木曜日, 7月 29, 2021
ホーム つくば つくば市、監査請求を棄却 住民ら「大規模事業評価骨抜き」と批判

つくば市、監査請求を棄却 住民ら「大規模事業評価骨抜き」と批判

つくば市が実施するつくばセンタービルリニューアル事業は総額10億円を超えるのだから、大規模事業評価を行わないのは違法だなどとして、元大学教授の酒井泉さん(72)ら市民18人が出していた住民監査請求(5月12日付)で、市監査委員(高橋博之代表監査委員)は8日付で、請求を棄却する監査結果を出した。

酒井さんらは、リニューアル事業の整備費は総額10億3780万円で、10億円以上の事業は大規模事業評価を行うと市が要綱で定めているのだから、大規模事業評価の手続きが踏まれていないのは違法だなどとして、すでに市が支出した約7000万円の返還と未支出額の支出差し止めを求めていた。

監査結果は、市が大規模事業評価を実施しないことについて「職員が実務上の参考とするためのマニュアルに『出資は対象となりません』などと明記されている」とし、出資金6000万円は「リニューアル事業の総事業費に含まれない」という市担当課の主張は妥当だとし、出資金を差し引くと事業費は9億7780万円であることから、大規模事業評価をしなくても要綱に違反しないとした。

一方、市が昨年暮れ実施したオープンハウスや市議会全員協議会で市は、予算総額10億3780万円という整備費を示していたことから、「市民の誤解を招くことのないよう慎重な表現を心掛けた方がよかった」と付け加えた。

監査結果に対し、代理人の坂本博之弁護士は「マニュアルがあることは市民に公開されておらず、今回の監査結果は、マニュアルさえ作れば、いかようにも要綱を骨抜きにできることになる」と指摘した。酒井さんは「出資金の使途は大部分が改修などの施設整備費であり、要綱の施設整備事業に該当する。市担当課の言い分と監査委員の判断は事実を無視している」などと批判した。

ほかに、まちづくり会社は市が出資する第3セクターであるにもかかわらず、国の指針に基づく検討を行っておらず、3セクを設置する場合は指針に従って「事業そのものの地域における意義や必要性、収支などの将来見通し、費用対効果などについて検討を行い、3セク以外の事業手法も含めて具体的な比較を行うことが必要」だとする住民らの主張に対して、監査結果は「(2019年度の)中心市街地エリアマネジメント業務で検討し、同エリアマネジメント検討委員会で外部の専門家の意見を聴取したと認められるのだから(住民らの)主張に理由はない」などとした。

つくばセンタービルの中の市所有施設は公の施設なのに、市がまちづくり会社に賃貸し、さらに同社が個々の企業に賃貸の事業所として貸し出すのは、公の施設としての利用を拒否することになり地方自治法に違反するとした住民らの主張に対しては、「条例改正で、6月1日付で普通財産になったのだから自治法に違反していない」とした。

リニューアルの基本設計策定をプロポーザル方式で随意契約したのは市契約規則に違反するーなどの主張に対しては、「磯崎新氏により設計された歴史的建築価値の高い建物であるため、意匠を継承した上でリノベーションをする必要があり、設計に関して高い専門知識や技術力、実績が必要となる」とする市担当課の主張をもとに、「契約の性質または目的が競争入札に適しないものを根拠に締結されたのだから、手続きに何ら問題はない」などとし、住民らの主張をことごとく退けた。

監査結果について坂本弁護士は「総じて具体的な内容の説明を欠いている」と批判、酒井さんは「監査委員は事実関係を調べて、もう少し論理的な回答があると思っていたが無かった」と話し、今後については「市に話し合いの申し入れをしたい。我々の指摘した問題が改善される見通しがなかったら、断固として裁判をやりたい」と話し、市の対応によっては水戸地裁に提訴する考えを示した。監査結果に不服があるときは30日以内に住民訴訟を起こすことができる。(鈴木宏子)

46 コメント

46 Comments
フィードバック
すべてのコメントを見る
名無しの市民
14 days ago

単なる「市民」でなく「先の市長選での対立候補」でしょ。政治的な活動ですよね。そういう大事な情報をなぜ隠して記事にするんだろう??

名無しの市民
返信する  名無しの市民
14 days ago

別に隠してないでしょ笑

名無しの市民
返信する  名無しの市民
14 days ago

このひとは何を言いたいのですか??さっぱりわかりませんね。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
14 days ago

「俺の利権に口出しするな」という意味です。

5年前
返信する  名無しの市民
14 days ago

気になる書き方だ!  「単なる「市民」でなく」

一般の市民
返信する  名無しの市民
14 days ago

市のやり方について、五十嵐市長に投票した方も含め疑惑を抱いています。
市を監視するのは、市長選の対立候補であろうとなかろうと、納税者にとって当然のことです。

普通の市民
返信する  名無しの市民
13 days ago

五十嵐氏も総合運動公園の住民投票運動を繰り広げていた当時は「単なる市民」でなく「先の市長選で落選した候補」でしたね。運動公園建設推進派からは「五十嵐が選挙対策の人気取りのために騒いでいるんだ。」と評されたもんです。

名無しの市民
14 days ago

市の主張って
内部マニュアルがあるから違反ではない
第三セクターに市の財産だった物を譲渡するけど、仲間内で検討会したから問題ない
競争入札をやった(市の指定した業者のみ)だから問題ない
って感じなんですかね?2期目に入って仲間内への利益誘導が派手になってきましたな

名無しの市民
返信する  名無しの市民
14 days ago

『第三セクターに市の財産だった物を譲渡する』

「譲渡」なくて「貸付(無料?格安?)」みたいです。譲渡(現物出資=資本金の一部として譲渡)することも検討されていたらしいけど、変更になったみたい。

5年前
返信する  名無しの市民
14 days ago

普通財産になったのであれば、

貸付する場合、普通の賃料にすべきだろう。

格安で貸付した場合、市長に対して、損害賠償の訴訟ができるかも?

名無しの市民
返信する  5年前
14 days ago

筑波大学に春日庁舎を格安で貸し付けていると聞いているけど実際の賃料はどれくらいですか?

名無しの市民
返信する  名無しの市民
14 days ago

3期目はなくなりました。
昨日の友が明日は敵になることが始まりました。

5年前
返信する  名無しの市民
14 days ago

何が原因になったのか?
気になりますね。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
14 days ago

「条例改正で、6月1日付で普通財産になったのだから自治法に違反していない」

この部分。つくば市の主張は、地方自治法上の手続きとしては正しいと言っているだけです。詳しく言うと

1. (市議会での議決により)条例を改正し、行政財産を普通財産に変更した
2. (行政財産ではなく)普通財産なので三セクへの貸付はオッケー

地方自治法(第238条)に規定されています。

公有財産は、これを行政財産と普通財産とに分類する
行政財産は … これを貸し付け .. ることができない

行政財産とは、公民館みたいなものを言います。これをつくば市が勝手に誰かに貸し付けることは出来ない。『公の施設としての利用を拒否することになり地方自治法に違反する』のです。なので、普通財産に切り替えちゃえばオッケー。抜かりはないよ。そういうこと。

5年前
返信する  名無しの市民
14 days ago

わかりやすい解説コメント、勉強になります!

貴方を行政担当の新人記者に推薦します。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
14 days ago

条例改正について調べてみたのですが、普通財産にするという核心のものが見つからない。監査報告書は、具体的に議案名をあげて反論するべきだけど、どうなっているのだろうか?

5年前
返信する  名無しの市民
12 days ago

http://tsukuba.gijiroku.com/voices/GikaiDoc/attach/Gk/Gk3332_R303gian31.pdf
議案第31号  つくば市路外駐車場条例の一部を改正する条例について
(令和3年2月15日) の最後の行に意味不明の日本語を発見しました。
「市の施設ではなくなる」

googleで検索してみました。
”市の施設ではなくなる” →  6件(0.21秒)
「市」を「公」と変えて、
”公の施設ではなくなる” → 1840件(0.35秒)

名無しの市民
返信する  名無しの市民
14 days ago

地下駐車場は、つくば市が三セクにただ同然で貸し出し、三セクは駐車料金を収入としているようです。市営駐車場(つくばセンタービル地下駐車場)だったので、もともと普通財産だったかもしれない。

https://www.tsukumachi.co.jp/parking

(1)つくば市路外駐車場条例の一部を改正する条例について

つくばセンタービル及びつくばセンター広場のリニューアルに伴い、つくばセンタービル地下駐車場が つくば市路外駐車場条例による施設ではなくなるため、条例の一部を改正するもの

名無しの市民
返信する  名無しの市民
14 days ago

この三セクに 25% ほどを出資する沼尻産業ですが、ここの会長が五十嵐つくば市長の後援会長であることも、すごーく気になります。裁判で追及してほしいですww

名無しの市民
14 days ago

住民:「事業そのものの地域における意義や必要性、収支などの将来見通し、費用対効果などについて検討を行い、3セク以外の事業手法も含めて具体的な比較を行うことが必要」

つくば市:「(2019年度の)中心市街地エリアマネジメント業務で検討し、同エリアマネジメント検討委員会で外部の専門家の意見を聴取したと認められる」

提言書:「スタートアップ企業等が入居できるシェアオフィス等の早急な整備が検討さ
れるべき」

提言書を見てみましたが、シェアオフィスの収支や費用対効果など 1mm も書かれていない。他の事業手法についても検討されていない。さらに言うなら、駐車場運営や貸オフィスはただの民業圧迫です。民業圧迫をする三セクの意義、必要性は厳しく問われるべき。提言書そのものがおかしいし、外部の専門家とされる委員会のメンバーも五十嵐つくば市長に忖度するだけのポンコツ。

https://www.city.tsukuba.lg.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/012/741/teigensho.pdf

名無しの市民
返信する  名無しの市民
14 days ago

エリアマネジメント団体(現、つくばまちなかデザイン)の収支見通しについて

杜撰です。初年度のキャッシュフローが、いきなり破綻しています。

資本金2億円、借入金 7,000万円となっているが、実際の資本金は 1.2億円ほど。借入金を 8,000万円ほど積み増し 1.5億円を借り入れる必要があります。担保もないのに貸す銀行があるのか?

財政制限援助法(第3条)によれば「政府又は地方公共団体は、会社その他の法人の債務については、保証契約をすることができない」しかし、その抜け道として、損失補償をすることが広く行われています。行政上の解釈として、「損失補償については、財政制限援助法第3条の規制するところではないものと解する」からです。

つくば市は 1.5億円の損失補償をするのか。市議会はこれを認めるのか。市民が注目していますよ。この裁判では、この杜撰極まりない、つくばまちなかデザインの収支見通しなども問題になることでしょう。つくば市側の得る賃料が適正な額であるかについても明らかになることでしょう。とても楽しみです。

https://www.city.tsukuba.lg.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/013/876/201225_shiryo2-2.pdf

名無しの市民
返信する  名無しの市民
14 days ago

小林さんのコメントをお待ちしております。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
13 days ago

まちなかデザインの所有物であるところのつくばセンタービルを売って、それを元手になにか事業をやってはいかがでしょうか。たとえば、スタートアップ=コワーキングスペースなんちゃらかんちゃらとか。

ニャースつくば
返信する  名無しの市民
13 days ago

事業収益が賃料しかないのに、出て行く金はむちゃくちゃあるんですが?
こんな会社があって良いんですか?どこからお金が!

5年前
返信する  名無しの市民
13 days ago

つくば中心市街地におけるエリアマネジメント団体の設立について(令和2年12月25日)全員協議会資料2ー2

https://www.city.tsukuba.lg.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/013/876/201225_shiryo2-2.pdf

3ページの最後に、こんな一文を見つけました。

・持続可能な組織とするため、きちんと収益を上げ、自立しながら取り組むことが必要

5年前
14 days ago

>>大規模事業評価の手続きが踏まれていないのは違法だ

裁判では、形式的な内容よりも、実質的な内容で判断される。
もし、出資金が、事実上、事業費として使われる場合は、事業費は10億以上と見なされ、要綱違反の可能性が大きい。
しかしながら、要綱違反と判断されても、違法となるかどうかは別問題!
なぜならば、要綱に違反しても、要綱自体に罰則規程はない!
以上です。

酒井泉
返信する  5年前
13 days ago

要綱は市役所の内部文書であり、市民に対する拘束力はありませんが、市役所が市民に対して守ることを約束した規範です。それゆえ、要綱の制定時には市役所の掲示板に公告されます。民主主義の手続きを経た条例と違って、要綱自体には罰則規定はありませんが、市民の代表である市議会は要綱違反を認めることは出来ないと思います。

5年前
返信する  酒井泉
13 days ago

頑張って下さい!

名無しの市民
返信する  酒井泉
13 days ago

つくば市まちづくりアドバイザーは何をしているのでしょうか?特に「中心市街地活性化のアドバイスをしてくれている山崎満広氏」

(誰がどう考えてもおかしい)センター広場へのエスカレータの設置は、この人のアイディアなのかな?クレオへの中央図書館の移転も、あまりにもおかしなアイディアでした。

https://www.facebook.com/tatsuo21/posts/1330191293784019

普通の市民
返信する  名無しの市民
13 days ago

山崎氏らアドバイザーは優れた知見をもとに大所高所からの助言をするだけで、具体的な計画内容については言及しないし責任もない、でも報酬は定額制で年300万円、だったかな?

普通の市民
返信する  普通の市民
13 days ago

違った、まちづくりアドバイザーの報酬は月額30万円でした。

https://www1.g-reiki.net/tsukuba/reiki_honbun/e019RG00000175.html

名無しの市民
返信する  普通の市民
13 days ago

でも公職には就いているわけだし、リニューアル計画全体の責任は免れない。裁判でも証人として出廷する義務がありそう。アドバイザーの仕事の内容や成果についても、十分にお話を伺えるチャンスです。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
13 days ago

もう3年と思ったり、まだ3年と思ったりします。
https://newstsukuba.jp/6544/12/06/

先に進まないお話しに少し飽きてきました。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
13 days ago

もう3年と思ったり、まだ3年と思ったりします。
https://newstsukuba.jp/6608/14/06/

先に進まないお話しに少し飽きてきました。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
1 day ago

4年前は筑波大学アリーナに熱をあげていましたが。
https://tsukubacenter.localinfo.jp/posts/13531957

普通の市民
返信する  酒井泉
13 days ago

「大規模事業の事業評価」って要項以前に市長の公約ですよね。
「10億円未満だからギリセーフ」とか「出資金はノーカウントで」とか、言い逃れに汲々とするような話ではないと思うのですが。
総事業費、周辺整備も含めれば軽く10億越えると思うのですが。

一般の市民
14 days ago

市の監査委員は、首長部局が人事案を示し、議会による承認人事です。
市長や市幹部ばかりでなく、市議会議員も承認人事として責任を有します。
監査委員会は、首長部局の思いつき施策の防波堤になっていると言っても過言ではないと思います。また、それに利権がからむ場合も少なくはありません。
住民訴訟は必至ですね。
「マニュアルを根拠」と言うのは不可思議です。根拠は地方自治法ですね。
しかも監査結果は、「マニュアルさえ作れば、いかようにも要綱を骨抜きにできるというのですから。

心配な市民
11 days ago

労務費その他上昇傾向ですから、年度毎に、単価を見直せば、事業費は出資金除いても、すぐに10億円超えるでしょう。リニューアルでは見えないところに損傷があって、追加工事とかもよくあることです。

名無しの市民
返信する  心配な市民
11 days ago

つくばまちなかデザインの資本金が集まっていない。借入をするにも担保がない。CFを確保するという基本が出来ていません。つくば市は収益事業に関わってはいけない。その能力がない。まちづくりアドバイザーの責任も追及するべきです。

ニャースつくば
返信する  心配な市民
11 days ago

CFを確保するなんて基本中の基本というか、そんなことすら考えてなかったんですか?
と驚きました。

磯崎新の設計思想とか、そんなことはまぁどうでもいい人にとってはどうでもいいのかもしれませんが、CFはこの世に生きるすべての人に関係あるでしょう。

名無しの市民
返信する  ニャースつくば
11 days ago

三セクのつくばまちなかデザインは、ただの不動産屋。つくば市から 2,000万円で借りて 1億円で又貸し。その差額の 8,000万円が粗利益みたいな腐敗臭だらけのビジネスモデル。市から職員を派遣することで人件費までつくば市民に負担させる気です。

5年前
返信する  名無しの市民
11 days ago

ということは、
本来つくば市の収入になるお金を、この会社は、
議会の承認なく、自由に使える組織ということになる。

名無しの市民
返信する  5年前
11 days ago

議会の承認を必要としない組織をつくりました。ということは、事業のスピード化が図れます。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
11 days ago
5年前
返信する  名無しの市民
11 days ago

>>議会の承認を必要としない組織

具体的な意味が不明な日本語だ。
つくば市の財産を、議会の承認なく自由に使える組織、という意味か?

疑問が一つ:市長の同意も必要ないということか?

ニャースつくば
11 days ago

酒井さんの言っていることはマトモです。

市内の陽性確認者数

直近30日の感染者数推移

このグラフは土浦市・つくば市の過去30日の陽性確認者数を表しています。

これまでの推移(つくば市)

このグラフは初の陽性確認者が出た日から現在までの推移を示しています

これまでの推移(土浦市)

このグラフは初の陽性確認者が出た日から現在までの推移を示しています

スポンサー

注目の記事

最近のコメント

最新記事

養老孟司先生の講演を聴く《令和楽学ラボ》14

【コラム・川上美智子】つくばのホテルグランド東雲で、東京大学名誉教授の養老孟司先生の講演を聴く機会がありました。養老先生は20数年前の現役時代に東大医学部の学生に解剖学実験を指導されていて、当時受講生だった娘が時々その様子を話してくれました。ホルマリンの臭いが充満する教室で、学生たちが人体解剖をしている傍らで、椅子に座ってじっと本を読んでおられたようです。 学生たちも大変ですが、先生にとっても厳しい時間なのではないかと、当時、思ったりしました。たとえ仕事であったとしても、医学の継承のため、若い学生を育てるため、人体を捧げる運命に至った人に最後まで傍らで寄り添い、畏敬の念を抱きつつも送り出さなければならない先生の気持ちを、本が和らげてくれていたのではと思います。 講演で先生は、「生老病死(しょうろうびょうし)」という言葉を黒板に書かれ、これが人の自然の姿だと言われました。最近、宗教学者の山折哲雄も、人生終焉に向かうテーマとして同名の本を出版しています。生老病死とは、人の人生には「生まれること、老いること、病むこと、死ぬこと」の四つの苦しみがあり、これを避けて通れないという仏教語(お釈迦様の言葉)だそうです。 つまり、人が生きること自体が思い通りにならない苦しいことであると、仏教は教えています。先生は、演題「今、私たちは何をすべきか」の中で、そうだからこそ、「生(しょう)」のスタート部分の子ども時代には、生きることの楽しさ、社会の明るさを教えてほしいと訴えました。 子ども時代の一定期間、田舎で過ごすのがよい 先生は今、理想の保育園を目指し、保育園の理事長の職に就いていらっしゃるとのこと。毎日、孫や曾孫のような子どもたちと、虫取り、魚獲りで自然に触れ、子どもたちを幸福にしたい、子どもたちに幸せな生活を送らせたい、という思いで過ごされているそうです。

今年のワカサギは大ぶり 霞ケ浦・北浦の解禁漁

霞ケ浦と北浦の夏の風物詩、ワカサギ漁が21日解禁された。今年は例年に比べ体長が約7センチと大ぶり。「身も大きさも消費者に喜んでもらえるのではないか」と、12月まで続くこれからの漁に期待が寄せられている。 解禁日当日の操業(出漁)船は、霞ケ浦・北浦併せて142隻(昨年は118隻)、平均漁獲量は霞ケ浦が29.6キロ(同45.6キロ)、北浦が1.7キロ(同10.5キロ)だった。 温暖な霞ケ浦・北浦はワカサギの成長が早く、全国でも珍しく夏にワカサギが捕れることから「ナツワカ」の愛称で知られ、フライなどのほか、様々なレシピで好まれている。 愛好者などからの引き合いも多く、土浦市内のスーパーや専門店などでは生や加工品のワカサギが販売されている。霞ケ浦水産研究会(霞ケ浦漁業協同組合内)は昨年から捕りたての夏のワカサギを多くの人に味わってもらおうと、産地直送通販サイト(https://poke-m.com/products/165223)で「わかさぎオンライン解禁市」を関東地方限定で実施している。 国内の昨年のワカサギ漁獲量は、青森県の365トンをトップに、北海道210トン、秋田県207トンと続き、茨城県は73トンで第4位だった。解禁日は秋田県の小川原湖が9月1日、北海道の網走湖が9月頃、秋田県の八郎湖は10月頃とまちまちで、「ナツワカ」は霞ケ浦・北浦だけだ。 霞ケ浦・北浦のワカサギ漁獲量で最も漁獲量が多かったのは1965年の2595トンで、現在全国トップの青森県の実に7倍以上の水揚げを誇っていた。(山崎実)

にんにく祭りとニンニク 《県南の食生活》27

【コラム・古家晴美】一の矢神社(つくば市玉取)の祇園祭(ぎおんさい)は、旧暦6月7日(今年は7月16日)に開催され、茨城県内の祇園祭の皮切りとされている。「にんにく祭り」としても有名だ。その後、順次、他の八坂神社が祭礼を執り行う。鉾田町には、全戸が参加する一の矢講を編成し、玉取まで参拝に来ていた地区もあったと言う。 潮来市や行方市でも「一の矢の天神様の祭り」として、うどんや餅を作って食べた地域があり、広い地域で知られた祭りであった。では、どうして「にんにく祭り」なのか。諸説あるが、ご祭神の素戔嗚尊(すさのおのみこと)が朝鮮から持ち帰ったニンニクを用い、江戸時代に流行した疫病退治のために、戸口につるしたことが始まりと言う。 実際には、遣隋使か遣唐使がもたらしたものと推測されている。『万葉集』には、醤酢(ひしおす)とともにニンニクをついてタイを食べたい、という歌がある。『医心方』には、かっけ、風邪、虫刺されに効く、と書かれている。『源氏物語』の「帚木(ははきぎ)」には、風邪のために薬草(ニンニク)を煎じて飲んだ、とある。 禅宗の山門には「不許葷辛酒肉入山門」とあるが、滋養強壮作用があることから、修行の妨げになるということで、葷食(くんしょく=ネギ、ニラ、ニンニク、ラッキョウ、タマネギ)を禁じた。 また、室町から江戸時代にかけては、獣肉の調理や臭い消しに、すりおろしたニンニクが使用された。江戸から昭和にかけて、へき村では、節分の鬼やらいで、とげのある柊(ヒイラギ)、臭気があるイワシの頭とともに、さらに匂いが強いニンニクを門に挿しかける風習もあった。 また、コレラなどの悪疫の流行時に、児童にニンニク入りのお守りを持たせて、悪疫を防いだ。このほか、ニンニクは、腹痛、下痢、風邪の予防と治療に用いられた。

つくば、土浦市などに再び時短営業要請 感染拡大市町村に16市町

県南地域などで新型コロナウイルスの感染が再び拡大傾向にあるとして、茨城県は27日、つくば市や土浦市など16市町を、再び感染拡大市町村に指定すると発表した。期間は30日から8月12日までの2週間。対象市町のすべての飲食店に再び午後8時までの時短営業などが要請される。 県南、県西、鹿行地域を中心に県全体で、陽性者数が前の週と比べ163%増えているほか、経路不明者が178%増加しているなどから、県独自のコロナ対策判断指標を1段階強化し、「感染が拡大している状態」のステージ3に引き上げる。東京など1都3県で感染が急拡大していること、お盆休み前後に遠出や会食の機会が増えることが懸念されることなども考慮した。 この1週間の新規感染者を年齢別にみると、20~30代が44%と最も多く、40~50代が32%、20代未満が15%に対して、ワクチンを接種した割合が比較的高い60代は5%、70歳以上は4%となっている。24日現在の年齢別の入院患者は、40~50代が最も多く47%、次いで60代が15%、20~30代と70歳以上がいずれも14%、20歳未満が9%。 つくば、土浦両市はステージⅣ相当 その上で、この1週間の人口1万人当たりの新規陽性者数が1.5人以上の16市町を感染拡大市町村に指定する。この1週間の新規感染者数はつくば市が県内で最も多い84人、土浦市が42人。人口1万人当たりに換算すると、つくば市が3.38人、土浦市が3.05人で、両市とも国の指標で「爆発的な感染拡大が起き、医療提供体制が機能不全に陥ることを避けるための対策が必要」なステージⅣに相当する感染者数になっている。感染拡大が続く場合、期間が延長されることもあり得る。 感染拡大市町村は、すべての飲食店を対象に午後8時から午前5時までの営業自粛のほか、酒類の提供は午後7時までとすることを要請する。協力金として、中小企業の場合、1店舗当たり売上高に応じて1日2万5000円~7万5000円を支給する。今回は大企業に対しても協力金を支給するするほか、申請受付を早め、8月早期に開始する。