木曜日, 2月 25, 2021
ホーム つくば スマホで住民票や転出届手続きサービス つくば市が12日開始

スマホで住民票や転出届手続きサービス つくば市が12日開始

スマートフォンから住民票の写しの請求や転出届の手続きができる「スマート申請」サービスを、つくば市が12日午前0時から開始する。市民窓口課によると、スマホで住民票の申請ができるサービスは全国の市町村で6番目、県内初という。同市が取り組む「書かない・待たない・行かないデジタル窓口の推進」の一環で実施する。

スマホとマイナンバーカードを使って、市役所に行かなくても手続きができる。利用したい市民は、市ホームページから手続き専用サイトにアクセスし、マイナンバーカードの署名用電子証明書の暗証番号(英数字6~16桁)で本人認証をして手続きをする。手数料はクレジットカード決済で支払う。申請後、住民票は4日程度で自宅に郵送される、転出届は転出先市町村に通知される。ただし専用アプリ(Graffer Identity)のダウンロードすることが必要。

市によると、現在マイナンバーカードをもっている市民は3割程度、住民票はマイナンバーカードがあれば、近くのコンビニでその場で交付を受けることができる。今回のスマートフォンによるサービスは交付までに4日程度かかることから、市では月数件の利用を想定しているという。初年度のシステム導入費用とサービス維持管理費は計約50万円。

一方、転出届は通常、窓口に出向くか、または郵送により、必要書類を市に提出し、転出証明書の発行を受け、同証明書を転出先の市町村に届け出ることが必要になる。スマートフォンによるサービスを利用すれば、転出先の市町村に通知がいく手続きが大幅に簡単になることから、転出入者が増える3月、4月に計30件程度の利用があると見込んでいるという。

利用できるのは15歳以上。親元を離れて市内の高校などで寮生活をしている高校生などの利用も想定している。

同課は「来庁できない忙しい人に活用してほしい」と話している。2021年度中にさらに、印鑑登録証明書もスマホで取得できるようになるようサービスの拡充を図っていくとしている。

0 Comments
フィードバック
すべてのコメントを見る
スポンサー
0
コメントお待ちしてますx
()
x