木曜日, 5月 13, 2021
ホーム コラム 《吾妻カガミ》100 つくばの市長案件 まだ迷走続く?

《吾妻カガミ》100 つくばの市長案件 まだ迷走続く?

【コラム・坂本栄】本コラムも100回を迎えました。安全保障や国際経済などグローバルなことも話題にしたいのですが、つくば市政への読者の関心が強いこともあり、今回もローカルな話にします。大台入りのテーマは、五十嵐市長の政治案件(運動公園問題)はまだ迷走するのではないかという話です。

2つの成功と2つの失敗

本サイトの記事「旧総合運動公園用地の利活用調査 再スタート つくば市議会」(2月3日掲載)を読んで、「変な話だな」と思いました。五十嵐さんが「(用地の)一部は防災倉庫に活用して残りは民間に売却したい」とTVインタビューで発言。これに、議会の審議を軽視していると市議が言いだし、次の特別委員会に市長を呼び、何を考えているのか問いただすことになった、という内容です。

運動公園問題の流れは、前市長が計画(UR都市再生機構から買った用地に陸上競技場などを建設)を発表(A)→多額の建設費に反対する市民運動が活発化(B)→住民投票で建設反対が多数を占め前市長は計画を断念(C)→「運動公園問題の完全解決」を目玉公約に掲げた五十嵐市長が誕生(D)→この公約の柱「URとの返還交渉」に失敗(E)→次の手「民間業者への一括売却」案に議会が難色(F)—に要約できます。この先に、「一部を防災倉庫の活用」案が加わったことになります。

住民投票で前市長の計画を葬り(C)、その勢いに乗って市長に初当選したこと(D)は、市民活動家の五十嵐さんにとって大成功(〇〇)でした。しかし、用地をURに買い戻させる交渉は失敗(E)、その後の民間業者へ一括売却する案(F)も実現せず(✕✕)、五十嵐市政にとって運動公園問題は悩ましい政治案件になっています。

間違いはどこにあったのでしょうか? 私の見立てでは、コラム「つくば市長の看板公約を検証する」(昨年8月17日掲載)でも指摘したように、最初の市長選のときに「就任後直ちにURと(用地)返還交渉を行う」(Dの柱)と、主公約に掲げたことにありました。しかし、市との売買契約ではURが解約に応じることはあり得ず、この公約の実現可能性はほぼゼロでした。「成功誘因」の中に「失敗因子」が潜んでいたわけです。

もう1バツが増える?

話を議会の動きに戻します。先の記事(2月3日掲載)から推測するに、議会では①なぜ運動公園用地に防災倉庫を持ってくるのか②それは同用地に陸上競技場を造る選択肢を封じることになる③防災倉庫を建てる場所なら他にもある―といった意見が出るでしょう。五十嵐さんがこれらの疑問や指摘に十分答えられないと、✕印がもう一つ増えることになります。

私は、防災倉庫は廃校跡や廃庁舎跡の方が適地ではないか、運動公園用地に建てると土地の形が悪くなり(虫食い状態になり)、残った土地の売却にはマイナスではないか、と余計なことを考えています。(経済ジャーナリスト)

会員募集中

NEWSつくばでは、私たちの理念に賛同し、一緒に活動していただける正会員、活動会員、ボランティア会員、および資金面で活動を支援していただける賛助会員(クレジットカード払い可)を募集しています。私たちと一緒に新しいメディアをつくりませんか。

19 コメント

19 Comments
フィードバック
すべてのコメントを見る
つくばの田舎人
2 months ago

用地返還交渉公約が「実現可能性ほぼゼロだった」とは知らなかった。ということはこの公約はフェイクだったということ? ということはこの公約で当選した現市長もフェイクだということ?

名無しの市民
返信する  つくばの田舎人
2 months ago

退職金の3期分廃止も規程上ほぼ実現性はゼロだったね。それを「22円に減額」として制度の廃止を訴えたのに、昨年10月の市長選を前に、金額の問題にすり替えて公約実現と印象操作してたね。

規程で廃止できないことは調べればすぐわかることを公約に掲げてるんだから、これもフェイク公約。

1期目の市長選は、とにかく前市長を悪者にして引きずりおろすために、実現性は二の次で聞えの良い公約目白押しだった。

2期目はコロナのせいでロクな対抗馬も出ずに事実上の不戦勝。1期目も2期目も自分というよりは周りが勝手にコケた感じ。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2 months ago

今期大きな成果を残さないと、次は難しいですね。

名無しの市民
返信する  つくばの田舎人
2 months ago

「用地返還交渉」という公約なんだから既に実現しているでしょ。
交渉だけする公約に意味があるかどうかは別として、実際そういう公約をしていて公約は実現されているのだから、「実現可能性ほぼゼロだった」というこのコラムは明らかに間違いです。
わざわざ公約に「交渉」という文字を入れた意味を筆者が理解していないということです。

名無しの市民
2 months ago

当時、どうやって運動公園用地の完全解決をするのか道筋が明確ではなかったので、選挙のあるあるだと思ってましたよ。
選挙公約の内容が稚拙でも、前市長への逆風が非常に強くなっていたため、現市長が当選したのでしょう。反対運動の先頭に立っていた現市長が、今になって競技場などの運動施設を作るわけにはいかないという事情があるのでは?
多額のお金がかかる大規模な運動公園は必要ないけれども、必要とされている陸上競技場は作ってもよいと思う市民は多かったと思います。
防災倉庫を作るのは、土地の使い方としてもったいないですね。

市政ウォッチャー
返信する  名無しの市民
2 months ago

同感です。それに、防災倉庫は大きいのをドカーンと一つではなく、旧町村に一つづつぐらいあった方が安心でしょう。そうすると、廃校跡とか廃庁舎跡とかが向いていると思います。凝った建物でなく、倉庫ですから、使っていない建物を改修すれば安上がりですし。

名無しの市民
2 months ago

防災倉庫を作りたいというよりは、何かハコモノを作って、その建設・維持管理のシゴトをどこかに流したいということでしょう。地方政治というのはおよそそういうものです。

新人の市民
返信する  名無しの市民
2 months ago

つくばって洗練されたまちと思っていたのに田舎だったということですね。そのシゴトをもらう業者って選挙のときに市長を応援した人たちなの? そうなら「およそそういうものです」って納得してはダメでしょう。また別のところに引っ越そうかな。

名無しの市民
返信する  新人の市民
2 months ago

つくばの洗練された人達は、選挙にはでません。多くの人がつくばでは生まれ育っていないので、イメージされている「洗練された人達」は、定年になったら地元に帰っていきます。選挙に出ることも、つくば市がどうなろうとあまり興味がないのです。

名無しの市民
返信する  新人の市民
2 months ago

どこに行ったってそういうものでしょう。シゴトを生み出して公→公、公→民と天下るというのが行政官僚の十八番ですし、そういうものをうまく生み出して支援者に分配し、票を集めるというのが議会議員のお仕事というものではないでしょうか。それ以外の動員構造を持っているのは共産党とか公明党とかくらいでしょう。カラダがそれなんですから、アタマたる市長が誰になろうがそれは大して変わるものではないです。

新人の市民
返信する  名無しの市民
2 months ago

なるほど。つくばも例外ではないということですね。いまの市長も議員の多くもその構造の一員ということですね。こったなー、やっぱり引っ越そうかな。見た目と中身があまり違わないまちに。

つくば歴10年の市民
返信する  新人の市民
2 months ago

日本中どこを探しても、利権がらみの政治がない自治体なんてありませんよ。
「ないように見える」ところがあるとしても、中に入ればまた見えてくるだけです。

つくばに40年
返信する  つくば歴10年の市民
2 months ago

確かにどこの地方自治体でも後ろ盾がないと当選できないので、仕方ありません。
現市長も特に今回の市長選では毒饅頭を食べてしまいましたから、利権と決別はできません。
とはいえ、個人的には20-30年前のあからさまな金権政治からはずいぶんと改善してきたなと思います。

防災倉庫をあの場所に作る意味は全くないので、記事にもある通り、他の場所では行けない必然性を説明してほしいですね。

名無しの市民
2 months ago

茨城県の中学生でサッカーをやってる
81%以上が県外の高校に進学するってデータを
先ほど見つけました。

県外に進学するサッカー選手が多い
全国1位だそうです。

若者が県外に行ってしまうのは
寂しいですね。

県内に留まる環境を整えて欲しいですね。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2 months ago

分母がよくわかりませんが、サッカーの「スポーツ推薦」で進学する生徒数ということですかね?特に県南の子たちはほぼ県外の高校をスポーツ推薦先に選びますね。県南に強い高校がないので。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2 months ago

その代わり明秀や鹿学には強い子が外から来ている。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2 months ago

防災倉庫を作るかどうか
住民選挙してみたいですね。
多分、反対派が勝つと思いますが

大きな陸上競技場を作ったとして
どんなスポーツでも陸上競技場を
管理、収益を上げて
住民負担を軽くしてくれる
そんなスポーツ団体は
つくば市に無いんですかね?

ラグビーなんて企業のチームが多いから
つくば市をホームにしてくれないですかね

名無しの市民
返信する  名無しの市民
2 months ago

現市長も加担したアリーナを含む総合運動公園を廃止に追い込んだ住民投票の結果、カピオでは要件満たせず水戸に出て行った(つくば)ロボッツ。

現つくば市政でスポーツのこれ以上の発展は無理だろうね。

市政ウォッチャー
2 months ago

20日掲載された議会の記事を読むと、市長は防災倉庫構想をぶち上げたものの、議員は「はい了解」とはいかないようですね。民放TVと記者団に先に喋ってしまったことに、議員はカチンと来ているようです。構想そのものにも難があるようですが、持って行き方が下手だったようです。市長政治家として稚拙さが目立ちます。運動公園用地の問題は市長にとりついた宿痾?

スポンサー

注目の記事

ほうきの力で「魔女のフェスタ」 29日 旧筑波小に集結

つくば市国松の旧筑波小学校を会場に、29日開催する「魔女のフェスタ」の準備作業が佳境を迎えている。2018年以来3年間、人の手が入らずにいた校舎を利活用する廃校リノベーション企画。フェスタ実行委員会(いしざき緑子代表)は校長室や各教室の大掃除から始め、ほうきの力で学校ばかりか地域社会にも魔法をかけた。 29日は校庭に飲食店のキッチンカーやテントが並び、3階建ての校舎全体に占いや癒し療法、手づくり品、子供向け工作教室のワークショップなどが展開する。10日現在、その数は95店になった。10代から80代の「魔女」が集結する。

最新記事

街の記憶 東京・つくば 《遊民通信》16

【コラム・田口哲郎】 前略 「木綿のハンカチーフ」などで知られる作詞家、松本隆さんは2012年に東京から神戸に移住したそうです。当時雑誌記事で読んで、衝撃を受けました。松本さんは生粋の東京人です。生まれ育ちは港区青山、慶應義塾に通い…と、シティ・ボーイの体現者です。のちの渋谷系につながる、いわゆるニューエイジの山手文化を生み出し、けん引してきたことはご存知の通りです。 都心文化を屈託なく表現できる人は、上京者の街でもある東京にはそれほど多くいません。その松本さんが東京を離れたことは、一個人が地方に引っ越したという事実以上の何かがあるに違いないと思わせられました。東京がかつての東京では無くなったという旨の発言をされていました。 コロナ前の東京は色々限界だったのかもしれません。諸々(もろもろ)が集中・蓄積しキャパシティ・オーバーとなり、はち切れる寸前でした。そんな東京をコロナ禍が襲いました。東京は破裂せず、しぼみ始めました。今後も東京は東京として続くでしょう。でも、かつての東京はもう戻ってこないでしょう。 恐らく、かつての東京、例えば第2次大戦前の東京は戦後の東京とは全く違う東京でした。戦前の東京を戦後に語ったところで、それはノスタルジーに過ぎないわけですが、街の記憶は人をなんとも言えない感覚に誘います。沈みゆく東京は、これから無数の記憶の華に飾られるでしょう。

「大規模事業評価行わないのは違法」 18人が住民監査請求 つくばセンタービル改修で

つくば市が取り組んでいる総事業費約10億3800万円のつくばセンタービルリニューアル事業について、10億円以上の事業は大規模事業評価を行うと市の要綱で定められているにも関わらず、事業評価の手続きが踏まれていないのは違法だなどとして、元大学教授の酒井泉さん(72)ら市民18人が12日、市監査委員(高橋博之代表監査委員)に対し、すでに支出された約7000万円の返還請求と未支出額の支出差し止めを求めて住民監査請求をした。 同要綱は、住民投票で白紙撤回となった市総合運動公園事業を教訓に、五十嵐立青市長が2018年9月に定めた。10億円以上の大規模事業と市長が必要と認める事業を実施する際には、評価会議を設置し、事業の必要性や妥当性などの評価を行うことなどが定められている。 監査請求によると、同リニューアル事業は10億円を超えるのだから「同要綱の対象であることは明らかであるが、市はこの要綱に従った評価を全く行っていない」としている。 一方、大規模事業評価をめぐっては、今年3月議会で、飯岡宏之氏(自民党政清クラブ)と山中真弓氏(共産)が一般質問し、それぞれ大規模事業評価を実施するようただしたが、市は、約10億3800万円のうち、まちづくり会社「つくばまちなかデザイン」への市の出資金6000万円はリニューアル事業の事業費ではないなどとし、10億円を超えないのだから大規模事業評価を実施しないとした。 監査請求した酒井さんは「議会で質問した議員がいたが、数の力で無視された。議会が道理を通すことができなくても、市民は道理を通すということをはっきりさせたい」と話した。 監査請求ではほかに、まちづくり会社は市が出資する第3セクターであるにもかかわらず、総務省が2014年に出した「第3セクターの経営健全化指針」に基づく検討を行っておらず、市の出資金6000万円の支出は公金支出のための必要な手続きを欠いており違法だと指摘している。

ほうきの力で「魔女のフェスタ」 29日 旧筑波小に集結

つくば市国松の旧筑波小学校を会場に、29日開催する「魔女のフェスタ」の準備作業が佳境を迎えている。2018年以来3年間、人の手が入らずにいた校舎を利活用する廃校リノベーション企画。フェスタ実行委員会(いしざき緑子代表)は校長室や各教室の大掃除から始め、ほうきの力で学校ばかりか地域社会にも魔法をかけた。 29日は校庭に飲食店のキッチンカーやテントが並び、3階建ての校舎全体に占いや癒し療法、手づくり品、子供向け工作教室のワークショップなどが展開する。10日現在、その数は95店になった。10代から80代の「魔女」が集結する。 いしざきさんは昨年、学校近くの国松地区の古民家に移住して、アロマテラピーの教室「魔女の学校」を開設(2月17日付)。誕生日が4月30日で、ドイツの魔女祭り、ヴァルプルギスの夜にちなむ「世界魔女デー」であることから、自身「魔女」と称して活動を行ってきた。2019年4月には石岡市内で「魔女のフェスタ」を催したことがあり、旧筑波小でも開催を計画した。 「地区に子供たちがいないわけではないのに、放課後や休日に声がしない。校庭に集まって遊ぶ様子がない」のを残念に思ったためだ。 音楽教室のいしざきさん=旧筑波小

対象拡大も利用は1件 つくば市障害者向け発電機購入補助、道半ば

人工呼吸器を使用している障害者を対象に、つくば市が2019年4月から開始した停電時のための家庭用発電機購入補助制度について、昨年4月に利用条件が緩和されたにもかかわらず、実際の利用はいまだに1件にとどまっていることが分かった。 市の購入補助制度は当初、人工呼吸器を常時使用する障害者を対象に、停電時も医療的ケアができるよう、家庭用発電機の購入を最大10万円補助するものだった。しかし対象者は人工呼吸器を24時間、常時使っている人に限られた。夜間のみ使用する場合など「医療機器の電源確保が必要なのに、発電機の購入補助を利用できない」という声が多く寄せられた。そのため、20年4月に市は、補助の対象を1日1回以上人使用する者に広げた。 補助制度のもとになったのは、医療的ケア児の親の会「かけはしねっと」(根本希美子代表)が2018年に市議会に提出した請願だ。同会は当初から、できるだけ幅広い人が補助の対象になることを望んでいた。実際に補助制度が始まってからも、対象を広げるように市に働き掛けた。「補助の対象が広がったのは一歩前進だが、人工呼吸器に限らず痰(たん)吸引機など電源が必要な医療機器を使用している人なら対象になるように、もう少し対象を広げてもらえるとさらに良い」と、同会代表の根本さん(43)は話す。 制度の周知も課題 市障害福祉課によれば、新しく補助の対象が拡大してから補助制度の利用相談が複数あり、支給に向けて準備を進めているケースもあるという。しかし5月6日時点で実際に支給が決定されたのは、対象拡大前の1件のみ。補助の対象を拡大したことについて、市ホームページに掲載されている制度要綱を更新したり、障害者手帳取得時に窓口で説明しているが、幅広い周知が課題だ。 「昨年から市ホームページも新型コロナに関する情報があふれていて、4月に補助の対象が拡大されたことの周知が十分ではなかったと感じる。必要な家庭に情報が届いていないかもしれない」と根本さんは心配する。
19
0
コメントお待ちしてますx
()
x