火曜日, 9月 21, 2021
ホーム スポーツ 7月5日に聖火リレー 土浦、つくばの夕暮れ時を走る

7月5日に聖火リレー 土浦、つくばの夕暮れ時を走る

7月23日の東京オリンピック開会に向けて、聖火リレーが4日、5日に茨城県内を走る。県内16市町を176人のランナーが巡る。土浦、つくば両市に入るのは2日目の5日、夕暮れどきとなる。

土浦市では、市内出身の柔道家で、2009年世界選手権金メダリストの福見友子さんら13人が走者を務める。県立土浦一高(同市真鍋)旧本館前を午後5時40分にスタートし、亀城公園を経由、約30分かけて土浦駅前の市役所(同市大和町)を目指す。

つくば市の走者は、宇宙飛行士の毛利衛さん、野口聡一さんら21人。午後7時5分にノバホール(同市吾妻)前吾妻セントラル歩道橋をスタートし、センター地区を周回、県内最終地点となるTX研究学園駅前公園(同市学園南)を目指す。駅前公園では、各日最終聖火ランナーの到着時に、聖火を聖火皿へ点火する式典が予定されている。到着式の観覧には事前申し込みが必要で、21日に締め切られている。

つくば市の聖火リレースタート地点 吾妻セントラル歩道橋付近

東京2020聖火リレーメディア事務局によると、新型コロナウイルス感染防止の観点から、沿道観覧の混雑を避けるため、各ランナーの走行区間は各走者がスタートする30分前まで非公表となっている。

大井川知事は23日の定例会見で、公道での聖火リレー開催について、今後感染が急拡大する可能性もあるとし、状況に応じて臨機応変な方針変更をすると話した。現段階では密にならないよう対策をとるとした。

リレーは3月25日に福島県からスタート、茨城県は45番目。4日に鹿嶋市の鹿島神宮をスタートし、袋田の滝や竜神大吊橋、霞ケ浦などの名所を走り、聖火をつなぐ。ライブ中継は、NHKの特設サイトで観覧できる。(柴田大輔)

30 コメント

30 Comments
フィードバック
すべてのコメントを見る
名前があるけど市民
2 months ago

つくば市のオリンピック推進事業費は3,549万円。何に使うのか凄い金額だ。そのほとんどはスイスチームのホストタウンとして支出するが聖火リレーも市民が多く集まらないと無駄になる。五輪の機運醸成を図ろう。

5年前
返信する  名前があるけど市民
2 months ago

「凄い金額だ」、でも毎年じゃないし、
たまにはよろしいんじゃないでしょうか!
スイスに行ったとき、つくば市から来ました、と言えば、
何か、いい事あるかも!

名無しの市民
返信する  5年前
2 months ago

五十嵐さんを信じているひとじゃないとそんな風に言えませんよ。

名無しの市民
返信する  5年前
2 months ago

スイスにわざわざ行って、バッハさんに、つくば市から来ました、と言った五十嵐さんは、きっといい事があったのかも!

名無しの市民
返信する  5年前
1 month ago

姫路市役所はお金を上手に使っています。。。

2017/11/30 姫路市本町の「姫路城迎賓館」で事前合宿協定書を締結。フランス柔道連盟のジャンリュック・ルージェ会長とフランス大使が出席。
https://mainichi.jp/articles/20171202/ddl/k28/050/534000c
2021/07/17 フランス柔道代表が練習公開 –
https://www.youtube.com/watch?v=h-4GpXF79ng
2021/07/18 【姫路フランス祭】フランス柔道チームと楽しむ音楽祭を開催 午後4時30分から午後7時 姫路市文化センター大ホール
https://iimono.town/topic/events/80652/

名無しの市民
返信する  名無しの市民
1 month ago

柔道男女混合団体決勝、フランスは日本に4勝1敗の完勝で金メダル。姫路市民はおおいに湧いたと想像する。りっぱな柔道場がある街だし将来は柔道選手にと心ときめいた小学生もいたのではないか。広報活動を含めて姫路の事前キャンプは大成功だ。

つくば市はそれに比べ失敗だな。小中学生に刺激を与える良い機会だったのに残念だ。筑波東中跡地に自転車練習場を整備する動きにあわせスイス自転車選手を見学する会が、上郷高校跡地を陸上競技場にする動きにあわせスイス陸上選手の練習見学会を企画しても良かった。小中の陸上競技会で優勝した選手だけが参加し、その様子を「広報つくば」で市民に知らせるくらいの知恵がないのだろうか。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
1 month ago

女子100㍍決勝にスイス選手2名が出場しました。

1人は10秒97で5位、もうひとりは10秒99で6位。日本記録は福島千里の11秒21だから立派な成績でした。

事前キャンプで小中学生にみせたかったなあ。

名無しの市民
返信する  5年前
1 month ago

2017/11/30 姫路市本町の「姫路城迎賓館」で事前合宿の協定書を締結。
フランス柔道連盟のジャンリュック・ルージェ会長とフランス大使が出席。

2021/07/17 東京五輪フランス柔道代表 姫路で練習公開 –

2021/07/18 【姫路フランス祭】フランス柔道チームと楽しむ音楽祭を開催
午後4時30分から午後7時 姫路市文化センター大ホール

名無しの市民
返信する  名前があるけど市民
2 months ago

4日はあめの心配はなさそう。

名無しの市民
返信する  名前があるけど市民
2 months ago

中央公園の池はいま汚いから聖火リレーは避けた方がいいなあ。噴水も汚い飛沫をまき散らすから一時停止がいい。

名前があるけど市民
返信する  名無しの市民
2 months ago

中央公園の噴水は昼間はきれいな緑色をしています。今の時期は毎日曇り空ですから背景が真っ白で噴水の緑色が鮮明です。とくに噴水のトップの部分は鮮やかーな緑です。

名無しの市民
返信する  名前があるけど市民
2 months ago

聖火リレーは楽しみ。写真をどう撮るか。それから噴水も見てみます。吊るし傘も見てみます。今日は楽しみです。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
1 month ago

吊るし傘は今は外されています、今は関彰商事つくば本社内のスタジオ’Sですか。まちづくり会社つながりかな。

5年前
返信する  名無しの市民
1 month ago

広場の吊るし傘の写真を見たとき、小学生の作品か?
と思いましたが、傘は小学生にプレゼントされたんですね。

雨の日に、あの傘を、たくさんの小学生がさせば、絵になる!かも!

名無しの市民
返信する  名無しの市民
1 month ago

傘は環境アートでは割とポピュラーなネタで、別に小林くんの専売特許じゃない。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
1 month ago

無電柱化の最先端を行く茨城県つくば市の職員、小林遼平さん。彼はさまざまな困難をいかにして乗り越え「電柱ゼロ」を実現したのか。

無電柱化は小林くんの専売特許じゃーないの。

名無しの市民
返信する  名前があるけど市民
15 days ago

昨日行ったらだいぶ綺麗になってました。

名無しの市民
返信する  名前があるけど市民
2 months ago

小林専務のエスカレーター、センタービルの改修に比べたら、微々たるもの。おもてなしに使うことの方が気持ちがよい。少なくとみもスイスの方は喜んでくれるでしょう。小林の計画には、だれも喜ばない。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2 months ago

4000万円が微々たるものとはだれも思わない。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
1 month ago

「毎年じゃないし、たまにはよろしいんじゃないでしょうか!」と思うひとがいますよ。

名無しの市民
返信する  名前があるけど市民
16 days ago

【スイスオリンピック協会・筑波大学・茨城県・つくば市の4者による事前キャンプ基本合意締結式】

日程 : 2018年4月11日(水)11時00分~11時45分 
場所 : スイス連邦 ローザンヌ (AISTS)
実施内容:
・開会挨拶 AISTS フランソワ・ブッシー 会長
・スピーチ スイスオリンピック協会 ラルフ・ストックリ 
      筑波大学長 永田恭介 
      茨城県知事 大井川和彦 
      つくば市長 五十嵐立青 

五十嵐市長 「スイスチームが日本の環境に慣れ安心して練習に打ち込めるよう、地元自治体として全面的にバックアップしていきます。また、選手団やコーチなどの関係者と地域の子ども達が触れ合う機会を設け、こどもたちが夢やあこがれを得られる機会としたい。そして、2020年に大会が開催される際には、スイスチームの皆さんを、日本チームと同じように、つくば市民一同で応援したいと思います。

本市には、オリンピックの体操で日本人最多の金メダル8個を獲得した加藤澤男氏がお住まいになっており、名誉市民。今回を機に、こどもたちがオリンピックを目指し、次の加藤氏がつくばから育つことを期待します。」

名無しの市民
2 months ago

この記事の横にこれがあった。他方でオリンピック、他方で困窮学生。気が狂うわ。

お米にオカヒジキも配る 筑波大学構内で150人に食料支援 https://newstsukuba.jp/32699/27/06/ @NEWS_Tsukubaより

ニャースつくば
返信する  名無しの市民
2 months ago

みなくるってるんですわ笑

しらたま
2 months ago

つくば市の聖火リレーが無事終わりましたね。思いのほか沿道の応援の人が多かったです。
NHK特設サイトのリンクを貼っていただけたので、スムーズにストリーミング配信を見ることができました。
ありがとうございました。

ニャースつくば
返信する  しらたま
2 months ago

いえいえ!

名無しの市民
返信する  しらたま
2 months ago

五輪の機運醸成に一役。盛り上がってきました。
次は、スイスだ。さらに、盛り上がります。

名無しの市民
返信する  しらたま
1 month ago

聖火リレー「観戦」でコロナ感染を広めることはなかったようです。安心しました。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
1 month ago

2週間ちょっとたって昨日は23人だってさ。職種も年齢構成もばらばらだし、一気にまとまって7/24頃に判明してるんだったら、聖火リレーや到着式に参加してた人かもしれないね。

「突然爆発した」理由について、これを上回る説得力のある理由あるかなぁ?

名無しの市民
返信する  名無しの市民
1 month ago

まぁまぁ

名無しの市民
返信する  名無しの市民
1 month ago

昨日の23人のうち発症日が5日以上前のひとが目立ちます。4連休で医者にかかれなかったひとやPCR検査ができなかったひと、あるいはデータが報告できなかったケースも想像されます。「突然爆発した」理由の一義的なものは以上です。

東京のデータとパラレルに変化しているのであればつくば単独の地域的理由を考える必要はありません。

中央公園カヌーも、BBQも、ソトカフェも、聖火リレーも、じぇんじぇん心配することはありません。

市内の陽性確認者数

直近30日の感染者数推移

このグラフは土浦市・つくば市の過去30日の陽性確認者数を表しています。

これまでの推移(つくば市)

このグラフは初の陽性確認者が出た日から取得した最新日までの推移を表しています

これまでの推移(土浦市)

このグラフは初の陽性確認者が出た日から取得した最新日までの推移を表しています

コンピュータプログラムによる自動取得です。正確性を保証するものではありません

スポンサー

注目の記事

最近のコメント

最新記事

「合理的配慮」義務づけに民間向け助成 障害者差別解消法改正でつくば市など

今年5月に改正された障害者差別解消法の学習会が18日、市民団体「茨城に障害のある人の権利条例をつくる会」(事務局・水戸市)主催でオンライン開催された。障害者への「合理的配慮」を民間事業者にも義務づけたことを受け、参加者からは「民間事業者が合理的配慮を提供することを支援する制度がつくば市にもある。うまく活用してもらえれば」という意見が聞かれた。 市民団体がオンライン学習会 学習会には県内の障害者や支援者、県議会議員、つくば市議会議員など、約50人が参加した。内閣府障害者政策委員会の委員長である石川准さんが、障害者差別解消法の改正点や残された課題について解説した。 今回の改正では、民間事業者も「合理的配慮」を提供することが義務化された。合理的配慮とは、障害者が他の者と同等の生活を営むために必要な環境の調整である。例えば、車いすでも店に入れるように、入り口にスロープを付けたり、聴覚障害者に筆談で対応すること。2016年施行の障害者差別解消法で、行政機関等は、過重な負担でない限り、合理的配慮を提供することが義務化されたが、民間事業者は努力義務とされていた。 改正法が実際に適用されるのは「3年以内」という。自治体や事業者の準備期間が必要との理由だが、民間事業者は配慮の必要な範囲を見定め、計画的に進める対応が求められる。 合理的配慮を提供するには、スロープや筆談ボードの購入などの設備投資が必要だ。「―つくる会」では2018年に、当時から民間事業者等の合理的配慮提供にかかる費用を助成する独自制度があった兵庫県明石市の職員を呼び、内部向け学習会を行った。その後、加盟する障害者団体が各市町村に呼びかけた結果、2018年につくば市で民間事業者等への合理的配慮助成制度がつくられたのを皮切りに、現在は県内5市で同様の助成制度が実施されている。

また中止された土浦の花火を考える 《吾妻カガミ》116

【コラム・坂本栄】11月第1土曜日に予定されていた土浦全国花火競技大会が中止になりました。コロナ禍の収束が読めない今、2カ月先の催事にGOは出せないとの判断です。昨年もコロナ禍を受けて中止。2年前と3年前は事故で途中取り止め。花火好きの私にとって、中止はもちろん事故も残念です。大音量スピーカーで来観者に挨拶できない土浦市長もさぞ残念でしょう。 桟敷で観るのが正しい作法 中止に至った経緯については「無念の中止決定 土浦の花火 第90回記念大会」(9月6日掲載)をご覧ください。土浦の花火は、地域住人の秋の娯楽であるとともに、全国の花火ファンに楽しんでもらう観光事業であり、煙火会社の意匠と技術を競うコンテストでもあります。競技花火は、伊勢神宮の花火(三重県伊勢市、8月上旬)、大曲の花火(秋田県大仙市、8月下旬)もありますが、土浦大会に参加する会社が最も多く、競技花火の締め役を担っています。 大相撲や歌舞伎と同じように、私は土浦の花火を家族や知人と桟敷席で観るようにしています。日本酒とウイスキーを持ち込み、重箱に詰めた肴(さかな)をつまみながら、大音をお腹に感じ、大声で讃(さん)を送る。これが正しい作法です。 湖面にも映る霞ケ浦打ち上げ

企業経営で意識しておきたい3つの流れ 《地方創生を考える》20

【コラム・中尾隆友】これからの企業経営では、3つの大きな流れを抑えておくことが欠かせない。 1つめは、「人口減少」だ。日本のマーケットは縮小に向かうわけだから、そのことを想定してビジネスを展開しなければならない。たとえば、国や地方自治体が将来の人口推計を公表しているので、自社のビジネスにいつごろ、どのような影響が及ぶ可能性があるかをイメージしてほしい。 2つめは、「デジタル化」だ。AIによる自動化と言い換えてもいいかもしれない。図らずもコロナ禍で注目されて加速することになったが、たとえパンデミックがなかったとしても、国や企業の基本方針として着実に進展していくはずだ。 3つめは、「地球温暖化」だ。世界が脱炭素実現へギアを上げる中、企業も環境保全をはじめとする持続可能性を強く意識した経営が求められる。2030年や2050年の具体的な成果に向けて、国内外のルールや法制度も段階的に刷新されていくだろう。 危機は新ビジネスのチャンス 実は、この内容は過去数年、全国の企業経営者の前で話し続けていることだ。コロナ前でもコロナ後でも、企業経営にとって変わらない本質的な話だ。(今年は茨城県経営者協会でも講演させていただいた)

黄色のリュック型も選択可能に 土浦市 新1年生にランドセル贈呈

土浦市では、市立小学校や義務教育学校に入学する子どもたちのために、1976年から毎年、入学祝品としてランドセルを贈呈している。来年度から、従来の赤と黒のランドセルに、黄色のリュックサックタイプが加わり、3種類の中から選べるようになった。 従来の赤と黒のランドセルは人工皮革で、重さ約1キロであるのに対し、黄色のリュックサックタイプは850グラム。軽量化のニーズに応え、選択肢を増やした。 同市教育委員会学務課の担当者は「実際に背負い比べた子どもたちは軽いと言う。子どもにとって150グラムの差は大きいのではないか」と話す。 ファスナーを開いた状態のリュックサック=同 黄色のリュックサックタイプは、ポリエステル製。出し入れしやすいようにファスナーが大きく開き、教科書やノート類は、中のベルトで固定できる。 背中は汗をかいてもべたつきにくいメッシュ仕様。背負いひもにはランドセルと同様にフック(ナスカン)があり、防犯ブザーを付けることができる。