火曜日, 9月 21, 2021
ホーム コラム つくばの街づくり 迷走する市の計画 《吾妻カガミ》109

つくばの街づくり 迷走する市の計画 《吾妻カガミ》109

【コラム・坂本栄】TXつくば駅前に新装オープンした「トナリエ クレオ」をのぞいてみました。撤退した西武百貨店では「デパ地下」だった1階には、食品スーパー「ロピア」のパワフルな食材が並び、以前とは大分違った雰囲気でした。茨城初の同店が核店舗として入り、つくばセンター地区は平成のころとは違ったまちに生まれ変わるような予感がします。

徒歩や自転車で行ける「クレオ」

トナリエ・クレオ開店の様子は、本サイトの記事「クレオ3年ぶりに再オープン」(5月19日掲載)をご覧ください。新しい家主「日本エスコン」の伊藤社長のあいさつが引用されていますが、「大型百貨店などのGMS(ゼネラル・マーチャンダイズ・ストア)を核とする構成から、地域住民に欠かせない食品スーパーを核とするNSC(ネイバーフッド・ショッピング・センター)に構成を変えていく」との考え方には、なるほどと思いました。

業界用語NSCとは、食品スーパーを中心にして、近隣住宅街などの小商圏をターゲットとする商業施設のことだそうです。大商圏を想定して高級品も扱う百貨店とは違ったコンセプトです。中部電力系の東証1部上場不動産会社・日本エスコンとしては、つくば駅周辺に林立するマンションに注目(自らもクレオ隣りに建設中)、勢いのある食品スーパーを誘致したようです。

この地区には、カスミ・フードスクエア学園店、ヨークベニマル・つくば竹園店、西友・つくば竹園店など、有力な食品スーパーがひしめいています。そこに新たなNSCをぶつけてきたことに、エスコンとロピアの気合いを感じます。クレオに徒歩あるいは自転車で来られるエリアに、これからもマンション、戸建住宅が増えると読んだからでしょう。

これらの店の大商戦によって、つくば駅周辺が活気ある「オフィス+マンション+飲食店+小売店」地域になればと思います。

市の無為は「まちづくり」にプラス

こういった絵を描いていたら、2年半前に、五十嵐市長が「つくば駅周辺にマンションを建てさせない」と言っていたのを思い出しました。この計画がまだ生きているとすれば、進出会社の読みに狂いが生じます。そこで市長にただしたところ、マンションを規制する方針は変わっていないということでした。どうやら、市は民主導の「まちづくり」が面白くないようです。

市主導の「まちづくり会社」による「クレオ再生計画」が失敗した後、コラム「クレオ問題 そして祭りは終わった?」(2018年11月5日掲載)の中で、「市は時間軸を曖昧にしたまま、つくば駅周辺にマンションを建てさせない用途制限措置を導入しようとしている。これでは、建設を誘導しているようなものです」と指摘しました。

その後の推移を見ると、市はマンション規制に動かず、市長発言によって逆に建設が促され、マンションの集積が進むことになりました。市長の言行不一致=無為が「まちづくり」にプラスになったわけです。

エスカレーター問題で迷走するセンター地区再生計画もそうですが、市は余計なことをしない方がよいようです。この際、お荷物の「センタービル」の再生も、市主導の「まちづくり会社」ではなく、知恵と力がある民間会社に頼んだらどうでしょうか。この提案、コラム「センタービル再生の問題点」(2020年8月3日掲載)でも書きました。(経済ジャーナリスト)

47 コメント

47 Comments
フィードバック
すべてのコメントを見る
名前があるけど市民
3 months ago

つくばセンチュリーは「つくば駅周辺のマンション」じゃないの?つくば市はこのマンション建設をかなり応援してましたよね。市の公園の一角にパン屋さんのテラスを造ったり販売広告に市の公園の画像を自由に使わせたり果てはこのマンションの販売広告に市の職員が顔写真入りで出演したりどう見てもマンション建設に積極的だったと思います。「つくば駅周辺にマンションを建てさせない」という五十嵐市長の言行不一致だと思います。ちなみに「(かなり意訳しましたが)このマンションは良いですよ」と販売広告で笑顔を見せていた市の職員は現在は市を退職し市の関連会社で専務をしています。

名無しの市民
返信する  名前があるけど市民
3 months ago

そんな市の職員がいるんですか??

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2 months ago

https://project.nikkeibp.co.jp/atclppp/PPP/434167/041200177/?ST=ppp-print

つくば市学園地区市街地振興室係長(取材当時。現・つくばまちなかデザイン専務取締役)の小林遼平氏 のことみたい。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2 months ago

彼は研究学園駅前のマンションにお住まいなのに、なぜつくば駅のマンションをおすすめなんでしょう?

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2 months ago

つくば市民の嫌われ者。

名無しの市民
返信する  名前があるけど市民
2 months ago

つくばセンチュリーは、つくば市初の公園一体型環境創造プロジェクトをうたい、老朽化した竹園西広場公園と公務員宿舎跡地のマンション開発を一体整備したプロジェクトですからね。
つくば市としては公費を使わず公園を改修出来て、マンション業者はきれいな公園を売りに出来る、市と業者のWin-winなプロジェクトですから文句も出ないのでしょう。

名前があるけど市民
返信する  名無しの市民
2 months ago

公園の改修は「市議会の議決は必要なかったのでスピード感を持って企画を実行に移せた」と市は自画自賛。「一企業であるフージャースのマンション広告に公園が利用されている」「公園の私物化ではないか」などと懸念する声は今も残りますが、ときの市長と1民間企業との間に覚書さえ作れば議会の審議を経ずに市の公有財産を自由に動かすことができる前例が出来上がりました。相手がひとりのほうが話はまとめやすいのでこの方式はいいと思います。少人数から集めたアンケートで決める1期目の方式より進化したと思います。

名無しの市民
返信する  名前があるけど市民
2 months ago

中学校跡地に自転車遊び場を造るのもこの方式ですか。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
1 month ago

先に決めてあとから請求書っていう方式です。

あるけど1号
3 months ago

「つくば駅周辺にマンションを建てさせない」

本当に、そう言ったのであれば、

自分は王様だ!と心の底から思っている!ことになる。

そして、
「市民の皆さんと一緒に」は、心の底には無かったことになる。

名無しの市民
返信する  あるけど1号
2 months ago

「マンションを建てさせない」と言ったかは分からない(訴えられたらたまらないからね)けど、2019年にこんなことを言っていたのは報道されてる。


閉鎖した商業施設「クレオ」の再生を巡り、取得した民間企業と市の間に溝が生じている。一部をマンションに建て替える企業の計画に対し、五十嵐立青市長は「魅力のない駅前になり衰退の一途をたどる」と反対を表明。

結局「一部をマンションに建て替える企業の計画」が現在進行形で実現しており、その民間企業の利活用のある意味目玉であるロピアにより、形はどうであれ人が集まっているのも事実。

少なくとも五十嵐市長が1期目スタート時に掲げてた「夢を詰め込んだお花畑」よりは現実的だったんだろうね。

茨城・つくば駅前再生、官民に溝 つくば市長「マンションでは衰退の一途」
https://www.nikkei.com/nkd/company/article/?DisplayType=1&ng=DGKKZO44884370W9A510C1ML0000&scode=8892&ba=1

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2 months ago

https://newstsukuba.jp/15685/02/11/
つくば駅に隣接する街区に今後、新たなマンション建設を制限するための法規制について検討

https://newstsukuba.jp/14481/25/04/
マンションが建つ建物に投資をすることはできない

https://newstsukuba.jp/9511/14/10/
今、何も関与しないとクレオはマンションになる。一等地がマンションになると周りの公務員宿舎が売れなくなる
マンションに固定化されると手も足も出ない。時代のニーズに合った経営をしていくためにもまちづくり会社である必要がある
規制を具体的に検討しているので、そういう中で、(民間が)買ってもマンションにできない方向性をつくっていきたい

5年前
返信する  名無しの市民
2 months ago

「マンションが建つ建物」??
どんな建物なんだろう?
今ある建物の上にマンションが建つ建物!なのかな?

「建物に投資する」??
REIT(不動産投資信託)のこと?
もしかして、家賃を払って入居すること?
これを投資と考えている!のかな?

あるけど1号
返信する  名無しの市民
2 months ago

魅力がないから大きな店が閉店し衰退した、のではないと思います。

他にもっと魅力がある街、行きやすい街、車を無料で駐車できる街ができたので、みんなそっちへ行くようになった、と思います。

従って、エスカレータなどができて魅力が多少増えた(?)としても、人の流れは変わらないと思います。

駅前にマンションんが沢山できるのは、そこが住むのに魅力があるからでしょう。
マンションが沢山できてから、中心街をどうするか、そこに住む市民と一緒に考える。
この方が合理的だと思います。

名無しの市民
返信する  あるけど1号
2 months ago

「駅前にマンションんが沢山できるのは、そこが住むのに魅力があるからでしょう。マンションが沢山できてから、中心街をどうするか、そこに住む市民と一緒に考える」

5年前に↑を言ったら

「つくばの中心にマンション出来たら終わる!科学や魅力があって、研究者も沢山いるから人は集まるはず!!」

と市長とその仲間たちに迫害されたのも懐かしい思い出。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2 months ago

多分、ヨークベニマル隣の警察署跡地もマンションになるんでしょうね。あんなところに一戸建てなんて採算取れる訳ないし、商業ビルも無理がある。公共事業でも入らない限りマンション以外でなにか出来ると思えん。

県警跡地だから県の所有だと思うんだけど、跡地利用について市は県に対してどういう話をしているんだろう?

あるけど1号
返信する  名無しの市民
2 months ago

大変失礼しました。

自分の無知を恥じて、
この次から”5年前”と改名します。

名無しの市民
2 months ago

民活の導入に賛成です。

センタービルの地下駐車場は民間に委託しましょう。向かい側の常陽銀行の平面駐車場はタイムズ24に運営委託となっています。先を越されています。

1階の(旧)アイアイモールの跡地2500平方米は、賃貸オフィスにするだけで年間 7500万円程度の収入(10万円/3.3平米/年)は得られるはず。筑波都市整備の保有する2階や3階の部分のオフィス賃貸の単価(赤十字とか)は、これよりも、ちょい上ぐらいかな?この3年は殆ど空き家でしたから、市の無為無策によって損をしてきたことには違いない。これも、坂本栄さんが書かれているように、ちゃんとした民間会社に入札で運営委託すれば良い。

上記の地下駐車場と(旧)アイアイモールを、つくばまちなかデザインに独占で委託した場合と、慎重に比較検討が必要です。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2 months ago

https://www.tsukumachi.co.jp/parking

センタービルの地下駐車場。運営はつくばまちなかデザインらしいですよ!

名無しの市民
2 months ago

TX駅前のマンション規制ですが「都市機能の立地阻害」「子育て施設の不足」「防災上の問題」など財産権の侵害を合理化するまでの公共の利益がないので条例化は無理ではないか。50階建てのタワーマンションとかなら話は別でしょうけど。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2 months ago

50階建てのタワーマンションなら採算とれなくて民間が造れない。結局、経済原理に任せてOKって事ですよね。

名無しの市民
2 months ago

結局町の活性化において行政主導でうまくいくケースは極めてまれだし
行政中心で動いて成功したことあんのかね?ってくらいレアでしょう
民間は遊びじゃないんだから本気で収支の為にも盛り上げますからね
ソトカフェとか何やってんだかわからないのではなく、地元商工会としっかり協議すればあんな低落はしなかったでしょう。せめてつくいちクラスにはなってたんじゃないですかね

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2 months ago

その通りだと思います。「デリバリーによる飲食店を支援」というソトカフェの目的の一つは、明確に失敗しています。行政主導ではうまく行かないことを自ら証明し続けるスタイルは素敵です。

わくわく広場(トナリエクレオつくば店、ロピアの手前)では、市内の飲食店の地元の店のお弁当、お惣菜を売っています。安くておいしくて1個でも買える。ここで買ってソトカフェで食べる方がずっと合理的です。クレオの民間への売却を阻止しようと五十嵐市長は頑張ってましたが、これ一つとっても民間へ売却されて正解でした。

🙀そ
返信する  名無しの市民
2 months ago

いいことを聞きました!
わくわく広場のお惣菜をつまみに広場でローソンのビールを飲みます!!!

名無しの市民
返信する  🙀そ
2 months ago

そしてゴミが散乱してゴミ拾い市議が「またゴミが増えてきましたねぇ~」までがセットだね。

ニャースつくば
返信する  名無しの市民
2 months ago

名無しの市民
返信する  🙀そ
2 months ago

https://twitter.com/craft_b_b
クラフトビア屋さんが店をを出しているから買ってあげてください。ソトカフェの掃除もしてくださってます。

ニャースつくば
返信する  名無しの市民
2 months ago

クラフトビール良いですね。今度行って見ようかな。本格的に暑くなってきたら、さすがに広場はしんどいですし。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2 months ago

自分の店の客の為のソトカフェみたいなもの。ソトカフェ(行政)により宣伝されてもいるわけだし。自分達で積極的にキレイにしていくのは自分達の利益(微々たるものだとは思うけど)に繋がるのだからある意味当然。

「して下さってる」なんて言われても困る。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2 months ago

最後の「困る」がしっくりこない。この書き方だと感謝する必要がないと言っている風にも取れる。でもそうだろうか?

お店が利益のために当然のことをしているだけでも、それが「良いこと」ならお客が感謝するべきではないだろうか?ソトトカフェを利用している方は、子連れの方、お年寄りの方も多く、必ずしもビール屋さんの客じゃない。そこを掃除することは店の利益にならない部分も大きい。それでもやってくれているわけだから「して下さっている」でも良いんじゃないの?

行政側もソトカフェをただ設置するだけでなく、清掃も含めた運用方法もきちんと詰める必要はあるとは思う。その運用も含めた費用を税金で賄うことが妥当かどうかも含めて検討してほしい。つくば市の施策は、そういう「詰め」が甘く、小学生の夏休みの宿題みたいだ(←小学生には失礼過ぎるかも)

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2 months ago

ソトカフェをきちんと詰める必要はない。あんなもんを税金で賄うことは困る、困る、困る。一体いくら使ったんだ。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2 months ago

まちなかデザイン会社の小林さんがやればいい!掃除もクッションとハンモックの出し入れを。ソトカフェの立案者だし。
もっとソファやハンモックがあるのに(税金で購入したのに)まちなかデザイン会社近くにしまったまま。
雨や風の強い日などの対応が面倒になったらしい。昨年度は日航ホテルの人がクッションやハンモックの出し入れを朝、夕、小林さんのいる市街地振興室から委託されてやっていたらしい。
ソトカフェに責任もちなよ。小林くん。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2 months ago

中央公園のカヌーは小林クンですか。中央公園のBQも小林クンですか。BQの道具とか鉄柵はどこにしまったの??

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2 months ago

多分あそこの大問題なのは その店一店しかない=その店に興味なければいかない。
だと思うんですよね何故他の地域の店と協力してないのか?毎日だと採算合わないのならローテーションしてもらうよう協議したのか
と、、いうか予算を商工会、もしくは未加入店舗に半々でぶん投げれば遊びで出店するわけじゃないんだから宣伝とか派手にやりますよ?
去年くらいにやってたドライブスルー弁当は市がほぼスルーしていても結構盛況だったみたいですし。。
少なくてもソトカフェの廃墟感とは比べられ無いくらい人はいましたよ

ヤジウマ市民
2 months ago

市長はマンション規制条例をつくると言いながら、結局、今に至るまで条例をつくらず。業者は条例ができる前にと考え、マンションを駆け込み建設。結果、駅周辺にはマンションが建ち並び、エスコンはNSC戦略でクレオを再生。市長の「条例やるやる詐欺」はこれを狙っていた? でなく、何もやらなかったから民間がまちづくりをしてくれた? コラムニストさんが言うように、市長は何もしない方が市民にはハッピー?

市政ウォッチャー
返信する  ヤジウマ市民
2 months ago

市による西武跡ビル再生案はボツに。駅周辺マンション規制案は棚上げに。センター広場再生案は大幅修正。市の街づくり案は皆中途半端。共通するのはパーフォーマンス行政。それより地味な街灯や道路の整備をしたら?

5年前
返信する  市政ウォッチャー
2 months ago

>「それより地味な街灯や道路の整備をしたら」

全く同感です。

つくば市の道路は、凸凹が多い!
雨が降ると水たまりばかり!

名無しの市民
返信する  市政ウォッチャー
2 months ago

>「それより地味な街灯や道路の整備をしたら」

つくば駅周辺の徒歩20分圏内は年柄年中工事やってますんよ。吾妻なんか歩道はいつも綺麗。街路樹は年に2回は剪定するし自転車道は水色鮮やか。街灯も派手に並んでいるよ。全然地味じゃない。地元の造園業者や建設業者はウハウハだと思うよ。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2 months ago

見えるところだけ見栄えよくし、見えないところの汚れや不満を目くらます。

それが2016年から加速するつくばスタイルです。

名前があるけど市民
返信する  名無しの市民
2 months ago

荒れるつくばの「成人の集い(成人式)」は2017年から警備を大幅に増強・加熱するとともに式典を大幅に簡略化することで式典の混乱を防ぐことに成功しました。

名無しの市民
返信する  市政ウォッチャー
2 months ago

市による竹園3丁目再生案もボツになりました。事業費の試算がズボラだったためにオジャンになったと聞きますが本当ですか。
https://newstsukuba.jp/5023/06/04/

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2 months ago

場合によっては少し多めに、場合によっては少し少な目にと、担当者は事業を試算するけど、イケイケドンドンの後始末で困るのは市民なんだよ。

5年前
返信する  ヤジウマ市民
2 months ago

>「今に至るまで条例をつくらず。」
規制条例を、作らなかった!のではなく、作れなかった!のだと推察します。

規制条例を作るということは、都市計画法第21条に基づくの変更の手続きが必要になると思います。

条文読んでもよくわかりませんでしたが、
第17条3の「特定街区に関する都市計画の案については、政令で定める利害関係を有する者の同意を得なければならない。」
という条文も関係ありそうで、ほとんど不可能!多分。
以上です。

名無しの市民
2 months ago

最近県外からつくばに引越してきました。つくばの街第1印象とて夜道とても暗い。駅周辺から少し離れるだけで暗い。
道路が整備されてない。デコボコ、白線消えてる所多数。長年放置してる?
歩道無いところも。研究所周辺の木何とかならない?街並みが綺麗じゃない。何か住みにくい。とても残念。マンション建設しても良いがその代わり街並みが残念。見直すべき。
景観の意味も込めて。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2 months ago

>道路が整備されてない。デコボコ、白線消えてる所多数。

東大通(茨城県道55号土浦つくば線)
西大通(国道408号線、茨城県道123,244,274号線)
土浦学園線(国道408号線、茨城県道24,244号線)

このあたりの4車線-6車線の道路の話をされてます?重たいトラックの通行量が多いために道路が削れて、白線も削られちゃうし、路面もすぐに凸凹になっちゃうんだよね。

>歩道ないところも。

研究学園駅の周辺って、あんまり歩道ないよね。逆にTXつくば駅の周りで歩道がない道って、あんまり思いつかない。あの辺りはペデストリアンデッキもあるので、そもそも車道沿いにはあんまり歩かない。

>研究所周辺の木何とかならない?

どの研究所?研究所はたくさんあるんだよな。周辺と言うのは、研究所の敷地の中という意味ですか?落ち葉が積もって自転車がスリップして大変とか、そういうやつですか?緑が多いこと自体は素敵なことだと思うんだけど。

>街並みが綺麗じゃない。

つくば市って、TXつくば駅、研究学園駅、周辺部で、まったく違う街並みの街ですよね。研究学園駅前はゴチャゴチャしていて、わたしもあんまり好きじゃない。つくば駅周辺もマンションが激増中だけど、これって自然の摂理なので、本当に難しい問題だ。住みたい人がいるからマンションが乱立するわけで。

それでも大通りも並木があること(自転車で走ると涼しい)、公園が多いところは、わたしは気に入っています。この大量の緑が気に入らない人も多いんだろうけど。

街並みには、どういう理想があるんですか?どんな感じの街だと「住みやすい」の?

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2 months ago

>研究学園駅の周辺って、あんまり歩道ないよね。逆にTXつくば駅の周りで歩道がない道って、あんまり思いつかない。あの辺りはペデストリアンデッキもあるので、そもそも車道沿いにはあんまり歩かない。

え?研究学園駅周辺って歩道だらけじゃん。むしろ歩道が無い所の方がすくないでしょ。

住宅街の中の狭いエリアを研究学園駅周辺って言ってるなら、視野の狭さを考慮せずに指摘してしまってごめんね。

名無しの市民
2 months ago

不動産開発の日本エスコン(東京)は9日、「トナリエクレオ」2階に「ケーズデンキ」が22日オープンすると発表した。

市内の陽性確認者数

直近30日の感染者数推移

このグラフは土浦市・つくば市の過去30日の陽性確認者数を表しています。

これまでの推移(つくば市)

このグラフは初の陽性確認者が出た日から取得した最新日までの推移を表しています

これまでの推移(土浦市)

このグラフは初の陽性確認者が出た日から取得した最新日までの推移を表しています

コンピュータプログラムによる自動取得です。正確性を保証するものではありません

スポンサー

注目の記事

最近のコメント

最新記事

「合理的配慮」義務づけに民間向け助成 障害者差別解消法改正でつくば市など

今年5月に改正された障害者差別解消法の学習会が18日、市民団体「茨城に障害のある人の権利条例をつくる会」(事務局・水戸市)主催でオンライン開催された。障害者への「合理的配慮」を民間事業者にも義務づけたことを受け、参加者からは「民間事業者が合理的配慮を提供することを支援する制度がつくば市にもある。うまく活用してもらえれば」という意見が聞かれた。 市民団体がオンライン学習会 学習会には県内の障害者や支援者、県議会議員、つくば市議会議員など、約50人が参加した。内閣府障害者政策委員会の委員長である石川准さんが、障害者差別解消法の改正点や残された課題について解説した。 今回の改正では、民間事業者も「合理的配慮」を提供することが義務化された。合理的配慮とは、障害者が他の者と同等の生活を営むために必要な環境の調整である。例えば、車いすでも店に入れるように、入り口にスロープを付けたり、聴覚障害者に筆談で対応すること。2016年施行の障害者差別解消法で、行政機関等は、過重な負担でない限り、合理的配慮を提供することが義務化されたが、民間事業者は努力義務とされていた。 改正法が実際に適用されるのは「3年以内」という。自治体や事業者の準備期間が必要との理由だが、民間事業者は配慮の必要な範囲を見定め、計画的に進める対応が求められる。 合理的配慮を提供するには、スロープや筆談ボードの購入などの設備投資が必要だ。「―つくる会」では2018年に、当時から民間事業者等の合理的配慮提供にかかる費用を助成する独自制度があった兵庫県明石市の職員を呼び、内部向け学習会を行った。その後、加盟する障害者団体が各市町村に呼びかけた結果、2018年につくば市で民間事業者等への合理的配慮助成制度がつくられたのを皮切りに、現在は県内5市で同様の助成制度が実施されている。

また中止された土浦の花火を考える 《吾妻カガミ》116

【コラム・坂本栄】11月第1土曜日に予定されていた土浦全国花火競技大会が中止になりました。コロナ禍の収束が読めない今、2カ月先の催事にGOは出せないとの判断です。昨年もコロナ禍を受けて中止。2年前と3年前は事故で途中取り止め。花火好きの私にとって、中止はもちろん事故も残念です。大音量スピーカーで来観者に挨拶できない土浦市長もさぞ残念でしょう。 桟敷で観るのが正しい作法 中止に至った経緯については「無念の中止決定 土浦の花火 第90回記念大会」(9月6日掲載)をご覧ください。土浦の花火は、地域住人の秋の娯楽であるとともに、全国の花火ファンに楽しんでもらう観光事業であり、煙火会社の意匠と技術を競うコンテストでもあります。競技花火は、伊勢神宮の花火(三重県伊勢市、8月上旬)、大曲の花火(秋田県大仙市、8月下旬)もありますが、土浦大会に参加する会社が最も多く、競技花火の締め役を担っています。 大相撲や歌舞伎と同じように、私は土浦の花火を家族や知人と桟敷席で観るようにしています。日本酒とウイスキーを持ち込み、重箱に詰めた肴(さかな)をつまみながら、大音をお腹に感じ、大声で讃(さん)を送る。これが正しい作法です。 湖面にも映る霞ケ浦打ち上げ

企業経営で意識しておきたい3つの流れ 《地方創生を考える》20

【コラム・中尾隆友】これからの企業経営では、3つの大きな流れを抑えておくことが欠かせない。 1つめは、「人口減少」だ。日本のマーケットは縮小に向かうわけだから、そのことを想定してビジネスを展開しなければならない。たとえば、国や地方自治体が将来の人口推計を公表しているので、自社のビジネスにいつごろ、どのような影響が及ぶ可能性があるかをイメージしてほしい。 2つめは、「デジタル化」だ。AIによる自動化と言い換えてもいいかもしれない。図らずもコロナ禍で注目されて加速することになったが、たとえパンデミックがなかったとしても、国や企業の基本方針として着実に進展していくはずだ。 3つめは、「地球温暖化」だ。世界が脱炭素実現へギアを上げる中、企業も環境保全をはじめとする持続可能性を強く意識した経営が求められる。2030年や2050年の具体的な成果に向けて、国内外のルールや法制度も段階的に刷新されていくだろう。 危機は新ビジネスのチャンス 実は、この内容は過去数年、全国の企業経営者の前で話し続けていることだ。コロナ前でもコロナ後でも、企業経営にとって変わらない本質的な話だ。(今年は茨城県経営者協会でも講演させていただいた)

黄色のリュック型も選択可能に 土浦市 新1年生にランドセル贈呈

土浦市では、市立小学校や義務教育学校に入学する子どもたちのために、1976年から毎年、入学祝品としてランドセルを贈呈している。来年度から、従来の赤と黒のランドセルに、黄色のリュックサックタイプが加わり、3種類の中から選べるようになった。 従来の赤と黒のランドセルは人工皮革で、重さ約1キロであるのに対し、黄色のリュックサックタイプは850グラム。軽量化のニーズに応え、選択肢を増やした。 同市教育委員会学務課の担当者は「実際に背負い比べた子どもたちは軽いと言う。子どもにとって150グラムの差は大きいのではないか」と話す。 ファスナーを開いた状態のリュックサック=同 黄色のリュックサックタイプは、ポリエステル製。出し入れしやすいようにファスナーが大きく開き、教科書やノート類は、中のベルトで固定できる。 背中は汗をかいてもべたつきにくいメッシュ仕様。背負いひもにはランドセルと同様にフック(ナスカン)があり、防犯ブザーを付けることができる。