火曜日, 9月 21, 2021
ホーム つくば 「建物の輪郭や広場の形状維持を」市民団体が再要望 つくばセンタービル

「建物の輪郭や広場の形状維持を」市民団体が再要望 つくばセンタービル

つくばセンタービルリニューアル計画について、つくば市が実施設計の入札を7日に予定している問題で、市民団体「つくばセンター研究会」(冠木新市代表)は3日、五十嵐立青市長と小久保貴史市議会議長に、建築物の輪郭や中央広場の形状を維持し、改修は室内に限定するよう求める2度目の要望書を提出した。西側エスカレーターの設置見直しや中央広場を囲う一部の壁の撤去見直しなどを求めている。

市のリニューアル計画の主な内容は▽西側(クレオ側)にエスカレーターを新設する▽現在の1階ノバホール小ホールや廊下、市民活動センターなどに市民活動拠点をつくる▽ノバホール西側外階段の半分をスロープにする―など。これまで市は、市議会の意見を受けて、北側(ホテル側)のエスカレーターについては設置を取り止めた。

これに対し要望書は、つくばセンタービルはプリツカー賞を受賞した磯崎新氏のポストモダン建築の代表作であり、築50年の2033年には登録文化財となることが間違いないのに、市のリニューアル計画では貴重な申請資格が失われることになりかねないとしている。その上で、建物の歴史的、文化的意義を尊重し、建物や広場の空間的な輪郭はそのまま保持して、リニューアルは室内改修に限定すべきだとしている。

具体的には、西側エスカレーターについて、2基の計画のうち北側の1基を市議会の決断で撤回したことは評価するが、西側(クレオ側)エスカレーターについても見直すよう求め、10メートルも離れてない位置に既存のエレベーターがあること、既存エレベーターを改修する方が安全でコストが安いこと、エスカレーター設置に伴う中央広場を囲う壁の改変や屋根の設置は広場の価値を損なうなどと指摘している。

市民活動拠点の整備については、中央広場を囲う壁の4分の1を撤去し、開閉式の透明なガラス扉に置き換える計画に対して、中央広場の特徴であるメタリックな正方形とガラス窓、ガラス扉のバランスで構成された空間構成を台無しにし、世界的に価値が認められた広場の形状を壊すとしている。

さらに市民活動拠点などを整備するに際し、1階室内の幅4メートルの廊下を2メートル以下に狭めたり、廊下をふさぐなどの計画に対して、1階からの中央広場へのアクセスが狭められ、機材の搬入や搬出がほとんど不可能となってしまい、つくば市がエスカレーターを設置する目的にしている中央広場の活性化の弊害になると指摘している。

幅が半分になり小ホール側の壁が壊されるつくばセンタービル正面玄関入り口の通路

併せて、ノバホールと小ホールの間の幅4メートルの通路は、センタービルの正面玄関入り口となっているばかりか、中央広場の楕円の長軸に沿って筑波研究学園都市の南北の主要軸を形成しており、正面玄関入り口の堅牢な石造りの壁を壊すことは、筑波研究学園都市の骨格を破壊することになるとしている。

ほかにノバホール西側の外階段を改変し、車両用のスロープを新設する計画に対しては、スロープの傾斜角度が13度を超え、急な傾斜になるとみられることから、自転車などが加速し過ぎて停止できなかった場合、歩道と、交通量が多い土浦学園線の車道に行きつき、危険な事故の誘発要因となる恐れがある危険なスロープだとし、加えて、車両の通行に限定しないと建築基準法違反の勾配になるが、人や自転車の進入を24時間防ぐことは、かなり困難だなどと課題を指摘している。

階段の半分をスロープにする計画のノバホール西側外階段

要望書を提出した冠木代表は「6月1日にエスカレーター設置の見直しを求める要望書を出し、北側の1基はなくなったが、まだまだ大きな問題点があって市民に知らされないまま実施計画に入ろうとしている。つくば市の改造計画は磯崎新さんの設計ビジョンを無視したもので、プリツカー賞をとったことに対する敬意があるのか、疑問に思う」と話している。

再要望を受け取った小久保貴史市議会議長は「(議員全員で)要望書を共有し、中心市街地の特別委員会で協議していただくことになる」と述べ、飯野哲雄副市長は「(要望書を)読ませていただいてからの話になると思う」としている。(鈴木宏子)

41 コメント

41 Comments
フィードバック
すべてのコメントを見る
名無しの市民
18 days ago

2033年に登録文化財となると市の税金はどんくらい必要になるのかを明言しときなさい。金がかかるんだったら今のうちに手を下しておく方がベターだ。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
18 days ago

登録有形文化財建造物の優遇措置

【登録有形文化財建造物修理等補助事業】
  ・保存修理に係る設計・監理事業の補助
  保存・活用に必要な修理等の設計監理費の 2 分の 1を国が補助
  ・公開活用事業の補助
  地方公共団体などが行う公開活用事業にかかる費用の 2 分の1を国が補助

名無しの市民
返信する  名無しの市民
17 days ago

登録有形文化財になった暁に、市費10億、国費10億でエスカレーターや車道や屋根をつければ話が分かりやすくなっていいんじゃないですか。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
18 days ago

センター広場の西側にエスカレータを作ると市の税金は年間1,000万円ぐらい必要になります。エスカレータだけで。1日に10人しか使わないかもしれないのに。そこは気になりませんか?今のうちにエスカレータの設置を中止する方がベターです。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
3 days ago

登録文化財となったらその際にあらたな資金はどれほど必要ですか。さらに登録文化財の維持管理に必要な資金はどれほど必要ですか。その額が今回の市の改築計画よりも上ならばそちらを選ぶのもいいかもしれません。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
3 days ago

現在のセンター広場のデザインを維持するつまり、『登録文化財の維持管理に必要な資金』は、特に高額にはならないはず。「はず」というのは改修修計画自体の詳細が公開されていないので、改装することで維持費用の削減になるかどうかが分からない。そんなには変わらないという予想は立てられます。

センター広場のデザインを保持したまま、オフィスや市民活動センターなどに内部を活用することも、特に追加費用無しに出来る。

逆に、登録文化財ならメンテンナンス費用の 1/2 に国からの補助金が出るので、センター広場の水景の改修費用などで市税の負担が小さくなる可能性もあります。エスカレータは金食い虫。減価償却、維持費用などの年間 1,000万円が節約になるのも見逃せない。

市税の節約を考えるのなら、登録文化財の心配より、無駄なエスカレータの設置の阻止が比較にならないぐらい重要。登録文化財はむしろ市税の節約の可能性もあるような話です。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
3 days ago

でも、2033年の話ですよねえ。12年も先のことをつくば市が考えてはいけません。
12年先のことを考えても実現するのは20年後になりそうです。上郷高校跡地も10年前のことだし、総合運動公園は7年前のことですし。

過去のことを確実に処理していく方がいいと思います。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2 days ago

内藤彰設計の桜庁舎は無人になってちょうど12年。撤去予定で、移転から10年を経過しても撤去されていない役場はここだけです。

ちなみに、他の5旧町村役場は次のようになっています。

旧谷田部庁舎は2012年に撤去。谷田部小グラウンド及びバスターミナル、駐車場など。

旧筑波庁舎は2014年撤去。跡地は小中一貫校。

旧茎崎庁舎は2015年撤去。跡地はコミュニティバス等の待合所、停留所、駐車場など。

旧大穂庁舎は大穂窓口センター及び外郭団体事務所として継続使用。

旧豊里庁舎は市文書保管施設として利用。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2 days ago

旧消防署は6年たってやっと解体されるそうです。

令和3年6月15日 入札結果
星田建設工業(株)
¥156,200,000
工事期間 令和4年3月1日

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2 days ago

6月15日の入札は実は3回目でした。12社の一般競争入札の1回目と2回目は予定価格超過と最低制限とで入札不調となりました。同じ「商品」に対し、最低は9900万円、最高2億1881万円の価格が付けられたことになります。「解体工事」という商品の奥深さを感じました。

参考までに、3回目入札
←2回目入札←1回目入札

星田建設(株)1億5620万
←1億8315万←2億1806万

(株)H商事  1億5803万
←2億1913万←2億1815万

A物産(株) 1億7105万
←1億9134万←2億1881万

N工業(株) 1億8185万
←1億1088万←1億2250万

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2 days ago

A(株)    1億6386万
←1億0780万←  9900万

名無しの市民
返信する  名無しの市民
1 day ago

桜庁舎を市の文化財として残す動きはありやなしや?あの建物の3階から眺めた筑波山は素晴らしい。三井ビル、松見の塔、イーアス、筑波大病院屋上、市役所など見晴らしの良い場所はいくつもあるが筑波山は桜庁舎が一番。設計者のセンスを称える。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
1 day ago

https://www.city.tsukuba.lg.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/002/132/houshin_honpen.pdf

桜庁舎については,旧耐震基準に基づき建築されている。庁舎の状態を見ると,築30年を経過し,筑波庁舎と同様に老朽化が進んでいる。特に庁舎両端の階段部分にクラック等が多数発生するとともに,一部で雨漏りが発生するなど継続して使用するためには,多額の修繕費等を負担していかなければならない。また,桜庁舎は施設の規模が大きく空調設備を稼働させるためには専門の技術者を常駐させなければならない。

5年前
返信する  名無しの市民
3 days ago

登録文化財になったとしても、閑古鳥が鳴く空間では、意味がない。

名無しの市民
18 days ago

全然センターじゃないのにセンターを名乗ってるのやばすぎ

名無しの市民
返信する  名無しの市民
18 days ago

1983年ではセンターだったのでは?

普通の市民
返信する  名無しの市民
18 days ago

今もつくば市政、行政上は「つくばセンター地区」に位置付けられています。

名無しの市民
返信する  普通の市民
18 hours ago

「つくばセンター地区」は解体工事の花盛りだ。
1件10億円を超えるんだろうな。総額いくらになるのかな。お金発見 突撃!カネオくん、「お金にまつわる秘密」を掘り下げてくんないか。

例えば、市の旧消防署の解体工事の入札価格。
最低9900万円、最高2億1881万円のえらい巾ののあるものだった。「解体工事」のお値段は如何様にも値がつけられるのかな。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
17 days ago

623名無しさん2018/08/17(金) 07:07:36.05ID:DdMuetye

>>618

へんな日本語だなw

つくば市では、中心市街地の魅力の向上やにぎわいを創出するために、公園やペデストリアンデッキ等の特徴的なパブリックスペースを活用したプレイスメイキング(場づくり)を検討しています。

本年度は、次年度以降の中心市街地の街のにぎわいや魅力の持続的な創出のため、期間を限定し、実証的に事業を行っています。

つくば市役所都市計画部 学園地区市街地振興室

名無しの市民
返信する  名無しの市民
17 days ago

https://www.city.tsukuba.lg.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/005/097/4.pdf

『つくば市、つくばセンター地区活性化協議会及び株式会社ナムチェバザールは、つくば駅周辺のパブリックスペースを活用したプレイスメイキングの推進に関し、次のとおり協定を締結する』

ナムチェバザールつくばQ’t店は 2021年5月30日をもって店舗を移転いたします。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
17 days ago

パブリックスペースを活用したプレイスメイキングの推進に関する地域連携協定書  2018年7月10日

この3年弱で何かありました?

名無しの市民
返信する  名無しの市民
17 days ago

2018年の五十嵐さんの行動年表を作って見たらどうでしょうか。悲しいほど笑えます、悲しいけど笑えます。地味な努力は認めますが。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
1 day ago

山の上じゃなくて、足の下の石を見ろ。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
13 hours ago

科学をするにも人間の営みを理解する必要があり。全て無関係なものはない。

5年前
返信する  名無しの市民
17 days ago

同感だ!”つくば市”の日本語は、”へんな”のが多い。
市長に言いたい、
言葉の乱れは、いづれ、市役所の乱れ!となるだろう。

名無しの市民
返信する  5年前
17 days ago

五十嵐市長メッセージ
~(つくば中心市街地まちづくり)ヴィジョンに込める想い~

必ずしも一つの正解が存在しない中で、こうした課題や今後待ち受ける予測しがたい変化にも柔軟に順応できる持続可能なまちを創っていくためには、何よりも先ず、”こんなまちにしたい”という未来志向のイメージを市民の皆さんと一緒に描き、共有していくことが大切であると強く感じています。

2018年7月

名無しの市民
返信する  名無しの市民
17 days ago

現在の課題を解決し将来の変化にも柔軟に順応できるまちを作りたいと思っています。言うまでもなく、そこには、たった一つの正解は存在しません。そこで、まずは”こんなまちにしたい”というイメージを市民の皆さんと一緒に描くことから始めたいと考えます。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
17 days ago

持続可能、未来志向、共有などの余分なフレーズが溢れていることが大きな問題かと思います。また論理構成が根本的におかしい。そのために理解が難しいのですが、忖度を重ねて添削してみました。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
17 days ago

「たった一つの正解が存在しない」というところが、かなり困った。どういう意図があるのだろう?そこが忖度できなかった。

5年前
返信する  名無しの市民
17 days ago

意図はないと思います。
何となく”カッコいい”表現を並べただけ!

名無しの市民
返信する  5年前
17 days ago

当時の流行ことば。地方自治体の長のみならず国政の場でも使われた。要するに”カッコいい”表現をパクっただけ!

名無しの市民
返信する  名無しの市民
17 days ago

翻訳:
大切なことは市民の皆さまと「つくばをこんな街にしたい」という未来についてのイメージを一緒に考え、共有していくことです。なぜならば、問題というのは常に予測しがたい形で現れ、問題に対する正解も1つとは限らないからです。

原文:
必ずしも一つの正解が存在しない中で、こうした課題や今後待ち受ける予測しがたい変化にも柔軟に順応できる持続可能なまちを創っていくためには、何よりも先ず、”こんなまちにしたい”という未来志向のイメージを市民の皆さんと一緒に描き、共有していくことが大切であると強く感じています。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
17 days ago

センター広場に誰も望んでいないエスカレータを設置することは、そもそも正解ではないと思いますww 正解はいろいろあるとは言っても、これだけはない。エスカレータを作ったら大恥だと思うけど、どうしてそれが分からないのだろう。

名無しの市民
返信する  5年前
1 day ago

平成24年10月、いがらし立青34歳は市長選挙公報で吠えた。

企業との人事交流拡大とコーティングによるリーダー育成で「お役所仕事」から「プロフェッショナル市役所」へ

5年前
17 days ago

内部の改修も、思っていたより大規模!
本当に必要なの?
次の選挙で、確実に問題にされるね!

名無しの市民
17 days ago

そもそも論として「センター」という考え方が、まったくポストモダンではないという矛盾。

名無しの市民
16 days ago

冠木さん、議会での手打ち=一基案に甘んじない姿勢に敬服します。

5年前
返信する  名無しの市民
16 days ago

そろそろ、工事の着手阻止のための、実力行使の案を考える時期が来たのではないでしょうか?
平日昼間だけなら参加できますよ!
美味しいコーヒーデモ飲みながら、椅子に座るぐらいなら出来ます。
尚、椅子は持参します。

5年前
返信する  5年前
14 days ago

雨の日は、椅子の上にカラフルな傘を広げて、
私自身は、近くカフェでコーヒーデモ飲もうかな!
尚、カラフルな傘は持参します。

NYCPA
15 days ago

つくばで育ち渡米して約20年。ニューヨークに在住し公認会計士をしております。4年遅れでアメリカで放映されている「仮面ライダービルド」に幼い息子は夢中です。そしてなんと戦いの舞台がつくばセンター広場!親の方が興奮しました。懐かしさと共に、変わらぬ美しさは磯崎新の作品だったなと感慨深く思い、ネットでふと検索したところ、なんとセンター広場の上に屋根やらエスカレーターやらを設置する計画があることを知りました。残念に思います。ニューヨークではエスカレーターは壊れてばかりのところが多く(特に外と密接している地下鉄入り口)修繕コストも税金からの上、修繕作業自体も景観を壊し、動かないエスカレーターを階段のように上らなければならないため住民を苛立たせます。世界中で評価されている文化財をわざわざ壊しにかかる計画は断固反対です。つくばセンター研究会、頑張ってください。応援しています!

名無しの市民
返信する  NYCPA
14 days ago

五十嵐市長の目安箱にもご意見を。ニューヨークからというだけで市長は喜ぶと思います。

市内の陽性確認者数

直近30日の感染者数推移

このグラフは土浦市・つくば市の過去30日の陽性確認者数を表しています。

これまでの推移(つくば市)

このグラフは初の陽性確認者が出た日から取得した最新日までの推移を表しています

これまでの推移(土浦市)

このグラフは初の陽性確認者が出た日から取得した最新日までの推移を表しています

コンピュータプログラムによる自動取得です。正確性を保証するものではありません

スポンサー

注目の記事

最近のコメント

最新記事

「合理的配慮」義務づけに民間向け助成 障害者差別解消法改正でつくば市など

今年5月に改正された障害者差別解消法の学習会が18日、市民団体「茨城に障害のある人の権利条例をつくる会」(事務局・水戸市)主催でオンライン開催された。障害者への「合理的配慮」を民間事業者にも義務づけたことを受け、参加者からは「民間事業者が合理的配慮を提供することを支援する制度がつくば市にもある。うまく活用してもらえれば」という意見が聞かれた。 市民団体がオンライン学習会 学習会には県内の障害者や支援者、県議会議員、つくば市議会議員など、約50人が参加した。内閣府障害者政策委員会の委員長である石川准さんが、障害者差別解消法の改正点や残された課題について解説した。 今回の改正では、民間事業者も「合理的配慮」を提供することが義務化された。合理的配慮とは、障害者が他の者と同等の生活を営むために必要な環境の調整である。例えば、車いすでも店に入れるように、入り口にスロープを付けたり、聴覚障害者に筆談で対応すること。2016年施行の障害者差別解消法で、行政機関等は、過重な負担でない限り、合理的配慮を提供することが義務化されたが、民間事業者は努力義務とされていた。 改正法が実際に適用されるのは「3年以内」という。自治体や事業者の準備期間が必要との理由だが、民間事業者は配慮の必要な範囲を見定め、計画的に進める対応が求められる。 合理的配慮を提供するには、スロープや筆談ボードの購入などの設備投資が必要だ。「―つくる会」では2018年に、当時から民間事業者等の合理的配慮提供にかかる費用を助成する独自制度があった兵庫県明石市の職員を呼び、内部向け学習会を行った。その後、加盟する障害者団体が各市町村に呼びかけた結果、2018年につくば市で民間事業者等への合理的配慮助成制度がつくられたのを皮切りに、現在は県内5市で同様の助成制度が実施されている。

また中止された土浦の花火を考える 《吾妻カガミ》116

【コラム・坂本栄】11月第1土曜日に予定されていた土浦全国花火競技大会が中止になりました。コロナ禍の収束が読めない今、2カ月先の催事にGOは出せないとの判断です。昨年もコロナ禍を受けて中止。2年前と3年前は事故で途中取り止め。花火好きの私にとって、中止はもちろん事故も残念です。大音量スピーカーで来観者に挨拶できない土浦市長もさぞ残念でしょう。 桟敷で観るのが正しい作法 中止に至った経緯については「無念の中止決定 土浦の花火 第90回記念大会」(9月6日掲載)をご覧ください。土浦の花火は、地域住人の秋の娯楽であるとともに、全国の花火ファンに楽しんでもらう観光事業であり、煙火会社の意匠と技術を競うコンテストでもあります。競技花火は、伊勢神宮の花火(三重県伊勢市、8月上旬)、大曲の花火(秋田県大仙市、8月下旬)もありますが、土浦大会に参加する会社が最も多く、競技花火の締め役を担っています。 大相撲や歌舞伎と同じように、私は土浦の花火を家族や知人と桟敷席で観るようにしています。日本酒とウイスキーを持ち込み、重箱に詰めた肴(さかな)をつまみながら、大音をお腹に感じ、大声で讃(さん)を送る。これが正しい作法です。 湖面にも映る霞ケ浦打ち上げ

企業経営で意識しておきたい3つの流れ 《地方創生を考える》20

【コラム・中尾隆友】これからの企業経営では、3つの大きな流れを抑えておくことが欠かせない。 1つめは、「人口減少」だ。日本のマーケットは縮小に向かうわけだから、そのことを想定してビジネスを展開しなければならない。たとえば、国や地方自治体が将来の人口推計を公表しているので、自社のビジネスにいつごろ、どのような影響が及ぶ可能性があるかをイメージしてほしい。 2つめは、「デジタル化」だ。AIによる自動化と言い換えてもいいかもしれない。図らずもコロナ禍で注目されて加速することになったが、たとえパンデミックがなかったとしても、国や企業の基本方針として着実に進展していくはずだ。 3つめは、「地球温暖化」だ。世界が脱炭素実現へギアを上げる中、企業も環境保全をはじめとする持続可能性を強く意識した経営が求められる。2030年や2050年の具体的な成果に向けて、国内外のルールや法制度も段階的に刷新されていくだろう。 危機は新ビジネスのチャンス 実は、この内容は過去数年、全国の企業経営者の前で話し続けていることだ。コロナ前でもコロナ後でも、企業経営にとって変わらない本質的な話だ。(今年は茨城県経営者協会でも講演させていただいた)

黄色のリュック型も選択可能に 土浦市 新1年生にランドセル贈呈

土浦市では、市立小学校や義務教育学校に入学する子どもたちのために、1976年から毎年、入学祝品としてランドセルを贈呈している。来年度から、従来の赤と黒のランドセルに、黄色のリュックサックタイプが加わり、3種類の中から選べるようになった。 従来の赤と黒のランドセルは人工皮革で、重さ約1キロであるのに対し、黄色のリュックサックタイプは850グラム。軽量化のニーズに応え、選択肢を増やした。 同市教育委員会学務課の担当者は「実際に背負い比べた子どもたちは軽いと言う。子どもにとって150グラムの差は大きいのではないか」と話す。 ファスナーを開いた状態のリュックサック=同 黄色のリュックサックタイプは、ポリエステル製。出し入れしやすいようにファスナーが大きく開き、教科書やノート類は、中のベルトで固定できる。 背中は汗をかいてもべたつきにくいメッシュ仕様。背負いひもにはランドセルと同様にフック(ナスカン)があり、防犯ブザーを付けることができる。