火曜日, 9月 21, 2021
ホーム コラム コロナ医療崩壊 つくば市の誤判断 《吾妻カガミ》114

コロナ医療崩壊 つくば市の誤判断 《吾妻カガミ》114

【コラム・坂本栄】コロナ感染者が急激に増え、首都圏で医療崩壊が起きています。陽性者を含む医療が必要な人の数と、これらの人を受け入れる病床数の需給が崩れ、コロナ患者が医療システムの外に置かれるという非常事態です。昨春、日本財団が打診してきた軽症者収容施設をつくば市が受け入れていたら、こういった惨状はかなり緩和されたのではないかと、残念でなりません。

「戦争ができない国」になった日本

本欄ではコロナ禍を有事と捉え、何回か、国や自治体が実施すべき(あるいはやってはいけない)対コロナ策(作戦)を取り上げました。初回「…つくば市のコロナ対応」(昨年4月6日掲載)では、ワクチン(武器)入手や接種所(前線)への配送(後方支援)はもちろん、対コロナ(敵)の基本は国境・県境で阻止する、それに失敗したら密空間(戦域)での拡散(戦闘行動)を抑える―ことが大事と指摘しました。

こういった枠組みで考えると、県境を越えるGO・TOトラベル、国境を越える東京五輪は間違った対応でした。ワクチンの自国開発不調は後日検証するとしても、河野太郎氏をワクチン担当相(兵站司令官)に就けたのは人事ミスでした。目立ちたがりの彼は、次々と場当たり策を打ち出し、ワクチン配送と接種所を混乱させたからです。米国では軍の兵站(へいたん)部門が配送を担当したと聞きます。

また、政府が私権制限を可能にする法整備を怠ったのは失態でした。これでは、国民が密になる場所に集まることを放置、コロナの犠牲になる(効果的な機銃掃射の標的になる)のを許すようなものです。菅首相は有事と平時の違いを理解できないのでしょうか。誤解を恐れずに言えば、日本は「戦争ができない国」になってしまいました。

残念だった「コロナ野戦病院」拒否

小粒ですが、つくば市にも似たような対応がありました。コラム「…コロナ対応を点検」(昨年5月4日掲載)で、2つの事例(小中学校の密状態容認、人の市境越え誘導)を挙げておきましたので、詳しくはリンク先をご覧ください。それよりも、9000もの病床を備える軽症者施設の市内設置を断ったことは、大局観に欠ける失態でした。

競艇の収益で公益活動をしている日本財団が、つくば市にある1万7300坪の同財団研究所跡に、軽症コロナ患者(戦傷者)を収容する大テント病棟群を設置したいと、市に同意を求めてきたところ、五十嵐市長は市民の同意を得るのが難しいとの理由で拒否した、というのがその経緯です。秋の市長選を前にして、「迷惑施設」は政治的にマズイと判断したようです。詳しくはコラム「『大型コロナ病床の是非』の是非」(昨年4月20日掲載)に出ています。

このテント病棟(野戦病院)が実現していれば、首都圏の重症者(治療は集中治療室)、中症者(同病院か在宅)、軽症者(同原則在宅)のうち、軽症者と中症者の相当数を収容でき、首都圏の病床需給は劇的に改善されたでしょう。コロナ禍を有事と考え、施設を受け入れていれば、五十嵐さんはその見識が評価され、将来の首相候補になっていたしょう。残念。 (経済ジャーナリスト)

73 コメント

73 Comments
フィードバック
すべてのコメントを見る
名無しの市民
22 days ago

『このテント病棟(野戦病院)が実現していれば … 首都圏の病床需給は劇的に改善されたでしょう』

https://www.nippon-foundation.or.jp/what/projects/2020corona

既存の施設は東京都が運営し、収容している患者も都内限定のようです。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
22 days ago

都内限定でも都民が助かる→都内の会社に勤めるつくば市民への影響も減る

となるんだよね。同じ日本国民ナンダシ都内へのアクセスを考えれば都民とか市民とか了見狭すぎでしょ?

5年前
22 days ago

家庭内感染を防ぐための、医師や看護師のいない施設!でも良かったかもしれませんが、
問題が一つ!
軽症者の容態が急に悪くなった場合、どうするのか?
つくば市の病院で対応するのか?

やっぱり、9000床は、多過ぎた!

市政ウォッチャー
返信する  5年前
22 days ago

医師と看護師と必要経費は全部日本財団が用意すると言っていましたから、心配ありませんでした。重症化するば、市内の複数の総合病院に移すことを想定していたようですが、総合病院の方は病床に余裕ができますから、総合病院にも大きなメリットがある提案でした。何よりも、東京、千葉、埼玉、神奈川に大きな貸しをつくれたでしょう。もちろん国に対しても。それでこそ、世界の明日が見えるTSUKUBAではないでしょうか。

名無しの市民
22 days ago

センター広場へのエスカレータの設置はやめる。その費用を療養施設の運営費に回すのなら賛成。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
21 days ago

お前エスカレーターのこと以外言えんのか

名無しの市民
返信する  名無しの市民
20 days ago

つくば市の20年度コロナ対策費は279億円だった。

人口がつくば市の約4倍の千葉市の決算発表によるとコロナ対策費は1,142億円。そのうち市の財政負担は20億円で残りは国・県費。

センター広場へのエスカレータ設置費用のうち市費はどれくらい?

名無しの市民
返信する  名無しの市民
19 days ago

アベノマスク。500億円。配布された昨年6,7月のつくば市内の感染者数は月間10名程度だったが、
誰一人このマスクを使っていない最近の感染者数は40倍以上に激増。したがってアベノマスクの感染予防力は素晴らしかったと言える、と言うひとは今んところ無い。

安倍さんのマスク姿は記憶に残るなあ。
いつまでも鬱陶しい。

普通の市民
22 days ago

誰がどう運営するのか、当時でも不足していた医療スタッフをどこから連れてくるのか、の目処もないままの見切り発車は首長として二の足を踏んで当然かと。市民の反対も強かったですし、「東京の患者は東京で」が原則とされた時期でした。日本財団は県や国にも声をかけて誰も引き受けようって声をあげなかったのに、市長に全責任を押しつけるのはいかがなものかと。

将来の首相候補?それはないわwww

名無しの市民
返信する  普通の市民
22 days ago

”笹川会長は3日の記者会見で「患者のためのあらゆる施設、医師、看護師の給料、多くの方の食事、必要とされるあらゆる経費は日本財団が全額負担する。使われないで終わるのが最大の願い。備えをつくっていくことが重要だと決断した」と表明している。”

https://newstsukuba.jp/23175/05/04/

名無しの市民
返信する  名無しの市民
22 days ago

日本財団の既存の『センターの利用状況1日平均の利用人数(2021年8月16日~8月22日)42.57人』 とあります。 150床あるはずなのに稼働率がもう一つ。この期間の患者が少ないわけじゃないのは、みなさん、ご存じの通り。で、単純な疑問なんですけど、日本財団による経費の負担まであるのに、十分には活用されている様子がないのは、なぜでしょう?

人員の確保が問題と言うのは考えにくい。医師、看護師の給料が相場を超えるならば、いくらでも人は集まる。ワクチン接種、軽症者用ホテルのアルバイトなどでも実証されています。

特に看護師。これまでの看護師の待遇とのギャップも凄く、軽症者用ホテルが時給 2700円で、過酷な県立病院の勤務が時給 1200円なんてこともあるらしい。潜在看護師は70万人ほどいるし、既存の現場からの離職者もいる。もともと転職は多い業界です。

https://www.nippon-foundation.or.jp/what/projects/2020corona

名無しの市民
返信する  名無しの市民
22 days ago

東京ならば全国から人が集まるから、待遇を良くするのはアリでしょう。

でも、つくば市で 9,000床を運営し、必要な人材は好待遇で引き抜くという話だと、つくば市内はもとより、土浦市、阿見町などの病院で(ただでさえ足りない)医療スタッフがさらに不足する可能性はあります。簡単な話じゃない。五十嵐つくば市長が「地域医療への影響」を心配するのは当然ではある。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
21 days ago

稼働率全く上がりませんね。上げられない理由があるのでは。

時給2,700円と言っても、車で通えない人がリスクある電車等使って来るだろうか。顎足宿付きで時給2,700円なら集まるかもしれないが。

名無しの市民
22 days ago

もともとの日本財団の構想は軽症者用だった。『感染症法では、感染が判明したら軽症だったり、症状がなくても入院する』ことになっているので、 2021年現在では(法律を無視して)自宅療養しているような人がいるわけだが、これを収容するイメージ。

現実と法律のギャップを埋めようとしたわけです。

病院と同等な治療が必要な中等症の病棟を作る構想とは言えない。この場合、人員の確保、経費の確保に軽症者用とはレベルが違ってくる。この問題をクリアしないといけない。首都圏から広く中等症患者を集めるならば、相当額の資金の確保も必要だし、それは国、菅首相にしかできない。もちろんICUなど重症者用の施設の整備もセットで考えなくてはならない。この整備費、運用費についても茨城県を含む首都圏全体と、国で責任を持つしかない。

中等症用の野戦病院は、軽症用の療養施設とは、まったく違う。

https://newstsukuba.jp/23175/05/04/

『日本財団 つくばに軽症者病床9000床整備』『軽症者の場合、1人の看護師で40~50人対応できる見通し』 笹川会長の運営費などについての言及も、軽症者用を念頭に置いてあることは明らかかと思う。とりあえず医師の確保について言及していないし。

ニつば
返信する  名無しの市民
22 days ago

そだね

名無しの市民
22 days ago

人が居ないから~とか金が~とか、出来ない理由ばかりで最初からやろうともしない。

ベッド並べて複数の自宅療養対象者がまとまって管理しているだけでも、自宅療養で孤独に耐える独身者にとっては十分じゃないの?9000床じゃなくても100床でも200床でも良くない?別に看護師じゃなくてもヘルパーさんでも介護士さんでも良くない?それを超える事象になったら医者呼ぶんでしょ?自宅療養でもさ。

完璧じゃないのは自宅療養も同じ。むしろ目が届かないで軽症→悪化していく可能性は上がるよね?

まず「助かる命の可能性が上がるならベッド1つからでもやりましょう」を言わないから、出来ない出来ないと逃げ口調になるんだよ。

金?日本財団が出すって言ったのに断ったんだよ。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
22 days ago

実際に東京都は活用しています。現時点で 100床みたいです。回復期患者の受け入れ施設として使うようです。

『小池百合子・東京都知事は … お台場地区の「船の科学館」敷地内に日本財団が整備した新型コロナウイルスの宿泊療養施設(約100床)を活用し、症状が改善して軽症や中等症になった回復期患者を受け入れる方針を明らかにした。患者を移送することで重症患者用のベッドを確保することが狙い。』

5年前
返信する  名無しの市民
22 days ago

日本財団に返事するとき、市長は、市会議員の皆さんと相談しなかったのでしょうか?
相談していれば、東京都のように、もう少し大人の対応ができたと想像します。

名無しの市民
返信する  5年前
22 days ago

東京都の大人の対応とのことですが、問題を解決するには質と量の問題を避けることは出来ません。

まず、質ですが、重症者の受け入れでもなく、中等症の受け入れでもなく、軽症での受け入れでもなく、無症状者の受け入れでもなく、(殆どウィルスの排出は考えられない)回復期の患者の受け入れです。

次に、量ですが、東京都で100床はすべて都内の患者と思われます。つくば市の感染者は東京の 1/100 ぐらいです。つくば市で換算すれば、市内の回復期の患者を1床だけ受け入れることに相当します。

これをどう考えるか。

名無しの市民
返信する  5年前
22 days ago

もう一つ言えば、市議会議員の皆さんが大人の対応が出来るかどうかも疑問です。1日に10人利用するかどうかのエスカレータに、1日に2万円の税金を使うと判断する人達です。

名無しの市民
22 days ago

近くに住んでいるものにとっては正直イヤだと思う。

患者さんがどうやってテント病棟まで来るのか、
ちゃんと患者さんを管理できるのか等心配な事項について何も説明無し。

ニュースにもあったが病院やホテルから感染者が脱走とか起きているのに9000人も管理できるの?

そういう色んな面(デメリット)の説明がなくては周辺住人は不安でしかないと思う。

しかし市長選挙とかもあったので市長もそれどころではなかったのかと思うめんも。

ちゃんと財団と話をして住民に説明(メリット、デメリット)をしていれば状況は変わっていたかもと思う。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
22 days ago

運営主体が決まっていない段階での話で、具体的内容は全くない。住民に説明しようがないです。無症状、軽症者を受け入れるつもりだ、ぐらいしか分からない。東京都では、結局、僅か100床だけの回復期患者の受け入れとなりました。

仮に中等症を 9,000床、首都圏から広域に受け入れることになった場合、重症化した場合の ICU の確保も必要です。これらに必要な莫大な必要な経費を日本財団が出してくれるかどうかも含めて、具体的な内容が無さすぎです。

逆にすべての経費が出るならば、(例えば)国境なき医師団が運営しても、市原病院が運営しても問題ないのか?そのあたりすら分かりません。日本財団としては、つくば市には周辺住民への説明などのアセスメントを依頼しただけかもしれない。中等症の治療をする病院の運営は、つくば市には無理です。単純に無理。軽症者の受け入れぐらいが限界です。

https://www.city.tsukuba.lg.jp/1012084/1012234/1012242.html
『日本財団は施設を作るのみで、それを利用する主体が決まらなければ事業は実施されない。財団が勝手に進めることはない。行政の意見をしっかりと聞いた上で進める。』

名無しの市民
返信する  名無しの市民
21 days ago

当時のSNS発信の感じだと、明らかに「俺たち自身でやってるんだから割り込んでくるな」的なニュアンスで門前払いだったという印象を受けた。

本当にできる人なら、保険としてシャットダウンはせずにひもでつないでおくくらいの持って行き方できるんだろうけど、あの時はピシャっと門閉めちゃった感じ。

反対意見が皆9000床なんて無理!っていうけど、なんでそこで100床でも200床でもって話に持って行かないのか?と思考が単一的で呆れた記憶が思い起こされる。すり替えが得意な御方なのに。

名無しの市民
22 days ago

五十嵐は嘘つきですからね
つくば市長と同レベルの

普通の市民
返信する  名無しの市民
22 days ago

その嘘つきな五十嵐さんは
現在のつくば市長と別の人???

名無しの市民
返信する  普通の市民
21 days ago

間違えた
県知事と同レベルの、でした

5年前
返信する  名無しの市民
21 days ago

つくば市の”嘘”の具体例を一つ

つくば市の公式サイトの<新着更新情報一覧>に、「つくば市教育大綱を策定しました」があります。
これをクリックすると、「更新日2020年10月14日」と書かれています。
今年2021年の今日8月31日の午前10時に、昨年の10月に更新された情報を”新着”とするのは、明らかに”嘘”でしょう!

つくば市の公式サイトで平気で嘘をつくのは、つくば市教育大綱の趣旨に反すると思います。

ニつば
返信する  5年前
21 days ago

おもしろい。とくダネだっ!

普通の市民
返信する  5年前
18 days ago

修正したのかな? 9月3日14時現在、つくば市HPの新着情報に教育大綱策定の情報は出てこない。

5年前
返信する  普通の市民
18 days ago

本当だ!無くなった!やったー!

5年前
返信する  5年前
18 days ago

訂正;
<新着更新情報一覧>ではありませんでした。よく見たら”お知らせ”でした!

独り言;困ったもんだ、認知症は!

名無しの市民
21 days ago

五十嵐さんはその見識が評価され、将来の首相候補になる事はありません。就任直後に交通事故やったり、就任早々の晴れ舞台の成人式でしどろもどろになったり。YOUTUBEの残された映像で見る限り、器ではありません。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
21 days ago

市議ですら根回しできずに先走って色々発信してしまう程度では、市長・県議レベルが関の山だろうね。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
21 days ago

県議は市議とあんまし変わらんレベル。それよっか市長の方が遥かに上のレベル。それを2期もやってる。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
21 days ago

市長なれるなら県議までは問題ないだろう。ただ知事となると今のレベルの根回しスキルではだめだろうね。

だから市長・県議が関の山。それくらい理解してくれよ。

つくばの1市民
返信する  名無しの市民
21 days ago

コラムニストの言いたいのは、1年半前にコロナ禍の深刻さを認識し、医療崩壊を避ける策を用意できるような器量=首相級ということでしょう。人気取りに終始している市長にはそれがないと、強烈な皮肉が込められたコラムです。

名無しの市民
返信する  つくばの1市民
20 days ago

■プレミアムビールとうまいもの祭り2021
9月17日~26日 10日間連続開催
つくばセンター広場

■筑波会議2021
9月21日~30日 国際会議場等
https://tsukuba-conference.com/

■市長と話そう!
タウンミーティング with 中高生 
9月26日 WEB会議

あとちょいでコロナがピークアウトする
という判断もあるのだろうか。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
20 days ago

「コロナに打ち勝った証し」として

普通の市民
返信する  名無しの市民
18 days ago

中高生タウンミーティングはweb会議なら問題ないでしょうに。

普通の市民
返信する  名無しの市民
18 days ago

筑波会議2021もオンライン会議ですね。

名無しの市民
21 days ago

「コロナ禍を有事と考え、」から、「(経済ジャーナリスト)」までの文章をカットした方が良いと思います。

5年前
返信する  名無しの市民
21 days ago

最後の1行は、沢山の否定のコメント!お待ちしています、という意味だと思います。

市政ウォッチャー
返信する  5年前
21 days ago

このコラムニストが好きなジョークではないでしょうか?

つくば大好き市民
21 days ago

確かに、9000床の野戦病院が建っていたら、つくば市は全国注目の自治体になり、その先見性が高く評価されていたでしょう。

大学附属、メディカル、メモリアル、市原、学園の各総合病院との役割分担もでき、医療先進市として、世界から注目されていたでしょう。

患者の搬送には自衛隊の大型ヘリが発着、その強力な医療チームも常駐したでしょう。病棟の建設・保守を請け負う地元企業、病棟の各種業務支援、食事や医療品の納入など、つくばはコロナ効果に湧いていたでしょう。

科学博並みの注目効果と経済効果が期待できたでしょう。市長にはそんな視野の広い人がほしいものです。チマチマしたことで精一杯、受けばかり気にしている人では困ります。

名無しの市民
返信する  つくば大好き市民
21 days ago

『9000床の野戦病院』とは?

1. 中等症患者を受け入れる医療機関
2. 『陽性者のうち入院治療等を必要としない軽症・無症状者』を受け入れる宿泊療養施設

つくばの1市民
返信する  名無しの市民
21 days ago

2.に近い施設と聞きます。病院には中重症に専念してもらえるよう、軽症化した患者を引き受ける、経過観察ができない在宅患者を収容するーこういった機能のようです。既存病院のキャパ破綻を臨時病棟で調整するという有事構想です。

名無しの市民
返信する  つくばの1市民
21 days ago

『残念だった「コロナ野戦病院」拒否』

軽症者宿泊療養施設を「コロナ野戦病院」と言い替えるのは、見出し詐欺です。後ろの方には中等症者を受け入れるかのように読める文章もあります。

こういう煽りは止めましょう。

例えば厚労省は「新型コロナウイルス感染症の軽症者等に係る宿泊療養のための宿泊施設」と呼んでます。

https://www.mhlw.go.jp/content/000640247.pdf

つくばの1市民
返信する  名無しの市民
20 days ago

見出しというものは簡潔に記事の内容を伝えるもので、役所や法律の文書と違います。前段のコロナ禍=有事の延長上で、臨設病棟=野戦病院と表現しているわけで、GOODな見出しです。

また、中症と軽症を厳密に分けれるのはあまり意味がありません。共通するのは、集中治療室での治療は必要でない程度の症状ということでしょう。

9000床のうちまだ1000床空いているのに、中症に分類されているからと言って断るのは馬鹿気たことです。戦時なのですから、とにかく戦傷者を救うことが大事です。

名無しの市民
返信する  つくばの1市民
20 days ago

軽症者宿泊療養施設には十分な数の医師はいません。十分な数の医師もいないのに入院の必要のある患者を受け入れることはできません。

たぶんですが、軽症、中等症、重症のイメージが間違っています。

***

ちなみに、中症ではなく、中等症です。このコラムの著者も同じ間違いをしています。

『首都圏の重症者(治療は集中治療室)、中症者(同病院か在宅)、軽症者(同原則在宅)のうち、軽症者と中症者の相当数を収容でき』

***

『戦時なのですから、とにかく戦傷者を救うことが大事です』

まったくその通りです。ただ、戦傷者を救うには十分な医療スタッフを用意しなくてはなりません。補給を無視した戦争に勝ち目はありません。

(ご参考) 以下の記事が分かりやすいかと思います。

https://www.nhk.or.jp/shutoken/newsup/20210812b.html

『新型コロナ重症・中等症・軽症とは どんな症状?当事者の声』

Kazunori Yamaguchi
21 days ago

市への開示請求で出した日本財団との会議の議事録です。1/2

Ep-MQerVQAAWIQ8.jpg
Kazunori Yamaguchi
返信する  Kazunori Yamaguchi
21 days ago

裏面 2/2

Ep-MQexVgAAkTtd.jpg
名無しの市民
返信する  Kazunori Yamaguchi
21 days ago

1. 『このテント病棟(野戦病院)が実現していれば … 軽症者と中症者の相当数を収容でき、首都圏の病床需給は劇的に改善されたでしょう』

資料を読む限り、具体的な計画はないものの、軽症者受け入れ施設を念頭に置いているようです。つまり「中症者(中等症者?)の相当数を収容」する話じゃない。誤報です。

2. 『コロナ禍を有事と考え、施設を受け入れていれば、五十嵐さんはその見識が評価され … 』

「計画を受け入れる」以前の問題として、日本財団と厚労省、茨城県が決めた具体的な計画そのものがない。誤報です。

つくばの1市民
返信する  名無しの市民
20 days ago

杓子定規なコメントです。地元自治体がイエスと言わなければ、県も国もごり押しはできません。つまり、話の進め方の入口はつくば市なのです。

これは日本財団が全部お金を出すという構想ですから、場所の問題がOKになれば、つまりつくば市がOKすれば、前に進む案件です。

名無しの市民
返信する  つくばの1市民
20 days ago

前件否定の虚偽 (denying the antecedent) について

1)『話の進め方の入口はつくば市』 
『地元自治体がイエスと言わなければ、県も国もごり押しはできません』

これは、つくば市がOKしなければ、前に進む案件ではない。そういう意味ですよね。

2)『つくば市がOKすれば、前に進む』 

X を「つくば市がOKする。地元自治体がイエスと言う」 Y を「前に進む案件である。県も国もごり押しはできません」 このように決めます。

前者は not X ならば not Y 。後者は X ならば Y 。

これは典型的な 「XならばYである。故にXでなければYでない」という形式の論理であり、前件否定の虚偽と呼ばれる。論理学で言うと、命題から論証なく「裏」を導き、それを用いる論証です。

5年前
返信する  名無しの市民
20 days ago

軽い認知症の頭には、何が言いたいのか解らない。
ので、調べてみました。
「ある図形が正三角形ならば、それは二等辺三角形である。故に、その図形が正三角形でなければ、それは二等辺三角形ではない」という推論。
解ったようで、まだピンとこない。困ったもんだ!

9000床の提案には、つくば市はこう言えば良かった!
「多過ぎて、つくば市はOKと言える立場にない。国や県と相談してから、もう一度来て下さい。」

名無しの市民
返信する  つくばの1市民
20 days ago

特措法48条設置の場合は、厚労省に相談することになっています。つくば市の独断で進むは話ではありません。当たり前ですが、ごり押しは出来ない=厚労省に相談しなくて良い、ことにはなりません。論理のすり替えです。

https://www.mhlw.go.jp/content/000621064.pdf

新型インフルエンザ等対策特別措置法第 48 条に基づき臨時に開設される医療施設等に係る医療法等の取扱いについて

1.特措法第 48 条第1項に基づき臨時の医療施設を設置しようとする場合には、厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部医療提供体制班に相談されたい。

つくばの1市民
返信する  名無しの市民
20 days ago

その通りです。日本財団がつくば市に提案する前に、厚労省への根回しは終わっていたでしょう。在東京の類似施設はオープンしたのですから。国にとってみれば、予算措置なしでコロナ隔離施設ができると、大歓迎です。しかし、プロセスの入口=つくば市がイェスと言わなければ、この事案は前に進みません。

名無しの市民
返信する  つくばの1市民
20 days ago

話はちょっと逸れます。お台場の日本財団災害危機サポートセンター。受け入れるのは回復期の患者のみ。それも、たった100床です。未曽有の危機での野戦病院にしては、あまりにもショボい。

つくば市の感染者は、東京都の 1/100 です。せめて東京都で 1000床に増やすのが先ではないでしょうか。東京都と日本財団は、厚労省への根回しが失敗したのでしょうか?金は日本財団が出しているんですよね?なぜ 1000床にする事案は前に進まないのか。

つくばの事情通
返信する  名無しの市民
19 days ago

こういうことだと思います。つくばの候補地は財団所有の広大な敷地ですから、あえて探す必要はありません。都内には、9000病床キャンプが設置可能な自前の土地がないのだと思います。緊急事態ですから、土地を探していたのでは間に合いません。

また、この種の病棟は大規模の方が効果的です。軽症者をケアする医療陣が少なくて済みます。1000人をケアする医師・看護師の数は、9000人をケアする医師・看護師の9倍にする必要はありません。

つくばの事情通
返信する  つくばの事情通
19 days ago

1000と9000が逆でした。済みません。

名無しの市民
返信する  つくばの事情通
19 days ago

財団所有の「船の科学館」の駐車場は広大な敷地。1200床を作る予定だった。現在は、その一部に 100床のプレハブがあるようです。

https://toyokeizai.net/articles/-/342570

『4月中にパラアリーナ周辺に大型テント9棟を建て、パラアリーナも利用して約1200床を確保する。既存施設を解体するつくば市では7月末から約9000床の受け入れを開始できる予定だという。

駐車場も含め広大な敷地がある「船の科学館」の駐車場は広大な敷地。周辺も加えて、2250平方メートルの大型テント1棟に、800平方メートル、600平方メートル各4棟を作る。医師や看護師の宿泊、休憩場所なども設置する。テントといっても基礎を作り、鉄骨も入れた強固なもので、風速30メートルでも大丈夫だという。』

名無しの市民
返信する  つくばの事情通
19 days ago

軽症者宿泊療養所の場合では 100名に対して、看護師を2人、用意する必要があるようです。

https://www.mhlw.go.jp/content/000740154.pdf

3 オペレーション体制の構築

<収容人数 100 名程度の宿泊施設における主な担当の常時配置人数例>
健康管理担当 医師 1   必要時の診療・健康相談  ※オンコール体制で可
看護師・保健師 2~4  検温・健康確認   ※日中は常駐、夜間はオンコールでも可

名無しの市民
返信する  つくばの事情通
19 days ago

中等症以上を扱う医療施設の場合は、原則、医療法に基づく人員配置標準になります。すなわち、医師一人で16床、看護師一人で3床です。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
18 days ago

100名でも自宅で孤独に療養という名の放置と闘う人が救われる可能性があがるなら十分ありがたいと思うんだが。

9000床→100床じゃダメなのか?1/90になったからダメなのか?

1人でも2人でも救われる可能性が上がるならいいだろうにね。

流石誇大広告が得意なつくば市。数でしか評価できないのかな?

名無しの市民
返信する  名無しの市民
18 days ago

日本財団が 9,000 とブチあげたかったのじゃないかな? 100 じゃ宣伝にならないと考えたかも。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
18 days ago

『新型コロナウイルス感染者の急増を受け、茨城県は(2021年8月)13日、軽症者や無症状者を受け入れる宿泊療養施設を新たに1カ所、追加開設した。県内の宿泊療養体制は、3施設300室から4施設450室に増える。』

名無しの市民
返信する  名無しの市民
18 days ago

つくば市がゆかりの森の宿舎を直して昨年90日間だけ使ったそうだが今年はなぜ使わないのだろうか?

始める時はテレビ呼んで記者会見してたのに。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
18 days ago

茨城県はホテルの借り上げ(450床)に切り替えたみたいです。

https://www.city.tsukuba.lg.jp/mayor/1012514/1013300.html

『このたび、県が軽症者受入れ施設を他に用意したことから、宿舎「あかまつ」での患者の受入れは9月14日を最後に終了しました。』

名無しの市民
返信する  名無しの市民
18 days ago

軽症者用の宿泊施設は、茨城県が確保に努めることになっています(感染症法第44条の3第7項)

https://www.mhlw.go.jp/content/000740154.pdf

新型コロナウイルス感染症の軽症者等に係る宿泊療養のための宿泊施設確保・運営業務マニュアル(第5版)

(1)主体について

○ 「はじめに」で記載したとおり、特措法等改正法による感染症法の改正により、宿泊療養・自宅療養に関する規定が新設された。
具体的には、感染症法第44条の3第2項に基づき、都道府県知事及び保健所設置市等の長は、新型コロナウイルス感染症について、その患者に対し、「病原体を保有していないことが確認されるまでの間、当該者の体温その他の健康状態について報告を求め、又は宿泊施設(…厚生労働省令で定める基準を満たすものに限る。…)若しくは当該者の居宅若しくはこれに相当する場所から外出しないことその他の当該感染症の感染の防止に必要な協力を求めることができる」こととされ、併せてその他の関係規定(※)が整備された。

※主な関係規定
① 宿泊施設等から外出しないことの協力要請(感染症法第44条の3第2項)

⑦ 都道府県知事は、①の協力を求めるときは、必要な宿泊施設の確保に努めなければならない(同条第7項)

名無しの市民
返信する  Kazunori Yamaguchi
20 days ago

ここのコメント欄、画像添付なんてことできるのか…すごい

5年前
返信する  名無しの市民
19 days ago

コメント自体が凄い。
いろいろな情報&知識がたくさん!
勉強になる!皆さんにありがとう!

つくばの1市民
19 days ago

コメントには軽症者施設からの再感染を心配する意見もありますが、それは杞憂というものです。隔離のために最初から設計されたものですし、財団研究所跡も区画が周りから独立していますから、隔離度は高いと思います。

患者移送も専用車輌を使う想定でしょうから、そのいった意見は反対のための理屈ではないでしょうか。最近コロナ陽性者が多発している、つくば市役所より格段に安全でないでしょうか。

名無しの市民
19 days ago

大阪府の臨時医療施設(野戦病院)について

1.“自宅・宿泊療養できない患者ら”中心に受け入れ
2. 目標とする1000床のうち200床は中等症病床とする
3. 中等症病床の200床は呼吸困難や肺炎の症状がある「中等症Ⅰ」の患者を対象とする
4. 酸素投与が必要な「中等症Ⅱ」に悪化した場合も一時的に治療できるよう設備を用意する

市内の陽性確認者数

直近30日の感染者数推移

このグラフは土浦市・つくば市の過去30日の陽性確認者数を表しています。

これまでの推移(つくば市)

このグラフは初の陽性確認者が出た日から取得した最新日までの推移を表しています

これまでの推移(土浦市)

このグラフは初の陽性確認者が出た日から取得した最新日までの推移を表しています

コンピュータプログラムによる自動取得です。正確性を保証するものではありません

スポンサー

注目の記事

最近のコメント

最新記事

「合理的配慮」義務づけに民間向け助成 障害者差別解消法改正でつくば市など

今年5月に改正された障害者差別解消法の学習会が18日、市民団体「茨城に障害のある人の権利条例をつくる会」(事務局・水戸市)主催でオンライン開催された。障害者への「合理的配慮」を民間事業者にも義務づけたことを受け、参加者からは「民間事業者が合理的配慮を提供することを支援する制度がつくば市にもある。うまく活用してもらえれば」という意見が聞かれた。 市民団体がオンライン学習会 学習会には県内の障害者や支援者、県議会議員、つくば市議会議員など、約50人が参加した。内閣府障害者政策委員会の委員長である石川准さんが、障害者差別解消法の改正点や残された課題について解説した。 今回の改正では、民間事業者も「合理的配慮」を提供することが義務化された。合理的配慮とは、障害者が他の者と同等の生活を営むために必要な環境の調整である。例えば、車いすでも店に入れるように、入り口にスロープを付けたり、聴覚障害者に筆談で対応すること。2016年施行の障害者差別解消法で、行政機関等は、過重な負担でない限り、合理的配慮を提供することが義務化されたが、民間事業者は努力義務とされていた。 改正法が実際に適用されるのは「3年以内」という。自治体や事業者の準備期間が必要との理由だが、民間事業者は配慮の必要な範囲を見定め、計画的に進める対応が求められる。 合理的配慮を提供するには、スロープや筆談ボードの購入などの設備投資が必要だ。「―つくる会」では2018年に、当時から民間事業者等の合理的配慮提供にかかる費用を助成する独自制度があった兵庫県明石市の職員を呼び、内部向け学習会を行った。その後、加盟する障害者団体が各市町村に呼びかけた結果、2018年につくば市で民間事業者等への合理的配慮助成制度がつくられたのを皮切りに、現在は県内5市で同様の助成制度が実施されている。

また中止された土浦の花火を考える 《吾妻カガミ》116

【コラム・坂本栄】11月第1土曜日に予定されていた土浦全国花火競技大会が中止になりました。コロナ禍の収束が読めない今、2カ月先の催事にGOは出せないとの判断です。昨年もコロナ禍を受けて中止。2年前と3年前は事故で途中取り止め。花火好きの私にとって、中止はもちろん事故も残念です。大音量スピーカーで来観者に挨拶できない土浦市長もさぞ残念でしょう。 桟敷で観るのが正しい作法 中止に至った経緯については「無念の中止決定 土浦の花火 第90回記念大会」(9月6日掲載)をご覧ください。土浦の花火は、地域住人の秋の娯楽であるとともに、全国の花火ファンに楽しんでもらう観光事業であり、煙火会社の意匠と技術を競うコンテストでもあります。競技花火は、伊勢神宮の花火(三重県伊勢市、8月上旬)、大曲の花火(秋田県大仙市、8月下旬)もありますが、土浦大会に参加する会社が最も多く、競技花火の締め役を担っています。 大相撲や歌舞伎と同じように、私は土浦の花火を家族や知人と桟敷席で観るようにしています。日本酒とウイスキーを持ち込み、重箱に詰めた肴(さかな)をつまみながら、大音をお腹に感じ、大声で讃(さん)を送る。これが正しい作法です。 湖面にも映る霞ケ浦打ち上げ

企業経営で意識しておきたい3つの流れ 《地方創生を考える》20

【コラム・中尾隆友】これからの企業経営では、3つの大きな流れを抑えておくことが欠かせない。 1つめは、「人口減少」だ。日本のマーケットは縮小に向かうわけだから、そのことを想定してビジネスを展開しなければならない。たとえば、国や地方自治体が将来の人口推計を公表しているので、自社のビジネスにいつごろ、どのような影響が及ぶ可能性があるかをイメージしてほしい。 2つめは、「デジタル化」だ。AIによる自動化と言い換えてもいいかもしれない。図らずもコロナ禍で注目されて加速することになったが、たとえパンデミックがなかったとしても、国や企業の基本方針として着実に進展していくはずだ。 3つめは、「地球温暖化」だ。世界が脱炭素実現へギアを上げる中、企業も環境保全をはじめとする持続可能性を強く意識した経営が求められる。2030年や2050年の具体的な成果に向けて、国内外のルールや法制度も段階的に刷新されていくだろう。 危機は新ビジネスのチャンス 実は、この内容は過去数年、全国の企業経営者の前で話し続けていることだ。コロナ前でもコロナ後でも、企業経営にとって変わらない本質的な話だ。(今年は茨城県経営者協会でも講演させていただいた)

黄色のリュック型も選択可能に 土浦市 新1年生にランドセル贈呈

土浦市では、市立小学校や義務教育学校に入学する子どもたちのために、1976年から毎年、入学祝品としてランドセルを贈呈している。来年度から、従来の赤と黒のランドセルに、黄色のリュックサックタイプが加わり、3種類の中から選べるようになった。 従来の赤と黒のランドセルは人工皮革で、重さ約1キロであるのに対し、黄色のリュックサックタイプは850グラム。軽量化のニーズに応え、選択肢を増やした。 同市教育委員会学務課の担当者は「実際に背負い比べた子どもたちは軽いと言う。子どもにとって150グラムの差は大きいのではないか」と話す。 ファスナーを開いた状態のリュックサック=同 黄色のリュックサックタイプは、ポリエステル製。出し入れしやすいようにファスナーが大きく開き、教科書やノート類は、中のベルトで固定できる。 背中は汗をかいてもべたつきにくいメッシュ仕様。背負いひもにはランドセルと同様にフック(ナスカン)があり、防犯ブザーを付けることができる。