留まっている。

5年前
返信する  名無しの市民
17 days ago

>>サイクルポートを頼みやすいところだけ設置して、
なるほど、納得、腑に落ちた(?)

名無しの市民
17 days ago

■サイクルポート一覧(20カ所) :
つくば駅(中央公園)
研究学園駅
つくば市役所
イーアスつくば
科学万博記念公園
学園南公園
ZOZOBASEつくば1
テーダマツ保存区域(東光台東交差点)
カスミフードスクエア学園の森店
ファミリーマート筑波記念病院前店
MeeToco 筑波ハム
ファミリーマートつくば葛城店
つくばスタートアップパーク(つくば市産業振興センター)
カスミ筑波大学店
ZOZOBASEつくば2
デイズタウン
カスミフードスクエア学園店
二の宮公園
松代ショッピングセンター
LALAガーデンつくば

「NEWSつくば」はつくば市の広報も担っているんだから、
記者さんはきちんと大切な情報を伝えて下さい。

名無しの市民
17 days ago

鈴木宏子さん、いつも良い記事をありがとう。特に『事業費は自転車購入費を含め3年間で約2200万円』みたいな情報は、本当にありがたい。

つくチャリというサービスの案内に関しては公式サイトが開設されているので、そのURLを記事の中に埋め込んで案内するのが良いかと思います。 例えばサイクルポートの設置個所は公式サイトの地図上で分かりやすく説明されているので、これを利用しない手はない。

https://interstreet.jp/tsuku-chari/

名無しの市民
返信する  名無しの市民
17 days ago

「いつも」良い記事、ではないでしょ。

一つ前の記事なんかは割と酷い。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
15 days ago

鈴木宏子さん、あんたがつくチャリに乘らにゃいけんでしょ。市議会議長、市長、万年准教授、まちづくり会社の社長とむくつけき男どもが小さな自転車に乗る姿は滑稽ですが、それ以上になぜ女性がこの中にいないのと疑問を入れるのも記者の役目でしょ。この事業は男性限定です、女こどもは排除しますと言っているようなもんじゃないですか。

「NEWSつくば」は「広報つくば」の別動隊という意識をもって取材に当たって下さい。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
15 days ago

ドローン配送実験は、五十嵐立青市長がイーアスつくば内の「カスミ」に、おにぎりやリンゴ、バナナなどを注文。カスミが店舗近くの公園に設けられた発着場に商品を運び、福岡のベンチャー企業「トルビズオン」がドローンに積み込んだ。さらに「損保ジャパン日本興亜の関連会社」がドローンを運行し、住宅地の道路上空約50メートルを時速10~15キロで10分程度飛行して、700メートルほど離れた住宅地内の公園で待つ五十嵐市長に無事、商品を届けた(2020年2月20日)。

これも鈴木宏子さんの記事。「広報つくば」を補完する詳細な内容でした。

大規模住宅地での配送実験は”全国初”と自賛。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
15 days ago

五十嵐市長は「物流業界の人手不足や買い物難民などの課題がある中、ドローン配送は大きなインパクトを与える。(ドローンが飛行する住宅地の)地元同意を得て進めており、これからもていねいに住民合意をとって進めていきたい」などと述べた。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
14 days ago

ドローン配送のお値段は1回500円を想定しますと言っていましたが、その後1年半の間、この実験の続報は聞いておりません。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
13 days ago

3年前、中央公園のカヌー遊びも30分500円でした。

あれもプレースメイキング事業の一つで五十嵐さんのいうところの実験でしたが、お客が少なく1年で消えました。

5年前
返信する  名無しの市民
12 days ago

”実証実験”という用語についての一考察

実験をすれば、その結果を報告して、考察なり評価なりをするのが当たり前。
つくば市は、実験はするけど、その結果の報告も考察も評価もしていないようですね。
もしそうであるならば、
”実証実験”の意味は、結果はどうでもいい実験!ということなのかな?
そして、
”実証実験”の目的は、シンプルに、市民の税金を使うことなのかな?

名無しの市民
返信する  名無しの市民
12 days ago

鈴木宏子さんは”全国初”がお好きですね。

名無しの市民
17 days ago

まずこの画像だとヘルメットが一緒についてるみたいな印象与えるけど、実際は放置自転車の佇まいで自転車だけがひっそり置いてあるだけ。

そもそも駅で借りて買い物してる間、その場所にポートが無いとずっと料金かかるんだよね?そして、遠出するには厳しいタイヤ外径。外形小さければ必然的に沢山漕がないと距離伸ばせないよ。

あと、半数以上のポートが車じゃないと行けない場所。わざわざそこまで車で行って金払って自転車乗って何処行くんだよ。

既につくば市内では過去にシェアサイクルの実証実験やって導入されてないということは、そこで答え出てんのに3年で2000万以上かけて同じような実験をする。これも結局この鷺まがいの自転車メーカーと個人情報取られるアプリ屋に金落ちるだけの税金の無駄遣い。

何故やるか?それは公約で「シェアサイクルの導入」って謳ってるからね。導入さえすれば公約達成で、その後の結果はどうでもいいんだよ、現市長って。大半の公約がこのパターンで、解釈次第で全て達成できるもの。

情弱市民が騙されてるけど、実際に結果出してるのは皆無なんだよ。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
17 days ago

捕捉しますと RootOne という自転車は『ペダルを踏み込む力でギアに内蔵されたシリコンを圧縮し、反発する力で楽にこぐことができる』フリーパワーという技術を使っています。これは『下死点付近でのペダルの踏み込みはペダリングロスになるだけ』が理解できていない初心者のみに有用な技術です。ショートクランク、小口径タイヤなども初心者に優しい設計です。逆に言えば、遠出をするような自転車じゃない。まぁ、当たり前です。シェアサイクルのコンセプトは、最大 5km の距離のサイクルポート間を 30分ほどで移動することだからです。

5年前
返信する  名無しの市民
17 days ago

自転車に試乗する市長(写真)
https://news.yahoo.co.jp/articles/70a96f0ebeaf0e73b184834f83d384eecaf2d61e/images/000

自転車のハンドルに違和感があったので調べて見ました。
乗車姿勢は後方に重心を掛ける綱引きをイメージ。
前方に蹴り出すようにペダリング。

写真を見ると、普通に乗っている!違うんじゃないの?
「乗り方が違いますよ」と市長に言う人は、誰も居ないの?

名無しの市民
返信する  5年前
16 days ago

市長が太った60歳代のお爺さんに見えた。
たまには自転車に乗って若返って下さい。

5年前
返信する  5年前
10 days ago

報告を一つ
イーアスの南の駐車場横に、その自転車が4、5台ありました。
サドルに腰掛けハンドルを握ったら、乗車姿勢は写真の市長と同じ感じで普通、前方に蹴り出すようなペダリングはできそうに思えなかった。
尚、私の身長は170センチ、腕は少し長い。

一度乗って見たいが、スマホがないので乗れない、残念!
試乗会でもあれば行きます。市長よろしくお願いします。

中村@つくば
返信する  名無しの市民
16 days ago

つくバス、つくタクのような市による公共交通の維持に年5億円位は使われています。それを補完する形の自転車を試すのに年600万円使うというのはそんなに無茶な話ではないと思います。
今回のは、規模も中途半端で、利用料金も高めです。
むしろ、もっと予算をつけて、利用料金は抑えた方が良かった気がします。

5年前
返信する  中村@つくば
16 days ago

>>年600万円使うというのはそんなに無茶な話ではない
事業費の金額の問題ではなく、無茶かどうかではなく、利用する人がいるのかどうか?の問題だと思います。

>>もっと予算をつけて
お金あるんですね〜  

>>利用料金は抑えた方が良かった気がします。
丼勘定ですね〜〜
市場調査はしなかったようですね〜〜

名無しの市民
返信する  中村@つくば
16 days ago

年600万円といっても24万6千人が利用するのではなく甘い見積もりでも1万人弱です。市役所の目算では利用者の多くはTXでつくばにやってきた人です。24万人の市民は何の恩恵を受けません。五十嵐さんの趣味の範囲の実験。くだらないと思います。

5年前
返信する  名無しの市民
16 days ago

<つくば市シェアサイクル実証実験事業「つくチャリ」>
実証実験事業!だったんですね。
実験の場合、条件をいろいろ変えてするのが普通なんですが、
場所も料金も変えないで固定のままで3年間実施するんでしょうか?
もしそうだとすると、それは実験ではなくて、博打でしょう。
市長の趣味が、博打だなんて、知らなかった。

名無しの市民
16 days ago

16585: ご近所さん [2021-10-01 11:43:08]
つくチャリ。『利用想定人数は1日平均20人、22年度は27人、23年度は37人、24年度は50人』から、3年半の実証実験全体では(20 * .5 + 27 + 37 + 50) / 3.5 = 35回/日の想定。365 * 3.5 = 1278日だから、 35 * 1278 = 44730回 の利用が想定。『事業費は自転車購入費を含め3年間で約2200万円』だから、一回あたり 500円の補助金である。

16586: ご近所さん [2021-10-01 12:07:03]
シェアサイクル=サイクルポート間の移動というコンセプトなら、1回の利用は 30分が想定されているだろう。つまり 154円 が想定される平均的な利用料金。これに対して 500円の補助金ということは、支出は収入の4倍以上で、到底、黒字になることはない。これを自ら認めている。 ecobike 社は民間事業として成り立つかどうかをちゃんと検討したからこそ、現実的な想定となったのではないか。
ecobike 社から見ると 2200万円が 3.5年で必要な運営経費そのもので、利用者が0で収支がトントン。逆に言えば、利用者収入がまるまる ecobike 社の儲けという話ではないかと思われる。

名無しの市民
16 days ago

「のりのり自転車」の悪夢再び?

名無しの市民
返信する  名無しの市民
15 days ago

<つくば市シェアサイクル実証実験事業「つくチャリ」>

サイクルポートの場所を見ると市役所職員の昼飯移動だな、暇なとき、   

どんな人が乗っているか、見てみたいね❗

名無しの市民
15 days ago

<つくば市シェアサイクル実証実験事業「つくチャリ」>

サイクルポートの場所を見ると市役所職員の昼飯移動だな、暇なとき、   

どんな人が乗っているか、見てみたいね❗

5年前
返信する  名無しの市民
15 days ago

利用料金は15分で77円なので、昼飯30分+α(移動時間)とすると、
料金は、77円✖️3=231円(最低でも)、多分300円以上になる。
この料金で、昼飯移動に使う市役所職員はいるのでしょうか?

名無しの市民
14 days ago

市村真三町議の予見(つくば市政展望-145)
2021-09-16 10:30:55
ttps://ameblo.jp/abe-nangyu/entry-12698247854.html

旧筑波町の市村真三町議の合併反対論が如何に正しかったか、いま証明されている。政治は結果論だ。旧筑波町がつくば市に遅れて合併したが、その後はあの時に頑張って合併しなければよかった。共産党のいう事だからと、赤と言われると、と市村真三町議の合併反対論に与しなかった人々の間の言葉である。合併して何か良い事があったかな。と、問われると井坂敦実さんは良い目に合っているとなる。

つくば市の誕生は自転車で役場に行けた時代からの終わりを意味した。後の平成の大合併も自動車時代の産物とも言えた。だが、令和になって、お年寄りは免許返納して下さい。令和の時代は自転車に戻りつつある。つくば市の市役所は遠いのだ。

自転車の時代に戻るのであれば、つくば市から旧筑波町は抜けたい。役場を取り戻したい。自転車で通えるところに役場があってこそ、住民の安全が守れる。安心なのだ。

旧筑波町民は市村真三元町議の声を待っている。日共を首になった市村真三さんの声を聴きたがっている。

名無しの市民
8 days ago

良い案であるのかどうなのか疑問。これだけ車社会なので利用する人は増えるのだろうか?
日が暮れるのも早くなってきたので自転車の灯火類の安全性もきちんとやってもらいたい。ただでさえつくばの町は駅から少しでも離れれば、街灯少なく暗い道だし、ジャングルかと思うくらい木が生い茂ってるせいで暗く街灯も少ない、もしくは無い。車から自転車の発見が遅れる。とても危険。町の整備も何とかした方が良さそうだ。土浦方面に行く道路には歩道ないしかなり危険。自転車より道路整備してからで良いのでは?

名無しの市民
返信する  名無しの市民
8 days ago

つくばは車社会だよ。車じゃないと暮らしにくい、こんなに広い街の道路整備すんのにどんだけ金かかるか分かっとるんか?

駅の近くに住めない貧乏人は暗くなったら街灯も少なく暗い道を速度出さずに注意深く運転する方が良さそうだ。

名無しの市民
1 day ago

https://tonarie-tsukuba.jp/floorguide/

つくば駅(中央公園)、つくばスタートアップパーク(つくば市産業振興センター)の貸し出し可能台数が0であることが恒常化してませんか?リバランスって重要なんですね。実証実験の成果が早くも出始めました。

***

町田市でも同様の事業(電動自転車で 77円/15分と同価格)をやっていますが、同様の成果が得られているようです。

市内から市外への利用が、市外から市内への利用の2倍となっており、市内に設置した自転車が市外に流出している.. これに対応するため .. 対象エリアを市内限定にして社会実験を継続する

スポンサー

注目の記事

最近のコメント

最新記事

つくば学園都市は公立高過疎地 《吾妻カガミ》118

【コラム・坂本栄】困った数字がこのサイトで紹介されています。教育環境が自慢の学園都市には県立の全日制高校が少なく、つくばは公立高の過疎市だというのです。平均的な学力の中学生を私立よりも学費が安い公立に入れたいと思っている親にとって、つくば市は「住みにくいまち」のようです。 詳しくは「つくば市に県立高校新設を 市民団体が市議会に請願」(9月29日掲載)と「付属中併設は泣きっ面にハチ」(9月30日掲載)をご覧ください。 ▼市内の県立高に進んだ中学生は18%に過ぎず、46%が市外の県立高に、36%が市内外の私立高に行った、▼以前は6つあった全日制高が、近隣市の県立高への併合、定時制への移行、中高一貫への衣替えによって半減した、▼この20年間に減った全日制学級数は、水戸が2%、日立が21%、土浦が20%だったのに、つくばは61%も減った―などがポイントです。 つくば市は県全体の流れとは逆に住民が増えているのに、県は少子化に伴う学校・学級の整理整頓という方針の下、実におかしな対応をしています。大井川知事の経歴(経産省キャリア→IT企業役員)も影響しているのか、県はエリート教育には熱心ですが、平均的な学生を抱えた平均的な家庭の事情に鈍感ではないでしょうか。 優秀な学生を育てることには賛成です。私は、今春に中高一貫を併設した県立土浦一高の評議員を10数年やっています。その議論の中で、中高一貫を導入するよう歴代の校長に進言、現知事の1期目にやっと実現しました。競争環境を整え、突出した学生を鍛えることが日本はもちろん世界に必要と思うからです。

子どものころ 土浦の遊び ① 《夢実行人》1

【コラム・秋元昭臣】下高津小学校への通学は、「あきおみちゃん、学校へイーきましょ」の声で始まりました。今のように親が出ることもなく、田んぼや畑の中を仲間同士で登下校するのは楽しいものでした。菜の花を摘んだり、チョウチョを追いかけたり。麦の穂を友だちの袖に奥に入れてしまうイタズラはしましたが、イジメではなく遊びでした。 このころ、大人はハーモニカを吹いてましたが、子供は麦笛を吹いていました。花見は親に連れられて桜川に行き、土手に座ってたくさんの貸しボートを眺め、お弁当を食べました。これがボートとの出会いです。 エビガニの穴を掘ったり、農作業する牛を見たり、散った桜の花びらで首飾りを作ったり。毒があると知らず、学校裏のお寺に青梅を盗みに行き見つかり、廊下に立たされたり。しかし、花祭りにはお寺さんに甘茶を振る舞ってもらい、秋はイチョウの大木から落ちた実を土に埋め、冬にたき火で焼いて食べました。 夏になると、田んぼにはホタルが飛び交い、捕まえて蚊帳の中に入れて楽しみました。大人と一緒に夜の田んぼに行き、カーバイトランプを灯した「ドジョウぶち」では、眠っているドジョウを串刺にし、カーバイトの匂いと、くねるドジョウに興奮しました。エビガニ、ドジョウ、釣った魚、食用ガエルが、たんぱく源として食された時代です。 泳ぎと言ってもプールなどなく、ガキ大将に連れられ、ため池「高津池」に行き、親にばれないようにパンツを脱いで水遊びをしました。雑木林の「ターザンごっこ」では、木から木へ渡り歩き、ロープにぶら下がって遊びました。転落やケガもありましたが、今と違い、「落ちたほうがドジ」の一言。問題にはならない時代でした。

ロボッツ、ホーム初戦も B1開幕5連敗

男子プロバスケットボールBリーグ1部(B1)に昇格した茨城ロボッツは16日、今季のホーム初戦として、水戸市緑町のアダストリアみとアリーナに宇都宮ブレックスを迎えた。茨城は66-88で宇都宮に敗れ、いまだ白星なしの5連敗。 2021-22 B1リーグ戦(10月16日、アダストリアみとアリーナ)茨城ロボッツ 66-88 宇都宮ブレックス茨 城|11|15|17|23|=66宇都宮|21|22|28|17|=88 昨季準優勝の宇都宮は、B1リーグではトップ中のトップといえる強豪チーム。初昇格の茨城が挑むことで、上位とのレベル差を測る良い機会になると見られていた。結果としては大差での敗戦で、リチャード・クレスマンヘッドコーチは「自分たちの道のりはまだまだ長いと感じた。これまでの4試合もタフなゲームだったが、宇都宮は個々のプレーや、ハイレベルな守備、次々に交替できる選手層の厚さなど素晴らしいチーム。こういう相手に対し日々成長しながら前向きに戦っていきたい」と振り返った。 試合開始直後は茨城のアップテンポな攻撃が機能、平尾充庸やエリック・ジェイコブセンが3点シュートを決め、宇都宮と互角の戦いを進めていく。だが第1クオーター半ば、11-10のスコアから茨城の得点がぴたりと止まり、宇都宮に点差を広げられる展開になる。 今季新加入のエリック・ジェイコブセン(右)。この日は17得点のほか、ディフェンスリバウンドなどでも活躍した=同

「資金調達 現在進めている」改修工事費用でまちづくり会社 つくばセンタービル

つくば市が出資するまちづくり会社「つくばまちなかデザイン」(同市吾妻、内山博文社長)が18日から工事を実施すると告知しているつくばセンタービル1階アイアイモールの解体と改修工事のうち、貸しオフィスなどにするための改修工事資金について、同社が現在も、資金調達を進めている最中であることが15日分かった。 同日開催された市議会全員協議会で、まちなかデザインの小林遼平専務が「資金調達を現在進めている」と答弁した。改修工事費がいくらになるかや資金調達の見通しなどについて複数の議員から質問が出たが、小林専務は「この場ではお答えを控えさせていただきたい。細かいデータがないのでお答えできない」「金融機関と守秘義務契約を結んでいる」などと繰り返した。 同社の工事スケジュールによると、アイアイモールの解体工事を18日から12月半ばまで実施し、貸しオフィスなどに改修する工事を12月初めから来年3月末まで続けて実施するとしている。解体工事の費用については「(元の借り主の)筑波都市整備からいただく」という。 小林専務は「(18日から)解体工事に着手する。新設(改修)工事は着手してない」とし、改修工事は「資金調達ができない限り着手しない」「資金調達が決定したらつくば市と協議しながら報告したい」などと答弁した。 同社の現在の資本金は当初の想定より2900万円少ない1億2100円。一方、市は昨年12月と今年3月に市議会に示した資料で、初期投資として改修費などに約2億7300円かかるとする見通しを示している。同じ資料の事業収支見通しでは、資本金を2億万円とし7000万円を借り入れる収支計画を示している。新たな収支見通しに対する質問も出たが、小林専務の答弁はなかった。 議会や市民に説明なしに工事を拙速に進めないよう求める決議を臨時議会に提案する山中真弓市議(壇上)=同